<   2005年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

"The Family Way" by Tony Parsons


b0080418_0194623.jpg
The Family Way
ご近所さんのKaoriさんに貸してもらったこのPBは三人姉妹のそれぞれの暮らしと彼女たちの結びつきを書いた、まさに家族の物語
私のまわりには3姉妹を形成している友人や身内が結構いる。
うちの母も兄二人を亡くした後は残った3姉妹でいろいろやっていた。
親友Eちゃんは3姉妹の長女
弟しかいない私には女きょうだいを持つことって子どもの頃からの夢だった。かなわない夢だよね。でも夢だった。
だからこの本に出てくるような、母に捨てられた後、父と一緒に力をあわせて家族関係を作っていく様子は妙にリアルでおもしろかった。そしてやっぱりうらやましい。
長女Catは母が家を出た後、妹たちの母がわりをして大きくなった。
母が吐いた数々の言葉をしっかり覚えており、それが彼女の今にもつながっているように思う。
子どもを持つことに興味の無い彼女は、離婚暦があって15歳の息子のいる年上の男性とつきあっている。子どもなんていらないわと気丈にふるまう彼女は、ある日彼の元妻に「家族のいないあなた(つまり子どものいない)に私たち家族の問題に関わってほしくないわ。」と言われ深く傷つき、そこで初めて子どもが欲しいと思うようになる。

次女Jessicaは優しく経済力のある夫Pauloと幸せに暮らしているが、可愛い姪Chloeを溺愛するPauloを見ていて、早く子どもをつくらなければとあせるのだけどなかなかできず、その状況にもがき苦しむ様子はあまりにも悲しい。でもこんな人日本人にもいっぱいいる。

三女Meganは三姉妹の中で一番賢く、職業も医者という才女
しかし、One night standで妊娠してしまい生むことを選択する。
後半は彼女の子どもPoppyを中心に三姉妹はもっともっと結びつきが強くなっていく。

Pauloの兄Michaelの奥さんが日本人のNaokoさんという人で、彼女のことも子どものことも愛していると言いながら、子どもが生まれたあとの夫婦関係に満足できない彼は年上で魅力もなにもない女性と不倫関係におちいり抜け出せなくなっていく。
浮気現場をPauloに見られたマイケルが、子どもが生まれたら女性は変わると言ってたけれど、それは女性にもよると思う。
子どもと夫婦二人の関係の間に線をひいてしまう欧米の子育ては、日本人とは違うのでそのあたりに夫婦間で子どもとの距離が違ってしまうというのはよくわかる。これは著者の奥さんも日本人だから、そのあたりの描写が詳しくてうまいんだろうと思う。
せっかく授かった子どもを流産してしまったJessicaとマイケルとの関係に悩むNaokoがやりとりする場面はかなり悲しく重い。

Jessica夫妻が北京で養女の申請をしている間に、家族をなくしてしまったマイケルがビジネスをめちゃくちゃにしてしまい、せっかく娘ができたのに無一文になってしまうんだけど、それで落ち込むことなく、前向きに原点に戻ろうと夫を励ますJessicaと、タクシーの運転手をしながら家族を養うPauloが夜の仕事から戻ってきて、奥さんと娘の寝顔を見ながら幸せや家族を感じるシーンを読んで、家族ってこうい苦労をくぐることで絆が深まるし、子どもに伝わるものも大きいんだと、実際いろいろ苦労している私としては共感できることがいっぱいあった。だからこのあたりは結構泣いてしまった。私も頑張るぞ!って思ったけど…

人間の強さ弱さ、愛情の問題、子どものこと、そして親とのつながり、すべてが凝縮された読み応えのある本だった。
他にもあるようなのでいつか読んでみたい。
[PR]
by junpei642 | 2005-08-28 00:19 | Book Review | Comments(0)

"28 Days" + "Hidalgo"

