カテゴリ:Medical topic( 5 )

女性ホルモンはやっぱり脳が出すんだろうね

先週はムンムンと暑くてめっちゃしんどい気候だったけど、
今週は日中は暑いけど過ごしやすいねえ。

達人さんがこっちに着いたころ、私は体調が最悪に悪くてすんごいしんどかった。
先々週娘が日本に帰ったその日から、原因のわからないおなかの調子の悪さに悩まされていて、
食べたら出る!みたいな感じで体力がどーんと落ちていたのでした。

体はだるし、足は重いし、どうしようもない感じ。
今はそれがすっかり無いので、やっぱり先週は体調が悪かったんでしょうね。

ひょっとして更年期の一つの症状?と疑っていたとき、
タイミングよく アサイチで女性の体の悩みについて取り上げられていた。

なんでも女性が一生のうちに分泌する女性ホルモンってスプーン1杯ぐらいなんだってね。
信じられないね。
そう考えると、ニューハーフの人たちが女性ホルモンを注射したりするのって何?と思ってしまう。

それでもそれがまったく分泌されなくなると、女性の体ってえらいことになるみたい。
検査をして、いろんなホルモン値みたいなものを計ってもらって、
足らない人は薬をのむなどして対処することで、ひどい更年期の症状を軽減できるみたい。

でもこの薬は血液を固まらせる作用もあるようで、タバコを吸っている人や、
心臓に問題のある人はのめないらしく、その場合は皮膚から吸収する方法もあって、
いろいろすすんでいるんだなって感じ。

私は今のところ、病院にかからなければならないほどしんどくは無いので大丈夫だけど、
やはり何歳になっても、女性は女性らしく、適度な心の刺激と、健康的な性生活を営むことで、
このホルモンの分泌を維持できるのではと思うようになってきた。
あくまでも体のすべてのことは脳が指令しているわけだから、
たとえば、妊娠できる間はSexという行為を持つことで、この体はまだまだ妊娠できると脳が思い込んで、
その結果、より女性ホルモンが分泌され、更年期などの症状をやわらげてくれるのではないかという事だ。
あくまでも私のセオリーだけどね。

だからこそ、年齢が閉経に近づいてきても、好きなことにうちこんだり、何かに対して明るい気持ちで接するとか、好きな歌を聴いて心ときめかせるとか、極端な話、誰かに恋をするなど、思いっきり女性である自分を刺激することが必要なのかもしれない。
実際結婚している私たちは、物理的にも精神的にもそういうことができなくなっていくわけだから、ますますホルモン分泌量は低下していくわけだ。
薬など外部から取り入れることで改善するけど、自らの体の中でコントロールできれば一番いいのにね。
人間というのはそういう意味でやっかいだな。

そういや、ゆうべSongsという番組に松田聖子が出ていて、
彼女の特集の2週目だったわけだけど、
彼女なんて、私より二つ上とはまったく信じられないぐらいつやっぽい。
声もよく出ていて、同世代の元アイドルとは違うよね。
好きなことしている女性=ホルモン出しまくりを証明しているみたい。


それにしても、数々の彼女のヒット曲
今も色あせません。
胸がキュンとする歌詞の多くは松本隆さんの作詞
そして歌いにくそうなメロディーはほとんどがユーミン
その他有名なシンガーソングライターの曲がほとんどで、
しばし彼女の世界にはまってしまいました。

Viva 松田聖子!
Viva 中年女性である。





にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
今日も応援のポチリお願いします。多謝!


