子育てと親育てinteractive にできる時期が来たんだ

夕べ久しぶりに実家に電話をした。

父も元気そうで何よりだった。
そして父のところから大学に通っている娘も元気にしていた。

家のインターネットや電話をFiberに変えて家中Wi-Fi、コンピューターも新しく作り直し、父は父で長年酷使してきたPCがぶっこわれ、これまたノートブックに買い替え、みんな快適な暮らしをしているみたい。

娘は夏休みの間の翻訳の仕事をコツコツとやっているようす。
良い仕事にめぐり合えて良かったねえ。
3ヶ所でスカイプ会議をしながら仕事をしているそうだ。

その後も娘とはスカイプで長い間チャットをしていたのだが、
彼女は親しい友人のことで悩んでいた。

娘は思春期の難しい時期でも、比較的オープンに自分のことを話していたように思う。
もちろんすべてではないし、私の知らないこともたくさんあるに決まっているけど、
私が彼女と同じぐらいのころ、母親には何も話すことができなかった。
極端に物事の捉え方、感じ方、そして固定観念なるものもものすごくあったし、母には恋の悩みなんて絶対に相談できないオーラがただよっていた。

だから好きな人の話なんて母親にしたことがないし、結婚するときだって何も心情的なことは彼女には話さなかった。彼女はいやなものを思いっきり無視して考えないという態度を平気で取れる人だったし。
それ考えると、娘は私になんでも話すし、私は娘だって、友人だって、変わりなく相談にのるのでかなり深い話までできる相手だ。
心理学を学んでいたのと、彼女は彼女なりにいろいろ経験しているのもあって、なかなか興味深い会話が成り立つ。

そんな会話の中に、まだ子育ては続いていることを感じたし、彼女と話すことで、あらためて親としてのrailwayに戻ってこられた気がした。何せ娘が日本に帰ってからというもの、私は母親であることを放棄していたようなものだから。ぜんぜん連絡取らないし、彼女もなんとも言って来ない。これはお互い信頼しあっているからかもしれない。
ぜんぜん寂しいと思わないみたいだしね。
でも元の軌道に戻ってこられたような気がして何気に嬉しい。
子育てしながら、親育てされているようなもんだ。

二人でいろいろ話してて、やっぱり親子なのか、友人の中で似た様な役割をしているところがある。
ある事は親子してそっくり。だからよけい彼女の気持ちとか、そうしてしまう動機みたいなことも理解しやすい。
子供ってかわいいだけじゃないし、やっかい事も何度も起こす。面倒な存在な時期もあるけど、
でもそういうのをいやと言うほど潜り抜けて、子供も育ち、親も育っていくんだなあとつくづく思う。

子供が小さい間もかわいくていいけど、本当に相手としておもしろい存在になれるのは今みたいな時期なのかもね。私は子供としてそんな親子関係は築くことできなかったけど、その分楽しい娘を持つことができたのでまあいいか。

これでまたしばらくは父親とも娘とも連絡を取らなくなるんだろうけど。

その分、あちこちの息子くんみたいなのが声かけてきてくれるからいいんだ。
私がベースを初めてからというもの、いろんな人がそのことについてFBで声かけてきてくれる。
わからんことは同じくBassPlayerの彼らに聞けばいいので非常に便利。
助かるよ。

さて今日もベースの練習しなくちゃ。

motivationを失いおろそかになっていたエクササイズも再開!
頑張る。私!!!


さて今日の一曲は何がいい?

ちょっと悲しい曲だけど、きっとたくさんの人がこの曲に助けられたはず!



狭いこの街で顔をあわせ
交わす微笑みに胸を痛め、
ああ少しずつ ああ少しずつ 何にも感じなくなっていくのね。

ユーミン最高やね。やっぱ!

そういえば小さい娘連れてユーミンのコンサート行ったなあ。


同感!と思われたらポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ



人気ブログランキングもよろしく


free counters


JunpeiのオリジナルWebshop たるたらんどう のご案内です。

b0080418_12363881.jpg
ハワイでおなじみのスパム(ランチョンミート)をカットするための
スパムカッターを販売しています。
お店はこちら






b0080418_1239664.jpg
花茶を楽しむための手作り透明マグカップ&透明マグカップ+花茶セット
お店はこちら
[PR]
by junpei642 | 2011-08-26 14:54 | 日々のつぶやき(日記) | Comments(10)
Commented by lei at 2011-08-26 17:04 x
わ〜 なつかしい歌
彼女は知らないなら友達になるわ
それしかあなたに会うチャンスはないもの 今は〜
…という部分に、オンナってコワイ!と思いました。
そうかと思えば「土用波」なんていう
なんとなく素朴な単語もあったりして。

親子はいつまでも親子ですね
私は親になったことありませんが
子供がいたらいつまでも心配しそう!
Commented by いずたまある at 2011-08-27 10:04 x
人を育てることは自分自身を育てることだと私はいつも思います。
大きくなってからは子育てを意識したことはありませんが、
今に思えばそれは我慢の連続なんでしょう。
いつかわかる時が来る・・・ 
そう思うんですけどね。
Commented by Junpei642 at 2011-08-27 10:34 x
leiちゃん
ハハハ、そうだよね。このフレーズ怖いよね。こういうドキッとするような歌詞がユーミンには多いと思う。
子供のことは心配といえば心配だけど、心配してたらキリがないのであきらめの境地でもある。
Commented by Junpei642 at 2011-08-27 10:37 x
いずやん
人を育てて自分も育てるというのは、育ててみて思うことですよね。
我慢の連続で、きっつい時期もありましたよ。
でもそれから開放されたあとは、特に母娘では関係がおもしろく変わっていくと思います。
Commented by まる at 2011-08-27 11:03 x
ユーミンの声って、昔はあまり好きではなかったのですが、こんなせつない曲でも、さらっとした感じに聞こえる声、歌い方がとてもいいなぁと思います。 これからも、ユーミンのおすすめの曲を紹介してください! あっ、”中央フリーウェイ”という曲はとても好きです。

