香港人 ローカルっ子とインターっ子の違い

今日から日本語のクラスが一つ増えた。
香港人の若者4人組に教えることになり、ワンチャイのパシフィックコーヒーで第一回目のレッスンをやった。
彼らは英語を話す香港人だ。

香港人の若い子(20代、30代)の中に、時々ローカルチャイニーズと雰囲気の違う子がいる。
まずローカルチャイニーズは英語が話せても、たいていはチャングリッシュで香港人同士は広東語で話す。雰囲気もすべて思いっきり香港人。

今日の4人組(正確には3人かな?)は香港人同士でも英語で話すのだ。
それだけでローカルの若い子とはどこか違うんだよね。
そして英語になまりがほとんどなく、でもNativeのそれとはちょっと違う独特な雰囲気を持っている。
そのうち一人の男の子は、これはもうインター校出身の雰囲気が思いっきり出ていたので聞いてみると、やっぱりそうだった。
ESFのセカンダリーを卒業後カナダに行ったそうだけど、それでも自分の英語はまだまだだと言っていた。
それはなんとなくわかる気がする。英語に何ら問題はないけれど、Nativeじゃないんだよね。
彼は1時間半一緒にいて、一度も広東語が出なかった。
もちろん中国語が読めない様子。
女の子のうち一人は、英語と広東語を混ぜて話す。でも彼女も中国語が読めないのだった。
もう一人の女の子もなんとなくインターの雰囲気があるのでそうかもしれない。
彼女は中国語が読めると言っていたけど…
大学はイギリスだったらしい。
もう一人の男の子は、エキセントリックな雰囲気で、けど英語はめちゃくちゃうまいという感じではなかったので、彼だけがローカルっ子かもしれない。でもみんなと英語で話していたしな~

こっちもローカルっ子と話すのと、インターっ子もしくは、海外で教育を受けてきた香港人と話すのとずいぶん違うのだ。
特に言葉を選ばなくてもたいてい理解してもらえるし、ちょっと難しい単語を使っても問題ない。
でもローカルっ子の場合、英語はすらすらと出てくる子でも、時々単語がわかんないというようなことは起きる。難しい話になるとだめだったり、こっちも広東語で話したり、時には筆談になったりする。

今、私が日本語を教えている香港人の子ども達も5人が5人ともインターっ子で、英語で教育を受け、母語は英語だ。普通に英語を話しているけれど、やっぱりインターっ子独特な英語なのかもしれない。
だって、アメリカ人の子ども二人にも教えているけれど、彼らの英語とは違うから。
彼らの親は子供に英語で接しているけれど、流暢な英語ではないからね。
たぶん、前出の彼が自分の英語はまだまだと感じているのは、同じ環境で育ったからかもしれない。

うちの娘はカナダで留学生というと驚かれるというけれど、
それでも同じ状況なのだろうと思う。
チャングリッシュではないけれど、Nativeにとってどことなくおかしいアクセントを持っているのかも。
それがインターっ子英語というものだ。

以前、Project Runwayに出ていた男の子が、
アメリカ人なんだけど独特なアクセントを持っていて、それを変に思ったTimが「君、変わったアクセントで話すけどどこからきたの?」という質問していたぐらいだ。
「台湾で育って、その後 シンガポールに移って、最終的にアメリカに戻ってきた」と答えていた。
アメリカ人でさえこんな状態だ。

うちなんて、家では100%日本語だったので、実際にはもっと問題あるかもしれないな。

今日の4人組みたいな雰囲気を持った子は時々遭遇する。
Helter SkelterのVincentも、広東語より英語が強い香港人だ。
もちろん彼もESF出身。
Wanchで行われた彼の同窓会には、同じ雰囲気を持った若者がわんさか集まっていた。
同窓会と知らされなくても同窓会なんだなってわかったぐらいだ。
香港人が大半だったけど、み~~~んな英語を話していたからね。

レッスンはとっても楽しかったので来週が楽しみである。

--------------------------------------------------------
オリンピック情報

日本も少しずつ頑張っていますよね。
フェンシング、柔道、水泳、体操などメダルとっていますよ。
嬉しい限りです。

中国は相変わらずいっぱい取っています。

アメリカのフェルプスすごいですよね。ほんますごすぎ~~

今日のキューバと中国の女子バレーボール見ましたか?
接戦でしたが、キューバが逆転勝ちしました。
めっちゃ嬉しかったです。
解説の外人が思いっきり褒めちぎっていたのがおもしろかった。

テレビでは中国の試合ばかりなのでちょっと疲れています。
まあ香港は中国なので仕方ないですけど…

オリンピックを見られるだけで幸せですね。



にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
面倒ですがポチッとお願いします。

人気blogランキングへ
こちらもお願いします。
[PR]
by Junpei642 | 2008-08-14 00:04 | 香港、中国 | Comments(2)
Commented by ひろこ at 2008-08-15 23:44 x
ちょうど今日なんだけど、
近所の人に息子のことを
「やっぱり雰囲気が違うね」って言われました。
彼の日本語の発音とか指摘されたわw
ずっと外国にいて19歳で帰ってきたら違うもんなのかな。
母としてはよくわかんないんだけど。
でも確かに息子の日本語は下手だと思う(笑)
Commented by Junpei642 at 2008-08-16 22:13 x
KKもやっぱり雰囲気が違うって言われるんやね。
仕方ないよね。育ったのが香港だし、多感な時期をオーストラリアで過ごしたものね。
日本語もやっぱり下手なんだ…
日本人学校に通っていても問題あるなら、Kellyの日本語なんてもっとひどいんだろうね。心配です。


香港...出会いと別れが頻繁におとずれるtransitoryな街で、日本語を教えながら暮らしています。現在Kissing Fishというインディーバンドでベースを弾いております。ベースだけじゃなくてギター弾いて歌ったり、ドラムもたまにたたいたり、音楽とミュージシャンにかこまれ心豊かな日々を生きるパワフルおばちゃん!


by Junpei64

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
日々のつぶやき(日記)
食べる 呑む
Movie Review
Book Review
Viva! Music
Education
My sweet Tetsu
Medical topic
My Precious
香港おいしい一人飯
香港、中国
Girls Band Project
Hong Kong Indies
Japan!
英語の話
お化粧

気になるブログ/サイト

フォロー中のブログ

音楽、空間、好鐘意(大好き)!
Rock and Mov...
だるにーの脳ミソ
別館・我要的幸福
La Dolcé vita
Hachiの香港家計簿
アメリカナース日記
音楽の杜
sakuraのわがままエッセイ
エミリアからの便り
熊猫漫遊記
じゅんじゅんの香港日記
六福1☆
いつの間にか20年
こんな一日
ま、どうでもいんだけど
別冊・Hachiの香港ニ...
ミヤモーの戯言
中国茶徒然日記
フォンの野菜メニュー
おはな 山の中日記 ~北...
香港日々探検日記
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
lei's nihong...
憧れの地は香港
koedagaffe分店...
Made in Hong...
アジア暮らし
Lady Satin's...
Welcome to m...

外部リンク

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

ブログパーツ

動画配信用ASPサービス

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

タグ

(65)
(28)
(17)
(17)
(17)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)

その他のジャンル

ファン