人気ブログランキングもよろしく


free counters
[PR]
by Junpei642 | 2010-05-29 01:20 | Medical topic | Comments(15)

急性喉頭蓋炎 "Acute Epiglottitis"

今日は大変でした。
昨日からだんなは体調が悪く、のどが痛くて仕方ない様子でした。
しかし、昨日はなんとか食べ物はのどを通る状態だったのですが、
今朝起きると、水も飲み込めない状況になっていました。
熱も少しあったので、扁桃腺でもはれているのかなと言っていたんですよ。

でも水が飲み込めないなんてちょっとおかしいのでネットで調べたら
急性喉頭蓋炎という病気がたくさんヒットしました。

気管に食べ物や飲み物が入らないようにするための蓋が、
風邪などで炎症を起こし、ひどくなると気道をふさいでしまってあっという間に窒息死するらしく、
この症状を見落とした医者や病院に訴訟問題まで起きていると書いてありました。

まさかそんな怖い病気じゃないと思うけど、窒息死されても困るので、
4時ごろうちの近所にあるホームドクターに行くことにしました。
でも、このドクターは既にクローズしていてなかったんです。
そして、別のドクターもありません。
今となればそれが良かったみたいで、公立の総合病院にタクシーで行くことにしたんですよ。

症状をつげて、熱をはかって、待つこと2時間ほど、その病院に勤める私の知り合いが、
カルテの中にだんなの名前を見つけてあわてて飛んできてくれました。
その後はすぐに名前を呼ばれました。

ドクターにこれまでの様子を説明すると、すぐにのどのレントゲンをとるように指示してくれました。
実は口から見る限り、飲めないほどのどが腫れていないわけですよ。
レントゲンを取って待つこと5分、再度名前が呼ばれドクターにこう言われました。
「のどの奥のところに問題があってね、窒息死の可能性もあるからすぐ入院してね。」
私の友人も急展開にびっくり。
そして、「ごめんね。入院だって。それもチャイワンの病院なの。」
チャイワンの病院に行かないと専門の科が無いのが理由。

でも私はドクターに調べた病名をメモした紙を見せて、
「ありがとうございます。この病気の可能性があるんですね。一番心配していたことなので、
正しい判断をしてもらえて良かったです。」と言いました。
ドクターは紙を見て、「そうそう、これこれ でも心配しなくていいからね。大事をとるだけだから」とにっこり笑ってくれました。

口の中だけ見て、「風邪ですよ。薬だしておきますからね。」と返されて、後で大事になるよりましだと思ったんです。
大きな病院に行って良かったです。

その後、救急車に乗せられて東の果てにある東区病院におくられました。
すぐに耳鼻咽喉科の先生が来てくれて、鼻からスコープをいれてのどの奥の確認。
素人が見てもわかるぐらい、真ん丸く腫れていました。
この時点で"Acute Epiglottitis"と診断されました。

ワンチャイのドクターの紹介状にもそう記されていました。
日本ではめずらしい症例と書かれていたので、
「この病気はめずらしいケースですか?」と聞くと、
「そんなことないわよ。2~3日に一回ぐらいはこのケースを見ているから」と言っていました。
それだけこの病気を診ている病院だったら安心ですね。

今はICUで抗生物質の点滴を受けながらモニターされています。
のどの腫れが引けば明日には普通の病室に移れるそうだけど、
ドクターによると、ものすごく進行が早く、一旦気道をふさいでしまうと大事になるのでICUだそうです。
彼もHe could be OK.と言ってくれたんだけど、心配は心配です。

香港の公立病院は面会時間も夕方6時から8時までだけなので、
どっちにしても明日の夕方までお見舞いに行けません。
それを伝えるとだんなは大ショックのようでした。
かわいそうに。

でもまあ、この時点までめちゃくちゃ気丈に過ごせた自分が不思議。
下調べをして行って良かった。
何も知らなかったらショックで泣いていたかもね。

早く治りますように。



にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
今日はショックです。
応援のポチリをお願いします。


人気ブログランキングもよろしく

free counters
[PR]
by Junpei642 | 2009-12-29 00:26 | Medical topic | Comments(19)

インフルエンザ大流行

香港ではめずらしくインフルエンザの流行が世間をにぎわしています。

14年近く香港に住んでいて、SARSの時以外、インフルエンザで学級閉鎖や学校閉鎖になった話しは一度も聞いたことがない。
これだけ狭い場所にたくさんの人が密集して暮らしているわりに、ひどい大流行はなかったようだ。

