<   2008年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

週末は中国でのんびりと

娘が帰ってきてからはテツの世話を彼女にまかせられるので、
中国にふらっと行くのが楽になった。

ちゅうわけで、先週末 一人で石龍まで遊びに行きました。
だんなは朝早くから広州に出かけていたので、現地で合流することになっていました。

3時ごろうちを出て、石龍には6時前に到着しました。
羅湖の駅は前ほど混雑しておらず、切符もすぐに買えました。
中国の新幹線にゆられること40分ほどで石龍に着きます。
便利です。

石龍には前にも書いたけれど、友人が暮らしているので、今回も彼と一緒に食事をしました。
今回も日本食屋さん。

実は石龍には日系のメーカーさんがたくさん工場を持っておられるので、
小さい町なのに、日本食レストランはアホほどあります。
ちょっと横道に入ったところなんて必ずありますし、カラオケねえちゃんのいるような日本スナックもいっぱいです。
お店の名前は「くし野」
やっぱりここも前と同じで、一品の量がめちゃくちゃ多くて、少なめに頼んだのにも関わらず、
おなかいっぱいになっちゃいました。

b0080418_20445338.jpg

牛しゃぶサラダはオニオンスライスたっぷりでおいしかった~

b0080418_20454738.jpg

意外だったのが、このお寿司
キュウリとかいわれ巻きがおいしかった。もちろんマグロもね。

b0080418_20471445.jpg

野菜不足気味だったので、グリーン野菜たっぷりのこのサラダ
ドレッシングの味がしっかりしていて、なかなかの美味 なんかおはしが止まらんようになりました。

おなかいっぱい食べてもめっちゃ安いもんね。

食後はプラプラ歩いてDVD屋さんへ行くことに…
娯楽の少ない石龍の日本人にとってオアシスのようなお店に連れて行ってもらいました。
って、本当はイリーガルなんだけど、日本のドラマやアニメのDVDがめっちゃ安い!
別に、こんな情報は中国にいる人にとって当たり前だと思うけど、
洋画まで日本語の字幕がついていたり、日本語吹き替え版だったりするなんてびっくりでしょ!

私が"Sex and the City Movie"を握り締めていると、店の人がご親切に、
「これは日本語じゃないですよ。」と教えてくれるんです。
私はすかさず「メイウェンティ~」と答えておきましたが…

しかし、こういうもの香港に持ち込んで見つかったら罰金ですから、
みなさん気をつけてくださいね。
やってはいけませんよ。

DVD屋のあとは、マッサージです。
なんか4階建てぐらいのちょっと古びた、でも洋館っぽいつくりのおうちの中にマッサージ屋さんはありました。素敵な出窓がついた、「ああこんなおうちに住んでみたい」と思うような場所です。
階段を上っていくと、普通のおうちで、おばちゃんがテレビを見ていた。
その奥の部屋にマッサージ用のベッドが4つぐらい並んでいて、割と清潔な感じで良かった。

ところが、私の担当の女の子は、マッサージがめっちゃ下手!
最初は顔上部、頭からマッサージがはじまって、気持ち良かったんだけど、
その後のマッサージはぜんぜんだめでした。
だんなはうまい人にあたったらしく、イビキをかいて熟睡しておりましたのに…
いつ気持ちよくなるんだろうと思っているうちに2時間が過ぎ終わりましたよ。

めっちゃ欲求不満や~

ホテルの隣のKFCでアイスクリームを食べて12時過ぎにホテルにもどりました。

翌日は買い物もせずにそのまままっすぐ香港へ
でも石龍の駅前のチャーチャンテンで食べたお昼はめっちゃ安いだけでなく、
おいしかったので大満足!
4品ぐらい頼んでビールも飲んで、たったの63ドルでしたわ。

豆腐とねぎ、しょうが、に魚を蒸すときにつかうソースをかけて蒸したもの
めっちゃおいしかったので今度是非作ってみたいです。

b0080418_2142488.jpg

写真は、石龍の駅で見つけた、中国全土の鉄道路線
こんだけ広い中国なのに一枚にしているところがすごい。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
面倒ですがポチッとお願いします。

人気blogランキングへ
こちらもお願いします。
[PR]
by Junpei642 | 2008-10-27 21:06 | 香港、中国 | Comments(4)

久しぶりのDon't Panic Live!!!

