独立心よりも大事なこと

先日 中学の頃の同級生たちと集って食事をしたとき、
うちの娘の話題になり、

一人でカナダへ行ってしまった事、ぜんぜん連絡もしてこず勝手にしていることなどを話していると、まだ小中学生の子どもがおり子育て真っ最中の友人たちが、

「やっぱりYちゃんって4歳、5歳の頃から一人で自分の部屋で寝てたし、あれが独立心を育てたのかな?」と言い出した。
娘が小さい頃、彼女たちの多くが独身でうちの家によく出入りしていたのだ。

確かにうちは一人っ子だということもあり、一人でも強く生きて欲しかったから、わりと小さい頃(3歳ぐらいかな)に部屋を与えて一人で寝るようにさせていた。
そんなこと言っていても、夜中に私たちのベッドにもぐりこんでくることもあったので、
そういうときは自由にさせていた。
でも4歳、5歳のころは完全に一人で寝ることにも慣れていたし、6歳前に香港に来たときも一人で寝ることに何の抵抗もなかった。

彼女のためでもあったけど、
それよりも、私は夫婦二人の関係を大切にしたかったのが本音
父親が外で働いているときは母と娘というのはずっと密着した生活をしている。
父親が帰ってきて三人になっても、彼女はやっぱり家族の中心だし、うちは特に今でも三人で何かをすることが非常に多かった。

しかし、彼女が寝てしまうと後は夫婦の時間を大切にしたいなといつも思っていた。
特に私ってベッドの上でだんなに悩み事を聞いてもらうことが多くて、それで精神的に安定することがかなりあった。
だからこそ、セックスも含めて、夫婦二人の空間にまで子どもが入ってくるのはおかしいと思っていたのだ。


かといって娘を疎外しているわけではなく、
私たち夫婦は、できる限り娘を間にはさんでいろんなことをしてきたし、
仕事関係の人も、ディナーのときには必ず娘を同席させてくれる人も多く、
仕事の話も交えて、娘の学校の話にも耳を傾けてくださっていた。

たぶん寂しいと感じたことは無かったと思う。


友人たちの話を聞いていると、
家庭事情もいろいろなのに、家族みんなで一緒に寝ているのがほとんどだった。
充分部屋がないなど、どうしても仕方ないことはあるだろうけれど、
私のように夫婦二人の空間を最優先させている人にとったらかなりストレスなことだろう。

でもそれが当たり前になってしまっていると、それが当たり前なんだよね。


「独立心」の話に戻る。
娘が小さい頃から一人で寝ているから独立心が芽生えたわけではないと思う。
それが証拠に、彼女は私がいると何もしない。
何でも私に頼る。
しかし、私がいない場所では違うし、彼女が充分彼女らしくふるまえる場所ではのびのびと率先していろんなことをしてくれる。
これはカナダ旅行のときによくわかった。
とにかくそういう環境に行けば人間なんだってできるのではないかな?


それよりも、夫婦二人の時間を作ることの方が私たちには大切ではないかい?

実は、娘が出て行った後、彼女のベッドで夜遅くまで本を読んだり、音楽を聴いたりすることをたのしみにしていた私に、
「ママ、私がいないからって私の部屋で寝たらあかんで、絶対パパと一緒に寝てな。」
と言って出て行った。

彼女は彼女が出て行った後、私たち二人がBreak upしてしまわないかかなり心配している。
「夫婦が一緒に寝るのは基本」 独立心をつけるよりも、こっちの方がきちんと娘に伝わっているんだなと思う。

だから友人たちにも早く子どもと一緒に寝ることをやめて、
夫婦二人の時間を楽しんでもらいたいな。
[PR]
by Junpei642 | 2006-09-10 22:26 | 日々のつぶやき(日記) | Comments(8)
Commented by miurat_tdi at 2006-09-10 22:34 x
娘さん、やっぱりしっかりしてますよ。
子供って、甘えてはいても、それは甘えれるときだけで、甘えれるうちに甘えておけ、的にちゃんと考えているフシがある。
そして、親が気づかないところで、親をしっかり見て理解している(笑)。
時々、私は娘に教えられることがあります。
Commented by Junpei642 at 2006-09-11 21:12 x
自分でできることはいっぱいあるはずなのに、
家では何もしませんでしたからね。

教えられることは確かにあります。
子どもを持ったからこそ学ぶことっていっぱいありますよね。
Commented by ひろ at 2006-09-12 02:21 x
Junpeiさん、こんばんは~。
確かに、子供ができると夫婦の時間を持たなくなる人って多い気がします。
私の友人達にもそういう人、多いですよ。
夫婦からパパとママになっちゃうって言うか・・・。
こういうのも離婚が増える原因なのでしょうね。
2人の時間って本当に大切だと思います。
Commented by Junpei642 at 2006-09-12 23:21 x
ひろさん こんばんは~
今回は会えそうにないですわ。

子どもができると夫婦関係だめになる日本人多いですよね。
家の形も原因かな?

