カテゴリ:英語の話( 61 )

英語のブログっていっぱいあるんだ

英語ブログはやっぱりおもしろくないだろうと思うので、
昔作った外人向けのブログを放置してたので、そっちを続けていくことにしました。
たまにはそこに書いたものをここにコピペすることもあるかも。

ブログ村のカテゴリーに英語ブログ関係っていっぱいあることを昨日知りました。
やっぱり日本人って英語がめちゃくちゃ好きなんだなあとあらためて発見した。

今の流行どおり、子供に英語をやらせている人や、児童英語を教えている人のブログがかなり多い。
昔は知る人ぞ知るみたいな感じでサイトがいくつかあったけど、こうも増えたら誰でも英語やっているんだって思わざるを得ない。

それから自分の英語を高めるためにいろいろ英語情報を書いている人のブログも多い。
ビジネス英語、TOEIC、英検 目標はさまざまだけど、参考書やデル単に出てくるような、Nativeの前で練習と思って使ったら、Say it again? What did you say? What do you mean?と聞きなおされること間違いなしな、あまり日常使わない言葉をたくさん紹介している無意味なブログも多い。
テスト受ける人は覚えなければいけないけど、それって邪魔な情報なのかも。

それから私がやったことと同じように、英語で日常を綴っておられる人もすごく少ないけどいらっしゃる。
きちんと書かれているけど、やっぱり日本人が書いた英語は読みにくい。そう感じてしまった。
外人が書いた文章はす~っと読み進めていくことができるのに、なぜか水がうまく流れていかない感じ。
これは根底に日本語があるからなのかな?
うちの娘がカナダにいるころ、日本からの留学生が書いたessayって本当読みにくいと言ってたけど、そういうことなんだろうな。
私の文章も娘にとってはそれと同じと言われていたから、昨日のブログだってNativeが読めば???な表現はきっと多いはず。
そういう悪所を少しずつ改善していくためには、普通の英語をたくさん読んで聞いて、それを自分の力で文章にしていくことが大切なのだろうね。
だって、私は海外で教育を受けたことが無いのだから。勉強だってぜんぜんしていない。

やっていることといえばペーパーバックを読むこと、英語のドラマを見ること、英語のニュースを読み聞きすることぐらいで、あとはNativeと普通に遊んでいるだけだから。
書くことがやっぱり一番難しくて、誰も正しいかどうか教えてくれない分野だから大変。
添削されたらへこむだろうな。

とにかく勉強するのが嫌いなのでこのまま自然な形で学んで行きたいな。
Facebookは生の英語が飛び交う場所だから英語の勉強になるよ。
でもどうしても文法の知識が脳にきざまれていて、Nativeがつづる英語の流れに???が出てくることが結構ある。でもそれを身に着けてこそ自然な形の英語を学ぶことができるんだよね。
マネしなくちゃいけない。

まあそういう意味で努力もせずに勉強できる私は恵まれているってことかな?




にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
今日もよろしくお願いします。


人気ブログランキングもよろしく


free counters


JunpeiのオリジナルWebshop たるたらんどう のご案内です。

b0080418_12363881.jpg
ハワイでおなじみのスパム(ランチョンミート)をカットするための
スパムカッターを販売しています。
お店はこちら






b0080418_1239664.jpg
花茶を楽しむための手作り透明マグカップ&透明マグカップ+花茶セット
お店はこちら





香港島中環Centralに新しい救急クリニックオープン!
緊急時、夜間の急病にドクターがご自宅、ホテルのお部屋までかけつけてくれる、
House Call=往診サービス開始!!


日本語ホットライン:香港(852)61474427
[PR]
by Junpei642 | 2011-07-06 19:14 | 英語の話

Identity Crisis!! ついに目覚めたか!

娘が日本に帰ってそろそろ1年になる。

無事大学にも合格、4月から再び大学生になったのだが、
ついについに、いつ気づくのだろうかと思っていたのだが、
アイデンティティークライシス Identity Crisisに見舞われているらしい。

母の日の夜に久しぶりにSkypeでチャットをしたのだった。

私はそうなることは彼女が日本に帰る前からある程度予想していたのだが、
当時の娘、というかそれまでの娘もずっとそうだったのだけれど、
6歳からずっと海外生活というのに、なぜか妙に日本人臭く、日本が大好きで、それはまあ日本人なのだから仕方ないとして、いつも望郷の念が強く、日本のものに惹かれ、日本の大衆文化につかりたい一心で、アニメオタク、ゲームオタク、Jpop好きみたいな、そんな子供だったのだ。

だから結局日本に帰って、日本人としてのアイデンティティー確立のため日本の大学に入って、
今 日本人になるためのトレーニング中らしい。大学にも留学生はいるけどあえて彼らに近づかないことで日本人になれると思っている。

ところが、ついにその殻が破られたというか、日本の社会に身を置いてみていかに自分は「異質」かというところに気づいたのだろう。

なぜその話になったのかと言うと、
東日本大震災以後の日本人のメンタリティーがまったく理解できないというところからはじまった。
不合理な自粛の意味がわからない。
不謹慎の意味がわからない。
不合理なことに疑問を抱かない周りの学生の本心がわからない。
まっ、そういうのは一つのきっかけにしかすぎないのだけど、
それについておかしいと唱えたところで、誰もわからない。

そして、いつでも自分の異質さ、例えば6歳から海外育ちで英語がNativeに近い状況にあること、
香港に住んでいたこと、カナダに住んでいたこと、何をするにしてもそのバックグラウンドを説明しなくちゃいけないこと、
しかし、日本人には彼女のバックグラウンドが「キャパシティーオーバーロード」(まま)でその状況そのものを受け入れてもらえないことも発生するということに気づいたのだ。
さっき香港と言ったのに3分後には韓国や台湾に変わってしまうことにいらだちを覚えているみたい。

