子供と外国語(英語)

先日、私のホームページ  「インターナショナルスクール体験記 in 香港」 の掲示板で、
「うっ」となるご意見をいただいた。

私のホームページでは、娘がインターナショナルスクールで経験したことを書き綴っていて、
それプラス 過去掲示板で実際子供をインターに行かせている親たちで意見を出し合った様様なことについて、詳しく書いてある。

何しろ、ずいぶん前のことなので、学校のシステムが変わったりしている場合は、
今とかなり違っているところもあると思う。

でも、日本語しか話せなかった子供が、インター校と呼ばれる学校で体験する苦労は、
今も昔もそう違わないと思うので、そのままホームページは書き換えることなく、書き足すというやり方で今も続けている。

「うっ」となった書き込みとは、私のサイトに「某インター校のESLは充実している」と書いてあるのを信じて、子供をその学校に入れてみたけれど、実際はESLはそれほど充実しておらず、苦労した人が多いという内容だった。

この学校は英語を話せない子供が多い学校なので、ESL教育に力を入れているのは事実だし、ESF系の学校でもESL(EAL)のある学校はあるけれど、時間数がぜんぜん違っているのだ。
私は、ESLに入れたから簡単に英語力が身につくなんて一言も書いていないし、
娘の苦労も包み隠すことなくすべて体験記として残しているのに、
みな、苦労することなく外国語で授業を行う学校に、子供がすんなりと何の苦労もなく入っていけると信じているのだろうかと、ちょっとびっくりした。

先日 日本に帰ったときに、NHKのBS2で放映されていた、スペインのカタロニア地方移民の話を思い出した。
カタロニア地方はスペインにありながら、公用語がスペイン語ではなくカタロニア語という特殊な地域だ。もちろん学校教育もカタロニア語で行われる。
ここへはクロアチア、アフガニスタンなど国がまだ不安定な場所からの移民が多かったり、
同じスペイン語圏からの移民も多いようで、クラスに数名の移民の子がいる。
同じスペイン語圏だから大丈夫と思ってやってきても、言葉がカタロニア語で苦労している子も多かった。
放課後の補習で、いろんなバックグラウンドを持った生徒にカタロニア語を教える先生たちの苦労はかなり大変そうだった。
親たちはその地で落ち着いて食べて行かないとだめなので、必死で働いており子供の教育まで気を配ってあげられないので、学校が親身になってやるしかないのだ。
将来がかかっているので、子供も一生懸命学ぶので、1年が終わるころにはたいていが言葉を身につけ、授業に着いていけるようになる。成績は科目によって評価されていたので、落第になった科目はもう一年やらなければならない。それでもとりあえず、ほとんどの子は次の学年に進級していった。
これは12~13歳の子供たちの話だ。

1年とは外国語ばかりの環境に身をおいて、その言葉をグラマーなど意識することなく身に付けられるようになるちょうど良い期間なのかもしれない。
うちの娘は10ヶ月ぐらいで最低限の英語を身につけた。彼女はできが悪かったので、10ヶ月かかったけれど、早い子だと半年ぐらいでもOKかもしれない。
外国語習得というのは個人によってその能力にものすごく差があると、娘や娘の友人を見ていて実感した。

カタロニア地方では生活がかかっているので、子供たちも必死だ。
しかし、駐在で来ておられる人の子供たちは、そこまでの緊迫感が無いので、
とりあえずインター校に入ったものの、まわりには日本人も多いし、休み時間は英語を話さなくても日本語で済んでしまう環境に甘んじて、なかなか英語の学習に真剣に取り組まないのかもしれない。

