"October Sky"

1950年代 アメリカの炭鉱町で育った高校生4人がロケットを飛ばす夢を追い求める青春映画。
時代的にはアメリカングラフィティーと同じぐらいだと思うけれど、原色のものが少なくアメリカの暗い部分をこれでもかと見せてくれる作品。
1957年10月 アメリカよりも早く、ソ連が人工衛星打ち上げに成功しました。その光る物体が夜空をすーっと動いていく姿を見て、ホーマー少年はロケットを作ることを決心します。
彼が生まれ育った場所は炭鉱以外何もない小さな町、住民のほとんどが炭鉱で働き、その町の高校に通う男の子達には何の将来もなく学校を卒業すれば炭鉱で働くしかなかったのです。しかし、その炭鉱は落盤事故が後を絶たず、ストライキ闘争があったりと決して安定しているわけではなかったのです。彼の父親も炭鉱の責任者として山(炭鉱)の男と呼ばれ皆に頼られている存在でした。息子達も卒業後は自分のあとを継いで炭鉱で働くものと決め付けていました。しかしスプートニクを見たホーマーは友人に声をかけてロケット作りをはじめたので父親はそんなホーマーにまったく理解を示しません。
ある日、ロケットの試作品を持って学校へ来たホーマーたちは校長先生に注意をされるのですが、そこへ科学の先生がやってきて、州の科学コンテストに出るために私がやらせていると嘘をついて助けてくれます。ひょうたんから駒で、本当にコンテストに出場することになり、そこから一気にロケット作りが加速していくのです。
この先生の存在がこの映画ではものすごく大きいです。

このお話、実話です。ロケット作りに取り組んだ4人の少年の一人が書いたお話を映画化されたのですが、彼は科学コンテストで優勝、奨学金をもらって大学へ進み、後にNASAで働きました。
実話だと言っても信じられないほどこの映画はDepressionに支配されています。とにかく暗いです。途中真っ赤なスポーツカーが出てくるのですが、その時初めて原色が出てきたような気がして、本当に良い演出だと感じました。それぐらい暗いのです。
その暗さに耐えられず途中で何度も涙が出ました。特に、ロケットの打ち上げが成功して町のみんなから支持されたと思ったところで、濡れ衣だったのですが火事の犯人にされて警察につかまったり、その後、炭鉱の事故で父親が大怪我をして、本来なら長男がいるのに、長男がアメフトで奨学金をもらって大学入学が決まっていたため、ホーマーが働きに出ます。
炭鉱の中におりていくリフトに乗りながら、スプートニクが飛んでいる姿を仰ぎ見る姿はものすごく悲しいです。
しかし、ここで働く間に彼はロケットが飛ぶ距離と時間の関係を自分で計算して、友人と一緒にロケットが落ちている場所を突き止め、火事の犯人ではなかったことを証明します。そしてもう一度科学コンテストに出場することを決意して復学します。
怪我からなおって戻ってきた父親が、息子に学校に戻ることをすすめず、炭鉱で働くことをすすめたシーンはものすごくつらかったです。
最終的に科学コンテストで優勝して、最後の打ち上げの現場に父親が来てくれてハッピーエンドとなるのですが、この最後の10分以外は本当に重苦しい映画でした。

本のタイトルはRocket Boysですが、これを並べ替えてOctober Skyとしたことを著者のサイトで知りました。スプートニクが飛んだのも10月 上手いこと作ってるなと思いました。
音楽がアメリカングラフィティーと同じ物が多く、暗いアメリカングラフィティーに位置付けられると思います。最後に4人の少年、家族、先生がその後どうなったかを見せているところもアメリカングラフィティーと同じだったので、意識してそう作られているのかもしれません。

良い作品ですが、暗い映画が苦手な人には向いていないかもしれません。
[PR]
# by junpei642 | 2004-12-12 11:11 | Movie Review | Comments(0)

"School of Rock"

