カテゴリ:Education( 79 )

香港で英語の家庭教師をご紹介しています

インター校へ通っているみなさん
来週から新学期がはじまりますね。
こちらでは、学校の宿題、writingの指導などができる英語の先生を紹介しております。
短い間に単位取得など大変な状況にあるお子さんもたくさんおられると思います。
効率の良い学習法
慣れないコンピューター、コンピューターソフトの使い方
宿題の取り組み方
Musicでギターを始められるお子さんにはギターの先生のご紹介もさせていただいています。

もし先生をお探しの方おられましたら、まずはe-mail下さい。
簡単なレベルチェックをさせていただいた後、ご要望にあう先生をアレンジさせていただいています。

E-mail: juniper_dr24@hotmail.com
までご連絡ください。

香港で英語を学びたい方には、学校、英会話の先生のご紹介もできます。

よろしくお願いいたします。

インターナショナルスクール体験記 in Hong Kong
香港のインターナショナルスクールについて書いています。入学のためのアドバイスも行っております。

人気ブログランキングへ
ブログランキングです。クリックよろしくです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ今日もよろしくお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ベースへ
free counters

[PR]
by junpei642 | 2016-08-24 22:04 | Education | Comments(0)

香港のインターナショナルスクールへの編入どうですか?

旧正月が終わり、日本人学校からインターナショナルスクールへ編入されたお子さんがたくさんいらっしゃると思いますが、学校生活いかがでしょうか?

昨今の日本の中学校教育について私にはよくわかりませんが、授業の形態が日本人学校とまったく違っているのでとまどっているお子さんも少なくは無いと思います。

特に、インター校では早い段階から生徒一人ひとりに学校指定のラップトップが与えられ、すべての授業が学校のコンピューターソフトを介して行われるため、紙の配布などもなく、後でわからない点を確かめるのに時間がかかったりしていることと思います。

ですので、コンピューターの効率的な使い方を知っておくことは非常に大切です。
フォルダーを作って大切なファイルはあらかじめダウンロードしておくことで、インターネット環境の悪い場所でもあわてることはありませんからね。
画面上で宿題をこなしていくことは本当に難しいので、あらかじめプリントアウトしておくなどして、それからわからない言葉を自分でコツコツ調べながら作業をすすめていくことをおすすめします。

指定のコンピューターはメモリー数があまり高くないので、できることならmemory ramを追加してコンピューターのパワーアップをしておくとか、ソフトウエアを早く動かすためのソフトなどもネット上にころがっていますので、そういうのをインストールするなどしてコンピューターの環境を整えておくことも大切です。もしできるならややこしい作業はもっとスペックの高いコンピューターですることも可能です。あの小さい画面で作業をするのは疲れますからね。

私はインター校生と長くおつきあいしていますので、まだ英語に慣れないお子さんの宿題を手伝ったり、コンピューターソフトの使い方を教えたりしています。
こちらの宿題は、Websiteとして発表したり、特殊な音楽ソフトや動画編集ソフトを取り入れたりするため、学校の教科の内容を把握するだけでも難しいのに、さらにソフトを使うスキルまで覚えないといけないので本当に大変だなと感じます。
プレゼンテーション方式のアサインメント(宿題)も多いため、日本人になじみのパワーポイントが使えればいいのですが、そちらも最近ではGoogleのソフトがメインになってしまっていて、教える私も苦労したりしています。

もし英語力アップ、宿題のヘルプも含めて家庭教師をお探しの方がおられましたら、先生のご紹介をさせていただいていますのでお気軽にメールください。
私だけでなく、Native Speakerの経験のある先生から、海外で育って英語はNative しかし日本語できちんと教えられる先生、海外育ちの香港人の先生、インター校出身のNativeの先生など いろいろな先生がいますので、ご希望に沿えるかと思います。