日本では、「子供は新しい環境にすぐに適応するので、新しい言葉もすぐに覚える」と言われているし、そう思って安易にインター校や現地校に子供を入れる人も多いだろう。
しかし現実は厳しい。いくら英語の学校へ通っていても、本人がしっかり取り組まない限り芽は出ない。それに学校は容赦なく他の生徒たちと同じ宿題を課す。
学校教育のシステムの違いは大きくて、宿題の意味がすんなりとわからないことも多い。
だから、母親は一生懸命手伝わなくちゃいけないし、宿題の内容がわからなければ、それを教えてくれる人を探さなければならない。
学校で習っている内容がさっぱりわからなければ、少しでもわかるために本を買ったり、図書館に行ったり、最大限の情報を子供に与えてあげなくてはいけない。
毎日少しずつ単語を教えつづけるだけでもぜんぜん違う。
子供が英語が読めなければフォニックスを家庭でも教えるなどして、サポートしてあげなければならない。
低学年では、宿題をこなしているうちに少しずつ英語力が伸びていくのがわかるけれど、
学年が大きいとそんな余裕はないので、苦労も大きくて当たり前。


香港では日本人学校があるので、学年が大きくて赴任の年数が3年以下とわかっているのであれば、私は日本人学校に行くことをおすすめしている。
それでも、インター校に行く人はenter at your own riskだろう。

できるだけ正確な情報を残したい。
私はそう思っている。だから娘に起きたことをそのまま書いた。
時間が経って、情報が古くなり、そのことで苦労している人がいるということなので、
再度、自分のサイトの見直しはするつもりです。
でも、インター校、現地校へ入るときは多かれ少なかれ苦労します。
学校選びの際は是非 慎重になってもらいたいものです。


一つ良いことは、
こうしてお子さんの宿題につきあって英語に触れているうちに、
母親の英語力、語彙力も驚異的にアップします。
子供が学校で習っている物語を、子供用のペーパーバックで読んだり、
教科書を読んだり、楽しいことはいっぱいあります。
お子さんもきっと楽しく学習できるはずですよ。


**********************************
にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 教育ブログへ

よろしければクリックお願いします。
[PR]
by Junpei642 | 2007-06-11 00:36 | Education | Comments(10)
Commented at 2007-06-11 01:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-06-11 01:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-06-11 01:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ジャスミン at 2007-06-11 21:17 x
こんばんは。
大人もそうですけれど子供でもやはり個性に左右されると思いますよ。英語に関わらず、ではないですか。
子供の成長過程をみてきてそう感じました。
習得が早いとは誤解されやすいですね。

確かに高学年での編入はいろんな意味で子供さん自身の覚悟が必要だと思います。中にはそのリスクを問題ともしないお子さんも
いらっしゃると思いますが。
たまに子供の学校に香港人の生徒が編入してくるそうですが、
香港で育った生徒さんは香港なまりがありますよね。そうすると
結構うわさになるようで、いろんな英語があるんだからそんなこと
話題にすること事態おかしいんじゃない?と私は言ってるのですが。子供の世界ってこんなものかぁとは思ってますが。
でも子ども自身も先生からイギリス英語をみっちり教わってるようです。アメリカ英語は禁物のようで。
Commented by Junpei642 at 2007-06-11 23:36
ジャスミンさんのお宅では、お子さんによってずいぶん違うなと感じることもあると思います。

高学年では本当に苦労される子が多いかと思います。
それでも頑張ってなんとかセカンダリーへ進み、海外の大学や、日本の有名大学に進学していく子も多いですね。

香港人の編入生は、ESFの場合、かなり優秀な子が多いと感じました。特に理数系に強い子が多く、理数系のトップグループはローカル校から来た子がしめていましたよ。
その分、英語はかなりできない子もいたようです。
ESFも編入生の取り方にムラがあるようです。

