<   2004年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

食事会

昨日はメインサイト関係の友達が集まって食事会をした。
みんなお子さんをインター校に通わせていて、子供たちはみな中学以上と大きい人ばかりだ。
場所は銅鑼湾の「アナスタシア」というイタリアンのレストランだ。香港には珍しくちょっとしゃれたお店だ。最近はこんなお店がどんどん増えていて嬉しい。
カクテルなども豊富でちょっと呑むだけでも充分使える感じだ。
昨日のメンバーは6人、馴染みのメンバー5人と、楽天で知り合った桃さんは最近香港に来たばかりで、きっと参考になるだろうとお誘いしたら快く参加してくださったのだ。
このような食事会はお昼には何度かしたことがあるけれど、夜は初めてだ。夜の方がやっぱり落ち着いていい感じだ。ここはハッピーアワーもあって全ドリンクがBuy 1 Get 1 freeなのでお酒が好きな人には嬉しい。
メンバーのお子さんのうち二人は大学受験を控えていて、その準備、TOEFL, SATなど参考になる話をたくさん聞くことができた。
うちの娘にも早くTOEFLを受けさせなくてはいけない。来年からTOEFLは新しくなってもっと難しくなるらしい。
一人の方はお子さんが日本の高校を受験するため、そのために、TOEFL,ケンブリッジ英検などに挑戦したお話や、母親も面接を受けないといけない話など、これまた私の知らない世界で参考になった。どちらにしても海外から日本の学校を受験するのは、帰国子女枠を使えて優遇されるものの、国内にいるのと違って、それなりに準備をすることがたくさんあるのだと思い知らされた。
学校はそれに対してサポートやアドバイスはいっさいしてくれないので自分で準備するしかないのだそうだ。
TOEFLのためには日系の塾に行ったり、アメリカ系の受験サポートスクールに行ったりすることで準備ができるけれど、お金もかかるし大変そうだ。
ある程度年齢が大きくなってからインターに編入した場合は、英語で指導してくれる塾よりも、日本語でわかりやすく説明を受けた方が身につくようだ。だから塾の意味があるんだと思う。

今回驚いたことが一つあった。
「海外子女教育」という海外子女教育振興財団が発行している会員雑誌がある。財団に会費を払っている日本企業に配られていたり、財団がやっている通信教育をやっている人のところにも送られるものだ。この雑誌、10月号は香港のインター校特集をしていて、某塾が協力して香港のインター校をいくつか取材していた。
書いてあることは特に特別なことではなかったけれど、インター校に通わせている母親たちが集まって座談会を開いて、その様子などものっていた。
そして、香港のインター校について書いてあるサイトがいくつか紹介されており、その中に私のサイトもあった。
普通は雑誌に掲載される場合は、E-mailかなにかで事前に連絡があると思うのだけれど、今現在、私は受け取っておらずまったく知らなかった。
そのうえ、URLがTopのページではなくMenuから紹介されており、なんだか気持ち悪い。前もって知らせてくれていたら訂正してもらったのに、そう考えると腹立たしい。
既にこの件に関してメールで問い合わせをしているのだけれど、返事はまだない。
[PR]
by junpei642 | 2004-10-28 00:31 | Education | Comments(0)

EAGLES!!!! Farewell One Live in Hong Kong(書き足しました)