見たかったこの映画 今ごろになってやっと見ました。
ロック(それも昔のロック)きちがいのデューイーは自分のバンドなのに仲間と主旨の違いで追い出されてしまう。収入の無い彼はルームメイトとその彼女からも冷たくされ部屋までも追い出されそう。そんな時、そのルームメイトであり元バンド仲間でもあるネッドのところに臨時教師の仕事が入ってきて、そのオファーの電話を受け取ったデューイーはネッドのふりをしてその仕事を受けてしまう。
勤め先は名門Prep校、さっそく教室にとおされたデューイーは教える気持ちはまったくなく、学校が終わるまでずっとRecess(休み時間)をやっていろと無茶なことをいう。
翌日、たまたま音楽の時間を見てしまい、クラスに有能なギタリストとピアニストがいることを発見。あわてて車にギター、キーボード、ドラムセットをとりにいき彼らにそれらの楽器を演奏させて、自分の夢だったバンドコンテストに出ることを決めてしまう。そしてそれをプロジェクトだと子供たちに伝える。そしてプロジェクトの名前を"Rock Band"と名づけてバンドコンテストの日をめざして練習をはじめる…
最初にギターをひいていたZackという少年にエレキを与えて簡単なフレーズをひかせるのだけれど、一番最初にひかせるのはブラックサバス、2曲目はディープパープルと、古い曲ばかり登場するところが笑える。
こんな先生がいたら大変だろうと思うけれど生徒達も毎日音楽と練習にあけくれる日々を楽しむ。
最後は無事 コンテストで演奏することができて思いっきりハッピーエンド。
結構 デューイー中心に作られすぎなんじゃないかとも思うんだけれど、その中にはギタリストのZack少年の心と現実の葛藤などもからんでいてそれを歌にすることで生徒の気持ちは主張されているのかな?
太っているから歌えないという女子生徒をはげますアドバイスも軒並みなんだけれど結構好きなシーンだな。
彼が本物じゃないってことがばれて親たちがショックを受けるわりに、彼らのステージを見て丸くおさまっていくところはちょっと薄っぺらい気もしないわけではない。
そう終わるならそれなりに、それ以前に子供が持っている家庭での問題をもっと取り入れることで、作品は厚みを増すことができたんじゃないかな?そのあたりは残念だけれどミュージカルと思ってみるならこれぐらいかな?
結構好きだと思えたシーンは彼のルームメイトであり元バンド仲間でもあるNedが、彼が最終的にコンテストで演奏することを知って、それまでガールフレンドに遠慮してデューイに冷たかったのに、急に音楽を聴きに行くよと彼女をふりきって出て行ったところかな?あの俳優 見たことないけれど、この役にぴったりの俳優だったよ。
子供と一緒に見るにはぴったりの映画だと思う。
でもうちの娘はデューイ役の俳優、Jack Blackがあまり好きではないようでそれほど気に入ったということはなかった。
彼が授業の一つとしてロックの歴史、ロックの理論なんかをやるんだけれど、それを映像にしてたらもっとおもしろかったんじゃないかな?私はそれが見たかったよ。

まあおもしろいけど、期待しすぎてたから80点ぐらいかな?
[PR]
# by junpei642 | 2004-12-05 11:12 | Movie Review | Comments(0)