イギリス英語をみっちりやるのはわかるのですが、
アメリカ英語は禁物というのは、インター校としては???ですよね。いろんな子がいますものね。
Commented at 2007-06-14 20:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 通りすがり at 2007-06-15 20:22 x
こちらの学校のESLは充実していると思います。今になって思うことは子供の英語力は友人との会話や、音楽体育を含めた多くの教科に参加する事で、付いていくのだということです。時間もかかります。ESLに入るというのは基礎を教えてくれるという事も重要ですが、”全くわからないLAに無理矢理参加しなくてもいい”という事でもあると思います。学年が高いと日本の高校生でも難しい副読本をハイスピードで読まなくてはいけません。編入したばかりでこんな状況ははっきり言って地獄です。それに参加せず自分にあったレベルの本を読んで、成績がきちんと付く。というのは至れり尽くせりではないでしょうか。ほかの学校のESLでここまで丁寧なところは無いと思います。
Commented by Junpei642 at 2007-06-16 01:50
通りすがりさん コメントありがとうございます。
英語を吸収していくというのは、まったくおっしゃるとおりだと思います。ESLは英語を読む、書くという、まったく未知の世界を形にしてくれる場所でしたね。
でも高学年になると、娘が過ごしたESLとはぜんぜん違うと思いますが、英語ができない生徒を積極的に取るだけのことはあると思います。
しかし、それでも、家庭でのフォロー、ヘルプはあるのと無いのとではまったく違うでしょうね。
Commented by ayam7281 at 2007-06-17 20:25
インタースクールに入って勉強するというのは、なかなか難しいのですね、子供の性格でも習得の差はありますし。
私は、子供の頃海外に住んでおりましたので、ナーサリーに通っておりました。
毎日数時間先生が私のためだけにレイディバードの本でしっかりと英語を教えてくださいましたし、両親が週一回先生の家に通わせてくれましたが、日本人学校へ入った時点で、もうすっかりしゃべるのはだめになりました。
今でも聞くのは少しいけますけれども、しゃべるのは性格もあるけれどもすっかりいけません^^;
しかし高校に入るまで、英語の辞書は引いた事もなくスペルを間違えたこともほとんどなかったかも。
英単語に関しては、子供の頃に覚えたものがかなり蓄積されていたと思われますはい・・・日本の英語教育が低いというのがわかる話でもありますが。
Commented by Junpei642 at 2007-06-17 20:51
ayamさんいつもコメントありがとうございます。
ayamさんも帰国子女だったんですね。
レイディバードの本は英語を教えるのにちょうど良い本ですね。
私も娘に教えるのに良く使いました。
年齢が小さいとアカデミックに英語を覚えるのは大変だけれど、感覚的に覚えるのには適しているようです。
ちょうど日本の中学校3年間で学ぶ英語というのが、その感覚的に覚えた不動の英語部分に値するのではないかな?
だからAyamさんも辞書を引くことなしに、自然に取り組めたのではないでしょうか?

うちの娘もたった1年で身に付けた感覚英語のレベルに匹敵する高校入試問題を、すらすら答えていたのだと思います。
やっぱり日本の英語教育は低いってところにつながるのかな?
でもベーシックな部分として大切なのかな?


香港...出会いと別れが頻繁におとずれるtransitoryな街で、Rock'n'Rollをこやしに生きています。若返りのマジックワードを心に今日も頑張る~~


by Junpei64

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
日々のつぶやき(日記)
食べる 呑む
Movie Review
Book Review
Viva! Music
Education
My sweet Tetsu
Medical topic
My Precious
香港おいしい一人飯
香港、中国
Girls Band Project
Hong Kong Indies
Japan!
英語の話

気になるブログ/サイト

フォロー中のブログ

音楽、空間、好鐘意(大好き)!
Rock and Mov...
だるにーの脳ミソ
別館・我要的幸福
La Dolcé vita
Hachiの香港家計簿
アメリカナース日記
音楽の杜
sakuraのわがままエッセイ
エミリアからの便り
熊猫漫遊記
じゅんじゅんの香港日記
六福1☆
いつの間にか20年
こんな一日
ま、どうでもいんだけど
別冊・Hachiの香港ニ...
ミヤモーの戯言
中国茶徒然日記
フォンの野菜メニュー
おはな 山の中日記 ~北...
香港日々探検日記
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
lei's nihong...
憧れの地は香港
koedagaffe分店...
Made in Hong...
アジア暮らし

外部リンク

以前の記事

2017年 03月
2016年 09月
2016年 08月
more...

ブログパーツ

動画配信用ASPサービス

ブログジャンル

海外生活
50代

検索

タグ

(63)
(28)
(17)
(17)
(16)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)

その他のジャンル

ファン