子供の将来

今、日本語を教えている大人たちの中で抜群に日本語が上手な人がいる。
彼女はオーストラリアの大学を家庭の事情で休学して香港に戻ってきている。

大学で6ヶ月日本語を習ったと言っていたので、基本的な部分が出来ている程度かと思っていたけれど、初めてお会いしたときは結構会話が成り立つ状態になっていた。

今でも結構まじめに勉強しているみたいで、Jpopが好きな彼女らしく、歌詞の中からひろってきたわからない日本語についていっぱい質問される。
時には前後の言葉がわからないこともあって困るけれど、まあだいたい説明すればすぐに理解して、例文をパパッと作って驚かせる。きっと頭がいいんだろう。

この前のレッスンではじめて年齢を聞いてみたら、20歳だって。
うちの娘と1歳しか変わらないじゃない。
この落ち着きようはなんなの?とびっくりした。
娘にはもう長い間会っていないので、彼女のように落ち着いた娘になっていてくれるといいのに。

この彼女、たぶん語学を学ぶ脳が発達しているのだろう。
うちの娘の場合は、英語を学ぶのにも四苦八苦したので、大学の1年目は語学を選択していなかった。でも今年は気も変わってフランス語をとったらしい。
「おもしろいよ」と言ってたけどどうなんだろう?
英語がベースにあると、Frenchは学びやすいのかな?

娘は高校の中盤あたりまでは、デザインを専攻していた。
絵を描くのが好きで、ARTとDesigh Technologyを学んでいたけれど、
結局その宿題の多さとあいまいさに負けてしまって途中で心理学に寝返った。
今でも絵を描くのは好きなようだけれど、しばられるのが嫌いな放蕩娘らしく、
絵は趣味程度に好きなときに気晴らしのために描くのがいいそうだ。

これが美術科のある高校だったら多分許されないことだろうと思う。
まあうちは美術科のある高校や美大に入れるほど裕福でなかったことが、彼女の決意を優しいものにしていたのだろう。
だって、もし大学もART系にすすむとしたら、ポートフォリオの指導をきちんとしてくれるところに通わせないとだめだったろうし、美大はどこでも学費が高いものだ。それを考えると心理学に寝返ってくれて良かったかな?

でも、ARTとDTをやったおかげで、PHOTO SHOPやCorel Drawなどデザイン関連のコンピューターソフトをいとも簡単に扱えるようになったし、物作り(商業デザイン)の基礎みたいなこともきちんとやっている。それはそれで日本だと専門学校に行って学ぶ人もいるわけだから良かったかな?

カナダの大学は途中から専攻を変えられると聞いている。
彼女は今のところ心理学で頑張っているようだけれど、はっきり言って心理学って将来のビジョンがたてにくい学問だと思う。
日本からの留学生は、就職に有利なように国際関係学なんかを専攻している人が多い。
娘はその辺はぜんぜん興味ないとおっしゃる。
でも将来を考えるなら経済とか、政治とか未来が開けやすい学問をやるべきではと、親としては思うのだけれど、ここまで来ると彼女の人生だし彼女にまかせるしか無いよね。

とりあえず残りの学生生活をつつがなく終えてくれることを願う。
もちろん経済的にサポートしているのは私達なので、
途中でくじけることなくサポートしたいけれど、息切れしたら休学して働くと言ってくれているので、その時はその好意をありがたく受けるかも。
情けない親ですが、小中高と彼女に投資した金額は半端ではないもので…

おもしろいもので、子供の教育の話題になると、仕事やプライベートで知り合う、香港で自営されているお母さんやお父さんとお互いシンパシーを感じてしまい、なんだかお互いの距離が縮まるのだ。

みなさん子供のために苦労されているんだなってことがわかり、私も頑張ろうと思えるのだ。

娘もなんとか普通の社会人になれるように頑張ってください。

人気blogランキングへ
今日もポチッとしてね。


にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
[PR]
by Junpei642 | 2007-11-18 20:52 | Education | Comments(6)
Commented by 遊びの達人 at 2007-11-19 23:04 x
「彼女に投資した金額は半端ではないもので…」まったく持って同感です!!今年、上の娘が大学を卒業して、下の放浪癖!娘が大学入学です!

子供達に投資した見返りを期待しては、駄目なんだけど、実際はね~~~~~!

