<   2009年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

おくりびと   2008

「おくりびと」 アカデミー賞で外国語映画賞を取りました。

喜ばしいことです。

この映画 香港から大阪に帰る機内で見ました。

せっかくチェロ奏者としてオーケストラに就職した主人公は、オーケストラ解散という最悪な結果をむかえ職を失います。
そして母が残してくれた家のある山形に帰ることを決めます。

就職探しをしていて、「旅のお手伝いをしませんか?」という言葉を見て、
その会社に履歴書を送ります。

その会社こそが納棺の仕事を請け負う会社だったのです。

迷いながらもその給料の良さと、社長の強引さに負け、結局そこで仕事をするようになり、
仕事を通して死というものに真摯な気持ちで取り組むようになっていく青年の話です。

モックンはまじめに納棺をする役柄を見事に演じています。
彼は昔からシリアスな役柄をきちんときれいに演じることができます。
彼が手際よくご遺体を清める姿は、その昔見たファンシーダンスを思い出させてくれました。
あの映画もすごく印象に残っています。
あれも修行僧の話で、ある意味「死」と近いものでしたね。

さて、その納棺のお仕事に対して奥さんは毛嫌いをして出て行きます。
確かに、だんなさんが毎日ご遺体に触れていると思うとそう感じても仕方ないですね。

皆が皆 納棺士のお世話になるかというとそんなことはないです。
病院で亡くなった場合は、お清めも含めて看護士さんがやってくれます。
母もそうでした。
母のときは、最後に着る服を用意していて行ったのでそれを着せてもらいました。
亡くなる少し前にデパートで買ったお気に入りの服でした。
それを着た母はきれいでした。

おばあちゃんのときは保健婦をしていた従兄弟二人がきれいにしていました。

でもそうしてもらわないとお葬式はできないので、とても大切な仕事だと思います。

印象に残っているのは、母を家に連れ帰るときに来て貰った葬儀屋さんのおじさんです。
黒装束に身をまとった少しロン毛のおじさんは、顔が険しくまるで吸血鬼のようでした。
まさにご遺体を車で家まで連れ帰る仕事に適役な外観で、父と娘と私で、「すごい適職を見つけたんやなあ」と話題になったぐらいです。

そんな奥さんも、近所のお風呂屋さんのおばさんが急死したときに初めて彼の仕事を見て、
悩んでいたけれど受け入れることを決意します。
あのスカーフをくくりつけたシーンは涙をさそいました。

そして、最後は子供のころに生き別れになっていた父親が急死をして、
そこへかけつけ仕事をするのですが、残念ながらそのシーンは飛行機が着陸態勢に入ったため見ずじまいでした。

とにかくオスカーを取れて嬉しかったです。

本当に良い映画でしたから。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

今日も応援お願いします。よろしくです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
[PR]
by Junpei642 | 2009-02-24 14:52 | Movie Review | Comments(12)

ふわふわイチゴケーキと手作りチーズケーキ

2月24日は私のお誕生日

21日にMちゃんのお誕生日と一緒にパーティーをしようと思っていたけれど、
彼女が出張に出てしまったのでパーティーは断念
しかし娘はそんなことも知らずにパーティー用にチーズケーキを試し焼きしていた。

英語を教えているお子さんのお母さんにレシピをもらったということで、
夜遅くにちまちま作り始めた。
できあがったケーキは店で買うのとほぼ同じ感じだったけど、生徒さんのお宅で食べたものよりも
ふんわり感が足らないとかで、試食した後少し落ち込んでいた。

でも後日わかったことだけど、冷蔵庫から出してきてしばらく室温に置くことで、
結構やわらかくなるのだ。
スタッフとおやつに食べたりしたけど、彼女は結構おいしいおいしいと言って喜んで食べてくれた。
ケーキ屋さんで買うよりあっさりしていて胃にもたれなくて良かった。

b0080418_19493815.jpg


そして私はお誕生日のケーキとして、すごく食べたかったケーキを近所のパン屋で買ってきた。
ふわふわイチゴのロールケーキだ。
DasGuteの限定販売のケーキで、一本100ドルもするけど生クリームはふわふわ、ロールケーキは卵白たっぷりで蒸しケーキみたい。甘すぎずおいしかった。
上手にケーキが焼ければおうちでも作れそうだな。