The curious incident of the dog in the night-time

本を読むことが結構好きでいろいろ読んでいるのですが、
つい最近読んだこの本、おもしろかったので書き残しておきます。
もともとどうしてこの本を選んだのかと言うと、Sunday Morning Postの本特集のページで、長い間ベストセラーに名をあげていたから。
数学が得意な15歳のクリストファーは子供のころから自閉症だ。
黄色が極端に嫌いで赤いものが好き。食べ物もこの法則にしたがうので、黄色いものは絶対食べず、赤いものを好んで食べる。人に触られるのが嫌いで、それを知らずに彼に触れた人はえらい目にあう。人ごみが嫌いなので繁華街やショッピングモールには行けず、乗り物にも乗れないので自分が住んでいるエリアからほとんどが出たことがない。こんなクリストファーの隣の家の犬が何者かにフォーク(農具)で殺される。そして彼はその犯人を見つけるために、聞き込み調査を始める…
このあたりは高校生探偵のマーダーミステリーなんだけれど、読み進めるうちにまったく違う展開になっていく。
彼の母親は2年前に心臓発作でなくなり、今は父親と二人暮しをしているのだけれど、聞き込み調査をしていくうちに、母が犬を殺されたおうちのだんなさんと浮気をしていたことを近所のおばさんから聞くあたりからどんどん話はおもしろくなってくる。
後半は人ごみが苦手、大きい音が苦手という数々の自閉症の症状を乗り越えて、一人でロンドンまで行き着くというアドベンチャー小説になっていく。
パニック状態に陥る彼を救うのは頭の中で2をかけ続けて行ったり、数学的な法則を見つけてそれを計算するのに集中したりする。それがすべて本の中で絵になったり数式になったりして、数学の弱い私には結構つらい。
一見、このアドベンチャーのおかげで病気を克服するのかと思いきや、そうではない。でも彼の人生が明るく開くきっかけとなったのは確かだ。最後はハッピーエンドですっきりと読み終えることができた。私はクリストファーの両親の立場から読んでしまいがちで、途中とてもつらくなってしまう箇所もあったし、クリストファーの信用を無くしてしまった父親の扱われ方もとても悲しかった。でもそういうつらさや悲しみがすっと解けてしまうようなすっきりとした終わり方がこの本の魅力かな?
英語もシンプルで読みやすいので英語の勉強をしている人にはぴったりなレベルだと思う。

そういえば、クリストファーの視点から一人称で淡々と書かれた文体は「アルジャーノンに花束を」に似ているかもしれない。ねずみのペットも出てくるしね。
[PR]
# by junpei642 | 2004-12-01 23:56 | Book Review | Comments(0)

食事会

昨日はメインサイト関係の友達が集まって食事会をした。
みんなお子さんをインター校に通わせていて、子供たちはみな中学以上と大きい人ばかりだ。
場所は銅鑼湾の「アナスタシア」というイタリアンのレストランだ。香港には珍しくちょっとしゃれたお店だ。最近はこんなお店がどんどん増えていて嬉しい。
カクテルなども豊富でちょっと呑むだけでも充分使える感じだ。
昨日のメンバーは6人、馴染みのメンバー5人と、楽天で知り合った桃さんは最近香港に来たばかりで、きっと参考になるだろうとお誘いしたら快く参加してくださったのだ。
このような食事会はお昼には何度かしたことがあるけれど、夜は初めてだ。夜の方がやっぱり落ち着いていい感じだ。ここはハッピーアワーもあって全ドリンクがBuy 1 Get 1 freeなのでお酒が好きな人には嬉しい。
メンバーのお子さんのうち二人は大学受験を控えていて、その準備、TOEFL, SATなど参考になる話をたくさん聞くことができた。
うちの娘にも早くTOEFLを受けさせなくてはいけない。来年からTOEFLは新しくなってもっと難しくなるらしい。
一人の方はお子さんが日本の高校を受験するため、そのために、TOEFL,ケンブリッジ英検などに挑戦したお話や、母親も面接を受けないといけない話など、これまた私の知らない世界で参考になった。どちらにしても海外から日本の学校を受験するのは、帰国子女枠を使えて優遇されるものの、国内にいるのと違って、それなりに準備をすることがたくさんあるのだと思い知らされた。
学校はそれに対してサポートやアドバイスはいっさいしてくれないので自分で準備するしかないのだそうだ。
TOEFLのためには日系の塾に行ったり、アメリカ系の受験サポートスクールに行ったりすることで準備ができるけれど、お金もかかるし大変そうだ。
ある程度年齢が大きくなってからインターに編入した場合は、英語で指導してくれる塾よりも、日本語でわかりやすく説明を受けた方が身につくようだ。だから塾の意味があるんだと思う。