最近 ライブにあまり出かけなかった私達。
金曜日の夜は、久しぶりにみんな勢ぞろいでライブに行ってきました。

上海からロックンロールバンドが来ていたので、まずは彼らのライブがあって、
それまでバンドのメンバーがそろうまでは、Wanchの前でみんなでだべっておりました。

娘を連れて行ったので、なじみの人に、"This is my daughter"と紹介すると、
みんなびっくりするのでその反応を見るのがおもしろかったです。
中には「15歳で産んだのか?」という人もいて、
Dが間髪いれずに「ちがうよ。10歳で産んだんだよ。」とジョークをかましておりました。
何度も同じ反応を見せられ、気分の悪い娘は、
「こう見えても○○才やで~」と人の年齢をバラすのでした。

彼女はNativeたちがワイワイ話しているところにも、す~っと入っていけるので、
それが私にはうらやましかったです。

さて、ライブがはじまりました。
めずらしく、"Sympathy for the devil"からスタート!
やっぱりDon't Panicはしっくりくるよねえ。
b0080418_1912979.jpg


b0080418_1913037.jpg


ライブがどんどん盛り上がった頃、
外にいた、めっちゃおしゃれな黒人(絶対Gay!)が乱入してきて、
ジェフにかわってベースをひきはじめました。
それがめっちゃかっこいいねん。
b0080418_19142688.jpg


b0080418_19153685.jpg

この長い指でメロディアスなベースラインを響き渡らせていました。

b0080418_1917565.jpg

もちろん本来のベース ジェフさんのボーカルも楽しみました。

娘にはあまりなじみの無い曲が多かったみたいだけど、
レッチリなんかもあったもんね。

その後、酒飲み友達Andrewと話をしていて、黒人のベースの人が結構有名だということを知りました。
Linusさんです。
一緒に写真も撮ってもらいました。
b0080418_1920328.jpg


さていつものメンバーの楽しい写真もあります。
b0080418_1923825.jpg


私はいつもカメラマンなのでなかなか写真を撮ってもらえません。
b0080418_19252153.jpg


さてこの後、ライブ最後までバーで楽しんでいました。
バーに行く前におなかがすいたと言っていた娘、Subwayサンドイッチを食べたのに、
「カナダでは飲んだ後はPutineを食べないとだめ~~」と言い出し、
その後Dも一緒に3人でPutineを置いてある店を探し出しました。
Putineってご存知ですか?
なんでもケベックで生まれたジャンクフードらしく、カナダでは一般的らしい。

Dに「Putineって何?」と聞くと、
「ケリーはPutineを食べるのか?ハイコレステロールなヘビーな食べ物やで」と言っている。

家に持って帰ってパックをあけてみると、
普通のフレンチフライの上にチーズソースとグレービーがたっぷりかかったものがあらわれました。
私もおなかが空いていたので、結構食べてしまいましたが、見た目よりおいしかったです。
見た目があんまりだったので写真はありませ~ん。

日本人が飲んだ後にラーメンを食べるみたいに、
カナダでは飲んだ後にPutineを買う列ができるんだって。おもしろいですね。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
面倒ですがポチッとお願いします。

人気blogランキングへ
こちらもお願いします。
[PR]
by Junpei642 | 2008-10-26 19:31 | Viva! Music | Comments(2)

Cafe Bleu の アップルパイ

食後のデザートに Cafe Bleuのアップルパイを食べました。

b0080418_945434.jpg



アールグレイティーを飲みながらおいしくいただきました。

りんごも上手に煮えて、ちょっと甘かったけれどまろやかな味でおいしかったです。

Cafe Bleuはうちの近所にある ケーキも置いているカフェです。





というのは嘘で、だんなが5個10ドルの安いリンゴを買ってきたら、
思いっきりまずかったので、それを使って娘がアップルパイを焼いてくれたのでした。

ケーキやクッキー作りは 彼女が小さいころから遊びの延長でよくやっていました。
香港に来てからは、仮の生活みたいな状態だったので、おうちにオーブンが無くてできませんでしたが、
ある日、帰国することになった友人が、電気オーブンとハンドミキサーを譲ってくれることになり、
それからはまた親子のお菓子作りが復活しました。

オーブンをもらってから10年以上になるけれど、今でも活躍しています。
ありがとう。Mさん
音信が途絶えてからずいぶん経ちますがお元気ですか?

