ひらひらと飛んでいく~

今も飛んでいった200ドル
卒業記念のジャケットを買うんだって。学校名と2006と記されたちょっとかっこいいやつ。

昨日 ようやくカナダの学生ビザ(Study Permit)のアプライを済ませた。
もっと早くしたかったのだが、カナダ領事館って朝しかあいておらず、学校がExamのStudy Leaveに入ってしまうまで待っていたのだ。

香港のカナダ領事館のサイトから必要書類を揃えて火曜日に提出に行った。

日本領事館と同じビルにあるのだが、エレベーターをおりるとたくさんの人が並んでいた。
カナダにいったい何しに行くの?と思うぐらい、中国人とフィリピン人ばっかり。。。

この領事館は広州あたりまでの大陸人のビザ申請も受け付けているそうで、中国人の数が目立つのだ。だから館内の呼び出しアナウンスは広東語と普通語のみだ。

入るまでにセキュリティーを通過しなければならない。
入り口におじさんとお姉さんがいて、書類と持ち物をチェックして、この時点で不備がわかれば追い返されるのだ。実は私達も書類不備だらけだったのに、日本人は特別みたいで「日本人?OK入ってください。」って感じですぐに入れてもらえた。

番号をもらって電光掲示板にその番号が出てくるまでちょっと待った。
書類不備がいろいろあって、あらたに書類をもらったり、写真の顔がほんの少し笑っているように見えるので写真も取り直しとなった。きびしいのう

水曜日は休館日なので、木曜日また朝一番に行ってみると、休みの翌日だからか既にすごい人。結局すべての行程を終えるまで1時間以上かかった。
無事に受理してもらえて申請料金800ドルをクレジットカードで払った。
キャッシュはだめなのだ。

その後指定医療機関での健康診断に行かねばならず、一番近くの病院へ行った。
私の職場とはまったく違う、小汚い小さなクリニックなのに料金だけは一人前で、1450ドルもしたのだった。これもクレジットカードでと思っていたら、"Cash only"だったのだ。
あわてて最寄の銀行へ走りお金をおろしてもどってきた。
それにしても高すぎるよう~
カナダ政府がめちゃくちゃ抜いているんだろうな。
娘が終るまで待っていると、次から次へとカナダ領事館から人が流れてくる。
一人の女の子に聞いてみたら、申請からビザがおりるまで、なんと6週間もかかるらしい。
日本だと2週間なのでやはり日本って国は恵まれているのだなとつくづく思った。
健康診断も日本ではしていないみたい。

血液検査の項目にはHIV(エイズ)の検査も含まれていたぞ!

そんな感じでビザ申請は無事終った。

オフィスに戻り、今度は彼女がカナダへ行く時のチケットの手配をしようとしたら、
どれもこれもすべて満席でどうしようもないことがわかった。
9月1日にトロントに着かなければならない。余裕をもってここを31日に出発して31日に到着というスケジュールをたてていた。
ところがこの辺りのチケットはすべて売り切れなのだ。
特に値段が少々安い韓国系のエアラインは、ソウル→トロント間が既にいっぱいということでぜんぜんだめ。
台湾を経由して、アメリカの各地に寄っていくEVA AIRも全部いっぱい。
本当にどうしようかと思ってしまった。

結局29日に席が空いていたキャセイの直行便を予約してもらった。
31日はWaitingだ。
チケットの値段はHK$10,800+Tax 高いよう~

というわけで、昨日1日だけでもひらひらと飛んでいったものの額はすごいことになった。

これからまだまだかかりそう。

娘がカナダに行ってしまった後はひたすら働くしかないな。

頑張るぞ~
[PR]
by Junpei642 | 2006-06-16 14:19 | Education | Comments(8)
Commented by 健さん at 2006-06-17 15:12 x
『金は天下の回り物』
きっと戻ってきますよ。

でも、自分のところから飛んでいった金。
今頃どこで何をしているのでしょうか?
早く帰ってきてくれ~~~~~!!
Commented by middle-angel at 2006-06-18 17:13 x
10年ほど前の我が家を思い出しています。
娘が大学在学中は信じられないほどのお金が飛んでいってましたよ。
まあ一人娘なので何とか必死でやってきましたけど、もう一人子供がいたら絶対無理でしたよ(苦笑)
お嬢さん、いよいよですね。カナダに行かれたあと、しばらくは
淋しいでしょうけど、夫婦2人のライフスタイルも慣れると楽しい
ですし、親子関係にも物理的なものだけでなく、ほどよい心の
距離感も出てきて、私は楽しませてもらいました。
Commented by Junpei642 at 2006-06-18 23:16
健ちゃんの言うように戻ってきてくれたらいいのにな~