b0080418_1956712.jpg


b0080418_19563092.jpg


今夜はだんなが晩御飯を作ってくれるので、あとでおいしいお酒をあけてお祝いします。

誕生日は火曜日だけど9時半まで仕事が入っているのでお祝いできないので、
日曜日に繰り上げしました。

何歳になってもお誕生日を祝ってもらうのは嬉しい。

プレゼントは娘からは全身マッサージ
だんなからは、フェラガモのかわいいハンドバッグ(ワンチャイへ遊びに行くのに持っていくやつ)とレッスン用のトートバッグ(Agnes b)をもらいました。特に私の持つバッグは酷使するのでHeavy Dutyでないとだめなのです。その点トートバッグは作りも丈夫、とても使いやすいです。
フェラガモのミニバッグもワンチャイ用として既に愛用しています。こっちはめちゃくちゃ気に入っています。
それまで使っていたPradaのバッグも使いやすかったんだけどね。(このバッグ、きっと誰もPradaだと思っていないと思う。めちゃくちゃ汚いから…)

ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

今日も応援お願いします。よろしくです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
[PR]
by Junpei642 | 2009-02-22 20:01 | 食べる 呑む | Comments(8)

香港 今昔物語

1994年に香港にやってきてあっという間に2009年になった。
早いものである。

昔の香港と今の香港 すごく変わったなあと思うことを書きたくなった。

一番変わったのは女の子かな?
昔は若い子からおばちゃんまで皆すっぴんやった。
やたらお肌つるつるてかてかのおばちゃんがめちゃくちゃ多くて、若い女の子も軽くリップを塗るぐらいで、目なんてぜんぜん化粧していなかった。
しかしここ数年、化粧品屋も増えたし、おしゃれなモールには必ずたくさんの化粧品ブランドの店があるもんね。
雑誌にも化粧特集が毎回出ているし、日本人みたいな化粧も増えたので、日本人に見える子も多くなった。
昔はブスだらけやったのに~
まあおばちゃんはあまり変わんないかな?

男の子も変わったと思う。
昔、男の子からおっさんまで、みなジョルダーノかアップルのジーンズに、
ジョルダーノやボッシーニのポロシャツか、コピーのロゴTシャツだった。
靴はスニーカーのみ! それ以外の服装に身を包んでいる人はいなかった。
コピーのロゴTとは、D&G、カルバンクラインが圧倒的に市場をしめていた気がする。
街角で必ず売られていたもんね。
当時はシャネルやグッチのコピーTもいっぱいあったな。
今はそういうものが町から消えた。
そして、髪型といえばアンディー・ラウ、レオン・ライ、レスリーだらけで、後ろから見たらみんな同じに見えた。
ああ懐かしい昔の香港男たち~
今は違うよ。若い子はすごくおしゃれになったし、髪型も日本の男の子風がいっぱいいるもん。

子供も変わった。
赤ちゃんから幼児飛び越え小学生まで、今ではみんなかわいい服を着せてもらっている。
昔は幼児から小学生ぐらいまでは、日本のアニメをプリントしたTシャツとパンツ(コットンの半ズボン)を9割ぐらいの子供が着ていたように思う。
ドラゴンボール、セーラームーン、ディズニー、ドラえもん、クレヨンしんちゃん、ちびまるこちゃんなどがポピュラーでした。これは夏だけでなく、冬になると厚手のジャージみたいなスタイルが出てくるので、やっぱりみんな着ていた。
靴もキャラスニーカーが多かった。
光るスニーカーは100%の普及率で、うちの娘もはいていたよ。
アニメキャラのチープな服は今では探すのが難しいように思う。あるところにはあるんだろうけどね。
これと平行して、アニメキャラの書包(学校かばん)を見なくなったね。


露骨なコピーバッグを持つ人が減った。
昔は、シャネルやLVそしてPradaなどの露骨なコピー物以外に、ちょっとチープなブランドのコピーバッグが町にあふれていた。例えばバーバリやAgnes bなんかはものすごい量出回っていた。
そしてそれをみんな持っていたように思う。エルメスのコットントートが一世を風靡したあたりから、爆発的なヒットコピー商品は姿を消した。
一昨年はレスポサックのバッグが似たようなヒットを遂げたけど、普及率がいまいちだったかな?
今じゃあ大陸人の観光客もブランドバッグ持っているものね。