今回驚いたことが一つあった。
「海外子女教育」という海外子女教育振興財団が発行している会員雑誌がある。財団に会費を払っている日本企業に配られていたり、財団がやっている通信教育をやっている人のところにも送られるものだ。この雑誌、10月号は香港のインター校特集をしていて、某塾が協力して香港のインター校をいくつか取材していた。
書いてあることは特に特別なことではなかったけれど、インター校に通わせている母親たちが集まって座談会を開いて、その様子などものっていた。
そして、香港のインター校について書いてあるサイトがいくつか紹介されており、その中に私のサイトもあった。
普通は雑誌に掲載される場合は、E-mailかなにかで事前に連絡があると思うのだけれど、今現在、私は受け取っておらずまったく知らなかった。
そのうえ、URLがTopのページではなくMenuから紹介されており、なんだか気持ち悪い。前もって知らせてくれていたら訂正してもらったのに、そう考えると腹立たしい。
既にこの件に関してメールで問い合わせをしているのだけれど、返事はまだない。
[PR]
# by junpei642 | 2004-10-28 00:31 | Education | Comments(0)

EAGLES!!!! Farewell One Live in Hong Kong(書き足しました)

ゆうべは待ちに待ったEAGLESのコンサート
ホンハム駅の大堂で7時半に待ち合わせだったので、結構余裕を持ってバスに乗ったのにも関わらず、めちゃくちゃ混んでいて開演時間8時ギリギリに待ち合わせ場所に到着した。
めちゃあせったよ。すんません。お待たせして
タイのコンサートのことが新聞にのっていて、そこでは開演がすごく遅れたと書いてあったのだけれど8時15分にいきなり会場の照明が暗くなって、あっという間にコンサートが始まった。この始まり方はちょっとびっくり。
1曲目はイントロを聞いたら誰でもわかる"Long Run"だ。
そうそう、席は588ドルのところにもかかわらずステージから結構近くて、メンバーが歌っているのを後ろから見ることになるのだけれど、それでもユーミンの時よりずっと良い席だった。
スクリーンもちょうど私たちの右手に大きいのがあってラッキー、ただし映像が左右ひっくりかえっており、メンバーみんなサウスポーになっていたのには笑ったけれどね。
2曲目、3曲目はホテルカリフォルニアから2曲ということで、"New Kid in Town"そして"Wasted Time"と続いた。
グレン・フライの優しいボーカルも素敵だけれど、ドン・ヘンリーの"Wasted time"は心に染み入るような気がしたよ。
今回のコンサートはグレン・フライが頑張っていたな。
その次は"Peaceful Easy Feeling"だったかな?もうこのあたりから曲目ははっきり覚えてないけれど、"I can't tell you why","In the city","Already Gone","Take it to the limit"などなど、この曲ドン・ヘンリーの曲やったっけ?と思った、"Boys of summer"(80年代って感じで懐かしいよ)そして"One of these nights"これまた最高でした。でもなんと言っても私が楽しみにしていた、Joe Walshの"In the city"は予想通り素晴らしかったな。ワッツァ~~プッ?
確かその後Breakに入って、次のステージはHell freezes over風で、メンバーがずらっと横並びで椅子に座っての演奏だった。これって目の前で見たかったなあ。
ドン・フェルダーがいないのが寂しかったけど、まあそういうのもあまり感じさせないぐらい楽しませてくれました。長い曲だけれどすぐにできたという"Lyin'Eyes"この曲はイーグルスの曲の中で一番かわいい曲だと私は思うんだけれど、とっても良かったよ。
そして"Tequila Sunrise"なんかがあったのかな?
私の大好きな"Love will keep us alive"も確か後半だったと思うんだけれど、これは涙ちょちょキレもんだ。Hell freezes...ではジョーがギターを膝の上にのせて、ギターに顔がひっつきそうな感じで弾いていたけれど、昨日は普通にやってたなあ。って立ってやってたからあたりまえか!
ティモシーは昔とちっとも変わっていなくて声も素敵で良かったよ。
その後、あまり知らない曲がいくつかあったけれど、どれもノリノリで楽しませてもらいました。Joe Walshがヘルメットかぶって、ちょっと酔っ払いみたいな感じで歌う、"Life's been good"はめちゃくちゃおもしろくて、最初の出だし"I have a manshion..."ってところを無理に音はずしたり、"They say I'm a crazy but I have a good time"ってところも上手にやってた。やっぱりJoeが一番!と思わせてくれる見所かな?
そして誰でも知っている""Heartache tonight"と"Life in the fast lane"でとりあえずおしまい。もちろんアンコールに続くわけだけれどね。
アンコールでやっと"Hotel California"登場
こっちはHell freezes overのホテルカリフォルニア風ではなく、もっとイントロの短いやつね。でもなかなかのりのりで、オーディエンスも共に大合唱状態。この時、他に何か曲やったっけ?
その次2曲はホーンセクションがおもいっきり目立っていて、グレンフライ踊りまくり、のりのりの2曲だったけれど、私にはなじみの無い曲でして、オリジナルセットリスト通りなら、"Rocky Mountain Way"と"All she wants to do is dance"だと思う。
つまりグレン・フライが踊ってたのはそういうわけなんだよね。
そしてまた引っ込んで、結局お待ちかねの"Take it easy"と"Desperado"が最後の最後だった。
出てくるのがわかっていても"Take it easy"と叫ばずにはいられない感じで、あのギターをジャンジャカかきならすなじみのイントロが出てきたときはほっとした。これまたみんなで大合唱。
"Desperado"はDonのボーカルにレスペクトしながらしんみり心行くまで楽しんだって感じ。
客たちはこれでもうおなかいっぱいって感じで幸せそうだったよ。
もちろん私も
帰りのバスの中、MDでHell freezes overを聞きながら、ああこの声の持ち主が今まで目の前にいたんだ~とうっとりしながら帰路につきましたわさ。
ああ楽しかった。