映画のことを書くとコメントがめちゃくちゃ少ないのだけど、
やっぱり書いておこう。
父がいないので朝からWowow漬けしてました。
28Daysは香港(HBO)で何度か見たことがあったけれど、いつも何かをしながら見ているので、最初から終わりまで通してみるのは初めて。
アル中で酔っ払いながら姉の結婚式に出席したGwen(サンドラ・ブロック)はへべれけになってしまいウエディングケーキをつぶしてしまう。そして新しいケーキを買うために新郎新婦が乗るはずのリムジンを運転して大きな事故を起してしまいあげくのはてに更生施設へとおくられる。
最初は更生しようという気持ちがまったくなかった彼女はいろいろと問題を起すが、少しずつ前向きに取り組めるようになり、いろいろなものから更生しようと頑張る中毒更生者たちと打ち解けていく。
現実はもっとシリアスなはずだろうけれど、わりに明るくコメディー感覚で描かれているので見やすい。サンドラ・ブロックは人気女優だけれど、どの映画に出てきてもいつも同じなので良い映画も彼女のおかげでちょっとねえとなることもある。
この映画もそういうところが無きにしもあらずだけれど、他の出演者たちがなかなかおもしろく引き込まれてしまった。
スティーブ・ブシーミがさまざまな中毒患者を正しい道に導く先生の役で出ている。彼はくせのある役者だけれど、いつになく落ち着いた役でなかなかよろしい。
そして、アル中、セックス中毒の野球選手の役で出ているのがヴィゴ・モーテッセンだ。ヴィゴと言えばロードオブザリングのアラゴンだけど、わりと他の映画に出ているヴィゴは好きでなかった。でもちょっと今回の役は好きかな?
アラゴンでない時のヴィゴって口元がなんか嫌い
歯並び悪いのかな?


さて、その後はバニシングポイントのリメイク版(ヴィゴ主演)だったけど、友達と急にランチをすることになったので見られなかった。

そしてランチが終わって戻ってくると、今度はまたまたヴィゴ主演の映画
"Hidalgo"だ。エアインディアの中で上映されていたけれど、ヘッドフォンが壊れていて見られなかったな。というわけで今回初めてみることに




アメリカンカウボーイのフランク(ヴィゴ)がなぜかアラビアで行なわれる馬のパリダカのようなレースに出ることになる。
Hidalgoというのは彼の馬の名前だ。この馬がすごい役者でびっくりさせられる。ヴィゴもええけどHidalgoも好きになるよ。
最後はHidalgoが優勝するんだけれど、行く手を阻むものがいっぱい出てきて、ちょっとMummyみたいな感じのところもある。
フランクという人は見た目は白人だけれど、本当はNative Americanの血が流れていて、そのため少し暗い過去を背負っているという設定だけれど、その辺はわりとさらっと書かれていて、やっぱりレースが主題のアクション映画かな?
娯楽映画としては楽しめる。
この映画でもヴィゴはなかなか良かった。けど、もう好き好き大好きとはなかなか思えないんだよね。
なんでだろ?アラゴンのときは好きなのにな。実はあまり声が好きではない。

それよりこの映画の邦題ってなんで"Ocean of Fire"なの?
映画を見てから、ああこれってHidalgoやんと気付いた私。

映画三昧の日も今日でおしまいかな?
とにかくテレビの前に気持ちよい座椅子を風通しの良い場所において、
自然の風を楽しみながら何時間も座ってられるというのは極楽でした。
映画の合間に読みかけのPBを一気に読んだのであと少しで終わりそう。

明日はまたまた友人とランチ
楽しみ~
[PR]
by junpei642 | 2005-08-27 16:42 | Movie Review | Comments(0)

Mystic River (2003)




この映画はかなり前から見たいみたいと思っていたけれどなかなかチャンスがなく見ることができなかった。
父が一泊二日の麻雀会に出かけててものすごくのんびりできるという素敵な日にちょうどWowowでオンエアされていたなんて、すごくラッキーではあ~りませんか!
さてこの映画、ものすごく重い映画でした。最初に子どもの頃の映像がながれて、その時起きたことを現在にまで引きずって語られるという映画は結構あると思う。
この映画もそういう感じ
ジミー、デイブ、ショーンは通りで野球やホッケーを楽しむどこにでもいる小学生 ある日3人が乾いていないコンクリートに自分たちの名前を刻んでいると、警察のふりをした男があらわれデイブが誘拐される。
結局デイブはそこから逃げ出してきたのだが、男に暴行を受け心に深い傷を負う。
それから現代に時間は飛び、ジミー(ショーン・ペン)は見るからにやくざなおっさん、ショーン(ケビン・ベイコン)は警察官、そしてデイブ(ティム・ロビンス)は暗く貧乏なさえない男になっている。
ある日、ジミーの長女が公園で惨殺されたことでこの3人が再び顔を合わすことになる。
ちょうどジミーの長女が殺された夜、偶然にもデイブは夜遅くに血まみれになって帰宅したこともあり、デイブが犯人なのか?とまわりのものが考え始める。ちょっとした言葉でこの人が犯人で無いことはわかるのだが、そのままだ~っと疑われる方向に流れてしまう。
最後はどうしようもない終わり方だ。
でもこうなるより他ないんだろうなって納得させてしまうところも怖い。

