カテゴリ:香港、中国( 286 )

広州のはなし

やっと落ち着いたので広州について書きたいと思います。

毎年2回行われるCanton Fair (広州交易会)というのに行ってきました。
お客さんを空港でピックアップしてそのままバスで向かっただんなにおくれること1日、
翌朝の直通電車に乗っていってきました。

直通電車って、昔はJR(というより国鉄)の地方へ行く汽車みたいな雰囲気で、
乗る度に雷鳥やら黒潮を思い出していました。
しかし、今はかっこいい2階建て特急みたいな車両が走っていて、そういう時代も終ったんだなと思っていたら、今でも国鉄の汽車みたいな車両も走っていることにすぐ気付きました。

私はわざわざ指定して、KTTという2階建てタイプの切符を買っておいてもらいました。
どうせ乗るならKTTよね。

b0080418_14233878.jpg


こんな感じで、後ろは全部1階2階にわかれています。
でも残念ながら私の切符は1階だった。
2階が欲しいと指定しておくんだった。

写真は撮っていないのでKCRCからお借りしました。
中はこんな感じ
b0080418_14251216.jpg

2列と1列のシートなので、1列側に座った私はかなりのんびりで、実を言うとすぐに寝てしまい、中でどんなサービスがあったのか一切覚えていません。
通路が広いので、いろんな食べ物、飲み物が売られていたように思います。

そうそう、KCRのホンハム駅 トイレが和式で嫌いだったのですが、マクドナルドなどレストランにもトイレがあることを発見 これからはこっちのトイレを利用したいと思います。

さて、広州駅東についた私は、リンファというところにある交易会の会場まで地下鉄で移動しなくちゃなりません。広州の地下鉄はこの半年の間に新しく開通した路線があり、リンファまでは今までどおり1回の乗り換えで行けるのですが、パージャウのもう一つの会場も迂回することなくとても行き易くなっていました。
3~4ドルほどで黒いプラスチックのコインみたいな切符を買って改札を抜けます。

こっちの地下鉄はMTRにくらべてより日本の地下鉄みたいです。

交易会については特筆することもないので割愛します。

ホテルは以前泊まったことのある郊外のホテルですが、見た目より部屋がきれいだったので私としては満足です。
マッサージパーラーまでタクシーで近いしいつも夜遅くまでマッサージしてもらうのです。

今回マッサージとは別に、ホテル裏に広がる地元の村にあるマーケットを散策してきました。

b0080418_14332913.jpg

これはスーパーマーケット この小さな村にしてはなかなかの規模ではないの?

b0080418_14343629.jpg

これは露天のビリヤード場です。こういうのはこれぐらいの規模の村でよく見かけます。
ビリヤードなのかスヌーカーなのかどっちかな?

本屋さんもありました。
日本の本屋も昔はこういうところあったよね。
b0080418_14363430.jpg


最後にホテルの隣にある士多(小さな店のこと)で見つけた奇妙な飲み物
b0080418_14383359.jpg

なんとコーヒーコーラです。
買って飲んでみましたよ。
まさにコーヒーとコーラを混ぜた味で、わりとコーヒーの味もくっきりで意外と飲めました。

さてもうおしまいのところです。
b0080418_14402142.jpg


この長いエスカレーターを上がったところが広州東駅から香港への直通電車の乗り場です。
昔と違ってめちゃきれいになっています。
そして帰りの電車はKTTではなくて、それより一つ落ちる列車でした。
b0080418_14415148.jpg


車内はまずまずOKでしたが、シートはやっぱりKTTのほうがよくて、
KTTみたいにぐっすり眠ることができません。
b0080418_14424150.jpg


でもまあ、こういう電車に揺られて 駅弁でもあったら最高の旅行気分に浸れるんだけど、
なかなかそういうわけにもいきません。
弁当あるんだけどね、もちろん中華なので気分が出ないのです。

広州市内はとても空気が悪くて息苦しくてたまりませんでした。
なのでまた半年先まで来ることはないでしょう。
[PR]
by Junpei642 | 2006-10-27 14:44 | 香港、中国 | Comments(2)

中国の宅急便

日常的に中国とやりとりをしている私、
最近はE-mailもあるし SkypeやMSNもあるので 中国との連絡がめちゃくちゃ簡単になりつつあってすごい便利さを感じる。

以前はE-mailをしてもなかなか返事をくれないところがほとんどで、
Faxがまだまだメジャーだったりした。
中国人もスピードという点にまだまだ目覚めておらず、E-mail,ファックスを送ってから数日すぎても音沙汰無しというところも多くてイライラしっぱなし!

