最悪の展開 プルトニウム検出!

今でこそデマだったと伝えられてしまったが、津波が起きた夜、友人たちとの食事会から遅い時間に帰ってきて、どこがソースだったか忘れたが、ヒラリーが地震でトラブルが起きた原発のために冷却材を送る手配をしているといううわさをTwitterで見たのだった。

今でも、適当に検索するとソースは簡単にみつかる。

それを見た私は、津波か地震のせいでどこかの原発でトラブルが起きたことを知って、
その時にTwitterでつぶやいたのが、

アメリカが原発の冷却材を空輸中とのことです。このソースが無いので確かな情報かどうかわかりませんが、原発の近くの方は是非早めの避難をしてください。これをここに書くことがいいのかどうかわかりませんが、原発の現実は恐怖です。是非非難を。

これが私がTwitterにはじめて書き込んだ原発関連のつぶやきです。
このとき、私の頭の中には、原発周辺の住民はそのうち避難させられるだろうけど、いつ帰れるかわからないこと、一生帰れなくなる場合、国はどんな風にそのことを説明するのだろう... そんなことを心配していた。


その時ははっきり言って怖かったけど、まさか事態がここまで悪化するとは正直考えていなかった。
翌日不安な気持ちいっぱいでニュースを見ていたら、午後から爆発。水蒸気爆発と報道されていたけど、
放射線物質が排出されたということを確信していた私は

原発爆発 放射能汚染はどれぐらい大きいかわかりません。福島、その周辺の人たちは外出しないでください。換気扇は止めて皮膚を露出しないようにしてください。マスク着用、とにかく外に出ないで!

とツイートしていた。
そして娘にも関西にいるのにも関わらず外に出ないようにSMSしたのだった。

そのあたりから自分で炉のタイプなどを調べまくり、なんとか安心するための理由を考えようとしてみた。
日本の炉はチェルノブイリタイプとは違うということを知って安心してはみるものの、核反応を繰り返し熱を持つ燃料棒を冷やすために、海水をかけるという話を聞いて、どうせ海水垂れ流し、すぐに蒸発するだろうから、気体になって空気中に放出されるのだから、危険極まりない状況は避けられないだろうと思っていた。
だいたい、水を注入したってキンキンに熱いreactorが簡単に冷えるとは考えられなかったから。

水蒸気爆発のあとまもなく、サポートのため日本に来ていた空母のデッキでアメリカ兵が被爆したというニュースをNew York Timesのニュースで発見。それが理由で100KM離れるという規定も守られ、空母後退、その規定のことを知らない日本人が騒いだりもしていた。
NYTのニュースでは、水蒸気爆発まもなく、アメリカは上空の空気を採取して放射能による汚染レベルを調べようとしていた。その時点では分析中だったけど、Cesium137とiodine131が含まれているだろうことを既に発表していた。
原発から60キロ離れた場所での採取だ。

つまり、周りはどうなるの?
翌日避難が現実となり、CNNで防御服に身を包んだ人たちが、無防備な格好をしている住民にガイガーカウンターをあてて放射能物質による汚染の有無を調べている写真を見た。
恐ろしい光景だった。

放射能物質の検出はその後あちこちで確認され、その後多くの外国人が海外脱出をはかった。
当然のことである。私だってそうすると思う。
国が発表する被爆レベルはいつもあいまいで、本質を隠そうとする内容ばかり。
これは1時間で数日分を被爆することになりますが、それでもそんなに心配することはありません。
放射能物質の特質を説明したって、どれだけの人がわかる?

半減期1週間と軽くいうけど、一週間で半分になり、その半分になるのにまた一週間かかるのだ。
問題となっていたCesium137は半減期30年と言われているのに、何をのんきな事を言ってるのだ!

そして事態はどんどん悪化していく。
何度も行われた冷却作業 水は海に垂れ流し、蒸発して空に撒き散らされる。
もう最悪。

夜中の3時に日本在住のアメリカ人に大使館からファックスが送られた。
原発から80km内に住んでいるアメリカ人に避難を促すファックス。
それは3月17日のことでした。

時間ばかりが過ぎていく。

原発の副産物プルトニウムを保管してあったプールが空っぽになっているという恐ろしいニュースもあった。
なんという恐怖!