その他には、ギターやドラム、ピアノなどの楽器のTutorの派遣もしております。

詳しくは juniper_dr24@hotmail.com までお問い合わせください。
よろしくお願いいたします。

b0080418_13292308.png



香港のインターナショナルスクールについて書いています。入学のためのアドバイスも行っております。

人気ブログランキングへ
ブログランキングです。クリックよろしくです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ今日もよろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ ベースへ

free counters

[PR]
by junpei642 | 2016-03-16 13:35 | Education | Comments(0)

香港のインター校編入の時期が近づいて来ました

もう12月も2週目が終わろうとしていますが、一年は早いもんですね。
どんどん早くなるような気がします。

クリスマス、お正月が過ぎれば日本人中学では国内受験の時期に突入して、
香港でインター校にすすむ中学生たちはインター校での学校生活が始まることと思います。

私はこの数年 インター校に通うお子さんに英語指導をしていて学校のカリキュラムの内容についてもいろいろと勉強することができました。

英語力が十分無い子たちはもちろんESLに入ることになるのですが、ESLと言っても日に1時間ほどのことで、それ以外の科目はレギュラー生と一緒に学ぶことになるので、英語がわかっていても、わからなくてもとりあえずは普通にカナダの子供たちが取り組んでいる科目をやることになります。

宿題だけでも日々3つぐらいはこなさなければならず、作文を書く、計算問題を解く、文章題を解くなど、日本的な宿題とは程遠く、自分で分析して書き上げた課題を、ポスターにしたり、Websiteにしたり、Googleのソフトでプレゼンの資料を作ったり、時には作曲したり、本当にさまざまなやり方で宿題を提出させなければならないので、インター編入前にコンピュータースキルをつけておくことは大切だと思います。

デリアスクールでは、うまく学ぶためのスキルを身につける教科があって、そこでやらされる宿題を紹介したいと思います。

b0080418_22085477.jpg
これは、電話をかけている間などに、メモ帳にいたずら書きをしてしまうことがあると思うのですが、
そのいたずら書きを分析して、これを書いた人がどういう人なのかをエッセイにする宿題です。

b0080418_22084931.jpg
Doodle Dictionaryを見ながら読み解くのですが、別に自分なりに分析してもたぶんそれは自由で、それほど決まりは無いのですが、文字数を指定されることも多々あり、時には書く事が無いってこともあったりで、こういうのを何度も経験することで、もう少し上の学年になったときに効率的に取り組めるように鍛えてもらえるのだと思います。

思考法などが日本人と違うなと言う事も多く、学校に慣れるためにはしばらくNativeの英語の先生をつけるなどした方が、後々楽になるかなと思います。

最初はみなさん本当に大変な思いをされるのですが、
1年たち、2年たち、そのうち今までできるはずがないと思っていたことができるようになり、
一気に伸びる日がやってきます。そのお手伝いをさせていただけるのは本当に楽しいと思います。

香港のインター校編入したてのお子さん向け英語家庭教師の斡旋をしています。
現在、インター校出身のイギリス人家庭教師(男性)
小学校から大学までイギリスで教育を受けた香港人家庭教師(女性、日本語を話します)
アメリカ人英語教師(大学でwriting専門に教えてこられた先生)
カナダで教育を受けた香港系カナダ人
などなど、先生をそろえておりますので、興味ございましたらお問い合わせください。
小学校~高校生、主婦の英会話指導までご要望にあわせて先生を紹介させていただいています。
juniper_dr24@hotmail.com までメールください。
12月、1月と先生ご紹介料を20%ディスカウントしています。
是非お気軽にお問い合わせください。

インターナショナルスクール体験記 in Hong Kong
香港のインターナショナルスクールについて書いています。入学のためのアドバイスも行っております。

人気ブログランキングへ
ブログランキングです。クリックよろしくです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ今日もよろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ ベースへ

free counters

[PR]
by junpei642 | 2015-12-11 22:24 | Education | Comments(0)