そんなとき、前にも書いたけれど英語の時間はやることがないので、アシスタントとして他の学生を手伝っているのだが、先生がイギリス留学の経験があり、帰国子女やThird Culture Childrenの研究をしている人で、娘の状況をきちんと理解してくれて、それなりにサポートしてくださっているそう。
ある日、その研究内容の論文(英語)を読むように言われたらしい。

娘は日本人でありながら香港という中華圏で育ち、教育はBritishという「サードカルチャーキッズ」のど真ん中にいる人間なので、その論文を読んでみぐるみはがされたような気持ちになったみたい。
そこに出てくる人たちにシンパシーを感じ、悲しくなってきたと言っていた。

結局、島から出たことのないmono-cultural peopleには自分のことはわかってもらえない(論文にそう書いてあったらしい)という一文を見て、彼女もモノカルチャーな人という言葉を頻繁に使う。
そして論文に登場している人たちはmono-cultural peopleをいずれ見下すようになる。
娘もそれに共感できるそうだ。なんて悲しい。


あれだけ好きだったJpopもまったく聞かなくなり、今は英語の曲しか聞いていない。彼女はそう言った。
なぜなら、英語の曲を聞くことで自分は英語がわかる。英語の曲を理解できる。という自分を確認するために一番簡単な手段らしい。それを聞いてさらに悲しくなった私。

英語の時間も普通の英語なんて使わなくなった。と彼女は言う。
だって普通に話しても誰にも通じない。だから無理に日本語英語で説明する。

最後に、「結局いつか香港に戻ることになると思う。マルチカルチャーな場所で育った友達といるのが一番楽ということに気づいた。」と言ってた。いつもそういう人たちと一緒にいたから。

実はこの話をDaniにしてみた。Daniは私をナンパした坊や。アメリカに行ってしまったけどメールとチャットで今も仲良くしている。彼もやっかいな人間で、娘と同じIdentity Crisisに見舞われているので、娘の話をしてみた。話していると、「君の娘は僕とまったく同じだね。僕も自国(イギリス)に馴染めなくて苦しんでいるから。今度娘さんと話がしたいからメールくれるように言ってくれる?」だと
彼はイギリス人だけど東洋大好きっ子で特に日本にものすごくあこがれていて、日本の歴史なんかに妙に詳しい。そしてイギリスやその他欧米諸国がアジアにしてきたことに対して嫌悪感を持っているという変な人なのだ。
二人が話したらどんな話になるのか興味深いなあ。
まあ日本が大好き、日本を理解しているといいながら、私が話す日本のおかしさにまったくついてこれなかったから、いつか日本に行って自分の目で見て見ろ!と言っておいた。

どっちがいいとは言えない。と彼女は言ってた。
モノカルチャーな環境で育っていたらそれなりに幸せな人生があっただろうしね。
まっ、やっと気づいたかというのが私の今の感想。そのうち普通の日本人になれるかもしれないしね。



にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
今日もよろしくお願いします。


人気ブログランキングもよろしく


free counters


JunpeiのオリジナルWebshop たるたらんどう のご案内です。

b0080418_12363881.jpg
ハワイでおなじみのスパム(ランチョンミート)をカットするための
スパムカッターを販売しています。
お店はこちら






b0080418_1239664.jpg
花茶を楽しむための手作り透明マグカップ&透明マグカップ+花茶セット
お店はこちら





香港島中環Centralに新しい救急クリニックオープン!
緊急時、夜間の急病にドクターがご自宅、ホテルのお部屋までかけつけてくれる、
House Call=往診サービス開始!!


日本語ホットライン:香港(852)61474427
[PR]
by Junpei642 | 2011-05-10 19:00 | 英語の話

小学校で英語導入されていますか?

3月のこと、日本で小学校での英語教育導入について研究されている方が、そのリサーチの一環で、香港に来られることになり、本当はインター校の見学などを希望されていたのだけど、なかなかそういうわけにもいかず、知り合いのカナダ人がローカル小学校で英語を教えているものだから、彼に会ってもらって現場の話を聞かせてもらうことになった。

若い人が来られるのかと思っていたのだけど、実際会ってみるとお2人とも同世代の方たちで、あっという間にうちとけ、英語教育について熱いやりとりを交わした。
一人の方はものすごく近くの人だった。偶然。

さて、日本の小学校での英語教育だけど、そのコンセプト、やり方を聞いただけで、これではだめでしょう。という結論に達してしまった。
今後改善の余地があるとはいえ、きちんと指導できる先生を育てることをしていないので、多くは望めないのだろうと思う。
英語ができない担任の先生が、すべてをやらなければならず、その負担やプレッシャーを考えると、本当ならここは外部に頼ってでも専門家にお任せするのがいいとは思うけど、予算の問題とかいろいろあるのでしょうね。

英語導入と言っても、実際は5年生、6年生の2学年だけであって、それまでの学年は英語とは関係がないと思う。テスト校になったり、自治体単位ですすめているところはもっと状況は良いと思うけど、そのあたりにバラつきが今もあるようなので、不公平といえば不公平。
一応教科書は作るらしいけど、中学で英語嫌いを作らないためにも、読み書きはやらせないそうだ。
予定している授業の内容は、こちらで言えば幼稚園レベルの単純さで、精神年齢とのバランスはまったく配慮されていない。

一生懸命やったとしても、街中で英語を話すことはまず皆無だろうから、難しいことをやらせても無駄なのかな?
でも指導のやり方次第で、5年生、6年生 それぞれの学年で1年が終わる頃には簡単な本を一冊ぐらい読めるように指導する自信が私にはあるな。
そしてその本のレベルぐらいの簡単な文章を書けるようにする自信もある。
5年生ともなれば、グラマーも文の成り立ちもロジカルに理解できる力が有ると思うから。
そして、きちんとした英語を聞かせることで、正しい発音だってきっとつくだろうしね。

