<   2005年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

"Bare Bones" Kathy Reichs

昨日に続いてまたペーパーバックのReviewです。
こういう日記ってコメントがほとんどがつかないので、読み手にはおもしろくないんだろうな。
でもせっかく読んだんだし書いておこう。

前回に続いて検視官の仕事をしているDr.Tempのミステリーです。
知り合いの娘さんが生んだとされる赤ちゃんの焼死体が見つかって事件ははじまる。娘さんとその彼は行方不明
それと並行してDr.Tempがピクニックに出かけた場所で愛犬が骨をほりおこす。よく調べると熊の骨がほとんどだったけれど、人間の骨もまざっていることが判明する。
そして、飛行機事故がおきて、どうして飛行機が墜落したのかを調べるために遺体を解剖する。

赤ちゃん殺し事件、熊の骨事件、飛行機事故、この3つが絡まりあいながら事件の真相が明らかになっていくのだけれど、前回の作品と違うのは登場人物がやたら多いこと。登場人物が多いのはめちゃくちゃしんどい。
誰が誰なのか、何をしたのかなどがこんがらがってすごく苦労したことと、今回はMedicalTermがものすごく多くて辞書無しで読みすすめることが困難だったことで、最後まで読めたときは本当に嬉しかった。
寒い冬の毎日、父の病院に通うこと以外はそれほどすることもなく、こたつに入りながら辞書をひきひき読みすすめていくことができたのは良かったな。

この人の作品は前回もそうだったけれど、狭くて暗いところに閉じ込められるというのが多いな。
その辺で85%ぐらいは犯人がわかっているのだけれど、なぜ殺したのかなど理由がよくわからなくて、それを最後の数ページで後日談として明らかにしていく手法も同じだった。
まあわかりやすいといえばわかりやすいのだけれど、その分、読んでいる最中はいろんなことがありすぎてすごくわかりにくい。もうちょっとすっきりしているともっと読みやすいかな?

でもこの人のペットの書き方が結構好きだなあ。
[PR]
by junpei642 | 2005-02-23 00:03 | Book Review | Comments(0)

「原色の街」 吉行淳之助

きちんとしたお家に一人娘として生まれたあけみは空襲で両親をなくし、その後も気質の仕事をしながら1人で生きていけたのに、どこへ行っても一人で生きている女性にはいやらしい男たちの目がつきまとい、時には男関係でどうしようもなくなってしまいたまらなく感じていた。
どこへ行ってもそのような視線を感じて苦しまなければならないのであれば、いっそ、お金でしか女を買うことができない街へ行ってしまおうと、赤線地帯に身を置くことになる。
あけみというのは娼婦としての名前だ。
美人で娼婦らしくない外見のあけみは、感じないことで彼女らしさを保ち続けてきた。感じてしまうとそのいやらしさが顔に出てしまい娼婦らしくなってしまうと信じていたのだ。
ところが、ある客と出会って彼女は大きく変わってしまった。
彼との会話を通してあけみの女である部分が開花してしまい彼に抱かれたいと思ってしまう。しかし彼は結局彼女を抱かなかった。そして彼が寝ている横で初めて自慰をしてしまうあけみ。

あけみ以外の娼婦の話もまじえながら、30年代のソープランド物語はなかなかおもしろい。
そして、あけみを変えてしまった男の恋愛生活をまじえながら物語はすすんでいく。

以前使っていた日記サイトの人気ランキングの上位にはいつもソープランドの女の子たちの日記があったなとふと思い出した。風俗嬢の日記って意外と多いのだ。
つまりその日記に書かれているソープ嬢の気持ちと、この小説は何かどっかで通ずるものがあるように感じた。

自慰をすることで変わってしまったあけみだけれど、物語はエッチな描写はほとんどなくものすごくまじめ。
なんとなく吉行淳之介という人を誤解していたのかな?
[PR]
by junpei642 | 2005-02-16 00:00 | Comments(0)

Authorized Greatest Hits (Cheap Trick )

b0080418_229872.jpg最近ちょっとマイブームになっているCheapTrick
去年仲良しの同級生にプレゼントしてもらって聞き始めたのだけれど、今回日本に帰ってきて弟のCDラックにこのベストアルバムを見つけた。
1曲目から思いっきり70年代のチープトリックワールドが広がってガーンって感じ
それも武道館ライブらしく音の後ろにいかにもあの時代を思い出させる黄色い声が入っている。
私がはまったのは"Dream Police"だ。
これは今のヘビーローテーションになるほどのはまりよう。
実は私の中学時代既にチープトリックは人気者だったけれど私はそれほど興味をしめさなかったのだ。
でもどの曲も聴いたことある曲なので懐かしさはいっぱい。それに聞き込んでいなかった分新しく聞けるのだ。
"Surrender"は"Detroit Rock City"というおちゃらけ映画でサントラとして使われていたのだけれど、その歌詞がこの映画にぴったりで笑ってしまう。
たぶんこの曲、彼らの代表作じゃないかな?

中にはビートルズっぽい音の曲もあって、あれあれ?と思っているとジョージ・マーティンがプロデュースしていたりしてなるほどと思ったり、本当に飽きずに聞ける1枚だ。

落ち込んでいる人、これ聞くと元気になれるよ。
[PR]
by junpei642 | 2005-02-10 22:07 | Viva! Music | Comments(0)


香港...出会いと別れが頻繁におとずれるtransitoryな街で、Rock'n'Rollをこやしに生きています。若返りのマジックワードを心に今日も頑張る~~


by Junpei64

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
日々のつぶやき(日記)
食べる 呑む
Movie Review
Book Review
Viva! Music
Education
My sweet Tetsu
Medical topic
My Precious
香港おいしい一人飯
香港、中国
Girls Band Project
Hong Kong Indies
Japan!
英語の話

気になるブログ/サイト

お気に入りブログ

音楽、空間、好鐘意(大好き)!
Rock and Mov...
だるにーの脳ミソ
別館・我要的幸福
La Dolcé vita
Hachiの香港家計簿
アメリカナース日記
音楽の杜
sakuraのわがままエッセイ
エミリアからの便り
熊猫漫遊記
じゅんじゅんの香港日記
六福1☆
いつの間にか20年
こんな一日
ま、どうでもいんだけど
別冊・Hachiの香港ニ...
ミヤモーの戯言
中国茶徒然日記
フォンの野菜メニュー
香港*テクテク
おはな 山の中日記 ~北...
香港日々探検日記
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
lei's nihong...
憧れの地は香港
koedagaffe分店...
Made in Hong...
アジア暮らし

外部リンク

以前の記事

2017年 03月
2016年 09月
2016年 08月
more...

ブログパーツ

動画配信用ASPサービス

ブログジャンル

海外生活
50代

検索

タグ

(62)
(28)
(17)
(17)
(16)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)

人気ジャンル

ファン