二人の時間って本当に大切です。
私にとってはとっても大切です。
Commented by なおきん at 2006-09-14 04:32 x
Junpeiさん、こんにちは
いい娘さんですね。 
Junpeiさんの夫婦への考え方、日本人というよりはヨーロッパ人のそれに近いです。 至極まっとうな考え方だと、ぼくも思います。
Commented by Junpei642 at 2006-09-14 22:17 x
うひょっ! なおきんさんからのコメントや~
めちゃ嬉しい
娘のことそんなふうに言っていただいてありがとうございます。
夫婦への考え方はお互い好きで一緒になった人なら同じだと思うんですが、なんで日本人はちょっと違う方向へ行ってしまうのかな?

Commented by 週末婚 at 2006-09-15 14:48 x
「夫婦一緒に寝るのが基本」、、、、
どうでしょうか?人はそれぞれではないかな、とも思います。

私達夫婦はお互いに1人ッ子同士、幼い頃よりやはり、両親とは別の自分の部屋で寝ていました。結婚したのが遅かった(年齢的に)からか、
結婚後ずっとお互いのプライベートな部屋を持ち、別のベッドで寝ています。

独身1人暮らしが長かったし、仕事で朝早かったり夜遅かったりするせいか、同じベッドや同じ部屋で眠る事は、お互いに逆にストレスになってしまいます。
結婚4年目子供はおりませんが、とても仲が良いですよ~。
セックスもそれほど重要視しておりません。またこれも「有り」なのです。

Commented by Junpei at 2006-09-15 22:51 x
週末婚さん コメントありがとうございます。
「夫婦一緒に寝るのが基本」 これはもちろん人それぞれです。
しかし、うちではそのように娘に伝わっているのが事実です。
うちの両親も夫婦二人で寝ていたし、主人の両親もそうでした。

お互い仕事をしていれば一緒にねるのはストレスになるかもしれませんね。疲れがとれないとかいろいろあると思います。

しかし、うちの娘にとって、
両親の仲がよく寝室を共にしていることが、何よりもの安心だったのかもしれません。




香港...出会いと別れが頻繁におとずれるtransitoryな街で、日本語を教えながら暮らしています。現在Kissing Fishというインディーバンドでベースを弾いております。ベースだけじゃなくてギター弾いて歌ったり、ドラムもたまにたたいたり、音楽とミュージシャンにかこまれ心豊かな日々を生きるパワフルおばちゃん!


by Junpei64

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
日々のつぶやき(日記)
食べる 呑む
Movie Review
Book Review
Viva! Music
Education
My sweet Tetsu
Medical topic
My Precious
香港おいしい一人飯
香港、中国
Girls Band Project
Hong Kong Indies
Japan!
英語の話
お化粧

気になるブログ/サイト

フォロー中のブログ

音楽、空間、好鐘意(大好き)!
Rock and Mov...
だるにーの脳ミソ
別館・我要的幸福
La Dolcé vita
Hachiの香港家計簿
アメリカナース日記
音楽の杜
sakuraのわがままエッセイ
エミリアからの便り
熊猫漫遊記
じゅんじゅんの香港日記
六福1☆
いつの間にか20年
こんな一日
ま、どうでもいんだけど
別冊・Hachiの香港ニ...
ミヤモーの戯言
中国茶徒然日記
フォンの野菜メニュー
おはな 山の中日記 ~北...
香港日々探検日記
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
lei's nihong...
憧れの地は香港
koedagaffe分店...
Made in Hong...
アジア暮らし
Lady Satin's...
Welcome to m...

外部リンク

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

ブログパーツ

動画配信用ASPサービス

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

タグ

(65)
(28)
(17)
(17)
(17)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)

その他のジャンル

ファン