EAGLES!!!! Farewell One Live in Hong Kong(書き足しました)

ゆうべは待ちに待ったEAGLESのコンサート
ホンハム駅の大堂で7時半に待ち合わせだったので、結構余裕を持ってバスに乗ったのにも関わらず、めちゃくちゃ混んでいて開演時間8時ギリギリに待ち合わせ場所に到着した。
めちゃあせったよ。すんません。お待たせして
タイのコンサートのことが新聞にのっていて、そこでは開演がすごく遅れたと書いてあったのだけれど8時15分にいきなり会場の照明が暗くなって、あっという間にコンサートが始まった。この始まり方はちょっとびっくり。
1曲目はイントロを聞いたら誰でもわかる"Long Run"だ。
そうそう、席は588ドルのところにもかかわらずステージから結構近くて、メンバーが歌っているのを後ろから見ることになるのだけれど、それでもユーミンの時よりずっと良い席だった。
スクリーンもちょうど私たちの右手に大きいのがあってラッキー、ただし映像が左右ひっくりかえっており、メンバーみんなサウスポーになっていたのには笑ったけれどね。
2曲目、3曲目はホテルカリフォルニアから2曲ということで、"New Kid in Town"そして"Wasted Time"と続いた。
グレン・フライの優しいボーカルも素敵だけれど、ドン・ヘンリーの"Wasted time"は心に染み入るような気がしたよ。
今回のコンサートはグレン・フライが頑張っていたな。
その次は"Peaceful Easy Feeling"だったかな?もうこのあたりから曲目ははっきり覚えてないけれど、"I can't tell you why","In the city","Already Gone","Take it to the limit"などなど、この曲ドン・ヘンリーの曲やったっけ?と思った、"Boys of summer"(80年代って感じで懐かしいよ)そして"One of these nights"これまた最高でした。でもなんと言っても私が楽しみにしていた、Joe Walshの"In the city"は予想通り素晴らしかったな。ワッツァ~~プッ?
確かその後Breakに入って、次のステージはHell freezes over風で、メンバーがずらっと横並びで椅子に座っての演奏だった。これって目の前で見たかったなあ。
ドン・フェルダーがいないのが寂しかったけど、まあそういうのもあまり感じさせないぐらい楽しませてくれました。長い曲だけれどすぐにできたという"Lyin'Eyes"この曲はイーグルスの曲の中で一番かわいい曲だと私は思うんだけれど、とっても良かったよ。
そして"Tequila Sunrise"なんかがあったのかな?
私の大好きな"Love will keep us alive"も確か後半だったと思うんだけれど、これは涙ちょちょキレもんだ。Hell freezes...ではジョーがギターを膝の上にのせて、ギターに顔がひっつきそうな感じで弾いていたけれど、昨日は普通にやってたなあ。って立ってやってたからあたりまえか!
ティモシーは昔とちっとも変わっていなくて声も素敵で良かったよ。
その後、あまり知らない曲がいくつかあったけれど、どれもノリノリで楽しませてもらいました。Joe Walshがヘルメットかぶって、ちょっと酔っ払いみたいな感じで歌う、"Life's been good"はめちゃくちゃおもしろくて、最初の出だし"I have a manshion..."ってところを無理に音はずしたり、"They say I'm a crazy but I have a good time"ってところも上手にやってた。やっぱりJoeが一番!と思わせてくれる見所かな?
そして誰でも知っている""Heartache tonight"と"Life in the fast lane"でとりあえずおしまい。もちろんアンコールに続くわけだけれどね。
アンコールでやっと"Hotel California"登場
こっちはHell freezes overのホテルカリフォルニア風ではなく、もっとイントロの短いやつね。でもなかなかのりのりで、オーディエンスも共に大合唱状態。この時、他に何か曲やったっけ?
その次2曲はホーンセクションがおもいっきり目立っていて、グレンフライ踊りまくり、のりのりの2曲だったけれど、私にはなじみの無い曲でして、オリジナルセットリスト通りなら、"Rocky Mountain Way"と"All she wants to do is dance"だと思う。
つまりグレン・フライが踊ってたのはそういうわけなんだよね。
そしてまた引っ込んで、結局お待ちかねの"Take it easy"と"Desperado"が最後の最後だった。
出てくるのがわかっていても"Take it easy"と叫ばずにはいられない感じで、あのギターをジャンジャカかきならすなじみのイントロが出てきたときはほっとした。これまたみんなで大合唱。
"Desperado"はDonのボーカルにレスペクトしながらしんみり心行くまで楽しんだって感じ。
客たちはこれでもうおなかいっぱいって感じで幸せそうだったよ。
もちろん私も
帰りのバスの中、MDでHell freezes overを聞きながら、ああこの声の持ち主が今まで目の前にいたんだ~とうっとりしながら帰路につきましたわさ。
ああ楽しかった。

ハーバーフェストからこっち、香港でコンサートを見る機会が増えてきて嬉しい。昨日のEaglesの様子を見た感じでは、同じぐらいのバンドなら充分集客力があるんじゃないかな?
でも若い世代のバンドはどうかな?
難しいけれど、このままビッグな人たちがわんさかきてくれるといいな。
[PR]
by junpei642 | 2004-10-21 22:02 | Viva! Music | Comments(0)


香港...出会いと別れが頻繁におとずれるtransitoryな街で、日本語を教えながら暮らしています。現在Kissing Fishというインディーバンドでベースを弾いております。ベースだけじゃなくてギター弾いて歌ったり、ドラムもたまにたたいたり、音楽とミュージシャンにかこまれ心豊かな日々を生きるパワフルおばちゃん!


by Junpei64

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
日々のつぶやき(日記)
食べる 呑む
Movie Review
Book Review
Viva! Music
Education
My sweet Tetsu
Medical topic
My Precious
香港おいしい一人飯
香港、中国
Girls Band Project
Hong Kong Indies
Japan!
英語の話
お化粧

気になるブログ/サイト

フォロー中のブログ

音楽、空間、好鐘意(大好き)!
Rock and Mov...
だるにーの脳ミソ
別館・我要的幸福
La Dolcé vita
Hachiの香港家計簿
アメリカナース日記
音楽の杜
sakuraのわがままエッセイ
エミリアからの便り
熊猫漫遊記
じゅんじゅんの香港日記
六福1☆
いつの間にか20年
こんな一日
ま、どうでもいんだけど
別冊・Hachiの香港ニ...
ミヤモーの戯言
中国茶徒然日記
フォンの野菜メニュー
おはな 山の中日記 ~北...
香港日々探検日記
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
lei's nihong...
憧れの地は香港
koedagaffe分店...
Made in Hong...
アジア暮らし
Lady Satin's...
Welcome to m...

外部リンク

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 03月
more...

ブログパーツ

動画配信用ASPサービス

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

タグ

(65)
(28)
(17)
(17)
(17)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)

その他のジャンル

ファン