Agave & Hugh Pool

夕べ ブログ仲間の面々と食事に出かけた。
場所は先日、友人と出かけたメキシコ料理 "Agave"だ。
今回はストロベリーマルガリータじゃなくてマンゴーに挑戦してみた。
フルーティーな味がいかされていたのはやっぱりストロベリーかな?でも冷たくておいしかった。

お料理は、
マッシュルームをはさんだトルティーヤを軽く焼いて、その上にサルサ、グァカモリ、クリームチーズをのせて食べるスナック(名前は失念)
半分に切ったしし唐にクリームチーズをのせてベーコンで巻いたものを焼いた、これまたスナックだけどお酒にあってとてもおいしい。
メインディッシュは石焼のリゾットのようなものをトルティーヤで巻いて食べるもの。
ちょこっとチキンライスみたいなものがついており、それも一緒に巻いて食べるらしいのだけど、別々にいただいたほうがおいしいかな?

ブログ仲間とはもっぱら老いてきた親の話で盛り上がった。
以前はこういう話題で盛り上がるという事はめったになかったけれど、それだけ自分自身も歳をとってきているという証拠なのだろう。
仲間の一人はお母様と一緒に香港に来られることが多く、母を無くした身としてはとてもうらやましい。私も母をいろんなところに連れて行ってあげたかったな。
おしゃべりと食事を楽しみながら、あっという間に時間は過ぎる過ぎる。

その後、最初は予定していなかったライブの話が急に決まり、店まで迎えに来てくれたDと一緒にWanchに向かった。
ニューヨークからやってきたブルースバンド "Hugh Pool"を見に行くことになったのだ。
Wanchに着くと、香港のブルースバンドが演奏していた。ギターを弾いていたのは、先日のライブでフィリピン人の女の子と難しい顔をして踊っていた太ったおっちゃんだった。
店はすごい人で盛り上がっている。でもこのバンドはHughPoolではないのだ。そのうちえらい背の高いロン毛の白人がギターを持ってやってきた。どうやら彼がHugh Poolらしい。
すごい人は違う。何かオーラを感じた。
演奏が始るまでの間、Dや常連達と一緒に会話を楽しむ。
初めて会うスコティッシュの夫婦と話ていて、"I am Japanese"というと、"O~~~~~~H crazy people, Japanese"と言われた。
何がcrazyなのか聞いてみると、とにかく他の国とは何かが明らかに違っていて、良い意味でcrazyだと思っているといわれた。
彼らはタイ→ベトナム→香港と渡り歩いてきて、この香港のことを非常に気に入っていると言っていた。契約期間が決まっているけれど今後どうするか悩んでいるということらしい。
日本にちなんで三島由紀夫の話になった。恥ずかしながら、私は一つしか彼の小説を読んでおらず盛り上がることはできなかったけど、だんなさんの方が学校でEnglish Literatureを教えており、三島を教えているそうだ。どこの学校?と聞くとSouth Island Schoolだった。
この店ではなぜかESFの先生とよく会うのだ。「うちの娘はWest Island Schoolに行ってたんだよ。」というと、奥さんの方が「ええ~~っ!そうなの?私はWISで働いているのよ。」ということでますます盛り上がった。「でも、お子さんが卒業したって言うけれど、あなたすごく若く見えるわよ。しわ一つ無いし!!!!」と嬉しいお言葉。
ますます会話が盛り上がり、ライブが始ってからは彼女と踊りまくった。


さて、Hugh Poolだけど、ぜんぜん期待していなかった私は馬鹿!
すばらしいsingerであり、素晴らしいギタリストだったのだ。フィンガーピッキングさばきは素晴らしい!でかい手でギターをかきならし、パワフルに歌うHughは、ちょっとニール・ヤングみたいでかっこいい。後から彼のそのでかい手指をじっくり見せてもらって、「ニール・ヤングみたいだったね。」と言うと、ニールが大好きだと言って喜んでくれた。
いやほんと、今まで素敵なライブを楽しんできたと思ったけれど、この人たちはそれ以上に引き込まれてしまう何かを感じさせてくれるのだった。
b0080418_21313432.jpg

これはオフィシャルサイトからお借りしました。
明日は写真を撮るぞ!

実はHugh Pool明日13日の夜にも再演するので、もし興味のある人は明日の遅くにWanchへ来て見てください。
Hugh Pool's song hark back to the 1960's rock that was steeped in the blues. His repertory extends from rolling-and-tumbling slide-guitar boogies to neo-psychedelic jams to reflective, down-home hymns that recall The Band."
- Pareles (New York Times)

こうして今年のライブがかっこよく幕開けしました。
ハッピーハッピーなJunpeiでした。

人気blogランキングへ
今日もポチッとしてね。


にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
[PR]
by Junpei642 | 2008-01-12 21:37 | 食べる 呑む | Comments(2)
Commented by ayam7281 at 2008-01-16 16:29
junpeiさんは、大学生のお子さんがいるとは思えないで。
お顔はまだお会いしたことがないのでしっているわけではないですが、感性がすごく若くて、色々なことにチャレンジしているお母さんってうらやましいなぁといつも思います(^^♪私も、いつまでも若くチャレンジしないと!!
Commented by Junpei642 at 2008-01-18 10:10
ayamさん 大学生の子供がいるようには思えないというのは、現実でも言われますが、私がいつまでも好奇心旺盛で子供みたいだからだと思います。
チャレンジはこれからもっとしていきたいのですが、なにせ飽き性なところもあるので困ります。
お互い頑張りましょうね。


香港...出会いと別れが頻繁におとずれるtransitoryな街で、Rock'n'Rollをこやしに生きています。若返りのマジックワードを心に今日も頑張る~~


by Junpei64

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
日々のつぶやき(日記)
食べる 呑む
Movie Review
Book Review
Viva! Music
Education
My sweet Tetsu
Medical topic
My Precious
香港おいしい一人飯
香港、中国
Girls Band Project
Hong Kong Indies
Japan!
英語の話

気になるブログ/サイト

フォロー中のブログ

音楽、空間、好鐘意(大好き)!
Rock and Mov...
だるにーの脳ミソ
別館・我要的幸福
La Dolcé vita
Hachiの香港家計簿
アメリカナース日記
音楽の杜
sakuraのわがままエッセイ
エミリアからの便り
熊猫漫遊記
じゅんじゅんの香港日記
六福1☆
いつの間にか20年
こんな一日
ま、どうでもいんだけど
別冊・Hachiの香港ニ...
ミヤモーの戯言
中国茶徒然日記
フォンの野菜メニュー
おはな 山の中日記 ~北...
香港日々探検日記
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
lei's nihong...
憧れの地は香港
koedagaffe分店...
Made in Hong...
アジア暮らし

外部リンク

以前の記事

2017年 03月
2016年 09月
2016年 08月
more...

ブログパーツ

動画配信用ASPサービス

ブログジャンル

海外生活
50代

検索

タグ

(63)
(28)
(17)
(17)
(16)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)

その他のジャンル

ファン