親の海外赴任と子どもの教育

今にはじまったことではないけれど、
香港への赴任が決まり、子どもの教育を思案した人たちから
掲示板、メールで相談が届きます。

こちらには日本人学校が中学まで整っているので
多くの子どもは日本人学校へ入ります。

しかし、中学3年生、高校生の子どもを連れての赴任は、
その年齢に対応できる日本の教育機関が無いため非常に頭が痛いことになります。

ですから、このような年齢のお子さんを連れての赴任を相談されたとき、
私は正直に、お子さんの最良の将来を考えて日本にとどまることをアドバイスします。

それでも、家族一緒に暮らすことを優先させることも大切で、
私も娘を連れて押しかけてきた経験もありますので、家族が一緒にいる大切さは非常によくわかるのです。

さて、上記お子さんの受け入れ先として、
インターナショナルスクールしか無いのが現実でして、
香港の多くのインター校では、カリキュラムについていくだけの英語力を求めますし、学校によってはGCSE、IBの真っ只中ということで、編入を規制しているところも少なくはありません。
その中で、いつも大手を広げてそういう生徒を引き受けてくれる学校があります。
"Delia School of Canada"と"Concordia International School"です。
一応編入テスト(英語)はありますが、はねられることは無いと思います。

この学校で小学校から学んでいる生徒達は厳しい指導のもと学んでいますので、高い学力があります。
編入してくる日本人達はESLクラスを取りますが、安易にESLを出た生徒がレギュラークラスで問題なく授業を受けられるようになるのは実際難しいのです。
先生たちも、英語ができず授業についてこれない生徒に特別なケアをしてくれるわけではないので、自主性がない生徒達はどんどん落ちこぼれていくのが実情です。
年齢的にも難しいものがありますので、苦しい日々から逃げてしまう子もいるかと思われます。

学校での環境は、映画で見るようなアメリカの高校とは程遠く、
クラスメイトの多くはアジア系、日本人、香港人、韓国人、インド人などが多く、
長く学校にいる子は英語を話しますが、国別に集まると広東語や韓国語そして日本語が飛び交っているのだろうと思われます。
そんな中で英語を身につけるのにも無理があります。

学校側も校長が変わるたびに方針が変わります。
最近では、努力しない生徒への対応は厳しく、成績が良くならない場合、素行が悪い場合は、徹底的な指導があり改善するように求められます。
ひどい場合は、留年、退学の処置が取られます。
実際、成績がかなり悪く退学せざるを得ない子どもも結構いるらしいです。

親の都合で香港に連れてこられ、英語が話せないのに英語で勉強する学校に入れられた子どもにとっては迷惑な話です。
しかし、本当に学力が高く、英語学習に対しても意欲的な生徒は短期間で伸びますし、卒業後も日本の有名大学に進学するケースもあります。
一番大切なのは、この現実をしっかり知って、それでもインター校に入りたいという子どもの自主性だと思うのです。
決して、親の欲であってはいけません。
「英語ができるようになるから将来は明るい。」
「インター校に行って帰国子女枠受験して大学受験の心配は無し」
もうそんな時代は終わりました。
帰国子女枠を設けている大学でも、いい加減な英語教育を受けてきた生徒と、しっかりした生徒との格差は既に露見しており、帰国子女枠も年々厳しくなっているそうです。
付け焼刃ではだめということです。

ただ、努力した子は違うということを私は言いたいのです。

だから赴任が決まり、学校を探し始めたとき、お子さんとよく話し合い半端ではない努力をできるかどうかを確認して進路を決めて欲しいと強く思います。


私は、インター校での生活を紹介するために1999年にホームページを作りましたが、娘が経験したことをそのまま何の飾りも無しに書いてきました。
ですから、彼女がぶちあたった壁なども正直に書いてあります。
でもそのホームページが、何も考えずに子どもをインターに入れてしまう人を増やしているのであれば、反省しないといけません。

娘が卒業して更新はやめましたが、そろそろ更新して2008年の現状を書かなければいけない時期に来ているのかな?