どうせ同じ時間を使うのであれば徹底的にやるべきかも。

ただね、日本の小学校英語教育の話を聞いたあとで、カナダ人の友人が言ったことは、
「そんな英語教育でも、君たち今、英語を話しているじゃないか。」
そうなのである。中学から始めた英語でも大丈夫なんだよね。

だったら、別に小学校から英語導入しなくてもいいってこと?
わからないよ~~~


にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
今日もよろしくお願いします。


人気ブログランキングもよろしく


free counters


JunpeiのオリジナルWebshop たるたらんどう のご案内です。

b0080418_12363881.jpg
ハワイでおなじみのスパム(ランチョンミート)をカットするための
スパムカッターを販売しています。
お店はこちら






b0080418_1239664.jpg
花茶を楽しむための手作り透明マグカップ&透明マグカップ+花茶セット
お店はこちら





香港島中環Centralに新しい救急クリニックオープン!
緊急時、夜間の急病にドクターがご自宅、ホテルのお部屋までかけつけてくれる、
House Call=往診サービス開始!!


日本語ホットライン:香港(852)61474427
[PR]
by Junpei642 | 2011-04-22 22:34 | 英語の話

英語教育に王道は無いってことか

ゆうべTwitterで日本で英語を教えているアメリカ人と話していた。

Phonicsの授業で "ck" & "st"の音を教えるさいに、
"st"の音をわからせるためにFistの絵を見せた。
すると子供たちは一斉に"rock"と叫んだそうだ。

そしてその次に"ck"の音を教えるために今度はこけの生えた岩の絵を見せた。
そしたらオムライスと言われたそうだ。

年齢は8~9歳の子供たち、なんでこぶしをみてRockというのかがわかんなかったようだけど、
「それはね、子供たちは「ぐー、ちょき、ぱー」の「グー」だと思っているのよ。だからRockと答えたんだよ。」と教えてあげてやっとわかったみたい。

こぶしの絵を見せられたらほとんどの日本人が「グー」って答えると思うよ。という事も一緒に。
だって、こぶしなんていわないでしょ。普通。

でもどんな岩のイラストがオムライスに見えたのかは不明。

彼女の教室では先生は英語しか使ってはいけないので教室の中では英語のみだそうだ。
しかし、年齢が年齢だけに、少しの媒介語を使うことで理解がすすむこともあるのだから、
英語のみにこだわる必要は無いと思うけど、
「クラスでは100%英語です。だから自然にNativeのような英語が身につきます。」というのが学校の売りなのでクラスで日本語を使うことはご法度なのだ。

なるほどね。私はこういった学校のルールみたいなことを強いられるのは嫌いだ。
だって、子供だっていろんな子がいる。
そういうやり方があてはまる子もおれば、そうでない子もいる。
教える側は、そういう違いをきちんと把握して、子供にあったやり方をすべきだよ。
これ、学校だったら無理だけど、少人数制の習い事なら充分可能だから。

それにたった一人の先生の英語を聞いたぐらいで英語を話せるなんてありえない。

社会では、いろんな企業が社内英語公用語化とまではいかないけど、社員にTOEICを受験させる傾向が強まっているらしい。
だから大人になってから困ることのないように親は子供が幼児のうちから英語を教えておかないといけないよね。
あせる気持ちもわかるわ。

しかし、やり方を間違えれば、幼児のころから英会話教室に通っているのに、中学で英語が教科としてはじまったらさっぱりわからないという子供も結構いるみたい。
そりゃなんで?と思うだろうけど、まっ、子供の習い事なんて所詮そんなもの。
中学に入って、言葉を習うとき、文法が理解できない、言葉の意味を覚えられない、スペルが覚えられない。
そんな子供は致命的だ。
かわいそうだけどね。
教え方一つで花開く場合もあるけど、それをするには良い先生が必要。

そしてTOEICだけど、TOEICの英語はTOEFLなどに比べてめちゃくちゃ易しい。
少し勉強して、コツさえ覚えれば大学受験を生き抜いてきた人たちにとってすごい簡単だと思う。
答えは一つしかない。
悩むような問題は陥れるためのポイントがちゃんとあるので、そこに気づけばモウマンタイ な問題が多い。
リスニングなんて簡単すぎる。

そしてちょっと要領のいい人はコツをつかんで高得点を取れるようになるまで早い。
でも点数と英語力とは何の関係もない。

企業は、TOEICに挑戦させて、社員の英語力をみたいのではなくて、いかに効率よく何かに取り組めるかを測っているのかもしれない。
要領の悪い人間は、英語は苦手意識が立ちはだかって高得点は無理。あせって鬱になる人もいるんだって。
それは考えすぎ。
そこまで考えるんだったら、さっさとTOEICのコツを身に着けてください。

今や大人も子供も大変なのだ。
日本全国英語英語英語 英語のためにニュージーランドに留学していて、現地で地震にあい、一瞬にして尊い命がなくなった。かわいそうすぎる。ご冥福をお祈りします。

でも本当に語学に王道はない。
コツコツ地道に勉強を重ねて、インプットを充分にやって、その後はアウトプットに徹するようにするといい。
ただ日本だとアウトプットの場が無いというのはきついね。

でもね、私だって見つけられたんだから、いろんな場所があるはず。
日本の英語学習者たち頑張って~~~

b0080418_156929.jpg

ゆうべセントラルを歩いていたら、IFC1?のビルがすっぽり見える場所を発見。
手前の看板が明るすぎ手よく見えない。

b0080418_156149.jpg

看板を通り過ぎるともっときれいに見えました。



ポチリとよろしく
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ



人気ブログランキングもよろしく


free counters


JunpeiのオリジナルWebshop たるたらんどう のご案内です。

b0080418_12363881.jpg
ハワイでおなじみのスパム(ランチョンミート)をカットするための
スパムカッターを販売しています。
お店はこちら






b0080418_1239664.jpg
花茶を楽しむための手作り透明マグカップ&透明マグカップ+花茶セット
お店はこちら





香港島中環Centralに新しい救急クリニックオープン!
緊急時、夜間の急病にドクターがご自宅、ホテルのお部屋までかけつけてくれる、
House Call=往診サービス開始!!