インターナショナルスクールの授業っておもしろい

インターナショナルスクールに通う中学生と高校生の宿題のお手伝いをしているのですが、それを通して授業の内容がいろいろと見えて来ました。
英語が苦手な子は普通ESLに入るのですが、単位を取る学年になるまでは、
ESLと言っても、毎日1枠のみの授業で、あとの教科はレギュラー生と一緒に学ぶのが普通です。
そうなると、それらの教科に関しては英語ができない子優遇というのは存在せず、
宿題やProject関連も期日どおりに提出しなければいけないのです。

現在学期末なので提出物も多く、それを通して私も楽しくインター式お勉強法にふれることができました。

特にこの学期末のプロジェクトはコンピューターソフトを使ってやるものが多くて、
非常に楽しかった。
今はインターネットでできることがかなり増えているので、娘のときのように専用のソフトを買うとかダウンロードする必要もなく、高度なものが作れるようになっているのです。

たとえば、プレゼンは今までパワーポイントを使って作るのが一般的でしたが、今は
Powtoonというサイトで簡単に作れるのです。

b0080418_20343647.jpg
このようなサイトなのですが、好きな形を選んでロードするだけで、

b0080418_20344542.jpg
あとはこのように自分で言葉を入れて行き、いろんなアレンジもクリック一つでできるという優れものなのですよ。
それでもPCの扱いにそれほど慣れていない日本の子はこういうソフトを使うのも結構大変だったりするので、インター校編入をお考えの方は、日ごろからお子さんにコンピューターをどんどん使わせてあげてください。
このサイトは日本語バージョンもありますが、基本使うのは英語サイトですので、そこから英語も学べますが、使いこなせるまでは少し時間を要すかもしれません。

ただ、このようなソフトは操作面で昔ながらのソフトと同じものがたくさん存在するので、
Website作成経験のある私にとってはそれほど難しくは無いのです。
娘もいろんなソフトを使っていたけれど、6歳からコンピューターさわっていたので、こういうのを教えたことはまったくなかったです。なので、コンピューターに慣れておくことは大切だと感じます。

他にはビデオ編集、音声、音楽をつけたりするソフトなども使います。
そちらは昔やっていたことがあるとはいえ、それほど得意ではなく、教えるのには苦労しましたが。。。

また気がついたことがあれば書いて見たいと思います。
参考になると良いのですが。

英語、インター校に不慣れなお子さんの英語、宿題のサポートもしていますので、先生お探しの方おられましたらご一報ください。(香港で)

香港で英語の家庭教師の派遣をやっております。
ピアノ、ギター、ドラムなどの先生の派遣も可能です。
興味ありましたらまずはメールでお問い合わせください。
juniper_dr24@hotmail.com まで

フランス人のお友達がWanchaiでMusic Schoolをやっています。
子供から大人まで、ギター、ベース、ドラム、パーカッション、ボイストレーニング
教えていますので、興味ございましたら上記メールアドレスまでメールください。






インターナショナルスクール体験記 in Hong Kong
香港のインターナショナルスクールについて書いています。入学のためのアドバイスも行っております。


人気ブログランキングへ
ブログランキングです。クリックよろしくです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ今日もよろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ ベースへ

free counters

[PR]
by junpei642 | 2015-06-23 21:01 | Education | Comments(0)

香港 インター小学校受験 No.1

過酷な香港インター小学校受験事情について、今日から少しずつ書いて行きたいと思います。

早めにインター幼稚園に入った場合は、受験するころには英語力も十分ついてESFやJISをねらえますし、
その他のインター校の選択肢も広がります。
しかし、どこも学費が高く、面接に受かっても多額の入学金を入れないことには席を押さえておくことができないところもあり、昔に比べて厳しいなとつくづく思います。

ESF Deposit 10000ドル + Refundable Capital Levy 25000ドル 年間学費74,100ドル
JIS Non refundable capital levy 14,000.- per annum 年間学費88,350ドル
Anfield School 年間学費108,000ドル

