<   2005年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ゆうべはまったりライブだよ~ん

b0080418_22331683.jpg
Mark the てぃままのブログでたまたま知ったライブ情報
近所だったのでけるゅを連れて出かけて来ました。
場所はBohemian Loungeというちょっと落ち着いたバー
Bohemianと言うと昨日の日記の続きみたいやね。



さてそのライブ、山下達郎のコピーバンドということで名前は「小達(CO-TATS')」と言います。
13名の大所帯、ピアノ、キーボード、トロンボーンやトランペットまで含んでいてとてもにぎやか!
行って見ると7月に異業種交流会をやった時に出会った女性がコーラスで参加しておられたりして、やっぱり香港は狭いなと感じた。
この前参加したブロガーの会で知り合ったパンチさんはドラム担当

まずは多国籍メンバーのJazz演奏
しっとりしたものではなく少しはずむような曲が多くて楽しかった。
「ベース弾いているおっちゃん覚えてるよ。」とけるゅが言い出した。
そっか、どっかで見たことがあると思ったらブロードウッドでポール役で参加していた人だな。(この人は他でもよく見かける)
ブロードウッドのライブなんて娘と出かけたのは遠い昔、よくそんなこと覚えているなとちょっとびっくりした。
さてJazz演奏が終わりいよいよ「小達」登場!(この名前って長洲小力みたい)
狭いステージに13人もどうやって並ぶのと思ったけれど、とりあえずOK
達郎の曲っていろんな曲を知っているけれどなかなかタイトルって覚えていない。
どの曲も知っている曲だった。2曲目にやった曲は歌詞までしっかり覚えていたけれどタイトルがわかんない。それぐらいにしか達郎って聞いていなかったのかな?
そして誰もが知っているRide on timeはさすがに盛り上がっていたけれど、若い世代も多く、達郎のことは有名だから知っているけれどほとんど馴染みがないという人も多かったのではと思う。だってノリの悪い人も多かったからね。
ボーカルは先ほどのベースの人
しっとりした曲は達郎風に上手に歌ってはった。
特徴のある歌い方だけれど真似るのは大変そうだな。

でもみんな楽しそうだったな。
楽器なんでもいいからしっかり身に付けておけば私も参加できたのにな。
ピッコロじゃお呼びじゃないか…
吹奏楽を始めた時もっと楽器にこだわるんだったとかなり後悔

オーディエンスには先日のブログ仲間の顔がちらほら、一度会っただけで名前も覚えていない私  
夕べは、けりさん、ざっぴぱさん、Markさんなどとご一緒させていただきました。どうもありがとうございます。

また次回のライブも是非行きたいんですけど、
達郎もいいけど、大滝詠一などもやってもらえると嬉しいかも
[PR]
by junpei642 | 2005-09-29 22:30 | Viva! Music | Comments(0)

"Matchstick Men" (2003)




こういう映画って割とありがちかもしれない。
Matchstick Menって詐欺師のことをこう呼ぶらしい。
ロイ(ニコラス・ケイジ)はフランク(サム・ロックウエル)とコンビを組む優秀な詐欺師だ。
仕事は抜群だが、ロイはちょっとしたパニック症候群の持ち主だ。
パニック症候群+潔癖症候群というのかな?日本語でなんていうんだろう?
一旦パニックにおちいると薬をのまなければやっていけない。
薬をなくしてパニくる彼を見て、ある日 パートナーのロイは精神科医を紹介する。
精神科医はパニックの元になっているのはロイの過去ではないかと言い出し、実は昔別れた奥さんがひょっとしたら子供を産んでいるかもしれないということを打ち明ける。
精神科医が調べた結果、彼には14歳になる娘がいることがわかる。
そして娘にコンタクトをした日から彼の人生は大きく動き出す。

この映画はあまりストーリーを書いてしまうと後で見た人がおもしろくないのでこの辺で止めておくけれど、この映画に出てくるニコラスはすごく素敵だ。
以前Family Manという泣きたくなるような映画があったけれど、あれとちょっと似ているかな?
自由きままに何不自由無く生きていても、人間って家族の温かさに弱いものなのかな?
反対にそこから逃げる人もいるけど、温かなFamily Manを演じるのがニコラスはとっても上手な気がする。
彼自身がきちんとした温かいおうちに育ったのかな?