お菓子作りが好きな娘は、カナダに行ってからも時々焼いていたようです。

しかし、それでもアップルパイは初挑戦!
Cookpadでレシピをゲットして、パイ生地からすべて手作りです。

私がブログにアップするのを知っていたので、
パイの上にはCafe Bleuと文字までつけてくれました。

一つ失敗は、パイ生地をテカテカさせるために、本当は卵黄を塗らなければならなかったのに、
横からだんなが「卵白やろ」とアドバイスしたことで、娘は卵白を塗ってしまいました。
それで光沢が無いのです。
信じられないいらぬおせっかいですね。

私はこの間、4時間ほどヘアサロンでのんびりしていました。

ごちそうさまでした。




さて、たまねぎさんに喜んでもらえたので 
今日もテツの写真をのせようっと。


テツがひっかいてぼろぼろにしてしまったSofa
Sofaの場所を変えてからは彼のお昼寝ベッドになりました。
b0080418_9501221.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
面倒ですがポチッとお願いします。

人気blogランキングへ
こちらもお願いします。
[PR]
by Junpei642 | 2008-10-23 09:53 | 食べる 呑む | Comments(8)

手作りコロッケはやっぱりうまいわ

今日は水泳のお仕事。
火曜日は初心者の人数がかなり多く、あまりにも大変だったため、まだ就職が決まっていない娘を助っ人に頼んだ。
お母様方もOKしてくださり、娘にもレッスン代を払ってくださることに…
本当ありがたいことです。感謝しています。
しかし、助っ人のおかげで、初心者の指導にも力が入り、ぜんぜん泳げなかった数人も、少しずつ進歩の兆しが見えてきた。
助っ人は、ちょっと泳げるようになったグループ担当で、楽しそうにやっているのでホッとしている。

しかし私のクラスには、性格上の問題なのか、人の話を聞くのがいやでいやでたまらない子もおり、
いつもその子ともう一人の言う事を聞かない子を放ったらかしにしていることに、罪悪感を感じていた私は、今日こそ厳しく教えようとしたら、子どもの方が癇癪を起こしてわめきはじめた。
そして「クソババア~~クソババア~」と叫びながら逃げていった。
水泳のお仕事をはじめてかれこれ8年、子どもに「クソババァ」と言われるのは初めてだ。
まあそれもおもしろいんだけどね。

さて、水泳が終わり、銅鑼湾で日本食材できれていたものを調達して、バスに揺られて家に帰ると、
だんながコロッケを作っておいてくれた。感激である。
あとはフライするだけ。

さっさと油を温めてコロッケを揚げた。
大きくもなく小さくもなく、硬さもちょうど良かったため上手に揚がった。
良く冷えたビールを飲みながらコロッケを食べると、それはそれは私が理想としているようなコロッケの味で、めちゃくちゃおいしかった。
コロッケって、デパ地下で買っても、名前や行列ほどおいしくないものはいっぱいある。
日本料理屋で食べる、「手作りコロッケ」や、ちょっと大げさな名前がつけられたスペシャルコロッケだって、必ずしもおいしいとは言えない。
それなのに、家でこれだけおいしいコロッケを食べられる私はめちゃくちゃ幸せ!
ささやかな幸せだけど、それだけおいしいコロッケを見つけるのは難しいと思うから。

働く主婦として、だんなが料理のセンスがあるのってありがたいことだとつくづく思う。
というか、食べるのが好きで、おいしい料理を食べるたびに、「今度これを作ってみよう」と感じるところがいいのだ。
うちの父親も単なるグルメではなく、おいしいものは家でも作るぞ!という精神を持っているため、
子どもの頃から父がキッチンに立つのを見ていた。
日曜日は父の手料理が必ず一品は並んでいたし、今ではりっぱなコックさん状態だもんね。