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
面倒ですがポチッとお願いします。

人気blogランキングへ
こちらもお願いします。
[PR]
by Junpei642 | 2008-06-28 11:33 | Education | Comments(4)
Commented by ayam7281 at 2008-06-30 17:21
junpeiさんのHPおじゃましたことがありますが、とっても親切だなぁと思いました。
そして、うーん、すごいなぁって感動したんですよね。
娘さんとむきあってるんだなぁって。
私の親の考えに似ていたのもありますが。
うちは、父がシンセンに赴任した時、一緒に行くことを断念しました。
理由は妹の学校でした。
私は高校生だったので日本においていってもいい、高校生なら休学して同じ学年をもう一回やり直してもいいだろういうのがあったようです。(中学浪人する人もいる地域なので)
そういう友達は沢山いたし、下宿もまだあるような地域が実家だったし残るのもあり。
しかし、妹はまだ義務教育中だったので、インターに入って、一年留年させるのはかわいそうだという話なったらしいです。
幼稚園まではいいのですけどね、やはり、小中学校へ入ると、この先日本へ帰るのだから日本人の小中学校のほうが子どもは助かるのかもと私はおもったりしていますけど、自分の体験上です。
わりと自由な英語の幼稚園に通っていた私は、日本人小学校へ入ってかなりカルチャーショックだったので、生意気書きますがよく相談してあげてほしいなぁって思いました。
Commented by Junpei642 at 2008-06-30 22:31
ayamさんも帰国子女だからいろいろとわかっていただけると思います。
私はできるだけ内容の濃いHPを作りたかったので必死でした。
今は熱も冷めましたが…
お父さまはシンセンにもいらしたんですね。
いずれ日本に帰るのであれば日本人学校でいいと思いますが、
やっぱり欲が出るのだと思います。その気持ちもわかるのでHPを作ったようなものなのですが…
またいろいろ実経験教えてくださいね。
Commented by まさんた at 2010-07-15 21:14 x
お久しぶりです。
子供をバイリンガルにさせたいがために、親も一緒にオーストラリアに行った親戚がいます。
その子は小学から中学(の途中)まで英語の中で育ったので、英語はネイティブ。
日本語もしゃべれます。ですが、漢字は読めず、書けず。
日本の歴史など、南アフリカ人並みの知識。
高校受験を控え、当然、大変なことに。
親戚のことを悪く言うのはアレですが、親の責任だろう、と。
相談を受けましたが、「日本語をきちんと学ぶのが第一」としか言えず。
親戚は、海外で暮らしていたとはいえ、子供に日本語の本を読ませたりしなかったのが原因だとも思っていない様子。
その子にはこれからがんばってもらいたいですが、何か、釈然としないものがありました。
Commented by Junpei642 at 2010-07-15 23:53 x
まさんたさん
復活おめでとう。
バイリンガルにさせたいがために親も一緒にオーストラリアって、
かな~り安易ですよね。
でもオーストラリアの教育も日本の教育もバランスよく学ぶことは、子供にとってかなり負担です。
それを無理してやらせる親も、平気で受け入れる子供もたくさんいます。うちはだめでした。
今、日本の学びなおそうとしているみたいだけど、どうなることやら?でも本だけじゃなくて、NHKを普通に見せるだけでも基礎知識がかなりつくんですよね。


香港...出会いと別れが頻繁におとずれるtransitoryな街で、Rock'n'Rollをこやしに生きています。若返りのマジックワードを心に今日も頑張る~~


by Junpei64

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
日々のつぶやき(日記)
食べる 呑む
Movie Review
Book Review
Viva! Music
Education
My sweet Tetsu
Medical topic
My Precious
香港おいしい一人飯
香港、中国
Girls Band Project
Hong Kong Indies
Japan!
英語の話

気になるブログ/サイト

フォロー中のブログ

音楽、空間、好鐘意(大好き)!
Rock and Mov...
だるにーの脳ミソ
別館・我要的幸福
La Dolcé vita
Hachiの香港家計簿
アメリカナース日記
音楽の杜
sakuraのわがままエッセイ
エミリアからの便り
熊猫漫遊記
じゅんじゅんの香港日記
六福1☆
いつの間にか20年
こんな一日
ま、どうでもいんだけど
別冊・Hachiの香港ニ...
ミヤモーの戯言
中国茶徒然日記
フォンの野菜メニュー
香港*テクテク
おはな 山の中日記 ~北...
香港日々探検日記
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
lei's nihong...
憧れの地は香港
koedagaffe分店...
Made in Hong...
アジア暮らし

外部リンク

以前の記事

2017年 03月
2016年 09月
2016年 08月
more...

ブログパーツ

動画配信用ASPサービス

ブログジャンル

海外生活
50代

検索

タグ

(63)
(28)
(17)
(17)
(16)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)

人気ジャンル

ファン