ゆうべは待ちに待ったEAGLESのコンサート
ホンハム駅の大堂で7時半に待ち合わせだったので、結構余裕を持ってバスに乗ったのにも関わらず、めちゃくちゃ混んでいて開演時間8時ギリギリに待ち合わせ場所に到着した。
めちゃあせったよ。すんません。お待たせして
タイのコンサートのことが新聞にのっていて、そこでは開演がすごく遅れたと書いてあったのだけれど8時15分にいきなり会場の照明が暗くなって、あっという間にコンサートが始まった。この始まり方はちょっとびっくり。
1曲目はイントロを聞いたら誰でもわかる"Long Run"だ。
そうそう、席は588ドルのところにもかかわらずステージから結構近くて、メンバーが歌っているのを後ろから見ることになるのだけれど、それでもユーミンの時よりずっと良い席だった。
スクリーンもちょうど私たちの右手に大きいのがあってラッキー、ただし映像が左右ひっくりかえっており、メンバーみんなサウスポーになっていたのには笑ったけれどね。
2曲目、3曲目はホテルカリフォルニアから2曲ということで、"New Kid in Town"そして"Wasted Time"と続いた。
グレン・フライの優しいボーカルも素敵だけれど、ドン・ヘンリーの"Wasted time"は心に染み入るような気がしたよ。
今回のコンサートはグレン・フライが頑張っていたな。
その次は"Peaceful Easy Feeling"だったかな?もうこのあたりから曲目ははっきり覚えてないけれど、"I can't tell you why","In the city","Already Gone","Take it to the limit"などなど、この曲ドン・ヘンリーの曲やったっけ?と思った、"Boys of summer"(80年代って感じで懐かしいよ)そして"One of these nights"これまた最高でした。でもなんと言っても私が楽しみにしていた、Joe Walshの"In the city"は予想通り素晴らしかったな。ワッツァ~~プッ?
確かその後Breakに入って、次のステージはHell freezes over風で、メンバーがずらっと横並びで椅子に座っての演奏だった。これって目の前で見たかったなあ。
ドン・フェルダーがいないのが寂しかったけど、まあそういうのもあまり感じさせないぐらい楽しませてくれました。長い曲だけれどすぐにできたという"Lyin'Eyes"この曲はイーグルスの曲の中で一番かわいい曲だと私は思うんだけれど、とっても良かったよ。
そして"Tequila Sunrise"なんかがあったのかな?
私の大好きな"Love will keep us alive"も確か後半だったと思うんだけれど、これは涙ちょちょキレもんだ。Hell freezes...ではジョーがギターを膝の上にのせて、ギターに顔がひっつきそうな感じで弾いていたけれど、昨日は普通にやってたなあ。って立ってやってたからあたりまえか!
ティモシーは昔とちっとも変わっていなくて声も素敵で良かったよ。
その後、あまり知らない曲がいくつかあったけれど、どれもノリノリで楽しませてもらいました。Joe Walshがヘルメットかぶって、ちょっと酔っ払いみたいな感じで歌う、"Life's been good"はめちゃくちゃおもしろくて、最初の出だし"I have a manshion..."ってところを無理に音はずしたり、"They say I'm a crazy but I have a good time"ってところも上手にやってた。やっぱりJoeが一番!と思わせてくれる見所かな?
そして誰でも知っている""Heartache tonight"と"Life in the fast lane"でとりあえずおしまい。もちろんアンコールに続くわけだけれどね。
アンコールでやっと"Hotel California"登場
こっちはHell freezes overのホテルカリフォルニア風ではなく、もっとイントロの短いやつね。でもなかなかのりのりで、オーディエンスも共に大合唱状態。この時、他に何か曲やったっけ?
その次2曲はホーンセクションがおもいっきり目立っていて、グレンフライ踊りまくり、のりのりの2曲だったけれど、私にはなじみの無い曲でして、オリジナルセットリスト通りなら、"Rocky Mountain Way"と"All she wants to do is dance"だと思う。
つまりグレン・フライが踊ってたのはそういうわけなんだよね。
そしてまた引っ込んで、結局お待ちかねの"Take it easy"と"Desperado"が最後の最後だった。
出てくるのがわかっていても"Take it easy"と叫ばずにはいられない感じで、あのギターをジャンジャカかきならすなじみのイントロが出てきたときはほっとした。これまたみんなで大合唱。
"Desperado"はDonのボーカルにレスペクトしながらしんみり心行くまで楽しんだって感じ。
客たちはこれでもうおなかいっぱいって感じで幸せそうだったよ。
もちろん私も
帰りのバスの中、MDでHell freezes overを聞きながら、ああこの声の持ち主が今まで目の前にいたんだ~とうっとりしながら帰路につきましたわさ。
ああ楽しかった。