重い内容だし、こんな終わり方、またはそれがどうしようもないと奥さんがなだめてしまうところなどはずしんと来る。
おもしろかったけれど、考えさせられる内容だった。

ストーリーはともかく、この3人がとてもうまい。
特にショーン・ペンってこんなどうしようもない役をやらせると最高にうまいし、かっこええなあとほれぼれと見てしまう。
決してハンサムではないけれど、なんでこんなに存在感があるんやろうね。
ティム・ロビンスもこういう役ははまり役で、これまたうまい。
そしてケビン・ベイコンも不動って感じで、どんどん良くなってきている。

トム・クルーズのようにきれいな俳優っていうのはなかなか悪役をやってもぱっとしないけれど、ショーンやケビンみたいだとどんな役でもこなせていいよね。まあ演技力なんかでもショーンの方が勝ってるもんね。

そうそう飛行機の中で「インタープリター」を見たんだけど、この映画でもショーンはなかなか良かったよ。
でもニコールのほうがきれいでかっこよすぎて、あの役がちょっとしっくり言っていないのではと思ってしまった。
それに私はあまりああいうタイプの映画が好きではないんだよね。
明日から日本でも"Bewitched"が公開されるので見に行こうかな。

ちょっと話がずれてしまったけれど、Mystic Riverおもしろかったです。


実はその後でまたまたSea Biscuitを見て泣いてしまったよ。
今日は朝から映画三昧という夢を果たせて幸せでした。
[PR]
by junpei642 | 2005-08-26 16:39 | Movie Review | Comments(0)

のんびり映画でも

今日はお昼から父が出かけたのでWowowをのんびり見ていた。
ちょっとしか見れなかったけれど、CSIマイアミにゲーリー・シニーズとグレッグ・キネアが出ていた。めずらしいね。
その後で日本映画を見た。
「茶の味」というかなり風変わりな映画だった。
私は日本映画に関する薀蓄はまったくないので監督の名前も知らない。
特に何かテーマがあるようでもなく、どっかの田舎町で暮らす風変わりな家族がそれぞれかかえている悩みをあらわしたようなそんな映画だった。
途中寝てしまいそうなところもあったけど、結構長いと感じたその映画を最後まで見た。
特にこの人と思う人は出ていなくて、浅野忠信はちょっと素敵だったな。
この人って映画によって外観がかなり変わるよね。今回はさらさらのロンゲでなかなかかっこよかった。というより、浅野でなくてもこういうタイプの人が好きなのかもしれない。

それを見た後で「ディボースショー」というコメディーを見た。
ジョージ・クルーニーが離婚訴訟のプロでどんな訴訟にも勝つという強気でかっこいい役
金持ちと結婚してすぐに離婚、うまく相手の財産を奪い取るのが目的のマリリン役をゼタジョーンズが華麗に演じていた。
この人この頃が一番きれい?
もっとおもしろいのかと思いきや、それほどでもなかった。

長い間テレビの前に座って二つも映画を見たのに感動が少ないのって、時間を損したみたいでいやだな。
明日の映画にかけようっと。
[PR]
by junpei642 | 2005-08-25 16:38 | Movie Review | Comments(0)

Seabiscuit (シービスケット) 2003

久しぶりに好きだなと思える映画に出会った。
話題になっていたけれど見逃してしまったけれど、Wowowを見ていて出会えてよかった。
アメリカの大恐慌の時代に人々を興奮させたホースレース
この映画は、シービスケットという馬だけではなく、その馬を発掘、育てた人たちの人生ドラマだと思った。

元自転車修理工チャールズハワード(ジェフ・ブリッジズ)はひょんなことから車の修理をすることとなり、その後自動車業界で有名な存在となる。しかしその自動車のせいで最愛の一人息子をなくしてしまう。
その後立ち直ったハワードは血筋は良いものの、背丈が普通の馬より小さいため安値で売り出されていたシービスケットを調教師トム(クリス・クーパー)のアドバイスにしたがって買う。

