海外からESFに転入する場合

日本人が香港へ赴任が決まった場合は、まずは日本人幼稚園、日本人小学校、日本人中学校と、日本にいるのと同等の教育が受けられるため、それほど悩む必要は無いかと思われます。

特に、香港には日系の進学塾がたくさん進出してきていることもあって、
帰国子女枠を使った受験(中学、高校)も臨機応変にできるので、国内にいるより受験は楽かもしれません。(お金はかかりますが…)

日本からではなく、既に海外に駐在しており、子供は現地校やインターナショナルスクールで英語で教育を受けている場合、香港赴任の際は、きっとインターナショナルスクールを探すことになるはずです。

授業についていけるだけの英語力がある場合は、
香港にあるインター校のどこでも受け入れてもらえるので、各学校にコンタクトをとってお子さんが楽にlandingできる学校を選ぶことが大切です。

Expatが頻繁にやり取りをしているサイトを見ていると、US式、イギリス式、カナダ式、IBなどカリキュラムにあわせてみなさん学校を選んでいるようですが、やはりESFというのは、先日も書いたとおり学費が安いので、最終的にESFをターゲットに考えている人が多いようです。

ところが、ESFは学区制をとっているため、その学区に住んでいない場合は願書を提出できないことになっていました。これは本当にアホなシステムだとずいぶん前から思っていましたが、
English Schools Foundationという名のもと、どこへ入っても同等の教育を受けられるという条件で、こういうシステムができたと考えられます。

実際は、ESFと一くくりにしていますが、校長先生のカラーによって校風はぜんぜん違いますし、カリキュラムは同じでも宿題の量が違っていたり、先生のリクルートも校長自ら行うため、学校格差は若干あると思います。

だからこそ、赴任前に学校を先に選んで、学校にあわせて住む場所を決めるのが一般的だと思うのですが、上記ルールがあるためそれが今までできなかったのです。

しかし、昨今 香港の景気がグーンと回復して海外からのExpatが増えてきたことと、
香港人自身も豊かになってきて、インター校はものすごい人気で、どこもWaitingがあるのが現状です。
イギリス人でさえ学校選びに苦労する時代なのです。

それで、赴任前のExpatのストレスを減らすため、ESFは新しいスキームを導入しました。
surety scheme for international employers

住みたい場所にある学校に空きがある場合4月なら最高3か月分の学費を払って席を確保します。
6月なら最低1か月分ということですが、なんともよくわからないシステムです。
どちらもnon-refundableですからあくどいですよね。
だって、駐在員が必ずこの時期にやってくるとは限らないですよね。
掲示板では、駐在員を助けるために作ったのではなく、単なるお金儲けのためなんじゃないの?と言われていますが、私もそう感じました。

幼稚園や小学校低学年なら、少しの間学校に通わなくても問題ないので、
香港に来てから学校探しをした方がいいですよね。

セカンダリーの生徒は統一試験との兼ね合いもありますので、早い時期に準備しなければなりません。
学校がみつからなければえらいことですよね。

こういう事態を考えると、一応中学卒業までは問題なく自国の教育が受けられる日本は恵まれていると思います。
これで高校もできたら言うことないんでしょうが、なぜか香港に日本の高校ってできませんね。
シンガポールには数校あるのにね。

****************************************************
ブログランキングに参加しています。
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログへ


にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ


にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by Junpei642 | 2007-06-06 12:42 | Education | Comments(2)
Commented by ジャスミン at 2007-06-07 00:06 x
こんばんは!
うちもESF通っている子がおりますが、学費あがってしまいましたね。なのに先生のお給料5%程カットされたようです。
手当てなども削減されたようでイギリスに帰ろうかななどとぼやいている先生もいると子供から聞きました。
学校運営は経費の掛かるものなんでしょうね。
確かにイベントをみてるとお金かかりますね。
親も大変です。
Commented by Junpei642 at 2007-06-07 22:11 x
ジャスミンさんのお子さんもESFに通っておられるんですね。

先生のお給料も5%もカットされたんですね。
IBに変わるし、WISでもかなり先生が入れ替わったと聞いています。
イベントはお金かけていますが、ファシリティーなどもなかなか本格的ですものね。
本当 親も大変です。
大学へ入っても大変です~


香港...出会いと別れが頻繁におとずれるtransitoryな街で、日本語を教えながら暮らしています。現在Kissing Fishというインディーバンドでベースを弾いております。ベースだけじゃなくてギター弾いて歌ったり、ドラムもたまにたたいたり、音楽とミュージシャンにかこまれ心豊かな日々を生きるパワフルおばちゃん!


by Junpei64

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
日々のつぶやき(日記)
食べる 呑む
Movie Review
Book Review
Viva! Music
Education
My sweet Tetsu
Medical topic
My Precious
香港おいしい一人飯
香港、中国
Girls Band Project
Hong Kong Indies
Japan!
英語の話
お化粧

気になるブログ/サイト

フォロー中のブログ

音楽、空間、好鐘意(大好き)!
Rock and Mov...
だるにーの脳ミソ
別館・我要的幸福
La Dolcé vita
Hachiの香港家計簿
アメリカナース日記
音楽の杜
sakuraのわがままエッセイ
エミリアからの便り
熊猫漫遊記
じゅんじゅんの香港日記
六福1☆
いつの間にか20年
こんな一日
ま、どうでもいんだけど
別冊・Hachiの香港ニ...
ミヤモーの戯言
中国茶徒然日記
フォンの野菜メニュー
おはな 山の中日記 ~北...
香港日々探検日記
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
lei's nihong...
憧れの地は香港
koedagaffe分店...
Made in Hong...
アジア暮らし
Lady Satin's...
Welcome to m...

外部リンク

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

ブログパーツ

動画配信用ASPサービス

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

タグ

(65)
(28)
(17)
(17)
(17)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)

その他のジャンル

ファン