Lapagayoが消えた!
香港人といえばLapagayoと言えるぐらい国民的ブランドの服だった。
どこのショッピングセンターでもLapagayoは絶対にあった!
その信じられないぐらい派手なデザインは忘れられないぐらいインパクトが強かった。
そして、老若男女かかわらずみんなLapagayoのジャケットを着ていた。
どちらかといえば冬に活躍してたのかな?
今、Lapagayoを着て町を歩いたら石を投げられるかも。
ほんまどこに行ってしまったのだ?

臭豆腐が消えた!
昔、街角に必ずあったのに今では臭いからか姿を消したね。
ワンチャイのもなくなって久しい。
モンコックにはあるかもねえ。
すごい臭いを放ってたもんね。ほんま臭い。でもおいしいらしい。
私は食べたことがないけどな。

パジャマ娘も消えた!
パジャマで歩く人が減ったねえ。
昔はいっぱいおったのに~


昔のままなのは、
香港のおばちゃんのパーマ頭(マグマ大使のゴアみたいな)
そのおばちゃんたちが着ているテロテロの変な柄のブラウス
おっちゃんが短パンをはいて、黒い靴下をはいて、革靴をはいていたりする姿。
移動アイスクリーム屋は今も昔も同じです。

今のところそれぐらいしか思いつかない。


にほんブログ村 海外生活ブログへ

皆さんが懐かしい物は何ですか?クリックお願いします。


にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
[PR]
by Junpei642 | 2009-02-18 22:00 | 香港、中国 | Comments(6)

前線 捜査官ガラーノ  パトリシア・コーンウェル

この本もSakuraさんにいただきました。

久しぶりに読むコーンウェル
ページ数も少なくあっという間に読めたんですが、
最初はまあまあおもしろかったのに、最後に尻すぼみというか、
よく話の展開がわかんないまま終わった。

ガラーノは黒人とイタリア人とのハーフで設定ではかなりかっこいい。
やり手地区検事ラモントにいいように使われていて、
今回もWater Townってところに、1962年に起きた盲目の女性殺人事件の再調査のためにおくりこまれる。

そこでスタンプという義足をはめた女性警察官と組むことになるんだけど、
いろいろ事件が発生。
人と人とのつながりも意外と狭いところでからんでいてややこしい。

私の読解力が無いのか、最後は本当によくわからなかった。
〆があいまいというのかな?

少なくとも検死官シリーズはその辺はもっとスパイシーでわかりやすいと思うし、
キャラへの感情移入もはんぱではない。
やっぱり検死官シリーズをもっと読みたいと思う私って贅沢?

にほんブログ村 海外生活ブログへ

昔、スカペッターシリーズを読み始めたころの興奮をもう一度!
クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
[PR]
by Junpei642 | 2009-02-16 21:50 | Book Review | Comments(4)

インターナショナルスクール体験記in香港 別館!!!

今まで私専用で使っていたハードディスクを起動するのが難しくなってしまい、
メインサイトの更新もかなり長い間ほうったらかし状態が続いています。

ところが、こうしている間にも、香港のインターナショナルスクール状況が変わりつつあり、
更新をしないことに責任を感じるようになってきました。

ブログという形に慣れきってしまった今、何かうまく情報を処理していく方法を考えていましたが、やはりブログに頼るのが一番という結論に達しました。

そこで別館ということで、新しいブログを立ち上げました。

インターナショナルスクール体験記in香港 別館!

ここに新しい情報を学校別に紹介していく予定です。
ここで私が書きとめたことも、あちらに少しずつ移して紹介できたらと考えています。

まずはご挨拶と、便利なサイトの紹介、デリアスクール情報をアップしています。

どれぐらいのペースで更新できるかはわかりませんが、
ぼちぼちやっていきたいと思います。

今日は一日どこへも行かずのんびりしていました。
月曜日から金曜日まで元気に働くためには日曜日はきちんと休むことが鉄則です。
NHKのプレミアを見始めてからというもの、ずーっとNHKです。
怖いぐらい見ていますね。

みなさんはどんな日曜日を過ごされましたか?