語学に関しては、ある種の才能が有る見たいですよ!!海外に何年居ても、イマイチの人も居るし、半年位で、かなり話せる人も居ますから!!!
Commented by Junpei642 at 2007-11-20 21:26
遊びの達人さんもやっぱり同じですか!
続くとこたえますよね。うちは一人ですが、3人分ぐらい投資しているような感じです。

語学は才能がある人にとってたやすいみたいですが、
そうでない私はきついです。娘も同じみたいです。
Commented by ayam7281 at 2007-11-20 21:49
ほとんど白人のように振る舞い、しゃべり、靴を履いたまま家に入ろうとしたうちの妹ちゃんですが、いまでは、どう考えても日本語しか話せない普通のOLです。
人間、絶対どこかで成長すると、わたしも母も思っているところです。
語学でも何でもおなじなのかもしれないですね。
わたしも英語は一生の課題なので^^;
父なんかは尊敬しました(^_^)しゃべれない英語で一生懸命勉強して仕事していたのかと思うと・・・技術用語は難しいですし。
かえって母のほうは、家族を食べさせなければとか、お医者に行くとか、幼稚園・学校とあるからかえって英語をしゃべるようになったといっています。
最近じゃ・・・しゃべっているのは見たことありませんが^^;日本の田舎ではあまりひつうようないですものね。
Commented by Junpei642 at 2007-11-20 21:58
ayamさんのご家族の生のお話はすごく共感できます。
お父様も大変だったと思いますが、やはり家族を守る母親として、必死に勉強されたんでしょうね。
私も生活しながら身に付けた英語とか広東語はなかなか忘れないし、脳にきざまれているようです。
勉強しようと思うとかえってだめなんですよね。

私も日本に帰ったら忘れてしまうのかな?
妹さんは小さい頃に帰国されたのかな?
Commented by ayam7281 at 2007-11-21 23:12
うちの妹ちゃんはまだ四つで帰国したのですが、今考えたらかなりのカルチャーギャップだったと思います。
和式トイレに、制服に、みんな一緒のお遊戯に休み時間、お弁当。
自由なイギリスのナーサリーに慣れていた妹としては大変だったのではないでしょうか理解不能で・・・。
今も少し面白いところがありますよ妹には。
そういうと、母もわたしにもそういうところはあるといいますけれど(^^♪
Commented by Junpei642 at 2007-11-24 00:12
妹さん帰国したときたったの4歳だったんですね。
そして幼稚園でカルチャーショックを体験。
つらかったでしょうね。
今も少し面白いところ。。。
さてどんな風におもしろいのかな?4歳までの体験が大人になっても影響しているという、そこにとっても興味を持ってしまいました。


香港...出会いと別れが頻繁におとずれるtransitoryな街で、日本語を教えながら暮らしています。現在Kissing Fishというインディーバンドでベースを弾いております。ベースだけじゃなくてギター弾いて歌ったり、ドラムもたまにたたいたり、音楽とミュージシャンにかこまれ心豊かな日々を生きるパワフルおばちゃん!


by Junpei64

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
日々のつぶやき(日記)
食べる 呑む
Movie Review
Book Review
Viva! Music
Education
My sweet Tetsu
Medical topic
My Precious
香港おいしい一人飯
香港、中国
Girls Band Project
Hong Kong Indies
Japan!
英語の話
お化粧

気になるブログ/サイト

フォロー中のブログ

音楽、空間、好鐘意(大好き)!
Rock and Mov...
だるにーの脳ミソ
別館・我要的幸福
La Dolcé vita
Hachiの香港家計簿
アメリカナース日記
音楽の杜
sakuraのわがままエッセイ
エミリアからの便り
熊猫漫遊記
じゅんじゅんの香港日記
六福1☆
いつの間にか20年
こんな一日
ま、どうでもいんだけど
別冊・Hachiの香港ニ...
ミヤモーの戯言
中国茶徒然日記
フォンの野菜メニュー
おはな 山の中日記 ~北...
香港日々探検日記
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
lei's nihong...
憧れの地は香港
koedagaffe分店...
Made in Hong...
アジア暮らし
Lady Satin's...
Welcome to m...

外部リンク

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

ブログパーツ

動画配信用ASPサービス

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

タグ

(65)
(28)
(17)
(17)
(17)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)

その他のジャンル

ファン