しかし、いろんな点で中国もインフラが進み、最近ではE-mailを出すと数時間以内にほとんどのメーカーが返事をくれるし、中には「今後のやりとりはスカイプでしましょう」と言って来るところも結構ある。
何が便利かっていうと、欲しいものの写真をすっと送ってもらえることかな?
こっちが欲しいものの写真もあちらに簡単に送ることができて、何が欲しいかというのを間違いなく伝えることができることが嬉しい。

それよりここ最近すごいのは、中国の宅急便がものすごくシステマチックになって、
びっくりするぐらい確実に品物が届くことになったことだ。
うちはSF Expressという宅配便、こっちではCourier(クーリエ)と呼ばれるものを使っている。ここに頼むとたいていのものは翌日か遅くても翌々日には到着する。
サンプルを取り寄せるときも、「SF ExpressでFleight Collectで送って~」と連絡しておくと、8割のサンプルは翌日届くのだ。
つい数年前までは、サンプルを頼んでも遅々として届かず、何度もメーカーに問い合わせてクーリエ会社にトレースしたりしてストレスがめちゃくちゃたまった。
今はそういうストレスは0になったのだ。
SF ExpressはFedexやUPSみたいなかっこいいロゴのついたきれいなトラックやバンを何台も持っていて、それらの車を香港の街中でもよく見かけるようになった。急激に成長している証拠だろう。
なんといっても送料が30ドル(約450円)だし、郵便局のEMS(スピードポスト)なんかはもう使わなくなってしまったものね。

こうして中国もどんどん発展していくんだろうけれど、あと5年後はどんな国になっているのかな?広いから末端まですみずみ発展というのは難しいかもしれないけどね。

SF Express
[PR]
by Junpei642 | 2006-10-14 13:04 | 香港、中国 | Comments(4)

旺角へGo!

娘が私の目覚し時計を持っていってしまったので、
遊びも兼ねてモンコックへ行こうということになった。

夕食を済ませ、家から歩いて5分ほどのところにモンコック行きのミニバスがあるので、
そこからバスに乗った。
そしたら西トンネルを通って、ランガムプレイス近くの終点まで15分で着いたぞ!
めちゃくちゃ早い。

ミニバスの中に「ゲロするな!掃除代200ドル」と書かれていて、それを見ていたら気持ち悪くなってきた。でも絶対ゲロできへんな。

ネイザン道を南に向かってブラブラ歩いて、途中かっこいいTシャツやかわいい服をめちゃくちゃ安く売っているお店で、何枚かシャツを購入、娘に送ってあげる長袖のシャツもゲット
いっぱい5枚ぐらい買って200ドルやった。

少し歩くと義順があったのでほんとうに久しぶりに牛乳プリンを食べた。
冷たくておいしかった。
でもこれって牛乳嫌いな人は絶対食べられない味だなあ。


そして久しぶりに男人街へ行ってみた。
懐かしい光景だ。
今年はかわいいショートパンツのお店がいっぱい。あと帽子屋など

お目当ては目覚し時計
プーさんのかわいいのを25ドルで購入

明日日本に帰るのでお土産にTシャツも買った。

すんごい暑かったけど、あの辺りを歩いていると映画の中にいるような気がしてくるから不思議だ。
無間道でいきなり893がやってきてズドーンとやりそうな屋台とか、ほんと映画みたいやな。

実際それっぽいにいちゃんたちが店先でご飯食べてたりするしな。

たまにはこの界隈を歩くのも楽しい。香港サイドにいると忘れてしまうけど、あのあたりは私たちの香港生活の原点だから…

ほな、明日の早い便で帰ります。
[PR]
by Junpei642 | 2006-09-06 01:14 | 香港、中国 | Comments(3)