健ちゃんのとこから飛んでいったのだって戻ってきてないのに、
うちのが返ってくるとは考えられません。

香港早く来てね。
Commented by Junpei642 at 2006-06-18 23:20
Middle Angelさんお久しぶりです。
お元気ですか?

やっぱりそちらでもお金が飛んでいってしまったのですね。

うちもあと4年なんとか頑張りたいと思っています。

彼女がいなくなった後 どんな風に暮らそうかと
実は非常に心配しています。
Angelさんのところのように仲良く暮らしたいです。

離れた親子関係は寂しいですが、ある意味楽しみでもあります。
今はSKYPEやMSNもあるし、考えているより頻繁に連絡がとれるかな?
Commented by middle-angel at 2006-06-19 00:26 x
ありがとうございます。元気にしています(*^.^*)
娘が高校交換留学の時はまだPCもなく、行って帰って2週間の手紙が
主たる連絡手段でした。電話料金も高かったですしね。
でも大学時代、その後のNY社会人生活ではメールの交換、HPでの
間接的な近況報告、チャットなど、コミュニケーションは飛躍的に楽に
早くできるようになりました。自分の留学時代(30年以上前・苦笑)を
考えると夢のようですね、今は。
Commented by ひろ at 2006-06-19 01:32 x
Junpeiさん、こんばんは~。
色々もの要りで大変ですね。
でも、お金は使わないと入ってこないとも言いますよ。
感謝して使うと、友達を連れて帰ってきてくれるんですって。

ちょっとした、おまじないなんですけど。
お金を使うときに、
「いつも世の中を豊かにしてくれてありがとう。
お友達連れて帰ってきてね」って心の中で言うと良いらしいですよ。
私もこれやってま~す。
Commented by Junpei642 at 2006-06-19 16:02
MiddleAngelさん お元気そうで何よりです。
PCが無い頃が懐かしいですね。
手紙というのは時間がかかりますが風情ありましたね。
毎日郵便屋さんが来るのを待つ時間も好きでした。

とにかく心配いっぱい、楽しさいっぱいの4年間になるんでしょうね。
Commented by Junpei642 at 2006-06-19 16:03
ひろさん
やっぱり感謝して使わないとだめですね。
これからは買い物のたびに心の中で声かけることにします。
良い情報ありがとうございます。


香港...出会いと別れが頻繁におとずれるtransitoryな街で、Rock'n'Rollをこやしに生きています。若返りのマジックワードを心に今日も頑張る~~


by Junpei64

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
日々のつぶやき(日記)
食べる 呑む
Movie Review
Book Review
Viva! Music
Education
My sweet Tetsu
Medical topic
My Precious
香港おいしい一人飯
香港、中国
Girls Band Project
Hong Kong Indies
Japan!
英語の話

気になるブログ/サイト

フォロー中のブログ

音楽、空間、好鐘意(大好き)!
Rock and Mov...
だるにーの脳ミソ
別館・我要的幸福
La Dolcé vita
Hachiの香港家計簿
アメリカナース日記
音楽の杜
sakuraのわがままエッセイ
エミリアからの便り
熊猫漫遊記
じゅんじゅんの香港日記
六福1☆
いつの間にか20年
こんな一日
ま、どうでもいんだけど
別冊・Hachiの香港ニ...
ミヤモーの戯言
中国茶徒然日記
フォンの野菜メニュー
香港*テクテク
おはな 山の中日記 ~北...
香港日々探検日記
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
lei's nihong...
憧れの地は香港
koedagaffe分店...
Made in Hong...
アジア暮らし

外部リンク

以前の記事

2017年 03月
2016年 09月
2016年 08月
more...

ブログパーツ

動画配信用ASPサービス

ブログジャンル

海外生活
50代

検索

タグ

(63)
(28)
(17)
(17)
(16)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)

その他のジャンル

ファン