日本語ホットライン:香港(852)61474427
[PR]
by Junpei642 | 2011-03-10 15:08 | 英語の話

娘とwhatsAppでwhat's up? 親子英語談義

香港人の友人たちがあちこちですすめてくれるので使ってみたwhatsAppというアプリ
とっても便利ですよ。
何が便利かと言いますと、普通SMSは同じ電話会社を使っていると料金がかかりませんが、
違うオペレーターだと1通いくらとお金がかかってしまいます。
でもwhatsAppを使うことでSMSが無料で使えるのです。
さっそくDLしてインストールすると、自分の知り合いの中からwhatsAppを使っている人が自動的に検出されるのですぐに使えます。
使い方は今までのSMSと同じです。

日本にいる娘とはメールで話すことが多いのですが、ためしに彼女にもwhatsAppをDLするようにすすめてみたところ、これまた無料で使えるようになりましたわ。
めちゃくちゃ便利です。
メールで話すよりもやり取りが瞬間にできるので楽しいです。

彼女が私が先日書いた「英語で子育て」の日記を読んで、

「ブログ読んでたんだけどねー 英語で育てるの うちやりたいwwwと思った」 と言って来ました。

それを聞いてびっくりしたけど、よくよく考えたら、彼女の場合は英語はほぼNativeに近いので、
英語が下手なお母さんが本で勉強しながら育てるのとは違うけど、

「母語がきっちりしているなら英語子育てもいいんじゃないの?」 と返したところ、

「私も学校で英語、家で日本語でなんとかなったんだから、その反対なだけでなんとかなるんじゃないの?」
と言って来た。

なるほど。そうかもしれない。

しかし、英語が上手じゃない人が英語で子育てすることに対しては娘もおかしいと言っていた。

「英語本気な人はそのうち海外に出るでしょう。」 と娘

別に本人がやりたくなったらその時から始めても遅くない。だから赤ちゃんからやる必要なしと私が返信したところ、

いや おそい。赤ちゃんの時から英語を聞かないと特殊なその英語しゃべるときの周波数というか、舌の動きができないのよ。だからおかんみたいな英語になる。それは教育学でもちゃんとした実験と実績があるのよ。」
だと

「あとバイリンガルという子供を作りたければ、リミットは8歳プラマイ2までしかできないのよ。だから中学生とかもう遅すぎる。」とぬかす次第。

それに対して私が
「だから私の英語でも通じれば問題無いよ。赤ちゃんの時から正しい英語を聞いたとして、それ以上勉強しなかったらどうなる?」
「完璧バイリンガルになる苦労はわかってるでしょ?」

と返信。

「お母さんは英語しゃべれるのと、バイリンガルの大きな違いを理解してないようだな。
よく言う、頭は英語で考えているか、日本語で考えるかだなあ。
まあ正直ね、アイリーン(カナダのときのルームメート)を見て思ったんだけど、英語、韓国語、マレー語、中国語、全部達者なのよ。家で韓国と中国語、学校では英語で、友達同士でマレー語、それでちっちゃいときから育っているんだもん。それだけでいいってことだよ。」

注:彼女の母親は韓国人、父親は中国系マレーシア人、学校はインター校、しかしマレー語も公用語という環境
「ただ彼女が「勉強して」身につけた言語はフランス語だけだよ。」

「なるほど。しかし彼女はすべての言語を生活言語として使っていたわけで、そこがモノリンガルな日本と違うやろ。」と返信。

「だから英語をしゃべれない日本人が無理やり子供に変な英語で育てるのはおかしいけど、原理は合っているのよ。(これが言いたかったらしい)」

結局2人で達した結論は、ある程度英語を聞かせることで英語の音を聞ける耳が育ち、発音することでその仕組みも学べる。そして親からの話しかけである程度の生活言語としての英語は身につくはず。
ただ、高学年になってから、その身につけたものをどうやって伸ばしていくかということだと思う。
それが実は一番難しい。

娘の場合は学校では英語だったので、英語は普通に問題なく身について、生活言語としての日本語も身についた。しかし、年相応の日本語力をつけるためには、しっかり勉強して取り組むしかなかった。
マンガが好きだったので、マンガを読んで勉強できたけど、それ以上のことは難しいので、今受験勉強して学べたことはプラスになっているようでした。

日本で英語で子育てをした場合、家庭で取り組めることはかなり少ない。学校で日本語はきちんと学べるし、日本の教育もきちんと受けられるけど、簡単な会話以上のことを学ばせるためにはそれなりの環境が必要かな?
娘はその辺は自分ができるから試してみたいんだと思う。
よく考えたら彼女の年齢で私はもう結婚していたんだもんね。
フフフフ

どないなるんやろか?
心配になってきた。


b0080418_16364992.jpg

今日のテツ
Toy cameraで撮ってみました。
Appをアップデイトしたらやっと魚眼レンズが手に入りました。
外で試してみたいな。

さっき見たら2位になっていました。
今も維持できているかは不明
でも今日もポチリとよろしくです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ



