<   2005年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

母語の確立と外国語

私は子供がインターナショナルスクールに行っていることもあって、
香港でインター校にお子さんを通わせている人たちとたくさん交流してきた。
私が知る限り、たいていのおうちでは、家庭内では日本語、学校では英語と使い分けをしているところが多いと思う。(国際結婚家庭はまた別です)
今から6年前、まだインターネットを始めてちょっとしか経っていないころ、日本国内で英語子育てをしている人たちのサイトにいくつか出会った。
そこでは、子供には英語で話し掛けているとか、日本語のビデオやテレビを一切見せないとか、かなり母語を抑えた状態で英語を取り入れている人が多く、それを知った私はビックリ仰天したものだ。

実は、最近私の掲示板に、そういうサイトの掲示板でしょっちゅう登場していた悩み事とよく似た悩み事が書き込まれた。
家庭内で英語教育を導入してきて、子供には英語で話し掛けたりしてきたけれど、子供が幼稚園に行きだしていきなり日本語がものすごく伸びてきた。
今後英語をどうやって伸ばしたらいいでしょうか?という質問だ。

それで久しぶりに日本国内で子供に英語をやらせている人が多く集まるサイトをのぞいてみた。
すると、数年前とはくらべものにならないぐらいサイトは充実しており、かなりの人が子供に英語をやらせているということが見えてきた。
子供に英語をやらせている人たちというのは、英語だけではなく、一般的に教育ママだ。だから英語関係のリンク以外に別の学習リンクもたくさん見られ、どの人も自分のお子さんの教育について熱心で、掲示板でお子さんの教育に関する取り組みや悩みが熱く語られている。
おもしろいのは、掲示板でのやりとりが、一見ディスカッションになっているように見えるけれど、じっくり読んでいくとどの人も自分の子供のことや、子供がかかわる世界について書いているだけで、人の意見ってあまりしっかり読み取っていないのではと思えたことだ。
でも流れとしてはちゃんと流れているのだから不思議だな。

まあそれはどうでもいいけど、
やっぱり外国語をやらせる前には母国語の定着を優先した方がいいと思う。
そういう点ではうちの家庭でも失敗したかなと思えるところがある。
うちは娘自体がものすごく日本を引きずっていて、日本文化に興味を示すので日本語が破壊されずにすんだ。でも読み書きはかなり怪しいのだ。

一人っ子ということもあり、日ごろから大人との食事会にも頻繁に出席するため、大人と話するということにも慣れている。
悲しいことに本を読むのは嫌いだけれど、好奇心旺盛な性格なので、それなりに新しい日本語もかなり覚えている。しかし日本国内にいる子に比べれば一般的なイディオムの使い方、ことわざをちりばめた会話が苦手など問題はある。
この辺は私達親がもっと気をつけて、日ごろから日本語の勉強をさせていればもう少しどうにかなったと思うので、努力をしなかった私達が悪いと思う。

もし家庭内での日本語の優先順位がもっと低く、私もだんなも英語で話し掛けていれば娘の英語はもっとしっかりしていて英語の成績ももっとましだったかもしれない。
でもいくらインター校に通っているからと言って、英語の成績のために母語を犠牲にすることはナンセンスだと思うので、ここまで日本語力を維持できたことはやっぱり間違っていなかったと思う。
それに英語で考えられないことを日本語で考えて、日本語で考えられないことを英語で考える。それもまたおもしろいかも。
LAに住む私の知り合いはお子さん二人の日本語確立のために、長い間遠くにある補習校まで毎週毎週車で送り迎えをしたと言っていた。だからうちの娘がある程度の日本語を維持していることを良いことだとほめてくれた。
でも手書きで日本語を書けない娘はまだまだ勉強が必要だ。