にほんブログ村 海外生活ブログへ

すごく下がっていたランキングも久しぶりに見たら2番目になっていました。
不思議です。
面倒ですが応援お願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ


人気blogランキングへ
こちらもよろしくお願いします。
[PR]
by Junpei642 | 2009-02-15 20:36 | Education | Comments(4)

Helter Skelter Live @ Wanch 2/13/09

ゆうべはみんなでライブに行ってきました。
ほ~んと 久しぶりのHelter Skelter!!!

DとKパパと落ち合って、ちょこっとCarnegie'sでビールをひっかけてWanchに向かいました。
もうすぐお誕生日なのでKパパからプレゼントをもらいました。
ありがとうございます。

Wanchに着いたときはちょうどSignal 8が終わりそうなときでした。
やっぱり見るたびに良くなっているなって感じました。
でも客入りが時間が早いせいでちょっとしかいなかったのが残念でしたね。
Wanchの前でビールを飲みながらぺちゃくちゃお話をしているうちにMさん登場!
Signal 8をチラッと見て、ギターのTくんにチェック入れていました。
さすがMさん!若い子に弱いらしい。

店に入ると奥の方にVincent発見!
めちゃくちゃ久しぶりのVincentの笑顔、私を見るなりハグしてくれました。
嬉しい~~~

そしていよいよHelter Skelterのはじまりです。

b0080418_23285527.jpg


実はゆうべのメンバー、ボーカルのVincent以外 Speed Kingとメンバーそっくり同じです。

Dが、「たまには違う音楽を聴くのもいいよなあ。」とつぶやきました。
Don't Panicは大好きだけど、彼らばっかり見ていると飽きちゃうので、たまに違うバンドを見るのは刺激的なのです。
かといって、なかなかビビッと来るバンドにめぐり合えないよねえとDに言うと
激しく同意していました。

もともとDon't PanicもHelter SkelterもそれぞれボーカルのJohnとVincentがSpeed Kingのライブに飛び入り参加をしていて、それを見た私がどうしても彼らのバンドを見てみたいって言い始めて、Dと一緒に通い始めたのでした。
ビビッと感じることは大事です。

b0080418_23335763.jpg

Vincentのギターにぶらさがっているアクセサリーを見るだけでなんだか落ち着く私です。

でも夕べはエイドリアンのキーボードがなかったので、ずいぶん雰囲気が違っていました。
エイドリアンは急病でお休みしてました。残念

b0080418_23354517.jpg

ギターのHiroshi(だるにーさん)もスピキンで見るよりこっちで見るほうがしっくりくるなあ。やっぱり…

b0080418_23382281.jpg

Koyaさんは時々目を瞑ってベースをひいていた。
なんか気持ち良さそう。

b0080418_23392376.jpg

ドラムのジミさん ブルースバンドでは控えめです。

b0080418_23412153.jpg

途中でブルースハープのお兄さん飛び入り参加!
ここのバンドにブルースハープは必需品です。

b0080418_23424681.jpg

Hinabeyaのボーカルの女の子も登場!
彼女のソウルフルな歌声は素敵~~
私たちのことも覚えていてくれました。

b0080418_23451430.jpg

最後に~~~
大好きなVincentとツーショット!
Wonderful Tonightもちょこっと一緒に歌わせてもらいました。
最高です。


というわけで、すんごく楽しんで参りました。
これからもWanchで彼らのライブをいっぱい見られるといいな。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

久しぶりのHelter Skelter素敵でした。
おすすめバンドです。是非皆さんも見に来てください。

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ


人気blogランキングへ
こちらもよろしくお願いします。
[PR]
by Junpei642 | 2009-02-14 23:52 | Viva! Music | Comments(0)

おいしいお菓子に囲まれて

太っちゃいました。


旧正月のお休みからこっち 食べては寝るの生活が続き、
あっという間に太りました。

ショックですが 生活習慣の乱れはひどく
仕方ないといえば仕方ないです。

あごが丸くなってきた…

特に!!!