ハーバーフェストからこっち、香港でコンサートを見る機会が増えてきて嬉しい。昨日のEaglesの様子を見た感じでは、同じぐらいのバンドなら充分集客力があるんじゃないかな?
でも若い世代のバンドはどうかな?
難しいけれど、このままビッグな人たちがわんさかきてくれるといいな。
[PR]
by junpei642 | 2004-10-21 22:02 | Viva! Music | Comments(0)

かっくいい ギターのおじさん GEORGE LYNCH

今日はお昼の3時からビールを飲みながら、
かっくいい ギターおじさんのすんごいPlayを楽しんできました。
おじさんの名前はGeorge Lynch、LAメタルバンド Dokkenの元ギタリストで今はLynch Mobという彼のバンドを持っています。
別に彼のファンというのではなく、実はこの名前を知ったのはつい10日ほど前です。実家にいる間、時間があったのでメタルCDをむさぼり聞いていたときに、某掲示板でジョージさんの話題が出てきて、うちのCDラックの中にもこの人のCDがあったのでさっそく聴いてみたのです。で、今日ハードロックカフェでギタークリニックというイベントがあるよということで思い切って行ってきたのです。
曲のことはぜんぜん知らないので感動というほどのことはなかったけれど、どないなってるの?と思うぐらい早く動く指、ピックさばきといい、他のなんとかいうスキルといい、おじさんはこれをどうやってやればうまくできるのかわかんないよ。とクリニックの最中に返事に困っていたけれど、本当に難しそうなことを簡単にできるすごい人でした。ギターの知識がほとんどない私にはこんな風にしか書けないのでした。すみません。
とにかくギターのみのライブのあとで、ギターについての質問を受けるというのが今回のイベントのメインでして、その後にサイン会がありました。
私は実家からリンチモブのCDを持ってきたので、それについていたポスターと、今日新しく買ったCDと2箇所にサインをしてもらいました。そして並んで写真もとってもらって大満足!

香港にもツアーで来てくれると嬉しいんだけれど challenging placeと言っていたとおり、ここはああいう系の音楽不毛の地だもんね。ディープパープルの興行実績も参考にしているみたいでしたが、やっぱり無理っぽい?

まあ本人も見たことだし、最近ちょっとハードロックを聞いているので、リンチさんのCDをじっくり聞いてみようと思っています。
[PR]
by junpei642 | 2004-10-15 21:58 | Viva! Music | Comments(0)


香港...出会いと別れが頻繁におとずれるtransitoryな街で、Rock'n'Rollをこやしに生きています。若返りのマジックワードを心に今日も頑張る~~


by Junpei64

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
日々のつぶやき(日記)
食べる 呑む
Movie Review
Book Review
Viva! Music
Education
My sweet Tetsu
Medical topic
My Precious
香港おいしい一人飯
香港、中国
Girls Band Project
Hong Kong Indies
Japan!
英語の話

気になるブログ/サイト

お気に入りブログ

音楽、空間、好鐘意(大好き)!
Rock and Mov...
だるにーの脳ミソ
別館・我要的幸福
La Dolcé vita
Hachiの香港家計簿
アメリカナース日記
音楽の杜
sakuraのわがままエッセイ
エミリアからの便り
熊猫漫遊記
じゅんじゅんの香港日記
六福1☆
いつの間にか20年
こんな一日
ま、どうでもいんだけど
別冊・Hachiの香港ニ...
ミヤモーの戯言
中国茶徒然日記
フォンの野菜メニュー
香港*テクテク
おはな 山の中日記 ~北...
香港日々探検日記
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
lei's nihong...
憧れの地は香港
koedagaffe分店...
Made in Hong...
アジア暮らし

外部リンク

以前の記事

2017年 03月
2016年 09月
2016年 08月
more...

ブログパーツ

動画配信用ASPサービス

ブログジャンル

海外生活
50代

検索

タグ

(62)
(28)
(17)
(17)
(16)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)

人気ジャンル

ファン