香港に来て小さなお子さんをインター幼稚園やインター小学校に通わせておられる人たちは、是非、家庭内ではきちんとした日本語で接してあげて欲しい。
英語は幼稚園や学校に通っている間にきっと身につくと思うから。
(あくまでも言葉が定着する前の年齢での話なので、母語が確立した後でインター校に移られた人はこれに該当しないのでご注意ください。)
特にまだまだ幼児でこれから言葉を吸収していく時期にある場合は、絶対英語と日本語をミックスして子供に接することは避けて欲しい。
特に躾をする場合は絶対に母語でわかるように接してあげて欲しい。

さて、私の掲示板では、英語教育の先駆者であるAさんがとてもAさんらしい視点でレスをくれた。
私はメールで返事をしておいたけれど、今まで英語英語と思っていたところに、やっぱり母語が大切というメールが届いてひょっとしたらびっくりしておられるかもしれない。
そしてAさんも同じような意見だからね。

なんだか取り留めのない話を書いてしまったけれど、
日本国内の英語熱はとどまるところを知らない感じだな。
日本はこれからどこへ行くのでしょうね。


母語を大切にしているJunpeiさんが
なぜ娘をインター校に入れているの?
矛盾してませんか?という質問はしないでね。

一応「教育」というカテゴリーを見ていただければ、
その理由などが少しはわかっていただけるかもしれません。
コメントも読んでもらわないといけませんが…
[PR]
by junpei642 | 2005-07-29 09:26 | Education | Comments(0)

Book Baton

BettyさんからBook Batonが回ってきましたので
今日は本について書きたいと思います。

◆持っている本の数
◆読みかけ、読もうとしている本
◆最後に買った本
◆特別に思い入れのある本
◆次にバトンを渡す5人

この5つについて答えていきます。

◆持っている本の数
引越しのたびに要らない本は処分しているので今手元にある本は40~50冊ぐらいかな?
数えたことがないのではっきりわかりません。


◆読みかけ、読もうとしている本
b0080418_0125220.jpg
"The Family Way" Tony Parsons

知り合いに貸してもらったPBです。
まだ読み始めたばかりで詳しくはわかりませんが、3姉妹の恋愛感がテーマのお話のようです。
いつもミステリーばかり読んでいた私にとって、久しぶりの恋愛小説となるのかな?

◆最後に買った本
b0080418_0144286.jpg

前回読んだ"Tell No One"がかなりおもしろかったので、
引き続き彼の小説を買ってみたけど、まだ読んでいません。



◆特別に思い入れのある本
b0080418_0152039.jpg

「だれも知らない小さな国」 佐藤さとる

この本は小学校3年生か4年生かどちらか覚えていませんが、母からプレゼントされた1冊です。
昭和の戦後まもない頃の時代設定だと思うんだけど、一人の少年が良く遊んでいた山の中で「コロボックル」と呼ばれる小人の種族と出会い、その後成人したその少年が彼らのために山を買い、そこにコロボックル達の家を作ると言うお話。
何度読んでも山の雰囲気や、コロボックルと青年とのやりとりがおもしろく、今までで一番何度も読んだ本と言い切って良いぐらいのお気に入りです。
他にもシリーズがいろいろあるのだけれど、この1冊は特に思い入れがあったので、実は香港に持ってきています。挿絵もとても素敵でもし本当にコロボックルがいるのであれば、絶対にこんな感じなんだろうなと子供のころから信じています。
[PR]
by junpei642 | 2005-07-18 00:11 | Book Review | Comments(0)