なおきんさんのブログで「モテたいけれど、どうすれば?」というのがあったけど、
これからは男の子だって料理できないとだめだよね。

料理のできない男性はいくらハンサムでも飽きられてしまうと思う。

コロッケ 上手にできましたが、食欲がありすぎで写真を撮るのを忘れてしまいました。

代わりに我が家のかわいい息子の写真を久しぶりにのせておきます。

b0080418_22104650.jpg


最近はすっかり猫らしい生き方をしております。
犬みたいにしっぽを振って媚びは売らないけど、以前に比べてかなり家猫らしくなってきたよ。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
面倒ですがポチッとお願いします。

人気blogランキングへ
こちらもお願いします。
[PR]
by Junpei642 | 2008-10-21 22:16 | 食べる 呑む | Comments(7)

街市の上の有名レストラン 東寶小館へ行ってきました

ゆうべはわれらのアイドル エドワードと一緒に食事をしてきました。

ノースポイントに住む彼のすすめで、Java Road 街市のフードコートに入っている、
日本人にはかな~り有名なレストラン、「東寶小館」です。

予約を入れるのが大変だったので、直接店に行くことにしました。
案の定 「東寶」だけがめちゃくちゃ混んでいてしばらく待たないことには食べられません。
しかし、相席をOKすれば比較的順番は早く廻ってくるようです。

店の様子はこんな感じです。
b0080418_1665115.jpg


この店は初めてだったので、慣れているエドくんにオーダーはおまかせしました。
メニューにはなんと日本語もありますよ。
b0080418_1671430.jpg


ビールを飲みながらおしゃべりをしていると、最初の料理が登場しました。
豚足を細かく切ってから揚げにしたものです。
b0080418_1675926.jpg

肉というより、ゼラチン質を食べているような歯ざわりでした。
日本人にはあまりうけないんじゃないかな?
でも香港人は好きみたいで、たくさんの人がこれを食べていました。

さて、二つ目登場です。
これはマテ貝のにんにく炒めです。
b0080418_1684088.jpg

貝料理が苦手な私もこれはOK!
貝も柔らかくってすごくおいしかったです。
b0080418_1694383.jpg

こんな風な貝です。
昔、貝殻をたくさん集めていて、マテ貝の貝殻も持っていたけれど、それが食べられるなんて思いもしなかったな。

チキンの一品!
b0080418_16112539.jpg

これもなかなかの美味でした。ビールにめちゃくちゃあいましたよ。
でもこのお料理はどこでも定番かな?


海鮮ではおなじみのエビのから揚げにんにく風味
b0080418_16121985.jpg

シャコがおいしいのは知っているけれど、ここのもなかなかおいしい。
これはエビ好きな人にはおすすめです。割と食べやすいです。


次はごはんものです。
b0080418_1614088.jpg

これも名物らしいけど、ちょっと量が多すぎました。
荷葉飯です。
味としては、一般的な荷葉飯とすごく違うということはありませんが、上のエビについているガーリックをまぜて食べるとおいしかったです。

さて、この店で一番有名というか、中華ではぜったい見かけることのない、
イカ墨スパゲティー+イカダンゴです。
b0080418_16151296.jpg

パスタがのびておらずちょうど良かったのと、ほんのりチーズの風味がしてなかなかおいしかったです。

一緒に行った友人もおいしいおいしいとバクバク食べていましたし、
カナダ人の友人も、最初はどんなところに連れて行かれるか心配したけれど、
味も良くて本当に良かったと喜んでいました。

ただ、すごい混雑しているので、ゆっくりおしゃべりしながら食べるのには適していません。

最後に記念写真をパチリ!
b0080418_1616746.jpg


ごちそうさまでした。

場所はMTRノースポイント駅 Java道出口をあがってななめ前に街市の建物がありますので、
エスカレーターで一番上まで上がってください。
ゆうべは5人で820ドルでした。
ビールは結構飲みましたよ。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
面倒ですがポチッとお願いします。