私も、子供はいませんが、もし自分に性格が似た子がいたら・・気持ちがわかるからこそ、心配でしょうがなくなりそうです。
Commented by koedagaffe at 2011-08-27 14:18
いずたまあるさんの思いに1票。
でも、自らの子どもでそう感じることができたわけではないので、
子どもと接したり、後輩くんたちと関わったりする中で感じたことですけれど。
おっしゃる意味での我慢をしなくなった保護者が昔よりも多いから、今は色々難しいです。
…バイクで米軍横田基地わきの16号線を走りながらウォークマンでよく聴いていたこの曲。
ユーミンは大人の女性なんだろうなあ…と、その頃から感じていました。(笑)
この1曲が入っているアルバム「REINCARNATION」だったかなあ。違ったかな。
あ、違う、「PEARL PIERCE 」だね、きっと。
この2枚のアルバム、かなり聴き込みました。曲と曲の繋がりも良かった。
Commented by junpei642 at 2011-08-27 17:52
まるさん
ユーミンの声を好きになるには時間を要するかもしれませんね。今日もセントラルの街を歩きながらユーミンを聞いていたのですが、心にスッと入ってくるんです。時にはハッとして、涙がこぼれそうになったり、なかなかそういう気持ちにさせてくれる歌手はいなかった。だから特別。中央フリーウェイだってうまいですよ。あれはユーミンだんなとの思い出の曲なんですって。コンサートに行ったときエピソード聞きました。
子供は親にやっぱり似ますよ。どの段階でも子供が人間として苦労している話を聞くとなぜか泣きそうになったり、私は未熟な親なのかもと思いました。
Commented by junpei642 at 2011-08-27 17:55
こえださん
私とはまた違ったアングルで子育てをしておられるので、私以上に思うことあると思います。私もまた子供と接する時間が9月からはじまります。楽しいけどしんどいですね。
ユーミンはReincarnation, Pearl Pierceあたりは最高ですよね。またユーミン特集のブログ書くつもりです。今までなんとも思っていなかったけど、ちょっとしたことで、実に心に染み渡ったり、道歩きながらユーミンに泣かされています。
Commented by bravo1212 at 2011-08-28 00:43
うちも二人の娘がいるけど いくつになっても やっぱり心配です。
上の娘とは最近月2回 ゴスペルの練習で会うから 前より
会う頻度があって いい感じです。
下の娘はバイトがハードだから 体が心配です。
今日もバイト先のみんなと打ち上げでカラオケのオールに行って
明日はそのまんま 遊びに行くそうです。
小さい時みたいに、親の言うとおりにはいきませんね。
お姉ちゃんは私に性格が似てる所もあるから、そこが目につくと
自分のいやな部分を見てるようで イライラします。
とにかく 幸せになってくれることを 願うだけです。
ユーミン好きだけど この頃のユーミンの曲知らないみたいです。
また、楽しみにしています。
Commented by Junpei642 at 2011-08-28 10:06 x
ブラボーさん
自分が管理してきた子供が、一人の人間として当たり前に自由に生きようとする瞬間、なかなか手放すことができないのかもね。うちは17歳で一度離してしまったので、ちょっと違うかなあ。
今も離れているしね。
この頃のユーミンを知らないというのは衝撃です。youtubeにいっぱいあるよ。あとでユーミンのこと書くね。


香港...出会いと別れが頻繁におとずれるtransitoryな街で、日本語を教えながら暮らしています。現在Kissing Fishというインディーバンドでベースを弾いております。ベースだけじゃなくてギター弾いて歌ったり、ドラムもたまにたたいたり、音楽とミュージシャンにかこまれ心豊かな日々を生きるパワフルおばちゃん!


by Junpei64

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
日々のつぶやき(日記)
食べる 呑む
Movie Review
Book Review
Viva! Music
Education
My sweet Tetsu
Medical topic
My Precious
香港おいしい一人飯
香港、中国
Girls Band Project
Hong Kong Indies
Japan!
英語の話
お化粧

気になるブログ/サイト

フォロー中のブログ

音楽、空間、好鐘意(大好き)!
Rock and Mov...
だるにーの脳ミソ
別館・我要的幸福
La Dolcé vita
Hachiの香港家計簿
アメリカナース日記
音楽の杜
sakuraのわがままエッセイ
エミリアからの便り
熊猫漫遊記
じゅんじゅんの香港日記
六福1☆
いつの間にか20年
こんな一日
ま、どうでもいんだけど
別冊・Hachiの香港ニ...
ミヤモーの戯言
中国茶徒然日記
フォンの野菜メニュー
おはな 山の中日記 ~北...
香港日々探検日記
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
lei's nihong...
憧れの地は香港
koedagaffe分店...
Made in Hong...
アジア暮らし
Lady Satin's...
Welcome to m...

外部リンク

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 03月
more...

ブログパーツ

動画配信用ASPサービス

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

タグ

(65)
(28)
(17)
(17)
(17)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)

その他のジャンル

ファン