その生い立ちのせいでかなりの荒くれ馬だったシービスケットに乗るジョッキーを探していたところ、荒くれ馬そっくりの性格を持ったレッド(トビー・マグワイアー)を偶然見つける。
レッドはお金持ちの息子として生まれきちんと教育も受けていたのだが、大恐慌のせいで父親は財産を失い、結局彼は悪く言えば親に捨てられてしまうことになってしまった。しかし教育は身を助けるという意味で父はたくさんの本を彼に渡した。

レッドはトムの見立て通りあっという間にシービスケットを乗りこなすことが出来て競馬界でも良い成績をあげることができ西部で一番人気の馬になっていく…

その後いろいろあってシービスケットは全米1の馬となる。しかしシービスケットにもレッドにも不幸はおとずれる。
この映画はそこからがスタートかな?
レッドのシービスケットに対する愛、それをじっと見守るハワードや彼の奥さん、そしてトム 彼らの包み込むような愛が考えられないような結末へと導いてくれる。
アメリカ映画らしい展開(でも本当の話らしい)なんだけど心から受け入れられるのは、このまわりの人間たちの暖かさのせいだと思う。
決してやりすぎではなく静かに見守るっていう暖かさ。
セリフ一つ一つがいいんだよね。

この暖かい人間を演じたジェフ・ブリッジズ、クリス・クーパーが非常に良かった。適役だったと思うし、本当に上手だ。
ハワードの奥さん役を演じた女性もなかなかに良かった。
そしてレッドを演じたトビーもはまりやくだった。
まあそういうすべての要素がこの映画をとても盛り上げていたと感じた。

原作を読んで見たいなと感じる映画でもあったので、さっそくアマゾンで注文しようかと思っている。
[PR]
by junpei642 | 2005-08-19 16:37 | Movie Review | Comments(0)

"How to lose a guy in 10 days" + 早起きは三文の徳

日本にいるとWowowが楽しめるので暇つぶしにはぴったりだ。
でも香港の家でのんびり見るのと違って、父がやってきてはあと2時間見続けるのかなどとうるさく、先日も途中でシービスケットがお預けになった。
ハードディスクにいれてあるのでいつでも見られるんだけどね。
というわけで、昨日は"How to lose a guy in 10 days"というのを見た。
マシュー・マコナヒーとケイト・ハドソンのラブコメだ。
女性雑誌のHow toページ専門のアンディー(ハドソン)は映画のタイトルそのままの恋愛ハウツーページを書くように言われ、その体験のためにベン(マコナヒー)を利用する。
反対にベンは、宝石ビジネスの担当ポジションのために「10日で女を落とせるか」という賭けのためにアンディーを利用する。
二人がバーで出会ってそれぞれの思惑がスタートする。
男を適度にひきつけながらも嫌われるために奇妙な態度を繰り返すアンディー、賭けのためにサイコな女性と思いながらも優しく振舞うベン

普通だったらあそこまでしたら一発嫌われるだろうけど、あの鼻にしわをよせてかわいく笑うアンディーが彼女だったら、世の中の男はたいていのことに目をつぶるんじゃないかと同性の私でも思ってしまうほど、ケイト・ハドソンはかわいすぎる。感じがいいんだよね。彼女って…
その反対に、マシュー・マコナヒーは最近の若いアクターの中では一番魅力を感じない人だと前々から思っていたので、おもしろいけどこの映画にははまることができなかった。
ストーリーや脚本、またはそれぞれのアクターのふるまいなどで嫌いな俳優であっても引き込まれてしまうものがあるけれど、マシューはどんな映画に出ていても嫌いだ。
なんでだろ?わかんない
あの髪型かな?たよりなさそうでまじめすぎるあの顔か?
今回の映画は先が読めてしまう単純な内容だったので暇つぶしにはぴったりだけど、それ以上の何物でもないかな?