こんな感じですね。
他にもインター校はたくさんありますが、どこも結構高額です。

あまりにも高すぎるとお考えの場合は、半官半民のインター校もありますので、
そういう学校を選ぶことで授業料は抑えられるかと思います。

たとえば
Po Leung Kuk Camoes Tan Siu Lin Primary School 年間学費14,800ドル
Maryknoll Convent School 年間学費3,500ドル (この学校は政府の学校です)
SWCS YMCA of HK Christian School 年間学費60,000ドル
といった感じです。

どこも簡単には入れません。政府の学校は政府が定めたPrimary 1入学スキームに入っているところもあるので、
そのシステムにのっとってお受験手続をする必要があります。
SWCSはYMCAの学校ですので、YMCAの幼稚園に入れておくことで入学しやすいなど、いろいろ技はあります。

次回はこのような学費が安めのローカルインター校について書きたいと思います。

どの学校に入れるにせよ、早めに小学校受験に強い幼稚園にいれておくことは大切だと思います。

香港で英語の家庭教師の派遣をやっております。
ピアノ、ギター、ドラムなどの先生の派遣も可能です。
興味ありましたらまずはメールでお問い合わせください。
juniper_dr24@hotmail.com まで

フランス人のお友達がWanchaiでMusic Schoolをやっています。
子供から大人まで、ギター、ベース、ドラム、パーカッション、ボイストレーニング
教えていますので、興味ございましたら上記メールアドレスまでメールください。




インターナショナルスクール体験記 in Hong Kong
香港のインターナショナルスクールについて書いています。入学のためのアドバイスも行っております。

人気ブログランキングへ
ブログランキングです。クリックよろしくです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ今日もよろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ ベースへ

free counters

[PR]
by junpei642 | 2015-04-03 21:25 | Education | Comments(0)

インター小学校お受験シーズンですね

小学校からこちらのインター校に入る場合は、英語ができない子供を受け入れてくれる、ESLのある学校しか選択肢は無いのですが、2歳、3歳ぐらいでこちらに来られたお子さんは、選ぶ幼稚園次第で、少し上のインター校に入るチャンスが出てきます。

ちょうど、9月に願書を出して、早いところだと12月ぐらいから小学校受験が始まるので、きちんと準備すればESFの小学校やJapanese International Schoolを狙うこともできますね。

こちらの子供たちは2歳になる歳から幼稚園に通うことができます。
おむつがまだ取れていなかったり、本当にこの前生まれたばかりなのにと思う子でも幼稚園に通う姿を見ると、
香港で教育を受けるのは大変だなとつくづく思います。

良いインター校を目指すのなら、そのインター校に児童をたくさん入学させているインターナショナル幼稚園を選ぶのが一番と思うのですが、実はそういう幼稚園は人気なので、幼稚園受験から始めなければいけない場合もあって、
なかなか大変だと思います。そしてイギリス系の学校ですと、P1 つまり1年生が4歳ぐらいから始まるので、勉強の準備がまだまだな状況で学校に通い始めることになります。ほんと見ていて大変です。

去年もここで紹介しましたが、学校情報がすべてのっている英語雑誌を今年もゲットしました。
b0080418_01064259.jpg
学校のカリキュラム、生徒数、先生数、学費など、最低限の情報はこれで得られます。
チラッとしか見ていませんが、海外から新しい学校が続々とオープンしているみたいです。
高いので一般人は入れないような学校ばかりですけどね。

インター系幼稚園、小学校、ローカルインター小学校などなど、予算や将来の進む道に対応していろいろ選択肢ありますよ。
しばらく、そういう話題を書いて行きたいと思います。

香港で英語の家庭教師の派遣をやっております。
ピアノ、ギター、ドラムなどの先生の派遣も可能です。
興味ありましたらまずはメールでお問い合わせください。
juniper_dr24@hotmail.com まで


インターナショナルスクール体験記 in Hong Kong
香港のインターナショナルスクールについて書いています。入学のためのアドバイスも行っております。

人気ブログランキングへ
ブログランキングです。クリックよろしくです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ今日もよろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ ベースへ

free counters

[PR]
by junpei642 | 2015-02-12 01:11 | Education | Comments(0)

