子供の言葉について

メインホームページの掲示板に書き込まれた子供の言語についての質問、
私も昔は同じようなことで悩んでいたっけ。

書き込まれた方は、ご主人が海外中心に転勤されるので、とりあえずどの国へ行っても困らないように、子供の教育は英語で受けることに決められ、今インター校へお子さんを通わせておられる。
しかし、同じ年齢のNativeの子供に比べて英語力はやはり後れているし、かといって、英語で教育を受けさせてから時間が経っているようで、日本語の方も同学年の子より後れているようで、この先どちらの言語もどっちつかずになるのではないかと心配されている。
つまり一般的にセミリンガルと呼ばれる状態ってことかな?

香港にいると純英語圏ではないため、クラスにいる子もいろんな国の子がおり、なかにはたどたどしい英語を話す子もおれば、Nativeもおり、同じNativeでもインド、パキスタン系の子供はきついアクセントがあったりするので、小さいうちは英語が発達するのに時間がかかるのかもしれない。しかし、この方は将来 英語圏へ転勤する可能性もあるのだから、そういう場所に行けば急に英語が伸びることが期待できるので、何ら心配しなくてもいいと思う。

うちの娘は何度も書いているけれど、言語の習得が得意ではなかったため、かなり大きくなるまで英語で苦労した。しかし、そんな状態でもカナダの大学へ行ってみて、特に自分の英語に問題を感じるわけでもなく、カナダ人にとっても彼女が留学生だなんて意識することが無いぐらい普通に英語を話しているらしい。ただイギリスアクセントがなかなか抜けないらしいが…
話すことに関して、カナダに来てから伸びたと感じないけれど、書くことに関しては若干良くなったとは感じているようだ。

ここまでなる前に帰国になり、中途半端な状態で帰国子女枠受験して、幸い高校、大学に合格している人もかなりいるようで、結構、帰国子女の中でもまともに英語ができない子も最近ではたくさんいるみたいだ。そうなっては困るけれど、長く滞在できるのであれば英語に関しては何も問題はないだろう。

それより、私が心配するのは、日本語の維持の方だ。
日本語の維持はかなり真剣にやらないと身につかない。
うちの娘のように小学生の漢字でストップしてしまう子もいるかもしれない。子供によっては、自分が英語話者であると思い込み、まったく日本の文化に興味を持たなければ、アニメや漫画に触れることなく、母語としての日本語を確立できないまま大きくなるケースもある。
そうならないように、公文や塾に通わせて無理やりにでも日本語力を維持させることは、日本人として生まれた子供にとってはかなり大切だと思う。
お金はかかるけれど、それをやらなかった身としては、声を大にして言いたい。
特に高学年になり学校の宿題が増えていくころ、日本語の勉強まで手が回らなくなるのだ。
そこでやめてしまってはいけないと思う。

日本語の維持のため大切なことは、
1.家庭内では日本語で話す。(学校の先生は家でも英語を使ってくださいと言うかもしれないけれど、それはとりあえず無視)
2.日本語の中に英語が混ざるような話し方を親は絶対にしてはいけない。
3.毎日 絵本や簡単な本の読み聞かせをする。
4.できるだけいろんな会話を家族でする。
5.日本のテレビ番組を見せる。
6.子供が興味持ったことを英語の本、日本語の本 どちらもあたえて読ませる。
7.できれば日本人の子供が多く集まるところへ出かける。

家庭内ではこれぐらいかな?
あとは、塾など外部でできることかな?
通信教育もあるけれど、これは根気が必要である。

小学生なら、夏休みに帰国して日本の小学校に7月だけ通わせるのもいいと思うし、
日本人学校も7月の間はインターに通う子供を受け入れてくれるので、これを利用するのもおすすめだ。

日本人学校では、日本人の子供には無料で教科書を配布してくれるので、こういうのを利用して家庭内で勉強するのも一案だ。

英語が伸び悩んでいても、母語である日本語を確立させることで英語も伸びると言う事もある。
すぐには結果が出ないかもしれないけれど、「継続は力なり」と言う言葉を信じて精進してください。




人気blogランキングへ
今日もポチッとしてね。


にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
[PR]
by Junpei642 | 2007-12-15 00:38 | Education | Comments(4)
Commented by Gloria-x at 2007-12-16 09:23
バイリンガルって憧れるけど、本人や家族はいろいろ大変でしょうね。子供の年齢や滞在期間にもよるし・・・
わたしの妹なんか日本で教師していたのに、アメリカ生活が長くなるにつれどんどん漢字や日本語表現忘れていってるそうです。

>イギリスアクセントがなかなか抜けない

かえってかっこよくていいのでは?
アメリカ人でもわざとイギリスアクセントにする人が増えてるとかいいますよね。
Commented by tomokin_syd at 2007-12-16 11:33 x
Junpeiさんのおっしゃるとおり、英語での教育を選択すると、日本語維持の方が大変になってきますよね。特に読み書きは大変。
おしゃべりだけのバイリンガルになるのと、バイリテラシーを目指すのとでは大違い。16歳の息子は、公文の通信教育で、今、フーフー言いながらI教材(中3レベル)と格闘中です。
Commented by Junpei642 at 2007-12-16 11:59
Gloriaさん
最近は英語と日本語のバイリンガルなんて当たり前というふうに、
私の周りでは言っています。
だからよけい日本語には敏感になるんでしょうね。

イギリスアクセントってかっこいいんですか?
でもカナダの英語ってきれいでいいですよ。
Commented by Junpei642 at 2007-12-16 11:59
ともきんさん
息子さんも頑張っておられるんですね。
男の子だと特に将来のことを考えて一生懸命になりますよね。
これからも頑張ってください。


香港...出会いと別れが頻繁におとずれるtransitoryな街で、Rock'n'Rollをこやしに生きています。若返りのマジックワードを心に今日も頑張る~~


by Junpei64

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
日々のつぶやき(日記)
食べる 呑む
Movie Review
Book Review
Viva! Music
Education
My sweet Tetsu
Medical topic
My Precious
香港おいしい一人飯
香港、中国
Girls Band Project
Hong Kong Indies
Japan!
英語の話

気になるブログ/サイト

フォロー中のブログ

音楽、空間、好鐘意(大好き)!
Rock and Mov...
だるにーの脳ミソ
別館・我要的幸福
La Dolcé vita
Hachiの香港家計簿
アメリカナース日記
音楽の杜
sakuraのわがままエッセイ
エミリアからの便り
熊猫漫遊記
じゅんじゅんの香港日記
六福1☆
いつの間にか20年
こんな一日
ま、どうでもいんだけど
別冊・Hachiの香港ニ...
ミヤモーの戯言
中国茶徒然日記
フォンの野菜メニュー
おはな 山の中日記 ~北...
香港日々探検日記
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
lei's nihong...
憧れの地は香港
koedagaffe分店...
Made in Hong...
アジア暮らし

外部リンク

以前の記事

2017年 03月
2016年 09月
2016年 08月
more...

ブログパーツ

動画配信用ASPサービス

ブログジャンル

海外生活
50代

検索

タグ

(63)
(28)
(17)
(17)
(16)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)

その他のジャンル

ファン