それよりも男に嫌われるために無理に奇行を繰り返すアンディーだったけど、実社会にああいうことを意図的ではなく自然にやってしまっている女性っているよなあと、妙にシュールに感じてしまった。
周りは「おかしな人やなあ。あんまり近づかないほうがええな」と言っているけど、本人はたいてい気付いていないことが多い。
まあアンディーのようにかわいけりゃいいのかもしれないけど、そうじゃないから孤立するよね。
++++++++++++++++++++++++++++++++++
さて今日はなんでこんな朝早くからネットしているのかと言うと、
今日は娘が友達と愛地球博に行ったので5時におきていた。
ついでだったので私も一緒に起きて、あまりにも気持ちよい朝だったのでさっさと洗濯を済ませて、この涼しくて、草木がはいた空気が充満している間に更新してしまおうと思ったらからだ。
ほーんと窓から山の香が部屋に入ってきて頭がすっきりする。
田舎っていいなあと実感できる朝のひと時である。

今から掃除をして、午後からは久しぶりに大阪に出ようと思っている。
久しぶりなのでちょっと楽しみ
[PR]
by junpei642 | 2005-08-18 16:36 | Movie Review | Comments(0)

"The Island"




昨日 Kさんと一緒に映画を見てきた。
娘以外の人と映画を見に行くのって、以前音楽仲間と一緒に"I am Sam"を見に行って以来だ。
何を見てきたかと言うと、Kさんと私が大好きなユアン・マクレガー主演のアクション映画 "The Island"
金持ちが長生きするためのクローンとして生まれ、そのことを知らずに隔離された特別な空間で暮らす人たち。
外の世界はまったくわからず、抽選に当選したものだけがIslandと呼ばれる夢の国へいけると信じている。
そんな暮らしに疑問を覚え、ある日逃亡をはかる二人

ユアン演じるリンカーンは仕事の合間に外にいる技術者マッコードと交流がある。逃げる時にも彼をたよりにあるバーへ行く。
そこでスティーブ・ブッシーミ演じるマッコードが短時間でクローン人間の秘密を彼らに話し、そして彼らが逃げるのを助ける…
とにかくここらへんまではクローン人間の世界を楽しくのんびりと見ることができる。
ところが一旦電車に乗ってLAに出た後がすごい!
とにかくアクションシーンがすごくて、「んなあほな~」という世界が広がるけどそれはそれなりにおもしろい。
まあいろいろつっこむところはあるものの、非常にわかりやすく、でもついそこまできている近未来のお話なので、ある意味リアルに伝わってくる物がある。
クローン人間の倫理を説くような話ではなく、まったくのアクション映画と思って見れば充分楽しめる。

われらのユアン君は相変わらずかわいく、たよりなさそうな顔を絶えず見せてくれる。相方のスカーレット・ヨハンソンも、イノセントに違いない役柄を、彼女の非常にイノセントっぽい顔で演じてくれるのでそれはそれで良かった。かな?
クローンのオーナーはもちろんユアンくん、それもスコティッシュ英語をしゃべりまくってめちゃいけてる!ユアンはあれでなくっちゃねえ。

スティーブ・ブシーミ どんな役で出てるのかなと楽しみにしていたけど、彼らしい役柄でとても良かったよ。すぐにいなくなるのが悲しいわ。

でも、あんな世界ひょっとしたら既にどっかにあってもおかしくないよね。
あったら怖いけど、いずれ生きていくためにはあのような形態にならざるを得ない世界が確実にやってきそう。

新聞での評価がかなりひどかったので心配したけれど、見て良かった。
おもしろかった。書きたいことはまあいろいろあるけれど、どないしょうかなと悩んでいる人は是非見に行ってちょ!

映画を見た後は 二人でのんびりとビールを飲みながら食事をした。
こんな時間もええなあ。
映画の話をあてにおしゃべりするの楽しかったよ。また行きましょね。
[PR]
by junpei642 | 2005-08-03 16:34 | Movie Review | Comments(0)

日本人にとって外国語って (決してあせらないで )

今日は久しぶりの良いお天気
今までたまっていた洗濯物を一気に洗濯した。途中、柔軟剤がないことに気づいてあせったけど、「あるある大事典」で見たことを思い出してお酢で代用してみたらふんわり仕上がった。
お昼は、もうすぐ帰国する友人と最後のランチ
彼女とは長い長いつきあいだったので、こうして最後のランチをすることはとってもさみしい。でも10月にまた遊びに来るというのを聞いて元気が回復した。
もうこういうお別れもそんなにないと思うし、私も来年娘が香港を離れたら生活パターンも変わるかもしれないしね。

さて本題に戻ろう。
この前の日記に「母国語と外国語」について書いたことで、英語に対してまじめに取り組んでおられる人たちと楽天でつながったりして、いろいろと意見を交わすことができた。
日本国内での幼児からの英語教育は、その目的があいまいだったり、あまりにも一生懸命やりすぎて空回りになってしまったり、今しか無いとあせってしまったり、特に頑張らなくてもいいような人まで巻き込んでしまっていると思う。
まず始める前に、日本人にとって英語とはどんな役割をしているのか、英語ができるとどんないいことがあるのかなどじっくり考えることが大事だと思う。
最初の一歩を踏み出す前に。