人気ブログランキングもよろしく


free counters


JunpeiのオリジナルWebshop たるたらんどう のご案内です。

b0080418_12363881.jpg
ハワイでおなじみのスパム(ランチョンミート)をカットするための
スパムカッターを販売しています。
お店はこちら




b0080418_1239664.jpg
花茶を楽しむための手作り透明マグカップ&透明マグカップ+花茶セット
お店はこちら

よろしくお願いします。
[PR]
by Junpei642 | 2010-12-27 16:39 | 英語の話

ふっと 英語だらけの場所にいるのに疲れたわと思った瞬間

先週の金曜日からだんなが出張中
日本語を教えているとはいえ、だんながいないと日本語を話す機会がぐっと減る。
土曜日はMちゃん一緒だったからまずまずOK

それからはレッスン以外で日本語話していない。
NHKを見る時間もだんながいないとぐっと減り、まあインターネットで日本語は読んでいるけど、
話すことは無かったな。


毎日のようにDと電話で話す。時にはめんどくさいけど
これは私の英会話レッスンみたいなもので、勉強して覚えた言葉などを使ってみる。
例えば日本のドラマとか映画を思いっきり見たあとなどに電話があると見事に英語が入ってこない。
これびっくり。

Tさんとか、Jくんとの日本語レッスンは実はとってもためになる英語レッスンでもある。
Tさんが覚えたいという「6ヶ月ぶり」=for the first time in 6 month 私も覚えたいわ。
この前 何かで覚えた言葉が今日のJくんのレッスンで出てきた。
最初、その言葉であることを思い出せなかった。
スペルをもらって初めて単語リストに書いたことを思い出し、iPhoneで出してきて見せた。
微妙なという意味のsubtle、本の中によく出てくる。
その後は、尖閣問題について日本語でやりとりをして、
仙石のおっさんが「日本は前から属国のようなもの」と言ったことを思い出し、その話をしていたらJくんがうまいこと属国と言う言葉をあらわす単語を教えてくれた。tributary country
あまりにも説明が完璧で「英語の先生したら絶対にいいよ。」と言ってしまった。
彼の職業は veterinarian 略してVet 獣医である。
言葉とは、このように印象付けられて覚えていくのが一番で、メモにも書いたけど一生忘れないと思う。
こうしてお互い印象付けあって覚える言葉は、きっときちんと相互関係が成り立っていて、
生徒のほうも忘れることなく覚えてくれるような気がする。
レッスンが一方的だとおもしろくないものね。
今日彼が迷ったのが、犠牲と正義 どちらがどちらかわからなくなるらしい。
なんとなくわかる。
犠牲はsacrifice 正義はjustice 私はぜんぜん悩まないですぐに覚えられた単語だけど、
日本語は似ている言葉が多いから覚えにくいのだろうね。

今日Dから聞いた言葉"put on you" 全部Junkoになすりつけとくな~~と言った言葉とか、
とても明確に頭に刻まれていく。何度も聞いているけど、なんだか今日は話の内容がちょっと大切なことだったので余計印象強い。
you pay and I'll come. あんたが払うんだったら行くよ。
Dinnerに誘われたんだけどどうする?という話で、こう言えと言われた。
日本人はこんなこと恥ずかしくて言えないよ。It's embarrassing.
あなたにまかせるからね。という意味でI'll count on you.と言ったけど、それって正しいのかな?
そう思ったら勉強せえよ!


こんな風に覚えていかないと、実はざるから水がこぼれるみたいに流れ落ちていくのだ。

今夜はWanchで80's Pop musicのクイズナイトだった。
誰でも参加できるってことで、私はJohnとその他3名のテーブルに加わった。
クイズマスターの話す英語はクリアでこぼれることなく聞き取れた。
でも答えは難しくてわからない。問題を作ったのはBrendanだ。

ギターや歌の抜け落ちたキーボードとリズムセクションだけの音を聞いてどの曲か当てなければならなかったり、Lyrics(歌詞)の冒頭を棒読みして、その曲は何かとか、フロントマンの写真を見せられてどのバンドで、誰なのか、アルバムジャケットを見て誰のなんというアルバムかを当てたり、
一番難しかったのは"One hit wonders" 一発屋たちの曲をいっぱい聞いて誰の曲かあてるものかな?
聞いたことあるけど誰の曲かわからないものなのだ。

こうして授業の後からさっきまで英語漬けの時間を長時間過ごしていたら、
むしょうに日本語が恋しいというか、もう英語聞くのも英語を話すのも疲れたわ~と猛烈に感じてきた。
あまりそんな風に感じたこと無かったのに急にそう思うようになったので自分でもびっくりした。
Mちゃんもいたのに。
Mちゃんも最近は英語の海でアップアップと泳いでいる。
彼女の状況はもっと大変そう。
見るからに白人なDaveとMちゃんが広東語で話している姿はおもしろい。
香港生まれのDaveは広東語がペラペラ

やっぱり香港はThird Worldだわ。

うーん 英語に疲れて頭クルクル
今 NHK聞いています。
硬い話だけど妙に落ち着く。

早く だんなが帰ってきたらいいのにな。

明日は一日中日本語を話さないだろうな。

木曜日は香港人に囲まれて食事会
でも日本語の生徒だから日本語で済ませよう。
ああ、朝からKenzoさんのレッスンがあるから、彼とは普通に日本語が話せるな。待ち遠しいわ。

ああもう2時や
おやすみ。


にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
今日もよろしくお願いします。


人気ブログランキングもよろしく


free counters


JunpeiのオリジナルWebshop たるたらんどう のご案内です。

b0080418_12363881.jpg
ハワイでおなじみのスパム(ランチョンミート)をカットするための
スパムカッターを販売しています。
お店はこちら




b0080418_1239664.jpg
花茶を楽しむための手作り透明マグカップ&透明マグカップ+花茶セット
お店はこちら

よろしくお願いします。
[PR]
by Junpei642 | 2010-11-10 02:55 | 英語の話

やはり手ごわいぞ!油断するな!英語の話しです

ゆうべ 白人だらけの中でぽつんと日本人だった私
香港はなんやかや言いながら、やっぱりイギリス人が多い。
イギリス英語は読むのも苦手だけど、聞くのはもっと苦手な私。
でもこんなチャンスは無いと思ってイギリス英語=イギリス人たちにかかんにアタックしてみたけど、
やっぱり難しいのでした。