そして今頃になって、原発の周りでプルトニウムが検出されたというニュースが発表された。

これがどんなことかわかっているの?
あってはならん結果でしょう。

プルトニウムは人間が作った最悪の元素だよ。
日本はこれをフランスなどに輸出することで大金を得ている。
すべて核兵器の材料として使われる。
今回、これをパーにしたくなくて、原発の処理がおくれたと言われている。
もともとすごい大金を投じて動かしている原発を廃炉にしたくなかったTEPCOの対応も今回の結果を招いたと言われている。

その毒性は最悪らしい。

日本はみなが感じているよりひどい状況なのだと私は思う。


むやみに怖がる必要は無い。
外国メディアは反応しすぎ!
と言うような意見もたくさんあります。
しかし、自分を守るのは自分、今回の問題は心配しすぎても損にはならないと思います。

私が情報を得たのは主に
New York Times
ここから様々なリンクに行けます。

私はいろんなところで得た情報からTwitterでつぶやいたり、Facebook上で外国人にむけていろんなメッセージを英語で発信し続けました。

しかし放射能漏れが周知の事実になってしまってからは、もう追いかけるのもバカバカしくなってしまいそのままになっている。
混乱だらけの日々、そんな中プルトニウム漏れの事件が、あっさりと国民に告げられる。
信じられない。

私、今回のことで更年期障害が悪化したかもしれません。
チェルノブイリのとき怖い思いをしたことが今回また蘇りました。
日本はどうなってしまうのかな。

福島の原発はそのうち分厚いセメントで固められて石棺化されるでしょう。
もうそんな終わり方しか無いと思うのです。

一日も早くこの悪夢が覚めますように。


にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
今日もよろしくお願いします。


人気ブログランキングもよろしく


free counters


JunpeiのオリジナルWebshop たるたらんどう のご案内です。

b0080418_12363881.jpg
ハワイでおなじみのスパム(ランチョンミート)をカットするための
スパムカッターを販売しています。
お店はこちら






b0080418_1239664.jpg
花茶を楽しむための手作り透明マグカップ&透明マグカップ+花茶セット
お店はこちら





香港島中環Centralに新しい救急クリニックオープン!
緊急時、夜間の急病にドクターがご自宅、ホテルのお部屋までかけつけてくれる、
House Call=往診サービス開始!!


日本語ホットライン:香港(852)61474427
[PR]
by Junpei642 | 2011-03-29 10:30 | Japan!


香港...出会いと別れが頻繁におとずれるtransitoryな街で、日本語を教えながら暮らしています。現在Kissing Fishというインディーバンドでベースを弾いております。ベースだけじゃなくてギター弾いて歌ったり、ドラムもたまにたたいたり、音楽とミュージシャンにかこまれ心豊かな日々を生きるパワフルおばちゃん!


by Junpei64

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
日々のつぶやき(日記)
食べる 呑む
Movie Review
Book Review
Viva! Music
Education
My sweet Tetsu
Medical topic
My Precious
香港おいしい一人飯
香港、中国
Girls Band Project
Hong Kong Indies
Japan!
英語の話
お化粧

気になるブログ/サイト

フォロー中のブログ

音楽、空間、好鐘意(大好き)!
Rock and Mov...
だるにーの脳ミソ
別館・我要的幸福
La Dolcé vita
Hachiの香港家計簿
アメリカナース日記
音楽の杜
sakuraのわがままエッセイ
エミリアからの便り
熊猫漫遊記
じゅんじゅんの香港日記
六福1☆
いつの間にか20年
こんな一日
ま、どうでもいんだけど
別冊・Hachiの香港ニ...
ミヤモーの戯言
中国茶徒然日記
フォンの野菜メニュー
おはな 山の中日記 ~北...
香港日々探検日記
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
lei's nihong...
憧れの地は香港
koedagaffe分店...
Made in Hong...
アジア暮らし
Lady Satin's...
Welcome to m...

外部リンク

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

ブログパーツ

動画配信用ASPサービス

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

タグ

(65)
(28)
(17)
(17)
(17)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)

その他のジャンル

ファン