インター校に編入のためのコンピューター知識

インター校に入ると必ず必要なコンピューターについて少し前にブログに書きましたが、編入前にこれぐらいは準備しておいた方がいいかなと思う点について書きたいと思います。

1.お子さん専用のコンピューターを早めに与えておくこと
インター校に入ってからいきなりコンピューターに触れるということになると、本当に大変ですので、
そのような予定がある場合は、早めにコンピューターを与えておいて、せめてタイプに慣れ親しんでおくことが必要と思います。ESLの宿題もオンラインのゲームなどが導入されていますので、最低限の使い方を学んでおいても損はありません。

2.グーグルなどを使って何かを調べる習慣作り
もちろんお子さんに与えるためには、いろいろなルール作りが必要と思いますが、自由にさせておくことで知らない間にコンピューターの使い方がうまくなることと思います。
インター校では、今学んでいる内容にちなんだ事をリサーチして、一つのプロジェクトを完成していく宿題がかなり多いです。その結果で成績がつくということもあります。そのためにGoogle, Yahooなどの検索エンジンを使って下調べをする方法も早めに教えておいたほうが便利です。

3. ディフォルトで入っている画像処理ソフトの活用
できればPhotoshopなどがあればもっといいのですが、無い場合はWindows, Macに入っているディフォルトのアプリケーションをいろいろ使ってみることで学ぶことがいろいろあると思います。
自分で資料を集めて、それをEditしていくにあたって、画像処理ソフトは必須だと思います。

4. 簡単なWeb designのソフトで遊ばせる
Website形式で宿題を提出ということも多々ありますので、Web designソフトが入っている場合は、それも結構役に立つと思います。

5. Power Point!!!!!!
プレゼン形式の授業も多いですので、プレゼン用にPower Pointは大活躍します。
ですのでPower Pointもお忘れなく!!!!

6. Word, Excel も使う頻度はかなり多いはず。Wordで何かを作って、それを保存していく方法、数ある大事なファイルを整理するためのフォルダーの作り方。簡単なPC知識を教えておくのも大切です。
子供は放っておいても自然と覚えると思うんですけどね。

7. 辞書機能、辞書サイトの活用
インター校の授業には、文章を読むというのがつきもので、英語の時間に与えられる文章の量、長さは半端ではありません。教科書にのっているもの、1冊の本として渡されるもの、そのほとんどのPDFファイルがインターネット上にあります。それらを読むときに、本当はちゃんとした本の辞書で調べるのが一番いいとは思いますが、手間をはぶくために辞書サイトはかなり役にたちます。インターネット上には優れた辞書サイトがいろいろあります。
辞書はiPad, iPhone用のアプリにもいろいろありますので、こちらを使うのもおすすめです。

7. 家でのwifi
学校から至急されるPCはラップトップです。家のどこにいてもwifiが使える環境整備も大切かと思います。

ちょっとの工夫でお子さんの学習環境がよくなるのはいいと思います。

今思いついたのはこれぐらいですが、お役に立てればと思います。


インターナショナルスクール体験記 in Hong Kong
香港のインターナショナルスクールについて書いています。入学のためのアドバイスも行っております。人気ブログランキングへ
ブログランキングです。クリックよろしくです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ今日もよろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ ベースへ
free counters

[PR]
by junpei642 | 2015-02-10 22:34 | Education | Comments(0)

香港でインター校に編入するにあたって絶対知ってもらいたいこと

今日は、インター校に編入する中学生、高校生だけではなく、小学生にも匹敵するのでタイトルを変えました。
しかし、私もすべての学校を知っているわけではないので、あてはまらない学校もあるかもしれませんが、
形は違うけれど、大半の学校が似たようなシステムを持っているということは理解してもらえたらと思います。

それはコンピューターがきちんと扱えるかということです。
日本でも小学校からコンピューターを使って授業を行っているところがあるのかもしれませんが、
すべての教科がコンピューターに直結している学校は少ないと思います。