こっちでは日本同様 正月のあいさつ回りがあって、
香港人の家にはやりとりされたクッキーやチョコレートが山積みとなります。
それをスタッフや友人がどんどんうちに持ち込んでくるのです。

そして私たち一家はそれをありがたく受け取り、
おやつに食べています。


それだけではなく、娘がお世話になっている方々や、わたしの知り合いから日本のお菓子が届き、あまりにもおいしくてムシャムシャ食べています。
やっぱり日本のお菓子はおいしいですな。
ありがとうございます。

中でも憧れのHaradaのラスクをいただくことができて、
涙が出るほど嬉しかったです。
娘が英語を教えに行った先で、時々出てきたらしいのですが、
すごくおいしいと何度も聞かされておりました。
調べてみたところ、群馬のお菓子屋さんのものだそうです。
そのお菓子をついに食べることができて幸せです。
ありがとうございました。

b0080418_151612.jpg


しかしおいしいお菓子はやばいです。

昨日は水泳同好会の皆様に大好きなRoyceのチョコレートをいただいてしまったし、
今日はスタッフがまたまた「食べるの手伝って~」と香港名物エッグロールを持ってきました。

いつダイエット再開できるのか未定ですが、
薄着の季節になってきたし、早くなんとかしないといけませんな。

ああ、食欲に勝てない私って…
情けない

でもおいしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ


人気blogランキングへ
こちらもよろしくお願いします。
[PR]
by Junpei642 | 2009-02-13 15:21 | 食べる 呑む | Comments(2)

ザ プレイ アリスン・ブレナン

Sakuraさんからいただいた本をさっそく読みました。
タイトルは 「ザ・プレイ」 アリスン・ブレナン

スティーブン・キング ミーツ ノーラ・ロバーツというのにひかれて買った人がたくさんいると思う。それは読んでみたらわかるけど、決してキング風ではない。

ローラーコースターサスペンスで読み出したら止まらないという点ではよくできた作品なのだろう。アメリカではベストセラーらしいし。

元FBI捜査官だった美人女性ローワンは4年前にFBIをやめて、
今は売れっ子ミステリー作家。
小説の映画化のためにLAはマリブのビーチハウスに身を寄せていたときに、
彼女の小説の中に出てきた事件をそっくり模倣した殺人事件が発生し、あっという間に彼女の人生が変わる。
犯人はいったい誰?どんな目的でそんなことをするのか?

しか~し 犯人が誰なのかはお話の早い段階で検討はつく。
これは作者の意図かどうかはわからない。
物語の展開もだいたい予想できてしまうから早く結末を知りたくなるものなのか?


他にも???と思うところがいっぱいある。

だいたい犯人は決して恵まれているとは言えない家庭環境で育ち、
いくら刑務所内で勉強をしたとはいえ、これだけのことをいとも簡単にやってしまえるほどの知識がつくのはおかしい。そんな頭の良い人だったらもっと別の人生があったはずなのだ。

ローワンとて同じ。
いくらFBIのえらいさんの養女になったからといって、こんな華々しい将来があるのもおかしい。


それでもお話はどんどん進んでいく。
時間つぶしにはもってこいの本だ。
でもパトリシア・コーンウェルのような精神的深さがぜんぜん無い。
犯人の確固たる動機も最後までわからなかった。
著者の1冊目の本なので、これから良い作家になっていくのかもしれないけどね。


ノーラ・ロバーツの名前が使われているとおり、
セックスシーンがくどすぎ。あんなに細かいセックスシーンはいらんなあ。

3部作の1作目なので、続きは英語で読んでみたい。
また違った印象を得られるかもしれない。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ


人気blogランキングへ
こちらもよろしくお願いします。
[PR]
by Junpei642 | 2009-02-11 10:53 | Book Review | Comments(2)

親子でマッサージ

娘が全身マッサージに行きたいと言い出したけど、
いつも中国で済ませているため香港で行きたくないなあなんて思っていた。
でもお誕生日のプレゼントに送ってくれるというので二人でマッサージに行ってきた。

場所はチムサーチョイの足藝というところ。
このあたりフットマッサージの激戦区らしく、通りを歩いているとおじさんやおばさんがひっきりなしにマッサージに誘ってくる。
たぶんどこでやっても同じなんだろうけど、コンシェルジェを持っていったら安くなると書いてあったので足藝にしたというわけ。

全身マッサージコース
中華マッサージとアロマリンパマッサージというのをセットにしてやってもらった。
まあ普通のマッサージを少しやってもらって、あとは裸になってオイルを塗りながら主にリンパあたりを攻められると言うやつでした。
女性だったんだけど、女性にやられると力任せにやられるのと、
細い人だと骨があたって痛いんだよね。
気持ちよいのと痛いのと半々だったのですごく気持ちよいというわけではなかった。
リンパも場所によってはすごく痛かったしねえ。
しかしおなかの脂肪ももみもみされたのでひょっとしてちょっと痩せたかも!