人気blogランキングへ
こちらもお願いします。
[PR]
by Junpei642 | 2008-10-19 16:23 | 食べる 呑む | Comments(6)

ホームベーカリー久々の登場

ずいぶん前に、ヤフオクで手に入れたホームベーカリー

最初の頃は楽しく焼いていたけれど、あまりにもアホぅなマシーンなので応用が利かない。
それを理由に別の部屋に片付けた後はほこりをかぶっていた。

娘がパンを焼きたいというので、久しぶりに登場してきたベーカリー
前に焼いたレシピを探し出し焼いてみると、やっぱり買ってくるよりおいしいわ。
娘もすっかり気に入って、もっと上手に焼けないかを研究しはじめた。

実は、我が家のマシーンは、日本で使っていたマシーンとちがい、
発酵時間もコネる時間も極端に短い。
通常4~5時間ほどかかる行程を、2時間弱でやってしまうのだった。

そのせいで、ふくらみが少ないのよね。

娘は発酵時間の不足を補うために、水、ミルクなどを常温ではなく、若干温めて投入することにしたらしく、そうして焼いたパンはよくふくらみ、焼き色もきれいにつくことがわかった。

最近、マーガリンの使用をやめたのでバターをしっかり使って焼いているので、
味的にはおいしいブリオッシュという感じかな?
でもブリオッシュは卵が入っているんだっけ?
うちは卵は入れませんが…

そしてできあがったのはこんな感じ。
b0080418_14264445.jpg


普通の食パンみたいにしっとり焼くのは無理っぽいけれど、
味は結構うまいのでまずまず満足している。
バターをつけずにそのままでおいしいのがいい。

ただ、カメリアが近所で手に入らないのが難点。
だって、近くてもCity Superまで行かなくてはならないからね。

娘は突然思いついたようにケーキを焼いたりする。
この前も10時ごろからシフォンケーキを焼き始めた。
Tea leavesを入れるんだけど、アールグレイがなかったのでオレンジペコを使ったら風味がいまいちだった。
でも甘すぎずおいしかったけどね。
b0080418_14302113.jpg


いかにもメラミンが入ってそうな、ダイパイトンブランドのナイ茶を飲みながらおいしくいただきました。


またおいしいもの作ってくれるとうれしいな。
私も負けずにカトルカールでも久々に焼いてみようかしらん。


にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
面倒ですがポチッとお願いします。

人気blogランキングへ
こちらもお願いします。
[PR]
by Junpei642 | 2008-10-17 14:34 | 食べる 呑む | Comments(4)

香港でお得に飲む方法

最近 みんなはぶりがよくないので
のみに行くときにはできるだけ安い方法で飲むようになってきた。

私が行くのは主にワンチャイの飲み屋街。
ここでもじっくり見て歩けば、なかなかお得なサービスは結構あるものだ。

たとえば、行き着けのバー Carnegie'sでは
毎週火曜日はウォッカ+ジュースの飲み物がたったの10ドルで飲める。
木曜日はRockatail Nightで10種類ぐらいのカクテルが29ドルで飲める。
そして土曜日の11時以降はCoronaが一本10ドルになるなど、特典はいろいろある。

各お店はLadies Nightをもうけているところも少なからずあって、
店にもよるけれど、ジントニックが半額になったり、
中には女性はマルガリータをただで飲めたりできるところもある。
まあたいていはビール1パイントが10ドルというところかな?