ハーバーフェストからこっち、香港でコンサートを見る機会が増えてきて嬉しい。昨日のEaglesの様子を見た感じでは、同じぐらいのバンドなら充分集客力があるんじゃないかな?
でも若い世代のバンドはどうかな?
難しいけれど、このままビッグな人たちがわんさかきてくれるといいな。
[PR]
# by junpei642 | 2004-10-21 22:02 | Viva! Music | Comments(0)

かっくいい ギターのおじさん GEORGE LYNCH

今日はお昼の3時からビールを飲みながら、
かっくいい ギターおじさんのすんごいPlayを楽しんできました。
おじさんの名前はGeorge Lynch、LAメタルバンド Dokkenの元ギタリストで今はLynch Mobという彼のバンドを持っています。
別に彼のファンというのではなく、実はこの名前を知ったのはつい10日ほど前です。実家にいる間、時間があったのでメタルCDをむさぼり聞いていたときに、某掲示板でジョージさんの話題が出てきて、うちのCDラックの中にもこの人のCDがあったのでさっそく聴いてみたのです。で、今日ハードロックカフェでギタークリニックというイベントがあるよということで思い切って行ってきたのです。
曲のことはぜんぜん知らないので感動というほどのことはなかったけれど、どないなってるの?と思うぐらい早く動く指、ピックさばきといい、他のなんとかいうスキルといい、おじさんはこれをどうやってやればうまくできるのかわかんないよ。とクリニックの最中に返事に困っていたけれど、本当に難しそうなことを簡単にできるすごい人でした。ギターの知識がほとんどない私にはこんな風にしか書けないのでした。すみません。
とにかくギターのみのライブのあとで、ギターについての質問を受けるというのが今回のイベントのメインでして、その後にサイン会がありました。
私は実家からリンチモブのCDを持ってきたので、それについていたポスターと、今日新しく買ったCDと2箇所にサインをしてもらいました。そして並んで写真もとってもらって大満足!

