本を読む楽しみ

本を読むのが好きな私
ここには日本の図書館が無いので日本にいる頃に比べてあまり読まなくなりました。
日本の本屋はあるけれど、売られている冊数に限りがあるし、流行っている本しか売られていないからだ。それに値段がねぇ~~~
でもぼちぼちと読んでおります。

昔、実家には本がたくさんありました。
おじいちゃんや父親、母親、おばちゃんたちが読んだ古い本が家のあちこちにあったのです。
小学生の頃はボロボロの「けふは」とか「いひて」などと旧仮名遣いで書かれた本まで読んだりしました。
大きくなると父親が好きだった歴史小説などもよく手にとりました。
本が好きな両親を持って幸せでした。

ところが、結婚してからはそういう楽しみがありません。
うちのだんなは本を読まない人なのです。
特にフィクションは嫌いらしいのです。作り話を読んでもおもしろくないと言います。
「なんで本読まないの?」というおろかな質問を何度もしました。
そのたびに、「俺が本に熱中してたらおまえがさみしいと言うからよまへんねん。」と言われます。
さみしいなんか言った覚えは無いのに…


だんなが読書家で、読んだ本について話したり、だんなの読んだ本から適当に本を選んで読むという行為がしたくてしたくてたまらないけれど、これは一生かなうことのない夢ですね。
よく考えたら、だんなの部屋って本なんて無かったように思うし…

彼が熱中して読んでいたのは、コンピューターに関する本と文芸春秋だけかな~
コンピューターの本は何度も何度も繰り返し読んでいましたから、相当おもしろかったんでしょう。
今でも時々読んでいます。

映画や音楽の話で盛り上がれるDも大の本好きです。
いつも分厚い本がバッグの中に入っているし、待ち合わせのときもたいてい本を読んで待ってます。
彼が読むのは歴史書が多いし、だいたい彼が読む英語の本は私にはわからんのです。
だから、ここでも読書の楽しみをシェアするという夢はかないません。
以前は、ミステリーを結構読んでいたので本がまわってきたりもしたけれど、最近はそういうことはありません。

日本に一時帰国しているときに、夜中眠れず彼に短いTextを送りました。
「今 何してるん?」と私
「山の上でSea Biscuitを読んでる。」とD
私には難しすぎたSea Biscuitの原書をDにあげたのです。
「土曜日の夜に山で本を読んでるの?」と私
"I'm D the introvert today not D the extrovert"と返事がきました。
このtextはちょっと気に入ったのでいつまでも覚えています。

その後 何度かSea Biscuitの話を聞かせてくれました。
Sea Biscuitは感動的な映画でしたが、原書はアメリカの競馬史について詳しく書かれた本だったようで、映画の内容よりももっと広範囲に書かれていたようです。
でもものすごくおもしろかったらしく、一気に読まず少しずつ少しずつ楽しみながら読んだそうです。
終わりに近づくのが悲しいみたいなことを言っていました。

私はその代わりに日本語で読んだ「アイアムレジェンド」のオリジナルのお話を彼に聞かせてあげました。

もし私が英語の本を読むのに何の問題もなければ、きっとたくさんおすすめの本を読んで意見交換できたんでしょうけど、それができないのでもったいないです。
まあ英語ができたとしても、彼が興味を持つ戦争関係の本なんて読みたくないですけどね。

今もある本を読んでいます。
これに関しては非常に印象深いものがあるのでまたBook Reviewを書きます。

これからもいっぱい読みたいので、
たまには香港に何軒かある中古の本屋に本を仕入れに行かないとあきません。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
面倒ですがポチッとお願いします。

人気blogランキングへ
こちらもお願いします。
[PR]
by Junpei642 | 2008-07-03 01:06 | 日々のつぶやき(日記) | Comments(4)
Commented by gloria-x at 2008-07-03 12:23
わたしも学校に通う前の幼い頃からずーっと本を読んできたので、本のない生活は考えられません。
うちのダーリンもJunpeiさんのだんなサマと同じで主にコンピュータや科学関連の専門書ばかりでフィクションを読まない人だったんですが、わたしの影響で小説のおもしろさに目覚めてくれたようで、同じ本を読んで感想を語り合ったりしています。
本を読む習慣って幼い頃に身につかないとなかなか定着しないのかもしれませんね。
Commented by Hiro at 2008-07-03 14:51 x
そういえば、雑誌さえも最近読んでないですね。。。

そういや、香港にきて仕事で心がすさんだとき、
宮沢賢治を読み漁った事が有ります。(苦笑

あの牧歌的な雰囲気、ときに残酷な描写、話しもありますが、
通じて何か「透明感のある」雰囲気が大好きです。

また、読み直して見るかな。。。
Commented by Junpei642 at 2008-07-04 11:17
gloriaさん
だんなさん読書の楽しさに目覚めてくれて良かったですね。
うちは娘もあまり本を読みません。
本に入り込めないというんですよ。
作り話を楽しめないだんなの血をひいたのかな?
Commented by Junpei642 at 2008-07-04 11:18
Hiroさん コメントありがとうございます。
私は雑誌はほとんど読みません。
宮沢賢治はなんか陰気臭いイメージがあって、絶賛する人にかこまれていた時期でさえ本を手に取ることができませんでした。
でもいつかは読んでみたいです。


香港...出会いと別れが頻繁におとずれるtransitoryな街で、Rock'n'Rollをこやしに生きています。若返りのマジックワードを心に今日も頑張る~~


by Junpei64

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
日々のつぶやき(日記)
食べる 呑む
Movie Review
Book Review
Viva! Music
Education
My sweet Tetsu
Medical topic
My Precious
香港おいしい一人飯
香港、中国
Girls Band Project
Hong Kong Indies
Japan!
英語の話

気になるブログ/サイト

お気に入りブログ

音楽、空間、好鐘意(大好き)!
Rock and Mov...
だるにーの脳ミソ
別館・我要的幸福
La Dolcé vita
Hachiの香港家計簿
アメリカナース日記
音楽の杜
sakuraのわがままエッセイ
エミリアからの便り
熊猫漫遊記
じゅんじゅんの香港日記
六福1☆
いつの間にか20年
こんな一日
ま、どうでもいんだけど
別冊・Hachiの香港ニ...
ミヤモーの戯言
中国茶徒然日記
フォンの野菜メニュー
香港*テクテク
おはな 山の中日記 ~北...
香港日々探検日記
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
lei's nihong...
憧れの地は香港
koedagaffe分店...
Made in Hong...
アジア暮らし

外部リンク

以前の記事

2017年 03月
2016年 09月
2016年 08月
more...

ブログパーツ

動画配信用ASPサービス

ブログジャンル

海外生活
50代

検索

タグ

(63)
(28)
(17)
(17)
(16)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)

人気ジャンル

ファン