それにしても昨今の彼の電撃結婚には眉をひそめてしまったけれど、
ニコラスの素敵なところをいっぱい楽しみたければMatchstick Menを是非見てもらいたい。
[PR]
by junpei642 | 2005-09-26 16:52 | Movie Review | Comments(0)

チルソクの夏 + Buffalo '66

夕べはだんなも出張でいないし、何もすることがないので
延々とDVDに入っていた映画を見つづけた。

先に見たのは
「バッファロー66」というなんともへんてこりんな映画だ。


ビンセント・ギャロという監督が自ら出演して、この映画を作っている。
5年の服役を終えて出所してくるビリー
バスに乗って両親が住む町まで帰ってくるが、この5年間政府の仕事で遠くに行っているふりをしていた。さっそく両親に電話をするが、結婚もしていないのに妻が一緒だとウソをつく。親は奥さんも一緒に連れて来いと言い出したので、
その場にいたレイラという女の子(クリスティナ・リッチ)を誘拐して、彼女の車で両親の家に行く。

車の中でビリーはレイラに「ウェンディーと名乗ること、だんなをたてて良い妻のふりをすること」を強要する。
そして実家にたどりつき、レイラはいとも簡単にビリーの妻を必要以上に演じる。

二人が出会ってから映画が終るまでは1日もない。
とても短い時間を映画にしたもの。
口ではえらそうなこと、強そうなことを口にするビリーは実際は小心者でピュアーな人間だ。すぐに壊れてしまいそう。

レイラは誘拐されたのにも関わらず、ビリーのことが好きだと言い始める。
自分の人生を変えた男の命を狙おうとストリップバーに行くビリーにココアを買って来てくれるように頼む…

よくわからない映画だけれど、ミッキー・ローク、ロザンナ・アークェットなどがちょい役で出てくる。さらに、ボウリング場のおやじ役で、Big Wednesdayのジャン・マイケル・ビンセントが出ている。
めちゃしなびたおっさんになってたけれど、すぐに彼だとわかった。

写真は、一番印象的だったモーテルのベッドで寝るシーン、
お風呂まで一緒に入るのに何もしないビリー

監督、脚本、音楽のすべてをヴィンセント・ギャロがやっているけれど、この人そんなにすごいのか?
クリスティーナ・リッチの幼児体形風の雰囲気にあの化粧と変なドレスが妙にマッチしてた。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
さて、その次に見たのが、
「チルソクの夏」
「チルソク」って韓国の七夕のことだ。
1977年7月7日 姉妹都市である下関と釜山が高校生の陸上親善大会を開いた。
1977年は日本から韓国へ行ったのだ。
そこで女子高生4人組みはかっこいい彼をみつけるんだと鼻息を荒くしていた。
試合中 アン君という韓国の高校生が同じハイジャンプを飛ぶイクコに何やらアドバイスをくれる。そしてその日の夜、当時戒厳令がひかれていた韓国で、アン君は日本人たちが泊まっている宿舎にやってきて、イクコと話がしたいと言い出す。

二人はそれから海を越えた交流をはじめる。
アン君は日本語を学び、イクコは友達と一緒に韓国語を学び始める。
しかし、それぞれの親は子供が日本人、韓国人とつきあうことを快く思っていない。
イクコは父(山本譲二)がながしのギター弾きという貧しい家で暮らしており、自らも早朝の新聞配達を元気にやっている。カラオケにおされて職を失いかけの父を支えながら大学進学について悩んでいる。

アンくんは、おじさんを日本兵に殺されたという母の気持ちと、大学受験を控えてどんどん手紙の数が少なくなる。

そしてまた7月7日が来て、今度は下関で二人は再会する。

時代的には私より少し上の人のお話で共感できる部分は多い。
陸上部の世話役をしていた私には競技会での様子がすごくリアル
昔の自分を思い出すのにはぴったりな作品かも
[PR]
by junpei642 | 2005-09-20 16:50 | Movie Review | Comments(0)