しかし、今回はわたしが確認しているだけでも、3人の子供がインフルエンザで命を落としている。
その一人が通う小学校ではインフルエンザで休んでいる子供がかなり多く、SARSの時のように教室に入る前に体温チェックなどをして蔓延を食い止めようとしていたのだが、同じエリアで小学生の男の子が髄膜炎で亡くなった事もあり、昨日だったかおとといだったか、その子が通う学校は休校となった。そして昨夜遅く、香港の全小学校、幼稚園、特殊学校が今日からイースターの休み明けまで休校になると、政府がお達しを出した。
びっくりするようなお達しだけど、SARSの苦い思い出もあるし、今は鳥インフルエンザの恐怖も伴っているので、ここまでしてもおかしくないのかもしれない。

インフルエンザはその2週間ほど前から流行っていたようで、実際周りにもインフルエンザにかかったという人がちらほらいた。私のスタッフの子供も最近ではめずらしく高熱を出して学校を休んでいたし、スタッフもそのだんなも彼からうつって高熱を出していた。
香港の保険所みたいなところからわざわざ電話があって、その症状の確認があったそうだ。
それだけ、インフルエンザに神経質になっていたということだろう。
よく考えたら、わたしがマカオ旅行の最中にインフルエンザらしい風邪で高熱を出したけれど、たぶんこのインフルエンザも今回流行っているものと同じなのかもしれない。
というのは、熱に強い私が、「死ぬ~死ぬ~」と何度もうめいたぐらい、耐えがたい高熱だったし、そのしんどさは尋常ではなかったからだ。体が完全に元にもどるのに2週間ぐらいかかった。

しかし、インフルエンザから髄膜炎や脳炎になって命を落とす人は、日本でも毎年何人もいるはずだから、3人がなくなったからと言ってちょっと大騒ぎしすぎでないか?とも思うのだけど、狭くて人の多いところだから、大流行するときはあっという間なのだろう。
誰もインフルエンザをこじらせて子供を失いたくないものね。

昔、うちの近所の幼稚園の子は、風邪をこじらせて脳炎になり、あっという間に死んでしまった。
けいれんを起こして意識がなくなり、病院に行ったときには既に脳がやられてしまっていた。
水泳の仕事を始めてすぐの頃にも、1年間の同好会が終了してまもなく、生徒の一人がたった1日で亡くなった事もある。その時は心筋炎だった。
具合が悪くなり病院に運ばれ、その日のうちに亡くなったのである。

こんな悲しみをまた生まないためにも、早めに学校閉鎖に踏み切った香港政府は偉い!


人気blogランキングへ
今日もポチッとしてね。


にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
[PR]
by Junpei642 | 2008-03-13 11:25 | Medical topic | Comments(6)

葉酸 Folic Acid のお話

仕事にもだいぶ慣れてきたというものの、まだまだ未知な言葉に遭遇してうろたえることがある。
忘れぬうちに調べて勉強しておかないと後々困る。
なんでもかんでも先輩に聞いてたらきりがないもの。

さて、今日はピロリ菌に続いて 葉酸のお話


葉酸=Folic Acid またはFolate

私が娘を産み落とした17年前は葉酸を飲めと言われたことがなかったので、
Doctorの説明の中に、「二人目の妊娠を望んでいるのであればFolic Acidのサプリメントをのんだほうがいいわよ」というのが出てきてわけがわからなくなってきた。
もう一度説明してもらったけれど、何のことやらわからない。

調べてみると 葉酸が神経管奇形=(Neural tube defect)を予防する働きがあると、
アメリカで注目されはじめたのが1992年ということなので、それからランダムにテストがはじまって、結果を確認され、一般サプリメントとして摂取されはじめたのが1996年ごろらしい。
今では妊娠中女性の多くがこのサプリメントを当たり前のように摂取しているようだ。

今日も日本人女性が、自分も妊娠中に飲んでましたとおっしゃっていたことから、
時代は変わったのだ!いくら妊娠、出産経験があるといっても、この分野も日々発展しているのだということを身をもって感じた。