子供の心理って

毎週木曜日に放映されているBBCの番組がある。
ミレニアムベイビー25人を5年間に渡って追跡しているという興味深い番組だ。
これを見ていると子供がどうやって大きくなっていくのかをおもしろく、時にはどきっとしながら見ることができる。といっても私は昨日初めて1時間ちょっとの番組を通してみたんだけどね。今までは最後の20分ぐらいしか見ていなかった。
昨日は5歳ということで小学校に入学する前日からの子供たちを追っていた。
やっぱり5歳の子供にとって、小学校に入るというのはものすごく怖いことで、親から何度も聞かされる学校に関する言葉にどんどんナーバスになっていくのがわかった。
「学校では良い子にしてね」
「一生懸命がんばるのよ」
「良い子にしないと学校の先生に叱られるわよ。」などなど
親達は何気ない言葉だけど、繰り返し繰り返し子供に学校に関連した言葉を投げかける。
でも子供は意外と繊細でそういう言葉にどんどん縮みあがっていくのがわかる。
入学した子供の心理状態や、周りの子供たちからどう思われているかを知るテストなどがうまく組み込まれており、学校にうまく適応できなかった二人の子供に、インスタントカメラを渡して好きな物を写真にとらせる。
他の子供達より背も高く、人の少ない田舎で一人っ子として育ち、まわりに同年代の子供がおらず、親には小さい頃から大人のように扱われて育った。
とにかく一時も言葉がけがない時間がないのではと思えるぐらい母親は娘に話しつづけた。だから母親は娘が学校で他の子供よりも絶対によくできるはずで、それが物足りなく感じるのではないかという心配はしているものの、クラスメイトとうまく溶け込めないとはまったく考えていない。
予想はその通りで、初めての授業でも自分の考えていることをどんどん話はじめ、やらされるワークは彼女にとって簡単極まりない。「私は字が書きたいのよ」などと文句を言う。他のクラスメイトにも物の道理を説明したりして、すごくおばさんっぽい5歳だ。
しかし、遊び時間はクラスメイトとはまったく交わらず、いつも上級生とばかり遊ぼうとする。でも上級生達は意外と冷たい。
そんな彼女が撮った写真は、職員室や、学校で働く大人達の写真と、上級生のクラスの様子ばっかり
すごく心を表していておもしろかった。

もう一人学校に馴染めないと見えた男の子。
彼はクラスのワークに参加しようとはせず、教室内の別のおもちゃ(パズルだった)にもくもくと取り組む。休み時間も他の子供の輪には入らず一人ぽつんと遊んでおり、それが苦痛ということもないけれど、実際はチャンスをうかがっていることがわかった。そんな彼が撮った写真は、運動場の遊具、消火器、空を飛ぶ鳥など人とはまったく関係のないものばかりの写真を撮った。

イギリスでは小学校に就学する年齢がきても、親や学校の先生の判断で、その子がまだその時期に達していないと思ったら半年でも1年でも入学をずらすことができる。今回も未熟児で生まれた双子の男の子たちの親が入学を見送っていた。
確かに人の感情をうまくキャッチできるかというテストでこの子達は他の子供より若干の遅れが見られた。こういうちょっとした遅れが5歳と言う時期では大きな問題に発展するんだろうね。いずれキャッチアップするんだけれど、日本でも4月生まれと3月生まれの子供に大きな差があるのと同じだよね。

来週は小学校に入って1年経った子供達がどんなに成長しているかが見られる。
なんともおもしろい番組で、その時期が過ぎ去ってしまった私にとって、時には怖くて、えらいことしてたんやなあと反省もさせてくれる番組だ。
今 子育て中のお母さんたちには是非見てもらいたいと思う。
そしたらきっと、子供に対する態度や接し方、子供の気持ちを考える視点がちょっと変わるかも。子育てに思いやりと余裕をくれるに違いない。

うちはやっぱり、何もわからない状態でカナダの学校に放り込んだことは、娘の性格を考えるとすごく大胆なことをしたんだと思う。
でも私も上に出てきたおませな女の子の親同様、きっと大丈夫だろう、この子ならうまくやれるはずと勝手に思っていたものね。

うちの娘は私に比べて極端に社会性がなく、引っ込み思案だったのがわかったときはめちゃくちゃショックだったけど、長年うちのだんなと暮らしていると、「なんやこれは私と違ってだんなの性格にそっくりや」というところに行き着いた。
だんなは社会性がないわけではないけど、自ら人の和の中に飛び込んでいくタイプではないものね。
まあ育ってしまった娘のことは仕方が無いので、これからまだチャンスのあるみなさん是非見てください。
木曜日の9時半からPearlです。