ずいぶん前だけど、近所にあったマッサージ屋でめっちゃ見かけは悪いけど、
めちゃくちゃうまいおばちゃんがいて、彼女のマッサージはうっとりするほど気持ちよかった。
たぶんこのお店既になくなってしまったので、あのおばちゃんのマッサージは一生受けられないかな?I miss her so much.である。

まあ娘も満足したみたいだったのでいいか。
お誕生日のプレゼントありがとうございます。

そういえば、金曜日の夜もワンチャイでフットマッサージをしたんだっけ。
こちらは男性にあたったので非常に気持ちよかった。
また行ってもいいなあと思ったぐらい。

マッサージの後はハーゲンダッツでデザートを食べた。
たまにはアイスクリームおいしいなあ。
ベルジャンチョコの飲み物を飲んだんだけど、ダークチョコのつぶつぶがいっぱい入っていて、チョコドリンクはぜんぜん甘くなくてすごくおいしかった。
けど、ここはデザートにしては高すぎる。

娘が帰ってきてからは家の中の雰囲気もそれなりに良いし、
彼女といろんな話ができるので楽しい。
でも彼女もお友達とのおつきあいもあって、なかなか二人で出かけられなかったので、
こうして二人でたまに出かけると楽しいな。

娘は今日も友達と出かけている。
バドミントンをしに行ったのだ。
若い子のExpatはやることもなく暇みたいで、誰かが集まろうと声をかけるとすごい人数が集まるみたい。

さて、そろそろ寝ます。
明日は朝からレッスンですからね。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

日本から来られたら皆さんマッサージ行かれるんですかね?
うまい人にあたるのがわかっていたら行ってもいいかもしれないけど、
わかんないので、フットマッサージぐらいが無難かも。
それを想定してパンストなどははかないほうがいいね。
あとは、どうせやるんだったらフェイシャルマッサージがよろしいかも。
これはだいたいどこでやっても気持ち良いです。
それではポチリとお願いします。

人気blogランキングへ
こちらもよろしくお願いします。
[PR]
by Junpei642 | 2009-02-10 00:23 | 香港、中国 | Comments(12)

小肥羊で火鍋

昨日は香港フリークのさくらさんとチムで食事をしました。
さくらさんは香港大好きな人で、定期的に来られるのだけど、旧正月は必ず香港に来られるので、今回も旧正月中に来られるとばかり思っていたので彼女からの連絡をずっと待っていたけれど連絡が無いので忘れていました。
忘れた頃に連絡があり、久しぶりの再会を果たしました。

ゆうべは、さくらさんのマイミクさんもご一緒ということで人数もそろったので、
火鍋を食べに行くことにしました。
ちょうど見上げたところに小肥羊の看板があったので、
「あそこにしましょうか?鍋でいいですか?」と聞くと、
マイミクさんが「ここで一度食べたかったんです。」と言われたので、
悩むことなく決定!

小肥羊はもともと大陸のお鍋チェーン店で、以前はシンセンで食べていました。
マーラーの恐ろしく辛い鍋で、羊ちゃんがいっぱい入っています。
マーラーは湯気で息苦しくなるぐらい辛いので、初心者にはつらいだろうと思って、
薬膳っぽい清湯のほうにしました。
これ正解でしたね。すごくおいしかったです。

火鍋の放題(放題は食べ放題からできた言葉で、ビュッフェのことです。)
決められたメニューの中から具を選べるようになっており、食べきられる量なのでいろいろ食べられておすすめです。
放題を頼むと、グリルチキン人数分と羊肉がフリーでついてきます。
羊肉って臭いイメージがあるけれど、ここのお肉はかな~りおいしかった。

