パンドラ・アイランド 大沢在昌

木曜日の夜に上下2冊借りて、金曜日の夜中に読み終えてしまうという、
めちゃくちゃおもしろかった本を紹介します。

b0080418_16502716.jpg


パンドラ・アイランド 大沢在昌

主人公は高須康彦 
元警官で捜査一課で刑事をしていた経験をもつ優秀な男である。
しかし、情に弱い性格で仕事を通して対面してきたいろんな人間関係に疲れ果て、
やはり同じ警官である妻とも別れ、のんびりするために小笠原のまだ先にある、
東京から船で28時間かかる同じ東京都下である青国島へやってきた。

青国島は架空の島であるけれど、戦後アメリカに占領されていて一番遅くに返還された島という設定である。

人口900人ほど、小笠原とは違い、観光に力を入れることなく南の島の自然をそのままにしてきたという経緯がある。しかし昨今増えてきた観光客から島を守るという名目で、警察の無いこの島に、警察の代わりに青国役場そのものが保安官を置いており、高須は保安官としてこの島に迎えられたのだった。

前任者 柴田が急死しており、彼の任期があと半年残っており高須も契約上では半年間のみの勤めとなっていた。

高須が着任した翌日、平和だったこの島である事件が起きる。
元漁師だった老人が海に落ち命を落としたのだ。

そこからこの物語は始まる。

保安官という立場で、警察と同じ仕事はできないが、元刑事の経験が次から次へとこの島の秘密を暴いていく。
高須自体が不思議に感じたことは、漁業と農業、そしてこじんまりとした観光業以外にたいした産業もないこの島の住民みんなが裕福なこと、島の住民をそのまま引きとめるために、公営の風俗産業が設置されていることだ。

島でたった一人の医者であるオットーは、占領時代にこの島に駐留していたアメリカ兵だった。
この男を通していろいろな秘密が明らかになっていく。
その秘密の一つは、昔、アメリカ兵がこの島でコカインのもととなるコカの栽培をしており、今もコカの群生がどこかに残っているのでは?ということだ。
それを目当てに、本土から移住してくる人もおり、島は彼らをよくは思っていない。
そのためにも保安官が必要とされるのである。

高須の保安官としての行動がすごくおもしろく、次はどうなるの次はどうなるの?という感じでどんどん読んでしまう。
一応分野的にはハードボイルドに属するそうだ。

自然いっぱいの小島のようすがかなり詳しく書かれており、目の前にその情景が広がる。
登場人物にも味があり、どんどんと引き込まれていく。
ただ、この島は東京から28時間もかかるということもあり、かなり閉鎖的な背景を背負っている。美しいイメージもあるけれど、その閉塞感もびんびん伝わってきて、よけいに緊張してくるのだ。

あまり集中して読んだものだから、途中で電話があったときは飛び上がった。
たぶんそれまで私は確かにその島にいたと思えるぐらいの集中力で、
時間を見たときもびっくりした。「えっ?もう10時?」

この著者の名前は聞いたことないんですが、
他にもおもしろいハードボイルド作品があるそうなので是非読んでみたいと思っている。

人気blogランキングへ
今日もポチッとしてね。


にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
[PR]
by Junpei642 | 2007-11-17 17:15 | Book Review | Comments(4)
Commented by 遊びの達人 at 2007-11-17 18:19 x
大沢在昌  是非読んで欲しいのが。「新宿鮫」シリーズです。映画にも成ったし、NHKのドラマでも、放送されましたよ。映画だと真田広之主演でした。テレビでは、舘ひろし、が主演でしたね。。

新宿を舞台にした、鮫と呼ばれてる、チョイ悪刑事の話です!麻薬!売春!不法労働者!すべてアジア諸国に絡んでいるので、面白いですよ!
Commented by ayam7281 at 2007-11-17 22:22
私もやはりこの方は新宿鮫でしょうか。
TVで見てました。
京極夏彦や、宮部みゆきさんと同じ事務所で、大極宮というトリオをしておりますよ!!面白いですHPも
Commented by Junpei642 at 2007-11-18 15:39
遊びの達人さん 大沢さんって結構有名な方なんですね。
「新宿鮫」ぜひ読んでみたいと思います。
真田さんって、歳をとるごとに深みが出てきていい感じですよね。
館ひろしさんは昔からかっこいいと思っていたけれど、あの顔だと役どころが決まってしまいそうでかわいそうだと思っていました。

Commented by Junpei642 at 2007-11-18 15:39
ayamさんも「新宿鮫」ご推薦ですね。
宮部みゆきは大好きなんですが、京極さんも未読です。
一度読んでみようと思います。ありがとう


香港...出会いと別れが頻繁におとずれるtransitoryな街で、日本語を教えながら暮らしています。現在Kissing Fishというインディーバンドでベースを弾いております。ベースだけじゃなくてギター弾いて歌ったり、ドラムもたまにたたいたり、音楽とミュージシャンにかこまれ心豊かな日々を生きるパワフルおばちゃん!


by Junpei64

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
日々のつぶやき(日記)
食べる 呑む
Movie Review
Book Review
Viva! Music
Education
My sweet Tetsu
Medical topic
My Precious
香港おいしい一人飯
香港、中国
Girls Band Project
Hong Kong Indies
Japan!
英語の話
お化粧

気になるブログ/サイト

フォロー中のブログ

音楽、空間、好鐘意(大好き)!
Rock and Mov...
だるにーの脳ミソ
別館・我要的幸福
La Dolcé vita
Hachiの香港家計簿
アメリカナース日記
音楽の杜
sakuraのわがままエッセイ
エミリアからの便り
熊猫漫遊記
じゅんじゅんの香港日記
六福1☆
いつの間にか20年
こんな一日
ま、どうでもいんだけど
別冊・Hachiの香港ニ...
ミヤモーの戯言
中国茶徒然日記
フォンの野菜メニュー
おはな 山の中日記 ~北...
香港日々探検日記
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
lei's nihong...
憧れの地は香港
koedagaffe分店...
Made in Hong...
アジア暮らし
Lady Satin's...
Welcome to m...

外部リンク

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

ブログパーツ

動画配信用ASPサービス

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

タグ

(65)
(28)
(17)
(17)
(17)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)

その他のジャンル

ファン