学校の様子を見ているとESFの小学校がいかにイギリスの公立校全としているかわかります。
[PR]
by junpei642 | 2005-07-15 09:25 | Education | Comments(0)

子供との対話

先日ここでも紹介した悩める高校生は、無事に期末テストも終了したようで、今日再度書き込みがありました。
Super Teacherと呼ばれる先生に相談して返ってきた言葉と、掲示板でのレスの内容に合った言葉がだぶったりしていて、なんとなくだけどわかったことがあったみたいです。
「我慢すればするほど自分を高めることができる」と書いていたけれど、我慢するんじゃなくて、そこでぐっとふんばり自分を見つめるから高めることができるんだろうと私は感じます。
香港仔さん いろいろとアドバイスありがとう。
私は何も声をかけませんでした。きっと自分でなんとなくわかっているのだろうと、うちの娘と比べても感じていたからです。
うちの娘、決してできの良い子ではありません。でも物の本質をみごとによく見ています。最初は見えていないことも時間がかかれば見えてくるようで、それまで悶々と悩んでいる時期は親につっかかってきたりしますが、いずれ気づいたときに素直に本心を語ってくれたりするからです。悶々としている時期は何を言っても通じません。
Takaくんもたぶんそうなのかもしれません。

彼女は彼の書き込みにレスしていましたが、本人も日本の大学に行くべきかどうかで揺れています。ネットゲームの友人の多くが大学生で、彼らにも大学の様子を絶えず聞いているし相談もしていたようです。
でもみんなあまり薦めてくれないようです。きっと学校が楽しくないからかな?
だから今、日本の大学熱はかなり冷めてきたみたいです。

彼女は、一握りの頭の良い子が進学校に入るチャンスを得て、その子たちはきっと素晴らしい環境で素晴らしい先生の下で勉強できると思っているようです。
ここに入らない学生達は本当に無知だと思っているみたい。学ぶ姿勢がないというかね。
それなら、学校に行っていれば自然と学ぶ体制にしてくれる今の学校、そして海外の大学が理想的だと思い始めているようです。

娘と会話できる時間はだんだん限られてくるからできるだけ話したいと思っている。
[PR]
by junpei642 | 2005-07-08 09:24 | Education | Comments(0)

学び方への不適応 or カルチャーショック?

今朝 私のメインホームページの掲示板を開くと懐かしい名前が目にとまった。
彼は日本から香港のインター校へ編入して、その後そのインター校から別のインター校へ転校。その時の心の揺れを私の掲示板によく書いてくれていた。
最初に入ったインター校は日本人など英語のできない生徒に門戸を開いている有名な学校、そこから今度はインター校ならここと言い切ってしまう人もいるぐらい、インター校の中では名門と言われているアメリカ系の学校へ転校した。
そしてここでまた、前に通っていた学校と新しい学校との違いを掲示板でいろいろと教えてくれたりしていた。
結局彼は、最終的には日本の進学校へ進むと言う目的があったので、新しい学校での勉強よりも塾通いを優先して受験勉強に取り組み、念願の進学校に合格した。

ところが、この念願の進学校に通いながら、また悩んでおられるようだ。
それは、こちらで学んでいた時の学び方と、日本の進学校のそれとでは大きく違うからだ。
うちの娘が通うイギリス系の学校でも、彼が通った二つの学校でも、教科書、先生がくれる資料、自分でリサーチした資料、先生から学んだこと、すべてあわせて深く考え学ぶことを強いられる。学んだ中からトピックが与えられそれについて自分の意見を書く。それも簡単な言葉ではなくエッセイとして仕上げる為、英語のエッセイの書き方が身についていない場合はそこからやっていかなければならない。
エッセイを書く練習というのは、自分がどんな知識を得てそれをどのように処理して、どのような結論に達したかというのを効率よくできるようになるという点では素晴らしいスキルだと思う。
たぶん、彼も二つの学校に通っている間にそういう能力をきちんと身に付け、習ったことを自然に吸収することができるのだろう。