シンセンはハイエナだらけ

夕方からシンセンに行ってきた。

娘のProm用ドレス、私と娘の卒業式セレモニーに着ていく服を作るために行ってきた。
前回は適当にちっちゃな店に入ったので融通がきかなかったし、
今日はドレス専門の店にしてみた。
そしたら アメリカのProm用雑誌を出してきてくれて、こちらも妙に本格的になってしまい、
結局すごく凝ったドレスを注文してしまった。

娘は太いのでたくさん布を使うし、2年前は350ドルで作れたドレスが、今年は4倍になってしまた。以前は一枚の布だったけど、今年は3枚も使うし、振袖風にするとか言ってああでもないこうでもないとややこしいことを言いながらだったので、値段が上がってしまった。

私は適当に選んだワンピース
首のところが詰まっているタイプで、作りたいと思っていたイメージにぴったりだったのでまあいいか。

娘はスーツ
詳しくは見ていないけれど、私のにくらべたら断然派手なスタイルのスカートとそれにあわせたトップ こんな服着たらどんなになるのかな?黒だしいろんな服とあわせられそう。

前に比べてかなり予算オーバーになってしまったけど、どちらも太っており生地がたくさんいると言われたよ。
トホホ(>_<)

その後でマニキュアなどをやったけど、いろいろ理由があってハイエナお姉さんにたかられて大変だった。
でもさ、私やっぱりマニキュアはあかんわ。
塗ってもらっている最中に、爪が思わんところにくっついて汚れたりと落ち着き無いことはなはだしい。挙句の果てに唇についてしまい娘に思いっきりやじられた。
せっかくきれいにしてもらったマニキュアのほとんどが 既に数本の指がぐちゃぐちゃになっている。それに似合わないしねえ。

もう2度と金払ってマニキュアはしないな。
こんなことならシャンプーしてもらったほうが良かったな。

前にはインド系の女の子たち(バックパッカーのような)が三人やってきて、
足をリラックスさせたいと言いながら入ってきた。
ところが何を思ったのか 糸で無駄毛処理をしてもらっている。
その横では値切りに値切った結果、ワックスをはがすのに専門の用紙ではなく新聞紙ではがしてもらっている。
近所から「新聞紙でワックスしてるで~」とめずらしがられ人が集まってきていた。

私もハイエナのごとくいろんなサービスを売りつけてくるやつらに 「いらんっていうたら いらんねん」と何度も言わなければならなかった。
ほんまにしつこいやつらや。あれもこれも売りつけようとしてくるねん。

そんなんでちょっと気分悪い。

シンセンでのんびりくつろげる時代は終ったのか?

広州はその点 まだまだ安かったな。
[PR]
by Junpei642 | 2006-06-08 01:27 | 香港、中国 | Comments(6)

盛り上がる巴士阿叔+楽しいYou Tube

ヨウツベ…
最近この名で日本で大ブレイクしている"Broadcast yourself"といううたい文句でヒットしているYouTubeというサイトがある。

世界的にブレイクしているので、香港人もいろんな映像をアップロードしているみたい。
つい最近 香港で大ブレイクした「巴士阿叔」もその一つだ。

最初にスタッフに見せられたときは出回ってすぐだったので英語訳もなくてよくわからなかったけど、すんごい文句言いのおっさんだ。

だいたいでっかい声で電話しているおっさんはここには五万といる。
それも、デパ地下の魚や売り場のおっちゃんも顔負けのすんごいダミ声でかますので、
耳鳴りのように響き渡るのだ。
たぶんこのおっさんもそんな一人、あまりうるさいので後ろの若者が背中をトントンとたたいて注意したみたい。

それが運のつき、そこからおっさんが逆ぎれしてしゃべるしゃべる!
そして生まれたのが「未解決」という流行り言葉

奈良の騒音おばさんのふとんをたたくフラッシュみたいなのがいっぱい作られていて
それもまた楽しい。

私が初めてYouTubeを見たのは 外国人のブログを見ていて何気なく発見した懐かしい映像だ。そのタイトルは"Baby Octopus"
そう聞いて何を想像する?
とにかく私達世代にとってはすごく懐かしいはず。
見たい人はココ
ほんまに懐かしいでしょ。

他にも日本のおもしろい番組がいっぱいアップロードされていて、
暇つぶしにもいいみたい。と娘が言ってます。

確かにいろんな種類のビデオが見られてすごく楽しい。
でも勝手にアップして問題ないのかな?


