日本で英語を教えるにあたって非常に大切な点

日本にいないのでよくわからないけれど、小学生から英語教育は始まっているのかな?
でもたぶん、まだ英語文化を楽しむ程度の英語教育という枠からは抜けていないのかな?

ここ香港では、英語も中国語も幼稚園から始まっていて、親が香港人でもヘルパー(メード)が英語を話していれば、子供も自ずと英語を話せるようになるので、小さくても上手に話している子は多い。
街にも英語を話す香港人の数は日本に比べたらものすごい数がいるわけだけど、その反面、ぜんぜん英語がわからない子も結構な数いるので、幼稚園から英語教育を始めたからと言って、きちんと身につくわけでもない。
つまり育ってくる環境に左右されるようです。

なので、仮に日本の幼稚園も英語教育を取り入れたとしても、簡単なフレーズが言えたり、文字が読めたり書けたりの域に到達するのはそれほど大変ではないけれど、使える言葉として身につくまでは、今の教育の元では無理かなと思います。

しかし、中学からの英語教育は、きちんと学べばある程度の言葉が操れるぐらいの内容になっているので、
小学生のうちからあれこれやるよりも、小学生のうちに国語力を磨いて、自分が考えている事を日本語できちんと伝えられるか、または作文も含めて文章にできるかということの方が大切なのです。
母語を犠牲にしてまで外国語をやる必要は無い。言い切ってしまいますが、私はそう思います。

英語は世界中で通じるのでできれば便利です。
中学校3年間で学ぶ英語のグラマーは限られていますが、簡単なことを伝えるためには十分です。
そして語彙も結構な数、出てきますから、それも十分だとは思いますが、
海外に出て、インター校に入ってしまうと、それはそれは基本的な部分のみはカバーできますが、授業で使う教科書に出てくる語彙数、またはグラマー、イディオムなどは上限がありませんから、最初はかなり苦労します。
それでも、英語を言葉としてきちんと理解していれば、知らない言葉、イディオム、フレーズなどは自分で調べて、あとから自分の頭の中に蓄積していくだけなので、基本的なことを学びなおすという時間はSaveできます。

ですから、将来海外に出るチャンスがあるかないか、それは人によってぜんぜん違うと思いますが、
中学で学ぶ英語をきちんと理解しておくことは無駄にはならないと思います。

では、どのようにしたら、簡単に理解できるのか?
それは日本語のロジックを忘れて、英語のロジックを素直に受け止めていくことだと思います。

私は今日レストランで北京ダックを食べました。

日本人は意識していないかもしれませんが、日本語というのはほとんどにおいて、動詞が文の終わりに来ます。
そして多くの場合、私と言う主語は欠落します。今日 レストランで 北京ダックを食べたよ。
時間、場所、目的語、動詞という並び方が一般的です。

英語はどうかな?
I had Peking Duck in the restaurant today.
英語の場合 主語が欠落することはほとんどありません。
主語 動詞 目的語 場所 時間

まあこんな感じでしょうか?このグラマーというかきまりをすんなり受け止めることが大切で、
学校の先生も、そこが違うんだってことを徹底的に印象づけることをした方がいいと思います。

日本語も動詞がやっかいなのと同じく、外国語も動詞がやっかいです。英語はまだ簡単な方でラテン系の言葉は動詞の変化がもっと複雑です。書き出すときりが無いけれど、外国語を学ぶにあたって、ここだけははずせないという重要なポイントは最初にうるさいほど教え続けるのが、言葉が定着するポイントかな?
あとは先生が英語の時制を100%理解していないと、時に教えづらい内容があるということかな

日本語の動詞の変化も難しいけれど、それよりも「てにをは、助詞」が大切ですよね。
私は生徒に何度も何度もやらせるけれど、センスが無いといつまでもちんぷんかんぷんで、どこに何を使っていいのかわからないという生徒もたまにあらわれます。

どの言葉もこういうポイントがあります。
それをどれだけ効率よく生徒に教えるかは先生の腕次第だと思う。
こんなロジックをきちんと理解するためにも、ある程度の年齢になっていることは大切かな?
早く始めて楽なのは発音ぐらいかな?
Phonicsは小学生の間にやっておけばいいかも!
そうすることで、中学でスペルを覚える苦労が軽減されるという意味で。

実は、私はここに書いたこと、ほとんど意識しないですんなり吸収できてたんですよ。
それはたぶん中学時代にわけもわからず英語の歌をいっぱい歌ったり、歌詞カードを読んだりしていて、
自然なリズムが出来てしまっていたからだと思います。

発音、スペルに関しては、それにものすごくうるさい家庭教師に徹底的にやらされたのが良かったみたいです。
発音記号がきちんと読めて書けるのはこの人のおかげ。

英語のグラマー苦手という方、英語教えます。メールくださいね。

それから、香港に赴任後、お子さんをインター校に入れた、または入れさせる予定、日本人学校の英語クラスについていくための英語の家庭教師をお探しの方おられましたらご連絡ください。
英語Tutorの斡旋をしております。日本語が話せる先生もいます。

英語Tutorだけでなく、北京語、フランス語の先生のアレンジも可能です。

現在香港在住の台湾人の先生が、広東語、北京語の生徒を募集中です。
駐在員奥様のグループレッスン、個人レッスン可能です。
彼女は日本語を話せますので、丁寧に学んでいただけます。

詳しいことは juniper_dr24@hotmail.com までメールください。

b0080418_20551851.jpg
                        よろしくにゃん



香港のインターナショナルスクールについて書いています。入学のためのアドバイスも行っております。

人気ブログランキングへ
ブログランキングです。クリックよろしくです。


にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ今日もよろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ ベースへ


free counters

[PR]
by Junpei642 | 2014-12-13 20:56 | Education | Comments(0)


香港...出会いと別れが頻繁におとずれるtransitoryな街で、Rock'n'Rollをこやしに生きています。若返りのマジックワードを心に今日も頑張る~~


by Junpei64

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
日々のつぶやき(日記)
食べる 呑む
Movie Review
Book Review
Viva! Music
Education
My sweet Tetsu
Medical topic
My Precious
香港おいしい一人飯
香港、中国
Girls Band Project
Hong Kong Indies
Japan!
英語の話

気になるブログ/サイト

フォロー中のブログ

音楽、空間、好鐘意(大好き)!
Rock and Mov...
だるにーの脳ミソ
別館・我要的幸福
La Dolcé vita
Hachiの香港家計簿
アメリカナース日記
音楽の杜
sakuraのわがままエッセイ
エミリアからの便り
熊猫漫遊記
じゅんじゅんの香港日記
六福1☆
いつの間にか20年
こんな一日
ま、どうでもいんだけど
別冊・Hachiの香港ニ...
ミヤモーの戯言
中国茶徒然日記
フォンの野菜メニュー
おはな 山の中日記 ~北...
香港日々探検日記
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
lei's nihong...
憧れの地は香港
koedagaffe分店...
Made in Hong...
アジア暮らし
Lady Satin's...
Welcome to m...

外部リンク

以前の記事

2017年 08月
2017年 03月
2016年 09月
more...

ブログパーツ

動画配信用ASPサービス

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

タグ

(64)
(28)
(17)
(17)
(16)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)

その他のジャンル

ファン