まずはね、使っている語彙の感じがアメリカ人とは違うと思う。
だから聞いたそのまま理解ができない。
わかったりわからなかったり、大音量の音楽が後ろにあるためますますわからない。

苦手だなと思う英語はイギリス中部のなまりかな?
彼女はYorkshire出身といっていた。
かっこいいからお近づきになりたいMattはWest Yorkshireだ。
それもLeedsだよん。
私が昔文通していたイギリス人もLeedsの子だった。
文通にリスニング力はいらないけど彼女が書く英語はまだそれほど難しいものではなかったのにな。
今でもFBでよくチャットしているマンチェスターに住んでいる友人の英語は、
しゃべりも書くのもどっちも慣れない。
未だに彼女とのチャットは疲れるものね。
Mattの英語を初めて聞いたときは、すごくわかりにくかった。
でもお友達になりたいからガンバロ。

香港が長い外国人たちは、その訛りが消えていることも多くて、
そういう人たちとの会話にはそれほど困らないかな?

この前、香港人の友人から英語を教える仕事のことで相談をうけたとき、彼の英語があまりにもうまくて、普通の香港人と違うなと思って聞いてみたら、彼はお父さんは香港人で、お母さんはフィリピン人だった。
そして学校はKGVだった。
なるほどインター出身だったのか。
家庭内でも英語だったということで納得。
インター出身者の英語は娘もそうなのでそれほど聞くのに困ることはない。
よく言われているけど、香港、シンガポール、マレーシアのインター校出身者というのは、それはそれで独特の英語を話すみたい。
ひょっとしたら、この前友人と話していたように、海外で育った日本人の子供は、日本で流行っているくずれた話し方をしないため、割ときれいな日本語を話すと言われているのと同じで、現地の崩れた言葉、スラングなどに汚染されずきれいな話し方をしていられるのかもしれない。

英語にもいろいろあるということで、まだまだ勉強は必要だ。
特にリスニングね。
いろいろな英語にふれないといけないけど、苦手なものは苦手
いつか克服できるとは思えない。
でもあきらめたらあかん。

なんとか頑張って、わからんなりにもその輪の中に飛び込んで、かかんにアタックを続けないとだめですね。
英語を勉強できる音源を探そうっと。

Johnのお誕生日は実は今日だったのです。
一日早かったね。ごめんなさい。
では今日のJohnは、たぶん世界中imagineにまみれていそうなので私はこれを選びました。


かっこいいよ。

Johnが大好き?
ポチリとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ



人気ブログランキングもよろしく


free counters


JunpeiのオリジナルWebshop たるたらんどう のご案内です。

b0080418_12363881.jpg
ハワイでおなじみのスパム(ランチョンミート)をカットするための
スパムカッターを販売しています。
お店はこちら




b0080418_1239664.jpg
花茶を楽しむための手作り透明マグカップ&透明マグカップ+花茶セット
お店はこちら

よろしくお願いします。
[PR]
by Junpei642 | 2010-10-09 23:50 | 英語の話

Oneかitか英文法の謎を解く

私はあまり物事をうまく説明できない人なので、
まずはこちらを読んでください。

「代名詞 one と it、その前に ~誤解された手紙」by まさんたさん

A:I have a cold.
B:Oh? I have one, too.

このOneが正しいかどうか?
itの方がいいのでは?
それは"a cold"と風邪を可算性として扱っているからどうのこうのという理由でしたが、

この前 このまさんたさんの記事を日本語の教材として使ったところ、
イギリス人の生徒が"I have it, too."は絶対に言わないときっぱり言いました。

it = 前出の単語の代名詞
とにかく I have a cold. の "a cold"をそのものをitを使って言い換えているから、
ここではitを使わず "one"のほうが正しいということになりました。

ちなみに
a fever, a cold, a rash, a cough, a headacheなど "a"がついている病気の症状には"one"を使ったほうが自然で、
I have pneumonia. などの場合は"it"でもおかしくないそうです。
pneumoniaは肺炎なんですが、きちんとした病名の場合は"a"をつけないみたいで、
だんながかかったEpiglottitisなども同じでaはつきません。

"This time an x-ray revealed I had epiglottitis ."

一般的な病気の症状は"a"をつけるのが一般的なのかな?
それはあまりにも全般的すぎて特定できないからoneを使って、
病名がきちんとあるものに関しては、
「僕も肺炎にかかったよ。」と同じものと言う意味で"it"が使えるのか?


同じ話で
1) I lost a watch, but I have no money to buy one.
2) I lost a watch, but I have no money to buy it.
この2番目の文章を聞いたらすごく違和感感じると言っていたので、
なんで?と聞くと、itはその無くした時計とまったく同じ時計というまさに代名詞になってしまうから、
めちゃくちゃ違和感感じるそうだ。

こういう文章は変に代名詞を使わないで、時計をなくしたから、また別の時計を買いたいけどお金が無い、またはまったく同じモデルの時計を買いたいけどお金が無い。ということを文章にして言ったほうがいいと言っていました。the exactly same modelなどね。
againを使うのも効果的らしい。

それから普通I lost "a" watchなんて言わないよ。
I lost "my" watch.というのが普通なので、この英文にも違和感を感じたみたいです。
そうだよね。この話をしていたときお互い例文の作りあいしてたけど、私たちは自然にmy使っていましたから。
この本はやっぱり少しおかしいのでしょうか?
「英文法の謎を解く」改訂版はないのですがオリジナルは手元にあるんですよね。