葉酸はビタミンBの一種で緑黄色野菜、卵黄、豆に多く含まれている。
神経系統の奇形を防ぐ為には これらの食べ物を多く摂取することも大切だけれど、
便利なサプリメントがあるので、こちらで摂取するほうが好ましい。
1日400micrograms(0.4mg)の葉酸を、妊娠(Conception)の4週間前からのみはじめ、
だいたい12週ぐらいまで飲みつづける。

どのような奇形を防ぐことができるのかというと、

Malformations of the spine and brain = Spina bifida
脊椎や脳などの神経管の未発達、欠乏

葉酸の欠乏は常位胎盤早期剥離、流産、死産、妊娠中毒症、子宮内胎児発育遅延を起こしやすいとも言われている。

これらを防ぐ為に活躍する葉酸、これを知らないで妊娠なんてできないね。

妊娠中の女性だけでなく、高血圧(Hypertention, Highblood pressure)を防ぐこともできるため、サプリメントとして取りつづけるのはいいみたい。
その反対に貧血防止にもなるというのだから、どっちにしても健康のために葉酸を摂取するのは好ましい。

他にも異常な細胞分裂をおさえる力もあるとのことで、がん予防にもなるみたい。

いやいや、ほんと、知らずに生きていくところだったけれど、仕事のおかげで葉酸のことを意識することができて良かった。
そろそろ歳とってきたし、サプリメントをのんだほうがいいかな?
[PR]
by junpei642 | 2006-05-25 22:24 | Medical topic | Comments(2)

ピロリ菌って何ですか?

仕事つながりで いろいろ新しいことを勉強しているのは前にも書きました。

結構な時間をさいて勉強しているのでどうせなら書き残しておくと便利かなと思い、
このたび "Medical Topic"という新しいカテゴリーを追加しました。

少々医療につながりのある職場なので、知らない言葉がいっぱい。
特にBiologicalな言葉って スペルを読んでも直接音にはつながらず、覚えるのが大変なのだ。この年齢からは絶対スペルなんかは覚えられそうにない。
ほんま刺激的でしょ。

b0080418_13574159.gif


というわけで、第一回はピロリ菌のお話

ピロリ菌は最近よく聞く名前で、胃がんや胃潰瘍を引き起こすと言われている。

英語ではHelicobacter Pylori

b0080418_13561010.jpg

菌のしっぽをヘリコプターみたいにぐるぐる回すからこの名前がつけられたそうな。
Pyloriとは胃の出口(幽門)のことで ここがピロリ菌の住みかなのだ!

普通 胃の中には強い酸性の胃液があるので、普通のバクテリアは住むことができない。
でもピロリ菌はウレアーゼという酵素を持っていて、これを使って胃の中の尿素をアンモニアに変えて、このアンモニアが胃酸を中和してしまうそうだ。
つまりバリアを持っているってことかな?それからこいつは胃の中にしか住んでいないんだって。

このウレアーゼやら他にもいろいろ持っている毒素が複雑にからみあって胃の粘膜を傷つけてしまう。嫌なやつですね。
その結果、胃の粘膜に炎症がおきたり、ひどいと胃潰瘍になったり、胃がんになってしまうわけです。

そもそも ピロリ菌は人間の体の中にはいないバクテリアで、その多くは食べ物や水などから感染するのです。だから衛生状態の悪い発展途上国には、ピロリ菌の感染者がすごく多いんだって。
50歳以上の日本人の場合、実に70~80%の人が感染しているそうです。
でも、衛生状態の良くなった若い世代の人たちの感染率はぐーんと低いということで、これからは減っていくんでしょうね。

それから、ほとんどの人は10歳までに感染していて、大人になってから感染することはほぼ無いということ。だからこんなきったない場所に暮らしていても大丈夫ということです。
けど、6歳からこっちに住んでいる娘は危ないかもね。