Sex Pistols Documentary Film + 予言

昨日はお昼間にDVDで↑の映画を見ました。
Sex Pistolsは今更なあと思ったんだけれど、適当に録画してしまったので見るはめになってしまった。
どうしてもイギリスの暗かった時代を見ると映画でも気がめいってしまう。
ドキュメンタリーなのでなおさらかな?
曲風はきらいではないし、おもしろい歌詞だと思う。
でもこのフィルムを見て、シドの伝説はかなり美化されているんだと気づいた。
シドは単なるアホだ。どうしてあんなあばずれナンシーにはまってしまったのかな?"Sid & Nancy"は見たことがないんだけれど、どのような内容にしてあるんだろうか?今度見てみたい気がする。

「予言」は「感染」と共にWowowで問題作扱いをされており、感染のみ日本で見た。そしてDVDに録画をしてあった予言を初めて見たわけだけれど、こちらは感染と違ってわかりやすかったし、気持ち悪い映像もなかったのでOKだ。
ストーリーは、ノリピーと三上博夫婦が実家から帰る途中、E-mailを送るためにある場所まで引き返し、その公衆電話の電話ボックスで父親の方が何やら新聞の一部を発見する。そこにはダンプカーとの正面衝突で車が炎上して幼い女の子が犠牲になったことが書かれていた。そしてその子は紛れもなく、その男の娘であることがわかる。
そしてダンプカーが突っ込んで娘はなくなる。

つまり怪しい新聞が自分に届き、これから起きる惨事を知ってしまうという「恐怖新聞」を元にした映画だ。

最後はああなるほどね、こう終わればうまくいくわけねとなんとか納得できるんだけれど、車を動かして逃げれば良かったのに~と単純なところへ行き着いてしまうところがなんとなくいや。
感染よりおもしろかったので許せるかな?
[PR]
by junpei642 | 2005-09-19 16:45 | Movie Review | Comments(0)

The Brothers Grimm (2005)




お月見の夜だしどっかに出かけようってことで、
娘と二人 IFCまで散歩がてらに出かけた。近いのでここが一番便利な遊び場所。
IFCで使える映画のクーポンが2枚あったので映画館に行ってみると、
どれも始まって10分過ぎた物ばかり。仕方がないのでCity Superでブラブラしようということで、ここでいつもより念入りに商品を見ながら遊んでいた。
結局、映画館にもどって"Brothers Grimm"というグリム兄弟のファンタジー映画を見ることにした。

どんな映画なのかまったく知らなかったけれど、きっと面白いだろうと思って、Bewitchedもやっていたのにもかかわらずこちらを選んだ。
最初の数分間がちょっと退屈だったので失敗したかなと思っていたけれど、
途中からおもしろくなってきてグイグイ引きこまれていった。

魔女狩りの時代、魔女をやっつけるという詐欺をやっていたグリム兄弟 ウィルとジェイコブが、女の子ばかりがさらわれている村に助っ人として行くことで詐欺罪をまぬがれる。
その村には大きな怪しい森があって、その森の中にラプンツェルの塔があり、ここに呪いをかけられた女王が眠っていることがわかる。
お話の内容は、誰もが知っている童話がもとになっていて、セリフなども昔読んだ絵本に出てきた有名な言葉なども出てくるので、英語で育った娘にはなかなかおもしろかったみたいだ。
ラプンツェルの塔で眠っているのはまさしく髪の長いミイラだけれど、呪いが解けて動き出すと鏡の女王だったりしておもしろい。
泥でできたジンジャーブレッドマンが出てくるシーンはかなり笑えるし、映像は怖いけれどコメディーっぽいところもあって、なんとなくShrekを思い出したりもする。
出てくる俳優で知っているのはマット・デイモン一人だけ。後は知らない人ばかりだけれど、ファンタジーだしストーリーがおもしろいので、知らない人ばかりでも充分楽しめた。監督はテリー・ギリアムだ。
私、監督に関する知識はまったくなかったので調べてみると、バンデットQをとっている。なんとなくこの作品と同類かな?これもなかなかおもしろかったもんね。
あとは、フィッシャー・キングとか12モンキーズといった私好みの作品もあるなあ。
何も考えないで見たわりにはおもしろかったのでご機嫌(~o~)だ。
お子さんと一緒に見に行っても楽しめると思う。
でもあまり小さいと映像が怖いので、怖い映画が苦手なお子さんには向いていないな。
[PR]
by junpei642 | 2005-09-18 16:42 | Movie Review | Comments(0)

親子でチャット+ホラーですか?