小学校から高校までインター校で過ごし、2年ほどカナダの大学で学び、その後、日本の私大に入った私の娘は、
大学のコンピューター環境の悪さに唖然としたと言っていました。結構有名な私立大学でさえ、そんな状況なので、
まだまだ教育の現場でコンピューターは重要ではないってことなのでしょうね。
ソフトウエアの形は違いますが、娘がSecondaryに入ったとき、ESFは既に似たようなシステムがありましたし、
たぶんどこの学校でも同じようなものがあると思います。
うちの場合は、自分のPCからアクセスできるようになっていました。

話戻しますが、これは英語ができない生徒がまず入るであろうインター校のシステムです。

b0080418_14090886.png
低学年はわかりませんが、小学校5年でインター校に入った子 G6だと思いますが、学校の教育システムが入ったコンピューターを購入させられました。
最新のシステムはWindows 8が入ったラップトップです。ここに学校の教育システムソフトウエアが入っていて、
すべての教科の宿題や本来紙で配られるはずの授業の資料も、ここからダウンロードして、自分のPCに保存しておくシステムになっています。もちろん個人のアカウントもあります。
時間短縮するためには、PCに保存しておくことが大切なのですが、そもそもコンピューターの使い方がわからない子供ですと、それすらもわからず、一回一回 インターネットでこの学校のアカウントにアクセスしてファイルを開いたりするので、時間がかかって仕方が無いということになります。

そのG6に入った子がつぶやいたのですが、すべてがオンラインでアクセスしなければいけないので、紙が無いので不自由だと言っていました。もちろん保存してプリントアウトして残しておくことも可能ですが、そこまで気が回らないのだと思いました。

自分のクラスアカウントをチェックして、自分の学年の自分のクラスの各教科の今日の宿題とその提出日を調べることができます。
そこを毎回チェックすることで、英語ができず宿題の内容がわからなくても、とりあえず何をするのかを見つけることができるのです。

ESLも宿題があるのですが、G8にいるお子さんですが、この子はESLにアクセスしてゲーム形式でグラマーが学べるものをやっていました。どんどんやりすすめることで、ESLのレベルも上がっていくシステムになっていましたが、結局意味がわからず答えていたりするので、誰かにその内容を聞いて理解していくことは大切だと感じました。

宿題提出もすべてオンラインなので、Wordに書いた自分のエッセイを先生に送ってチェックしてもらったり、使い方は人それぞれだけど、最低限のコンピューター知識は必要なのです。

ここでコンピューターわからない!!!で英語だけでなく、コンピューターアレルギーになってしまわないためにも
いろんな準備が必要と思います。

次回はインター校で困らないためのコンピュータ知識について書いていきます。

香港で英語の家庭教師の派遣をやっております。
ピアノ、ギター、ドラムなどの先生の派遣も可能です。
興味ありましたらまずはメールでお問い合わせください。
juniper_dr24@hotmail.com まで

インターナショナルスクール体験記 in Hong Kong
香港のインターナショナルスクールについて書いています。入学のためのアドバイスも行っております。

人気ブログランキングへ
ブログランキングです。クリックよろしくです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ今日もよろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ ベースへ

free counters

[PR]
by junpei642 | 2015-02-07 14:29 | Education | Comments(0)

やはり中学生からのインター校編入は厳しいな No.2

香港のインター校に入るとまずはESLクラスに入って、基本的なことを学ぶと思いますが、
小学生の間はまだしも、中学生のESLのクラスは結構大変です。
私が子供たちと接していて、大変だなと思うことは、ある程度の学年でも英語、アルファベットに慣れ親しんでおらず、英語を読むこと、書く事に大変苦労するお子さんが少なからずおられるということだ。