ワインの話に至っては、
I like red wine better than white one.は普通に使えるだろうってことでした。
ワインととるか、ボトルととるか、グラスととるか、ボトルとグラスは数えられるからone使うよな。
それにだいたいワインっていえばボトルで考えるのが普通だからね。

日本語のクラスだけど、英語の話しで盛り上がり、
イギリス人の頭をこんがらがせ、でも楽しい2時間があっという間に過ぎました。
このような小さな意味の違い、感覚の違いって、言葉を学ぶのにとても大切ですよね。
一度しっかり深く学ぶと、意外と定着してよく覚えられるのですが、本などでさらりと読んだ場合はすぐに忘れて、どっちだっけ?となったりするわけです。

でも間違えてても通じるので、どっちだっけ?と迷わずまずは口に出してみるべきですけどね。
すごくおかしけりゃnativeがちゃんとなおしてくれるかもしれませんね。

私みたいにきちんと直してくれる相手がいるとなおいいのですけどね。


今日もポチリとよろしくです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ



人気ブログランキングもよろしく


free counters
[PR]
by Junpei642 | 2010-09-27 15:10 | 英語の話

どうですか?ユニクロと楽天のせいで英語熱高まってますか?

ユニクロと楽天の社内公用語英語化の話し、最近はあまり話題にならなくなってしまったようですが、
つられて「うちの会社も英語化しよか。」と思っているところ無いんですかね?

よくお邪魔するまさんたさんのブログでも英語熱は高いですよ。
けど、本当に好きだからこそ身につくわけで、英語が生活に必要でなくても、
勉強、研究を続けることで知識はどんどん増えていき、英語力も伸びると思うのですが、
知識ばかりが伸びて、実用性のある英語が身につかないということも少なからずあるのではと感じます。

それはやっぱりinputの量とoutputの量がアンバランスだからそうなってしまうわけで、
いくら良い本で勉強して、CDで英語を聞いて、映画を観て英語を聞いても、学んだ言葉を道具として使わなければうまくはならないのでしょうね。
言葉だからね。

でもそのバランスがうまくいったときは、私みたいに適当に遊んで覚えた英語より、しっかり学んで脳みそに刻み付けられた知識というのが思いっきり花咲くと思うので、できるやつに見られるためにも日常的に学び続けることは大切なのです。

そうして身につけた英語も、慣れない訛りがある相手と話したときはさっぱりわからず、「英語ができるって言ったのに、何この人英語できないの?」と思われることもあるかもしれない。
私だったらイギリスの田舎出身の人、アイリッシュ、オーストラリアのどこかの訛りなどなど、何べん聞いても言葉の意味が頭に入ってこなくてあせることがある。
相手は気にしないで話はすすむ。
「ごめんなさい、私あなたの英語ちっともわからない。」ビール片手だったらそう正直に言えるけど、
これが仕事で出会った人間なら無茶苦茶あせると思う。
あせるとますますわからなくなり...

まあこういう経験を何度かして、これじゃいけないもっと頑張ろう!となって、
私の場合はBarでいろんな国の外人相手にどうでもいいことを話しているんだけどね。
それでも練習にはなります。

ついこの前、Mちゃんと私+2人のオージー、一人のイギリス人で飲んだとき、テーブルは日本語と英語で分断されていたけど、時々は英語にも耳をすませてどこまで話の内容が聞き取れるかを試してみた。
3人の英語は慣れた英語だったので、だいたいのことはわかったけど、日本語を話しながらだったのでかなり大変だったけど、そういう訓練ができるというのはありがたい。

途中、お店でかかっている70~80年代のヒット曲のイントロを聞きながらB氏がつぶやく一言がとても楽しかった。同じ時代をそれぞれすごく離れた場所で生きてきたけど、そこには音楽と言う共通項が存在していたんだなとしみじみ思う。

今、社内が英語化されるということで英語を猛勉強している人たくさんいると思うけれど、
みなさんの一番の問題は、使う相手がそこらへんにゴロゴロいるわけではないということですね。
それでも洋書をしっかり読み込み、音読を繰り返す。時には覚えるぐらいに...
それを続けることでかなり力はつくと思います。

これを本当なら広東語でやらなければならないのだろうけど、
うまくいかないんですよね。
英語だけでもきちんと攻略したいと思っています。

公用化で切羽詰っているかた
頑張れ~~~


にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
今日もよろしくお願いします。


人気ブログランキングもよろしく


free counters
[PR]
by Junpei642 | 2010-09-25 11:56 | 英語の話

英語教育批判とその他もろもろのこと

まさんたさんが、「英語教育」批判についてまとめられたものを読んで、それに対するコメントを自分のブログに書きたいと思いました。

*賢い学者たちが出版した英語学習者向けの本に、文法を勉強するな。
辞書を引くなみたいな極端なメソッドが堂々と書かれていること。

*賢い学者たちは自分がすごく勉強してきたことを忘れて、自分はまるで勉強していなかったのように書くこと。

*そしてその昔、英語の勉強をめちゃくちゃした達人が、実際は英語をうまくあやつれなかった。→受験英語、学校英語への批判

*最後に教える側の質の問題=つまり先生が本当に英語をきちんと操れるかどうかということ

先進国、経済大国と呼ばれて久しい日本の一番大きな欠点、国を代表する首脳陣が英語が下手ということ。
外交上これって打撃なのかどうか、そんな上の方の話は私にはわかりません。
しかし、英語話者たちが英語を話せない外国人のことを馬鹿にしているわけでもないと思う。
実際、アメリカ人も英国人もその多くがモノリンガルじゃないですか。

首脳陣はちょっとは考えるべきだけど、
一般市民レベルで英語ができないコンプレックスをかかえて日々生きている。
英語なんて話せなくてもぜんぜん困らない国に住んでいるのに...