ところが今通っている学校は「学ぶ目的」として「大学受験」があり、すべての授業はその大学受験を基準に行われる。
そして日本人お得意の「暗記」がいつもくっついてくる。
今回も主要な国の名前とその首都を短時間の間に覚えてくるように言われ戸惑っている。
実はうちの娘もテスト勉強中に、暗記するということが苦手だと言っていたし、日本人のようにがむしゃらに覚えることが悪いと思っているふしがある。実は彼自身も「暗記=悪」だと思っている。まったく同じだ。
娘の場合は自分の頭の中には今まで習ったことがきちんと順序良く入っていて、それを理解していればできるというのだ。
もちろん完璧ではないけど…
だから、勉強の仕方に対する親子の会話はずっと平行線のままだ。

彼もこっちの学校では「覚えないで理解しろ」と言われて頑張ってきた。
だけど、日本では覚えることが受験生の美徳となっている。
たぶん一つの教科だけではなく、さまざまな教科でこれは重要視されるものね。

英語の時間でも、今まで自然に身に付けた英語が「受験ではおかしいと見なされる」という理由で×にされたり、理不尽なこともたびたびあるらしい。

なんでも受験を基準に物事を教えるのは、進学校としての立場上仕方ないことだろう。
日本の進学校への進学を希望したのは他の誰でもなく彼自身なのだから、今の状況を受け入れて日本でうまくいくように生きていくしかないのだろう。

でもご両親に財力があれば日本を脱出して海外の大学に行くという道も残されているから、そう悲観することもないと思う。

こうして悩みながらもきっと大きくなっていくのだろうと思うけれど、
悩んでいる彼に何か良いアドバイスはないかな?
私はあまり勉強をしなかったので受験生の心理もよく理解できないし、
もし、何か良いアドバイスありましたら是非お願いします。


うまくいえないけれど、「日本の高校は大学受験のまだその先にあるものを、もっと具体的に子供達に見せることをしなければならないのでは?」と思う。

み~んな悩んで大きくなった!ドンドン って古い?
[PR]
by junpei642 | 2005-07-05 09:21 | Education | Comments(0)


香港...出会いと別れが頻繁におとずれるtransitoryな街で、Rock'n'Rollをこやしに生きています。若返りのマジックワードを心に今日も頑張る~~


by Junpei64

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
日々のつぶやき(日記)
食べる 呑む
Movie Review
Book Review
Viva! Music
Education
My sweet Tetsu
Medical topic
My Precious
香港おいしい一人飯
香港、中国
Girls Band Project
Hong Kong Indies
Japan!
英語の話

気になるブログ/サイト

お気に入りブログ

音楽、空間、好鐘意(大好き)!
Rock and Mov...
だるにーの脳ミソ
別館・我要的幸福
La Dolcé vita
Hachiの香港家計簿
アメリカナース日記
音楽の杜
sakuraのわがままエッセイ
エミリアからの便り
熊猫漫遊記
じゅんじゅんの香港日記
六福1☆
いつの間にか20年
こんな一日
ま、どうでもいんだけど
別冊・Hachiの香港ニ...
ミヤモーの戯言
中国茶徒然日記
フォンの野菜メニュー
香港*テクテク
おはな 山の中日記 ~北...
香港日々探検日記
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
lei's nihong...
憧れの地は香港
koedagaffe分店...
Made in Hong...
アジア暮らし

外部リンク

以前の記事

2017年 03月
2016年 09月
2016年 08月
more...

ブログパーツ

動画配信用ASPサービス

ブログジャンル

海外生活
50代

検索

タグ

(62)
(28)
(17)
(17)
(16)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)

人気ジャンル

ファン