ゆうべ娘とMSNで長い間お話していた。
今回のASレベルの結果と、これから受けるAレベルのお話をきちんと報告してきたのだ。
びっくりしたのは、アートでよい点を取るだろうと言われていた生徒がそれほど良いグレードを取ることができず、もちろんその下にいた娘たちのグレードもあまりよくなかった。あまりにも悪い点を取った生徒が多かったため、これは先生の指導が悪かったということになっているらしい。
これから問題に発展するかもしれない。
アートとグラフィック関係をしっかり学びたいと思う人はWISへ来ない方が良いかもしれない。今はそう感じます。

去年は申込期間が過ぎていたためあきらめていた日本語のAレベルを今回はどうしても受けなければならない。
テストに出るという文学作品を娘に教えてもらい今日本屋に買いに行って来た。
芥川龍之介 蜘蛛の糸
宮沢賢治  注文の多いレストラン
星新一   おみやげ
小泉八雲  怪談(雪女)

上の3つはあったけれど、「おみやげ」というのは思いっきりショートショートでたった3ページしかないし、このお話は「ぼっこちゃん」という本に入っているので、ひょっとして家にあるかもと思って買わなかった。

蜘蛛の糸は小学校のころ図書室で借りて読んだ。
宮沢賢治の世界に入り込めない私には彼の作品は買ったことがない。
なのでこの2冊はしっかり買いました。

そして小泉八雲だ。
書棚をずっと探してみたけれどみつからない。
ひょっとしてラフカディオ・ハーンかもと思ったのでその名でも調べたけれどなかった。
だからお店の女の子に「小泉八雲の怪談ありませんか?」と聞いてみた。
彼女は棚卸票みたいなものに「コイズミヤクモ カイダン」とすべてカタカナでメモした。
おいおいメモする意味ないやんと思っていると、
「あの~ このお話ってホラーですか?」と聞いてきた。
そら怪談やからホラーかもしれないけれど、知らんのかいな?
「いえ、文学作品だと思うんですが…」

結局在庫はないということだ。
残念
ショッピングセンターの中にある本屋にもなかった。

香港に帰ったら買った本を使って日本語を教えなければならない。
「おみやげ」以外は大変そうだ。

娘よ頑張れよ。
[PR]
by junpei642 | 2005-09-06 09:30 | Education | Comments(0)

「幸福な朝食」 乃南アサ

図書館で借りた本 帰るまでに読破することができた。
この本、読み始めたときちょっと苦手だなと思った。でもせっかく借りてきたのだからとそのまま読みすすめているうちになんとか波に乗れた。

自分が誰よりも美しいと思いながら暮らしていたシホコは学校でも友達がおらず孤立した存在。ある日自分そっくりのアイドル歌手がデビューしたことで、自分はそのアイドルを越えると信じてタレント養成所に進む。
しかし考えていたとおりに人生はすすまず、気が付くと30代なかば、女優にはなれなかったけれど人形をあやつる仕事につく。
この女性の性格、もう耐えられないぐらい大嫌いなタイプ
いつも不満に思っていて幸せそうな人を見るたびにむかついて、友達をつくろうともしないし、とにかく何をしていててもむかつく。
自分が得ることができないものを他人が持っていることを許せない性格
実際、そういう人って実社会にもいるよね。
他人が笑って幸せにしていることをいつもけなしたり、その人から私は何の悪意も感じないのに、決まって文句を言ったり、その人がしていることを悪く言ったりする人。そして周りにいる人をいやあな気持ちにさせる。

一応心理サスペンスなので事件は起きる。
でもその終わり方がちょっとあいまい。気持ち悪い終わり方。

とにかくこんな人とは関わりあいたくないし、本もさっさと読んでしまいたい。

そんな気分にさせられる本を読んだのははじめて

実体験ではこういうのよくあるけどね。
[PR]
by junpei642 | 2005-09-06 00:23 | Book Review | Comments(0)