香港では幼稚園から英語を教えているし、小学校からは英文校、中文校に分かれていて、
英文校に入ると教科書も英語だし、学校で使われる言語は8割ぐらい英語と聞いている。
そして大学教育はほぼ英語だ。

公用語も英語と広東語なので、公文書の多くは広東語と英語が裏表になっていたりする。
結構公用語に使われている英語のレベルは高く、ちょっとややこしい英語も使われていたりする。
こんな香港でさえ、英語がめっちゃ上手な人の割合は低いと言っても間違いじゃない。
香港大学を卒業していてもボキャブラリーの量が多いとはいえないし、日常的に洋書を読むという人も少ない。
ただ、どこへ行っても困らない程度の英語は話せる。自分の専門については極めているし、きちんとした英文も書ける。
実際はそれが大切なのかもしれない。
少々発音が下手でも、使うボキャブラリーが単一で幼稚でも、堂々と言葉として操れる香港人は日本人より立派だと思う。しかしこのレベルが今の香港の教育のマキシマムであることも事実で、もっとできる人は留学経験があって、そういう人の人口が多いのも香港の特徴。
それに外国人も多いからね。

でも香港と日本は比べることができないね。状況がぜんぜん違うからね。

私の場合は、中2までは英語ぜんぜんわかりませんでした。
ぜんぜん何の注意もせず勉強していた感じで進行形が出てきた時点でギブアップ!
でも中2の夏休みにものすごくいい家庭教師にあたって、
彼女から徹底的にそれまでの文法のやり直しをさせられ、それ以降は霞が晴れたみたいに英語が簡単になったのだ。もう中2の教科書がめっちゃ簡単で、発音記号も徹底的にやったためスペルを覚える行為も朝飯前という状態になった。
その後は特に英語の勉強に苦労することもなく、英語がおもしろかったし、洋楽も聞いてたし、海外にペンフレンドも数人持つようになって、英語で遊ぶという行為も覚えた。でも話し相手はいないよ。

で、初めて海外に出たのが17歳でアメリカ
「あれ?何言ってるかわからん。」
「なんで通じないの?」
そう思うことはいっぱいあった。でも知っている限りの英語をしゃべりまくった。
聞くことは大変だったけど、そんなの当たり前
だって、奈良の田舎で優れたListening教材があるはずもなく、英語が聞けるのは映画とレコードだけだったからね。
恥ずかしいなんて思わないこと。
とにかくひたすら英語を話した。相手は日本の田舎娘、下手だからって誰も笑わなかった。

これまでの経験を考えると、当時の英語教育は間違っていなかったし、
基本的なことはきちんと教えてくれていた。
ただ、一人の先生が35人ほどの生徒相手に教えても、生徒すべてが吸収できるはずもなく、学ぶ側の力の有無と努力に左右されると思う。

基本さえできていれば、後で本格的に英語に触れたときに、自分なりに理解をしなおし間違えて覚えていたことは修正しながら勉強できるからだ。
私の今の英語はそんな感じかな?
なんだ、本当はこういうことだったのかというのは多々あるし、今でもああなるほどと思うことはいっぱいある。
わかっていてもまだ間違えることもあるし、そのたびに舌を出して、また言い直しして、言い直ししているのに間違えたといわれると思いっきりむかつきながら覚えている。(これ実際先週あったこと)

もし英語教師の質についてこれからどうにかなるのであれば、
きちんと英語のもつ意味、ニュアンスを理解できている、せめて海外で生活したことのあるバイリンガルな人がなるのが好ましいかな?あとは教え上手かどうか適正も試されるべき。

結論としては、どんな学問も努力なしに身につくことはない。
英語をスラスラ操れるほど身についたとしたら、それは基本的なことプラスそれに肉付けしていく必要がある。
それは努力することでしか得られないと思うので、なんちゃって英語学習本なんかに頼らず基礎からやり直すことをおすすめする。
ただ、海外旅行とかで使う付け焼刃な英語だったらそういう本やCD教材に頼るのも一案だと思う。
覚えればいいだけだからね。

ちょっと長くなったので今日はこの辺で一旦終わります。

今日もポチリとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ



人気ブログランキングもよろしく


free counters
[PR]
by Junpei642 | 2010-08-17 18:11 | 英語の話


香港...出会いと別れが頻繁におとずれるtransitoryな街で、日本語を教えながら暮らしています。現在Kissing Fishというインディーバンドでベースを弾いております。ベースだけじゃなくてギター弾いて歌ったり、ドラムもたまにたたいたり、音楽とミュージシャンにかこまれ心豊かな日々を生きるパワフルおばちゃん!


by Junpei64

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
日々のつぶやき(日記)
食べる 呑む
Movie Review
Book Review
Viva! Music
Education
My sweet Tetsu
Medical topic
My Precious
香港おいしい一人飯
香港、中国
Girls Band Project
Hong Kong Indies
Japan!
英語の話
お化粧

気になるブログ/サイト

フォロー中のブログ

音楽、空間、好鐘意(大好き)!
Rock and Mov...
だるにーの脳ミソ
別館・我要的幸福
La Dolcé vita
Hachiの香港家計簿
アメリカナース日記
音楽の杜
sakuraのわがままエッセイ
エミリアからの便り
熊猫漫遊記
じゅんじゅんの香港日記
六福1☆
いつの間にか20年
こんな一日
ま、どうでもいんだけど
別冊・Hachiの香港ニ...
ミヤモーの戯言
中国茶徒然日記
フォンの野菜メニュー
おはな 山の中日記 ~北...
香港日々探検日記
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
lei's nihong...
憧れの地は香港
koedagaffe分店...
Made in Hong...
アジア暮らし
Lady Satin's...
Welcome to m...

外部リンク

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

ブログパーツ

動画配信用ASPサービス

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

タグ

(65)
(28)
(17)
(17)
(17)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)

その他のジャンル

ファン