ところで、ぜんぜん違う話ですが、
こんなニュース発見しました。
ラジオで同じ曲ばかり流れて、視聴者が聞き飽きてしまい放送しないことを決定したと言うへんてこなニュース
確かにJames Bluntの:"You're beautiful"は耳に着いてしんどくなってくる曲だもんね。
[PR]
by Junpei642 | 2006-05-30 18:27 | 香港、中国 | Comments(7)

偽札をつかまされた

この前 広州に行った時のこと…

ホテルのレストランで支払いをしようとしたら、
レストランのウエイトレスが数枚あった毛沢東のお札の中から一枚を引っ張り出した。

「これはだめ、偽物!」 
と言われ びっくり(@_@)

「どこが偽物やねん!説明しろ~」

そしたらウエイトレスがお札の触り方を教えてくれて、
ここが偽物はツルツルで、本物はざらざら、
「こうして触れば 暗いところでもわかるよ。」と言われた。

それを聞いただんなは、香港から両替して持ってきていた 毛沢東の赤い札をすべて出してきて一枚一枚調べ始めた。
こうして並べてみると すべて違うように見えるから中国のお金はややこしい。
最近出たのと、少し前のとで何かが違う。だからどれも偽物に見えてしまうのだ。
ウエイトレスもおもしろがって集まってきた。
キャーキャー言いながらお札をチェックしてくれた。みな知っているみたいだ。

しかし、たくさんあった札の中で偽物は最初に指摘を受けた一枚だけだと言われ一安心。

b0080418_1213514.jpg



これがそのお札 
上が偽物らしい。 毛沢東の着ている服を触ってみるとよくわかる。
上はツルツル、下はザラザラしている。
透かしの部分も、偽の方はあぶり出しみたいな感じで、薄く印刷されているように見える。

中国は偽札が多いため、お札にはコピーを防ぐ為の小技がはりめぐされている。
しかし、それがよけいお金を複雑にしており、どれもこれも偽札に見えてしまう。

翌日、メーカーの人に偽札を見せたけれど、「いやこれは本物やで」と言ってたぐらいだから、何がほんまなのかは不明。

使おうと思えば使えたけれどこうして香港まで持ち帰ってきた。

中国出張の多い人はこんな経験 日常茶飯事なのかな?
[PR]
by junpei642 | 2006-05-03 12:11 | 香港、中国 | Comments(6)


香港...出会いと別れが頻繁におとずれるtransitoryな街で、日本語を教えながら暮らしています。現在Kissing Fishというインディーバンドでベースを弾いております。ベースだけじゃなくてギター弾いて歌ったり、ドラムもたまにたたいたり、音楽とミュージシャンにかこまれ心豊かな日々を生きるパワフルおばちゃん!


by Junpei64

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
日々のつぶやき(日記)
食べる 呑む
Movie Review
Book Review
Viva! Music
Education
My sweet Tetsu
Medical topic
My Precious
香港おいしい一人飯
香港、中国
Girls Band Project
Hong Kong Indies
Japan!
英語の話
お化粧

気になるブログ/サイト

フォロー中のブログ

音楽、空間、好鐘意(大好き)!
Rock and Mov...
だるにーの脳ミソ
別館・我要的幸福
La Dolcé vita
Hachiの香港家計簿
アメリカナース日記
音楽の杜
sakuraのわがままエッセイ
エミリアからの便り
熊猫漫遊記
じゅんじゅんの香港日記
六福1☆
いつの間にか20年
こんな一日
ま、どうでもいんだけど
別冊・Hachiの香港ニ...
ミヤモーの戯言
中国茶徒然日記
フォンの野菜メニュー
おはな 山の中日記 ~北...
香港日々探検日記
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
lei's nihong...
憧れの地は香港
koedagaffe分店...
Made in Hong...
アジア暮らし
Lady Satin's...
Welcome to m...

外部リンク

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

ブログパーツ

動画配信用ASPサービス

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

タグ

(65)
(28)
(17)
(17)
(17)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)

その他のジャンル

ファン