"ビートキッズ"

飛行機の中で見たこの日本映画 「ビートキッズ」 久しぶりに感動できた日本映画だった。すごいおすすめ!
親の都合で岸和田から違う町の高校に転校してきたエイジ、彼の中に秘められたドラマーとしての素質を見逃さなかったナナオ 二人の青春物語。
今まで何度も見たような昔ながらの臭い青春映画仕立てだけれど、文句なしによくできている。
最後まで楽しく見られるし、ちょっと涙するシーンもある。
登場している高校生たちは、本当にどこにでもいる大阪の子、変な大阪弁をしゃべる人は一人もいないところがこの映画の良いところ。
劇中に出てくるブラスバンド部の演奏は素晴らしいし、ナナオがニューヨークへ音楽留学する前に、エイジをロックバンドにつなげていくんだけれど、このロックバンド(ビートキッズ)が素晴らしくいい。
ブルーハーツ風の元気いっぱい臭いロックバンド ビートキッズ役をHungryDaysというバンドがかっこよくやっている。
映画の中に出てくる曲はすべて彼らのオリジナルでサントラが欲しくなってくる。

子供もいいけど、大人の出演者もすべてよい。
昔の青春ドラマには欠かせない嫌われ者の教師を演じる渡辺いっけい
岸和田のだんじりで人生を棒にふったとんでもないおやじ(エイジの)を演じるのは豊川悦司 この役すごく良かった。ちょっと豊川ファンになりそうだった。
そして渡辺いっけいにいじめられる生徒たちを暖かく見守る校長先生は中村雅俊、最後にななおのお父さん役を演じるのはぼんちのおさむちゃん
なんだかいいでしょう。

まだ見ていない人は是非見て欲しい。
[PR]
by junpei642 | 2005-09-04 16:44 | Movie Review | Comments(0)

新学期がはじまりました

昨日から娘の学校がはじまった。
いよいよ最終学年だ。
ASレベルの結果がたいしたことがなかったので、私は非常に落ち込んでいた。これホント
ぼやいていたらうちの父が、「おまえも成績悪かったからしゃないで」と言っていた。そらまあそうやわな。私も高校のときは遊びほうけていたので学校の成績なんて考えていないばか者でした。
だからこそ娘には頑張って欲しいと思ってたんですが、とんびは鷹を産まんということですね。

昨日さっそくタイムテーブルが配られて、どの教科を選ぶかを決めるため各教科の先生と話し合ったらしい。
ARTとグラフィックのどちらかを落とすというのは夏休み前から話していたけれど、最後に受けたAレベルの模擬クラスを受けたところアートもおもしろそうで最後までどちらにするか悩んでいた。
グラフィックはロボテックを学べるのがおもしろそうで本当に選べないでいた。でも結局、先生と話し合った結果 グラフィックを取ることに決定。
今年はARTを落とした子が多かったみたい。

そして残りはサイコロジーとバイオロジー
この二つは絶対に取ると決めていたので問題なかった。
サイコロジーの先生にASでよく頑張ったとほめてもらったらしい。
日本だとものすごく良い成績をとらないとほめてもらえないけれど、
こっちではそうでなくてもほめてもらえるんだな。
とにかく英語のWritingが苦手な娘にとってサイコロジーを取るというのはとても大変なことらしい。
そういえば去年、ASでサイコロジーを取ると言った時、無理だから落とすように学校から言われたこともあったなと1年前のことを思い出した。
つまり、学校側はできるだけハイスコアでパスさせたいので、生徒が学びたいと意思表示をしても、たぶんあまり良い成績をとれないだろうとみなされると反対されるのだ。こういう点は私立校として仕方が無いのだろうけれど、その後すぐに行なわれたテストの結果を見てどうするか決めようと、サイコロジーの先生が言ってくださり、結局その後娘も頑張ったし、サイコロジーの方面に進もうと思えるぐらいこの教科が好きになったこともあって続けることにおさまった。
だから今回、決して低いグレードではなく一般的なグレードでパスできた娘をきちんと褒めてくれたのだと思う。