みなさん火鍋に慣れていないので、私が適当に食べたい具を選びまくりましたが
なかなかおいしかったです。
おなかいっぱいになるまでめちゃくちゃ食べました。
ビールも少し飲んで一人180ドルほどです。
おすすめですよ。

この店 あちこちにチェーン店があるので繁華街ならどこでも見つかると思います。

さくらさんのマイミクさんは李克勤の大ファンでアラン・タムとのジョイントコンサートに毎日通っておられます。それはそれですごい!
時々香港歌手のコンサートに連日通っているという話を耳にするけど、そこまで一つのもののファンになれるのってすごい。
まあ毎日日替わりで違うゲストが来るらしく、さくらさんが同行したときはアンディー・ラウがゲストだったんだって。ついているねさくらさん。

もう一人のマイミクさんは香港の大学で広東語を学んでおられるそうです。
広東語もきちんと大学に通って学べば身につくんだろうな。
そういう意味でうらやましいけど、私はもう広東語はとっくの昔にギブアップしちゃったもんね。
「日本人のための広東語」という教科書で独学で学んだ広東語を、若い香港人に使うと、
一笑にされ「そ~んな言い方もうしないよ。こういうんだよ。」と訂正されることが多く、
グラマーから学んでいないこともあって、例文をすんなり覚えることができないのだ。
つまり、文の正しい流れもわからず、1フレーズをまるまる暗記することができなくなっているのだ。
グラマーからやり直せばなんとかなるかもしれないけど、
簡単な言葉は使えるのでそれで満足しちゃっているもんね。
その分 英語頑張るわ。
マイミクさんは広東語を学んだ後は香港で就職されるのかな?

ディナーの後 マイミクさんたちとさよならをして、
私とさくらさんはナッツフォードテラスで飲みなおし。
土曜日の夜で結構人が多い。
適当に安い店に入りハッピーアワーを楽しんだ。
さくらさんの話はおもしろい。
彼女はいろんなところへ出かけるので私より香港に詳しいかも。
だって、私なんて自分が動く範囲以外のところは行かないものね。
ここ最近、銅鑼湾すらまともに出かけておらず、通り過ぎるだけの場所になっている。

かといって行きたい所がないのも事実。

島でも出かけてのんびりするのもいいかもね。

というわけで、次回は数ヶ月先ということでまた近日中にお会いできそうです。
いつもお土産ありがとうございます。
またおいしいもの食べましょう。


にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
なんか最近暖かいですね。
冬はもう終わったんでしょうか?それともまた寒い冬が来るのかな?
最近落ちていますがまた応援のポチリお願いします。


人気blogランキングへ
こちらもよろしくお願いします。
[PR]
by Junpei642 | 2009-02-08 12:59 | 香港、中国 | Comments(0)


香港...出会いと別れが頻繁におとずれるtransitoryな街で、Rock'n'Rollをこやしに生きています。若返りのマジックワードを心に今日も頑張る~~


by Junpei64

プロフィールを見る
画像一覧

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
日々のつぶやき(日記)
食べる 呑む
Movie Review
Book Review
Viva! Music
Education
My sweet Tetsu
Medical topic
My Precious
香港おいしい一人飯
香港、中国
Girls Band Project
Hong Kong Indies
Japan!
英語の話

気になるブログ/サイト

フォロー中のブログ

音楽、空間、好鐘意(大好き)!
Rock and Mov...
だるにーの脳ミソ
別館・我要的幸福
La Dolcé vita
Hachiの香港家計簿
アメリカナース日記
音楽の杜
sakuraのわがままエッセイ
エミリアからの便り
熊猫漫遊記
じゅんじゅんの香港日記
六福1☆
いつの間にか20年
こんな一日
ま、どうでもいんだけど
別冊・Hachiの香港ニ...
ミヤモーの戯言
中国茶徒然日記
フォンの野菜メニュー
香港*テクテク
おはな 山の中日記 ~北...
香港日々探検日記
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
lei's nihong...
憧れの地は香港
koedagaffe分店...
Made in Hong...
アジア暮らし

外部リンク

以前の記事

2017年 03月
2016年 09月
2016年 08月
more...

ブログパーツ

動画配信用ASPサービス

ブログジャンル

海外生活
50代

検索

タグ

(63)
(28)
(17)
(17)
(16)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)

その他のジャンル

ファン