なので、できれば駐在員の家庭とかでなくても、子供のころから、英語の絵本を与えるとか、Phonicsにふれさせるとかして、準備をすることは大切かなと思います。CDでお話を聞かせながら、本も一緒に見るというのは幼少期からできます。

b0080418_23532408.jpg
これ、小学校高学年でやるScienceですが、
Photosynthesis, Chlorophyllって何のことかわかりますか?それぞれ光合成、葉緑素のことです。
小学校で習いますね。でも英語で覚えろとなると大変だと思うのです。
でもアルファベットの組み合わせの音がなんとなくわかっていれば、そんなに大変ではないのですよ。
だから英語をたくさん見せておくことは大切なのです。

私も中2の夏までは英語がぜんぜんわからなかったのですが、中2の夏に出会った家庭教師の先生のおかげで、それまでの英語はすっきりと理解できるようになり、後は苦労することなく英語の世界に入って行けたのです。
その時、楽だったのは、スペルを覚えたり、英語を読んだりすることに何の苦労もしなかったからです。

それはなぜかと言いますと、英語はさっぱりわからなかったのですが、調べようともしなかったのですが、
Beatlesの歌を歌詞を見ながらやみくもに歌っていたのです。

b0080418_23581833.jpg
これCDですけど、これのレコードが家にあったのです。
そしてレコードの袋が真っ赤でこの写真のように歌詞が印刷されておりまして、それを見ながら1曲1曲何度も歌ったのです。だからyesterdayって言葉に出会ったときも、すぐに読めたし、実はその時昨日って意味だと初めて知ったわけです。
all my troubles seemed so far away 聞こえたとおりに歌っていただけです。それだけで読めたし、書けた。そんな感じ。
troubleなんてわりと難しいけど、難しいとも思わず、そんなものだと思っていたんですよ。
英語のグラマーを習いながら、そのうち歌詞の意味もわかって行くのでした。
まあ、基本的なことは、家庭教師の先生に叩き込まれたので、それは感謝しています。

これも一つの英語に親しむ方法だと思います。

親が子供に押し付けるのではなく、子供自らが触れてくれた方がいいにきまってますが、
もし、お子さんが英語に苦労してみたならば、取り入れてみてください。
いつかインター校編入なんてことになったとき、soft landingできるやもしれませんからね。

追記になりますが、ESLクラスは普通の生徒が通常の英語をとっている間に受ける英語クラスであって、
それ以外の教科はレギュラー生と一緒に学ばなければなりません。
Secondaryからの編入の場合は、最初にESLばかりをとるみたいですが。。。

次回は、ものすごく大切なことを書きます。
インター校に入ってからのことです。ではでは

香港で英語の家庭教師の派遣をやっております。
ピアノ、ギター、ドラムなどの先生の派遣も可能です。
興味ありましたらまずはメールでお問い合わせください。
juniper_dr24@hotmail.com まで

インターナショナルスクール体験記 in Hong Kong
香港のインターナショナルスクールについて書いています。入学のためのアドバイスも行っております。


人気ブログランキングへ
ブログランキングです。クリックよろしくです。


にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ今日もよろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ ベースへ
free counters

[PR]
by junpei642 | 2015-02-05 00:09 | Education | Comments(0)

やはり中学生からのインター校編入は厳しいな No.1

LoGのギター P氏は某インター校の教師である。
そんなP氏を通して、この1年とちょっとインター校の英語について話すことがいろいろあったのと、
実際、インター校に大きくなってから編入した子と接することが多かったこの2年 いろいろと学ぶことができました。

やはりインター校編入するなら、小学生の間がいいかなって思った。
まだ頭が柔らかいから、新しい言葉を習得するのに、そんなに垣根高くないから。
しかし、中学でこっちに来た場合は、高校受験があるからいろいろと大変。
高校受験にかかる塾代とか、受験合宿とか結構大変だしね。
親の赴任が長引くとか、滞在期間が短すぎて帰国子女枠受験できないとかで、結局インター校に編入を決める方も多いのでしょうね。