先週はOld China Handというスージー・ウォンの時代からあるバーがあって、
そこでは毎週木曜日はカールスバーグのパイントが29ドルで飲める。
これは時間制限があるので、その時間内に頼まなければならないけどね。
これはなかなかおいしい特典だ。

どの店もたいていは4時から9時まではハッピーアワーで、
1杯の値段で2杯飲めたり、半額だったりするので、早い時間に行けるのであればハッピーアワーの時間内に入るのがいい。
店にもよるけど、Crazy Hourというのもあって、さらに安くのめるところもある。

それに、ビールの銘柄で値段が変わるのでとにかく必死で探せば安く飲めるはずなのだ。

でも安くても悪酔いするビールもあるのでここはちょっと賭けみたいなところもあるけどね。

白人が出入りするようなバーではめったに見かけないけれど、
香港人バーにはキャンギャルが必ずいる。
キャンギャルがいる店では、ボトル5本でいくらと言う感じでキャンペーンが行われていたりする。
ついでにボールペンなどのプレゼントがもれなくもらえるときもあって、
香港人バーにはめったに出入りしないけれど、音楽を気にせず話したいときは早い時間の香港人バーはうってつけである。
ただし、週末の夜遅くはものすごく混んでいるためおすすめできない。
だって、飲茶のレストラン並に香港人がうるさいからだ。

日本人バーでもMr.Moonlightみたいに土曜日のライブ時は
男性は300ドル、女性は200ドルで飲み放題というのもあるし、
静かに飲みたい人は日本人バーをおすすめします。


白人が行くバーは音楽がガンガンにうるさいので、
ゆっくりおしゃべりしながら飲むというのにはあまり適さないので、うるさいのが苦手な人は無理ですね。
それから、多くのバーがCOD(Cash on delivery)なので飲み物が出てきたらお金を払うシステムになっています。そうじゃないところもあるけど、明朗会計さは断然CODだし、飲みすぎないためにも一杯ずつ払うのが懸命ですね。


にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
面倒ですがポチッとお願いします。

人気blogランキングへ
こちらもお願いします。
[PR]
by Junpei642 | 2008-10-15 17:46 | 食べる 呑む | Comments(2)

"Melancholy Baby" Robert B. Parker

サニー・ランドールシリーズ 第4弾は "Melancholy Baby"だ。
b0080418_10261131.jpg

前作の終わりから、別れただんなRichieとの関係も改善されるのかと思いきや、
彼の再婚というショッキングな始り方をした。
そのせいで、サニーは非常に荒れている。
そりゃそうだろ。読んでいる私だって荒れそうになってくるもの。

荒れている彼女のもとに新しい依頼が届く。
Birth Certificateもないし、赤ちゃんのころの話もよくわからないSarahという大学生が、
ひょっとしたら自分の両親は本当の親では無いかも!と疑問をいだき、
それを解明するためにサニーのところへとおくられてくる。

荒れていたサニーだが受けることにする。

Sarahの両親に会うサニー、やはり記憶があいまいで確かにおかしい。
DNAテストをすすめても二人とも拒否するのであった。

調査がはじまってすぐ、サニーが何者かに襲われたり、サラ自身も大学の寮で暴漢に襲われると言うハプニングが起きた。
そして謎の人物からある場所へ来るように言われる。
誰かが、Sarahに真相をつきとめられるのを阻止しようとしていることがわかる。
そして、最初の殺人が起きる…

今回は精神的にビッグダメージを受けたサニーは、前作Shrink Rapにちなんで専門家のカウンセリングを受けている。仲良くしていたShrink(精神科医のことを英語でこう呼ぶ)がリタイアするにともなって、新しい女性のShrink スーザンを紹介される。実はこのDr.Silvermanは著者の有名作品 スペンサーシリーズの主人公のガールフレンドらしい…
スーザンと話ながら、自分自身が抱えている問題をつきつめていくのと、Sarahが自分はいったい誰なのかをみつめていくのと、ダブルになっているのだ。

やはりサニー・ランドールシリーズはミステリーというより、女性の心の動きをとことんテーマにしていると感じるし、作品の中に何度もセラピーのシーンを練りこむことで、違った魅力を出していると感じる。
今回のテーマは親子関係って感じで、自分にも重なる部分をたくさん発見できて、余計にサニーを身近に感じたりもした。
それにRichieとの会話も不動っていうか、結局、結婚したがらないサニーを切り捨て、自分と結婚したいと思ってくれる女性をRichieは選ぶのだけど、根底には、どうしてもサニーがいて、違う女性と結婚してもなお、サニーを愛しているんだものね。

これからサニーとリッチーはどうなっていくんでしょうか?