私は海外で暮らすのは香港が初めてだ。
英語が少しでもできると香港は住みやすい。
広東語が公用語だけど、私が来た頃は日本国内に広東語教室なんてほとんどなかったので香港に来る前に用意できることってほとんどなかった。
でも実際は香港が大好きという人がかなりおられて、そういう人たちは日本にいる頃から勉強していて、香港に移り住んでローカル香港人に囲まれながらかなり短い間に広東語を身に付けておられた。
中には香港人?と思うぐらい流暢な人もおられるぐらいだ。

駐在員に関してはどうだろう?
もちろん駐在組に入るぐらいだから英語が最初からできる人は多い。
たいていは高学歴なので受験を通して最低限の英語ができる人も多い。
彼らの多くはきっと、発音は日本語英語だし決して流暢ではないけれど、語彙の多さなどで仕事をこなすぐらいはそう難しくないと思う。

中国に出張で出かける人は、必要最小限の北京語を身に付けるのはそう難しくないと思うし、ちょっと中国の女の子と仲良くなるだけで簡単な会話を身につけてしまう人も中にはいる。

以前仕事で出会った人は、台湾に転勤となり工場管理が仕事だったため、小さなメモ帖に必要な単語、初めて聞く単語、言い回し、すべて書き取ったそうだ。
今その人は北京語はペラペラだ。年齢はたぶん既に50歳は越えておられるおじさんだ。

ここに書いたケースはすべて大人の話で、子供のころから英語や北京語をやっていたわけではない。
つまり、耳がさらの幼少時に始めなければ語学は身につかない、Native並みの発音や英語耳が育たないとあせることはない。
とにかくどうしても必要で切羽詰った状態から始めてもなんとかなるものだ。
学校で習った英語でも仕事で使っているうちにそれらしく聞こえてくるものだ。

言葉とはお話する道具なので、その道具があっても、話す内容が充実していなければ楽しくない。
その話す内容というのはつまり知識かな?
知識を吸収するということは赤ちゃんからはじまっているわけなので、
英語耳や発音のために、就学前の幼児期を、日本語を絶ってしまうとか、英語が上手ではない(つまり語彙が少ない)母親が一方的に英語ばかりを語りかけるなどして無駄にして欲しくないと思う。

しっかり日本語を身に付けて、いずれ外国語を必要としたとき、または学びたいと思ったとき、考えていたよりすんなりできるようになるかもしれない。

だから決して今しかないと思わないで欲しい。
[PR]
by junpei642 | 2005-08-01 09:27 | Education | Comments(0)


香港...出会いと別れが頻繁におとずれるtransitoryな街で、Rock'n'Rollをこやしに生きています。若返りのマジックワードを心に今日も頑張る~~


by Junpei64

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
日々のつぶやき(日記)
食べる 呑む
Movie Review
Book Review
Viva! Music
Education
My sweet Tetsu
Medical topic
My Precious
香港おいしい一人飯
香港、中国
Girls Band Project
Hong Kong Indies
Japan!
英語の話

気になるブログ/サイト

フォロー中のブログ

音楽、空間、好鐘意(大好き)!
Rock and Mov...
だるにーの脳ミソ
別館・我要的幸福
La Dolcé vita
Hachiの香港家計簿
アメリカナース日記
音楽の杜
sakuraのわがままエッセイ
エミリアからの便り
熊猫漫遊記
じゅんじゅんの香港日記
六福1☆
いつの間にか20年
こんな一日
ま、どうでもいんだけど
別冊・Hachiの香港ニ...
ミヤモーの戯言
中国茶徒然日記
フォンの野菜メニュー
おはな 山の中日記 ~北...
香港日々探検日記
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
lei's nihong...
憧れの地は香港
koedagaffe分店...
Made in Hong...
アジア暮らし

外部リンク

以前の記事

2017年 03月
2016年 09月
2016年 08月
more...

ブログパーツ

動画配信用ASPサービス

ブログジャンル

海外生活
50代

検索

タグ

(63)
(28)
(17)
(17)
(16)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)

その他のジャンル

ファン