そんな感じで最後の1年間は
サイコロジー
バイオロジー
デザイングラフィック
の3教科に落ち着いた。

ゆうべは上に書いたこと中心に 電話でもMSNでもおおいに話した。
夏休み中は日本の友達が香港に遊びに来たり、日本でも同世代の友人と何度も交流を持っていた。
彼らを通して自分のおかれている立場を再認識することもあったし、
私が同世代の子を持つ友人と交流したことで、各家庭の子どもとの関わりあい方なども知った。
よそに比べるとうちって子どもとの距離が近いなと感じた。
もちろん一人っ子という大きな理由があるんだけど、それでも他所では「もう高校生だから」などと、ちょっと大人扱いというか、踏み込まないでいるようだ。
どっちがいいのかわからないけれど、彼女の友人に、私とだんなの彼女への接し方について、「いいな」と言われたみたいで、娘はうっとおしいと感じながらも、私たちの子育てのやり方について少しは理解できるようになったみたいだ。

あと1年、うっとおしいと思われてもきちんと子どもと向き合いたいと思う。
[PR]
by junpei642 | 2005-09-03 09:29 | Education | Comments(0)

江國香織 とっておき作品集

図書館で借りた本
そしていろんな人のブックレビューで江國さんの名前を見かけて一度は読んで見たいと思っていた。
たまたま作品集ということで読みやすいだろうと思いこの本を選んだ。
思ったとおり、さくさくと読めるタイプのおもしろいお話が多かった。
彼女の処女小説という「409ラドクリフ」が一番好きだ。
昔からアメリカが舞台で、登場する人が学生という小説が好きだったな。
中学のころからそうだったかも。
好きな相手に対して何の曇りもない気持ちで好きだと言えればいいし、
それを受け入れてもらえればなおいい。
でもそれぞれの愛の形があるからおもしろいんだよね。
年下の男の子が出てくるお話もおもしろかった。
私にはあまりぴんと来ないけど、40もすぎれば年下も年上も恋愛相手として問題ないような気がする。いつもまわりにいる男友達のことを考えるとそう感じる。

とても印象的だったのは、この人のお父さん(同じく作家)が、
彼女が生まれてからのことをきちんと書き残しておられたんだけど、
この人私と同い年だ。だから日記に書いてある様子がとてもよくわかっておもしろかった。
きっとお父さんがおうちで仕事をしておられて、必要以上にお子さんに話かけておられたんだろうなと思う。
言葉がけって子どもにとても大切だと思っていたけれど、お父さんの日記を読んで強くそう思った。
でもずいぶん前に亡くなられたみたい。さみしいね。
[PR]
by junpei642 | 2005-09-03 00:21 | Book Review | Comments(0)


香港...出会いと別れが頻繁におとずれるtransitoryな街で、Rock'n'Rollをこやしに生きています。若返りのマジックワードを心に今日も頑張る~~


by Junpei64

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
日々のつぶやき(日記)
食べる 呑む
Movie Review
Book Review
Viva! Music
Education
My sweet Tetsu
Medical topic
My Precious
香港おいしい一人飯
香港、中国
Girls Band Project
Hong Kong Indies
Japan!
英語の話

気になるブログ/サイト

フォロー中のブログ

音楽、空間、好鐘意(大好き)!
Rock and Mov...
だるにーの脳ミソ
別館・我要的幸福
La Dolcé vita
Hachiの香港家計簿
アメリカナース日記
音楽の杜
sakuraのわがままエッセイ
エミリアからの便り
熊猫漫遊記
じゅんじゅんの香港日記
六福1☆
いつの間にか20年
こんな一日
ま、どうでもいんだけど
別冊・Hachiの香港ニ...
ミヤモーの戯言
中国茶徒然日記
フォンの野菜メニュー
香港*テクテク
おはな 山の中日記 ~北...
香港日々探検日記
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
lei's nihong...
憧れの地は香港
koedagaffe分店...
Made in Hong...
アジア暮らし

外部リンク

以前の記事

2017年 03月
2016年 09月
2016年 08月
more...

ブログパーツ

動画配信用ASPサービス

ブログジャンル

海外生活
50代

検索

タグ

(63)
(28)
(17)
(17)
(16)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)

その他のジャンル

ファン