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
面倒ですがポチッとお願いします。

人気blogランキングへ
こちらもお願いします。
[PR]
by Junpei642 | 2008-10-14 10:28 | Book Review | Comments(0)

"Once Upon A Time in Mexico" 2003

夕べ "House of Wax"を見て、Newsを見て、そろそろ寝ようかと思っていたら、
突然 この映画が出てきた。
b0080418_13362154.jpg
先日 gloriaさんのブログで"Desparado"のReviewを読んで、
このシリーズをまた見たいと思っていたんだけど、なんとグッドタイミング!というわけで、
眠かったけど見ることにした。それにしても香港はこのシリーズが大好きで、
何度もテレビでやっている。


アントニオ・バンデラス演じるかっこいいギターガンマン エル・マリアッチ
前作で愛する妻を将軍に殺され、心に深い傷を負っている。
同時期、メキシコではクーデターの計画があり、それを鎮圧しようとしていたCIA捜査官サンズは、
マリアッチを利用することに…

このサンズはジョニー・デップがやっているんだけど、まさに私が好きなタイプのジョニーがこの映画でははじけまくりで、大好きなエル・マリアッチだけでなく、一粒で二度美味しい映画である。
b0080418_13383799.jpg

話はシリアスだけど、どこかコミカルで、いつバンパイアに変身するの?と錯覚してしまうような"From Dusk Till Dawn"に通ずるようなカットが続く。
まさにロドリゲスワールド炸裂映画!

gloriaさんも書いておられたけれど、このシリーズ 派手なアクションシーンに激しいギターがからんですごくかっこいいのだ。

マリアッチ3人組もかっこいい。
b0080418_13342013.jpg
その中でもロレンソのマリアッチぶりはかなりかっこいい。
歌もうまいと思っていたらエンリケ・イグレシアスがやっているんだよね。

でもでも、いくらエンリケがかっこいい、ジョニーがかっこいいと言っても、やはりアントニオ・バンデラスが一番である。濃い顔すぎる彼だったけど、フィラデルフィアに出てきたときもいいなあと思ったし、ロドリゲスのシリーズでもやっぱりかっこいいと思った私は、アントニオ・バンデラスが好きなんだろうな。
なんかセックスアピールを感じてしまう俳優である。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
面倒ですがポチッとお願いします。

人気blogランキングへ
こちらもお願いします。
[PR]
by Junpei642 | 2008-10-12 13:47 | Movie Review | Comments(0)

香港の図書館

本の値段があまりにも高すぎる香港

でも読みたいなと思う本はいっぱいある。
日本語の本は日本に帰ったときに買ってくるとか、友人に貸してもらったりいただいたりしてランダムに読んでいる。

その点、洋書の場合は図書館に行けばある程度有名なものなら見つけることができるということで、
図書館の利用をDにすすめられ、大昔に作ったカードを探したものの見つからず、
久しぶりに図書館に赴いてライブラリーカードを一新してきた。
初めてのときは、IDカードと、今の住所に住んでいることを証明するもの(光熱費の請求書や何でもいいので自分の名前で届いた郵便物)が必要。

財布にこれ以上カードを増やしたくない私はIDカードをライブラリーカードとして使用することにした。
もともとスマートカードになってからのIDは、ライブラリーカードだけでなくいろんな利用方法があるみたいだ。

さて図書館だけど、うちの最寄の図書館といえば 
旧スターフェリー乗り場の近所にあるCity Hall Libraryになる。
上環のシティーホールには残念ながら図書館がない。
だからここまで行くのだけど、結構遠いんだよね。

以前はこの図書館が香港サイドでは一番大きかったらしいけど、
それにしてもしょぼい図書館である。
本もぼろいし、うちの実家のある田舎町の図書館の方がよっぽどきれいで使いやすいと思う。
でも、中国語の本は洋書に比べて充実しているので香港人にとっては充分なのかな?