ピロリ菌に感染しても必ずしも胃潰瘍や胃がんになるっていうことではなく、ピロリ菌を持っている人がストレスなどにさらされて発症しやすいということらしい。

ピロリ菌を持っておらず胃に炎症もない人は胃がんになる確率が低いことは分かっているみたい。なのでピロリはやっぱりいない方がいいということですね。

b0080418_1413830.gif


さてさて、そのピロリ菌をどうやって見つけたらいいのでしょうか?
一般的な検査方法は3つあります。

1.血液検査
ピロリは菌なので感染したら抗体ができます。
だから血液検査で簡単にわかってしまうのです。ところがこれには問題があります。
人間って何かに感染すると抗体ができるけど、完治して菌がいなくなっても抗体だけはそのままですね。だから血液検査で抗体が+となっても、必ずしもピロリ君がおなかの中にいるわけではないみたい。
中途半端ですね。

2.UBT(Urea Breath Test)尿素呼気検査法
ウレアーゼが尿素をアンモニアに分解するときに炭酸ガスも発生するそうで、
あらかじめ尿素カプセルを飲んで、息をはいて炭酸ガス値を調べることによってピロリ菌がいるかいないかを判断するテストです。結構正確ということで、やるならこのテストが簡単でいいですね。

3.内視鏡
ピロリ菌がいる場所(幽門=ピロリ)の組織を内視鏡でとってきて、それをピッと試験キットにつけるだけで色が変って陽性か陰性かわかるというやり方。黄色がピンクに変る。
内視鏡検査をやらなきゃできないので、ピロリ菌を調べる為だけだったらこれはいやだな。

b0080418_1445167.jpg

ピロリ菌の除菌

ピロリ菌が見つかったら除菌しなくてはなりません。
二つの抗生物質と胃酸を抑える薬を1週間飲むことで8割は除菌できるそうです。
薬は医師の指示どおりのまないと、除菌成功率が下がったり、耐性菌(抗生物質が効かない菌)が生まれてしまう可能性もあるので注意が必要みたい。
副作用は、約3割の人に下痢が起きるみたい。整腸剤で調子が良くなるけれど、どうしてもだめな場合は一旦中断するということです。

2割の人は除菌失敗するということで、抗生物質を替えたりして再度除菌することで、最終的には95%の人が除菌に成功するそうです。



このように検査から除菌までは割合簡単に済むので気になる方は検査をおすすめします。
最近はピロリ菌の予防、増やさないなどの工夫があるみたいですね。
ピロリ菌用のヨーグルトまであるみたい。
果たして効くか効かないかはわからないけど、いろいろ調べてみるのもおもしろいかも。
[PR]
by junpei642 | 2006-05-12 14:10 | Medical topic | Comments(1)


香港...出会いと別れが頻繁におとずれるtransitoryな街で、日本語を教えながら暮らしています。現在Kissing Fishというインディーバンドでベースを弾いております。ベースだけじゃなくてギター弾いて歌ったり、ドラムもたまにたたいたり、音楽とミュージシャンにかこまれ心豊かな日々を生きるパワフルおばちゃん!


by Junpei64

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
日々のつぶやき(日記)
食べる 呑む
Movie Review
Book Review
Viva! Music
Education
My sweet Tetsu
Medical topic
My Precious
香港おいしい一人飯
香港、中国
Girls Band Project
Hong Kong Indies
Japan!
英語の話
お化粧

気になるブログ/サイト

フォロー中のブログ

音楽、空間、好鐘意(大好き)!
Rock and Mov...
だるにーの脳ミソ
別館・我要的幸福
La Dolcé vita
Hachiの香港家計簿
アメリカナース日記
音楽の杜
sakuraのわがままエッセイ
エミリアからの便り
熊猫漫遊記
じゅんじゅんの香港日記
六福1☆
いつの間にか20年
こんな一日
ま、どうでもいんだけど
別冊・Hachiの香港ニ...
ミヤモーの戯言
中国茶徒然日記
フォンの野菜メニュー
おはな 山の中日記 ~北...
香港日々探検日記
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
lei's nihong...
憧れの地は香港
koedagaffe分店...
Made in Hong...
アジア暮らし
Lady Satin's...
Welcome to m...

外部リンク

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

ブログパーツ

動画配信用ASPサービス

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

タグ

(65)
(28)
(17)
(17)
(17)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)

その他のジャンル

ファン