香港にもツアーで来てくれると嬉しいんだけれど challenging placeと言っていたとおり、ここはああいう系の音楽不毛の地だもんね。ディープパープルの興行実績も参考にしているみたいでしたが、やっぱり無理っぽい?

まあ本人も見たことだし、最近ちょっとハードロックを聞いているので、リンチさんのCDをじっくり聞いてみようと思っています。
[PR]
# by junpei642 | 2004-10-15 21:58 | Viva! Music | Comments(0)

"Harry Potter"

昨日は火曜日 映画の日!
またまた半額でHarry Potterを見てきた。今回のハリーは監督が前作と変わって、メキシコ人の監督なのでちょっと期待していた。映像的にはOK、特に学校の外の様子がとてもきれいで楽しめたこと、毎回Back to schoolの様子は特に楽しみにしているので、今回も期待を裏切らないおもしろい出だしとなった。
彼らが魔法を使えるようになって、ちょっとした学校生活も楽しく感じたのは私だけかな?
このように魔法学校映画として充分楽しめるのだけれど、ストーリーがいまいちと思えて仕方がない。感動できるシーンが少ないというかうまく書けないけれど、あっさりしすぎなのかな?
ハリー両親の同級生、スクールメイトだった登場人物の人間関係なども、本を読んだ人には映像化しなくてもわかることがあると思うけれど、そうでない私達には伝わりにくいこともある。
この辺がベストセラーの映画化の難点かもしれないな。

それにしても、ガーディアンのサインをもらえなかったため、スクールトリップに出かけられないこと、学校が始まる前に教科書をそろえたり、そして耳に着くぐらいの強いイギリスアクセント、娘の学校とだぶって楽しめる。
ちょうど月曜日に学校から封筒が届いて、Year12にそなえてのいろんなことがレターに書かれていた。詳しく読まないで娘に渡したので、「あの封筒なにやったん?」と娘に聞くと、「ああ、あれはハリーポッターに届くレターと一緒や。」と部屋から返事がかえってくる。それだけでレターの内容がだいたいわかってしまう。

私にはこのような楽しみ方しかできないのはちょっとさみしい。
次回はぶあつい本を読んでから見るべきかな?
[PR]
# by junpei642 | 2004-07-14 11:13 | Movie Review | Comments(0)


香港...出会いと別れが頻繁におとずれるtransitoryな街で、Rock'n'Rollをこやしに生きています。若返りのマジックワードを心に今日も頑張る~~


by Junpei64

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
日々のつぶやき(日記)
食べる 呑む
Movie Review
Book Review
Viva! Music
Education
My sweet Tetsu
Medical topic
My Precious
香港おいしい一人飯
香港、中国
Girls Band Project
Hong Kong Indies
Japan!
英語の話

気になるブログ/サイト

フォロー中のブログ

音楽、空間、好鐘意(大好き)!
Rock and Mov...
だるにーの脳ミソ
別館・我要的幸福
La Dolcé vita
Hachiの香港家計簿
アメリカナース日記
音楽の杜
sakuraのわがままエッセイ
エミリアからの便り
熊猫漫遊記
じゅんじゅんの香港日記
六福1☆
いつの間にか20年
こんな一日
ま、どうでもいんだけど
別冊・Hachiの香港ニ...
ミヤモーの戯言
中国茶徒然日記
フォンの野菜メニュー
香港*テクテク
おはな 山の中日記 ~北...
香港日々探検日記
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
lei's nihong...
憧れの地は香港
koedagaffe分店...
Made in Hong...
アジア暮らし

外部リンク

以前の記事

2017年 03月
2016年 09月
2016年 08月
more...

ブログパーツ

動画配信用ASPサービス

ブログジャンル

海外生活
50代

検索

タグ

(63)
(28)
(17)
(17)
(16)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)

その他のジャンル

ファン