ここには法律関係の図書館が入っており、そこは厳かな雰囲気で一般の図書館とは違うイメージである。

読みたい本はオンラインで調べられる。
読みたい本の名前を入れると、その本がどの図書館にあるのか簡単にわかる。
非常に便利だけど、近所の図書館にあるとは限らず、この前調べてみると、
その多くがなぜかTaipoの図書館に集まっているではないか。
たぶん、予約すればTaipoの図書館から最寄の図書館まで持ってきてくれるのかもしれないけどね。

Sunny Rhandallシリーズの本を探すと、Central Libraryにあることがわかった。
ここはみなさんご存知だと思うけれど、ビクトリアパークの目の前にある大きな図書館だ。

クォーリーベイの歯医者に行った帰りに図書館の前を通るバスがあったのでそれに乗って久しぶりに図書館に行ってみた。

こちらは建物も新しく、本の数も多いし、行くたびになにかワクワクしてしまう。

暇人がうじゃうじゃしている香港ならではの光景だが、
図書館も例外ではなく、すごい混んでいた。
コンピューターもいっぱい、自習できるスペースもどの机も人が座っている。
香港人ってこんなに本を読む国民だったっけ?と思うぐらいである。

お目当ての本はちゃんとシェルフにあった。
他にも同じ作家のものがたくさんあったので、もう1冊選んで2冊借りることにした。
借りるのも返却もすべてグランドフロアの受付ですることになっている。
1回につき2週間借りれるようになっていて、延長は自分の番号を入れてインターネットで更新できるようになっている。
期限を過ぎると延滞料が少しだけど取られるシステムになっている。

IDカードを機械に入れて、「はい いいですよ。どうぞ」という感じで簡単に終わる。
この窓口が混んでいなければ、機械でやるより断然早い。

階下にはデリフランスも入っているので、お休みにふらっとやってきてのんびりするのにはちょうど良い場所かな?

帰りは10番のバスが図書館の前を通っていたので、それに乗って帰った。
10番に乗れば図書館まで30分ぐらいで来られるかな?
City Hallに行くよりこっちを利用した方がいいかな?

各エリアにある図書館。児童書はどこでも充実しているように感じる。
インター校に通いはじめて宿題をどうしていいかわからなければ、
是非 図書館に足を伸ばしてもらいたい。
きっと探しているものが見つかるはず。

インターネットも便利だけど、たまにはアナログで行きましょう。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
面倒ですがポチッとお願いします。

人気blogランキングへ
こちらもお願いします。
[PR]
by Junpei642 | 2008-10-10 21:48 | 香港、中国 | Comments(4)


香港...出会いと別れが頻繁におとずれるtransitoryな街で、日本語を教えながら暮らしています。現在Kissing Fishというインディーバンドでベースを弾いております。ベースだけじゃなくてギター弾いて歌ったり、ドラムもたまにたたいたり、音楽とミュージシャンにかこまれ心豊かな日々を生きるパワフルおばちゃん!


by Junpei64

プロフィールを見る
画像一覧

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
日々のつぶやき(日記)
食べる 呑む
Movie Review
Book Review
Viva! Music
Education
My sweet Tetsu
Medical topic
My Precious
香港おいしい一人飯
香港、中国
Girls Band Project
Hong Kong Indies
Japan!
英語の話
お化粧

気になるブログ/サイト

フォロー中のブログ

音楽、空間、好鐘意(大好き)!
Rock and Mov...
だるにーの脳ミソ
別館・我要的幸福
La Dolcé vita
Hachiの香港家計簿
アメリカナース日記
音楽の杜
sakuraのわがままエッセイ
エミリアからの便り
熊猫漫遊記
じゅんじゅんの香港日記
六福1☆
いつの間にか20年
こんな一日
ま、どうでもいんだけど
別冊・Hachiの香港ニ...
ミヤモーの戯言
中国茶徒然日記
フォンの野菜メニュー
おはな 山の中日記 ~北...
香港日々探検日記
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
lei's nihong...
憧れの地は香港
koedagaffe分店...
Made in Hong...
アジア暮らし
Lady Satin's...
Welcome to m...

外部リンク

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

ブログパーツ

動画配信用ASPサービス

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

タグ

(65)
(28)
(17)
(17)
(17)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)

その他のジャンル

ファン