それに、せっかく海外にいるのだし、英語だけでもマスターしてもらいたいという望みもつきもの。
その心情 よくわかります。

そうそう、その上の状況でわかったことは、中学生以上の学年でインター校編入を考えるのなら以下の点に留意していただきたい。

1.国語ができるかどうか?
実は、第二外国語を学ぶにあたって、自分の言葉、つまり日本語(国語)ができるかどうかというのは非常に大切なのです。
小さい子みたいに、体で言語を覚えられない年齢では、英語もまたインター校に通うからと言っても例外ではなく、理論から入るしか無いのです。なので、いかに自分が言いたいことを日本語できちんと組み立てられ、今学んでいることをきちんと日本語で頭の中にしまえるかということが、習い始めでは大切なのです。
ですから、小学生の間 作文を書くのに非常に苦労していた。国語の成績が芳しくないという場合は、インター校はあまりおすすめできないのです。

2.当然のことですが、中学に入って英語が好きだったかどうか?
いろんな学年の方がおられると思いますが、中学で英語の成績が良くて、何の問題もなく中学英語をこなせているかどうか。
それも大切だなと感じます。中学で学ぶグラマー、動詞、形容詞の数、フレーズ、総単語数 どれを取っても、実にわずかなのですが、それをきちんと理解できているかどうかで、インター校に入ったときに溶け込み方が違うのですよ。
もう全然わからなくて、何をやっているかさっぱりという場合は、インター校に入ってからも必ず苦労すると思います。

3.本が好き?
インター校の英語の授業って、ものすごい量の本を読まされます。
一つのチャプターを理解できないと、次に行くともっとつらい。日ごろから本が好きで、お話の中に入り込めて、
お話についていくらでも話ができる子供なら、たぶん少々英語ができなくても、ひょっとしたら大丈夫なんじゃないかと思います。

b0080418_20224558.jpg



なんか、長くなると読みにくいですよね。
他にもいろいろ思うことはあるものです。
続きはまた明日かあさってにでも。


インターナショナルスクール、日本人学校に通うお子さんのための、英語Tutorの派遣をしております。
英語の先生だけでなく、ピアノ、ドラム、ギターの先生の派遣もできますので、お気軽にお問い合わせください。
juniper_dr24@hotmail.com まで





インターナショナルスクール体験記 in Hong Kong
香港のインターナショナルスクールについて書いています。入学のためのアドバイスも行っております。人気ブログランキングへ
ブログランキングです。クリックよろしくです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ今日もよろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ ベースへ
free counters

[PR]
by junpei642 | 2015-02-03 20:24 | Education | Comments(0)


香港...出会いと別れが頻繁におとずれるtransitoryな街で、日本語を教えながら暮らしています。現在Kissing Fishというインディーバンドでベースを弾いております。ベースだけじゃなくてギター弾いて歌ったり、ドラムもたまにたたいたり、音楽とミュージシャンにかこまれ心豊かな日々を生きるパワフルおばちゃん!


by Junpei64

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
日々のつぶやき(日記)
食べる 呑む
Movie Review
Book Review
Viva! Music
Education
My sweet Tetsu
Medical topic
My Precious
香港おいしい一人飯
香港、中国
Girls Band Project
Hong Kong Indies
Japan!
英語の話
お化粧

気になるブログ/サイト

フォロー中のブログ

音楽、空間、好鐘意(大好き)!
Rock and Mov...
だるにーの脳ミソ
別館・我要的幸福
La Dolcé vita
Hachiの香港家計簿
アメリカナース日記
音楽の杜
sakuraのわがままエッセイ
エミリアからの便り
熊猫漫遊記
じゅんじゅんの香港日記
六福1☆
いつの間にか20年
こんな一日
ま、どうでもいんだけど
別冊・Hachiの香港ニ...
ミヤモーの戯言
中国茶徒然日記
フォンの野菜メニュー
おはな 山の中日記 ~北...
香港日々探検日記
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
lei's nihong...
憧れの地は香港
koedagaffe分店...
Made in Hong...
アジア暮らし
Lady Satin's...
Welcome to m...

外部リンク

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

ブログパーツ

動画配信用ASPサービス

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

タグ

(65)
(28)
(17)
(17)
(17)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)

その他のジャンル

ファン