夢破れるということをどう受け止めるか

今日は友人の仕事がうまく行ったのでその祝杯を近所のバーであげていた。
彼女は男みたいな人で、それなりの修羅場をこの数年間でたくさん経験している人。
そして、自分の足で歩き始めて、その最初の仕事がなんとかうまく行ったということで、
私もそれなりに嬉しくて、短い間だったけど祝杯の時を共に過ごしてきた。
本当におめでとう!
彼女はrealityをきちんとわかっている人だ。

On the other hand この言葉が適切かな?

朝から素晴らしい音楽を完全に作り出せるほど才能にあふれていると見えた、
若いイギリス人から、夢破れた現実を見せ付けられた。

いつも彼の作品には感動させられる。
今日もそうだった。
だからその言葉を正直に綴ったコメントを入れたところ、
「いつもありがとう。」という言葉でChatが始まった。

"How are you?"と何気なく入れた言葉に、
"It's time to go. I have to leave here next week."と書かれていた。

頑張ってきたけど、もうやるべきことはすべてやった。
しかし、自分がやりたかったことはここではできなかった。
これ以上ここにいることはできないからI will fly

そう聞いた私は、
You can do something at least. と答えた。

でもそれに返って来たコメントは、
I don't have something to do anymore.
It's over.

なんて寂しい言葉なんだろう。
私はやるせなくなった。

彼の香港ドリームは打ち砕かれた。

彼ほど才能があっても、彼のできるたった一つの特質。ギターを弾くこと
それでは生計をたてていくことはできないのだ。

彼はオリジナルの音楽にこだわりすぎたがために、カバーバンドとして生きていく道を踏み外した。
まずはカバーバンドでもいいじゃないか。食べていくことができればそれを由としよう。

Amazoniaの箱バン Ice Boxはかつて、とても有名なバンドとしてフィリピンに君臨していた。
しかし、フィリピンでオリジナルバンドで成功することは難しく、結局流浪の旅に出た彼ら。
日本などに滞在しながら、お金になる香港に定着し、夜通しカバー曲のみを演奏し続ける箱バンとして生きていくしか道はなかった。でも私はI respect your decision.と彼らに言いたい。
生きていくとはそういうことでしょう。

彼はそういう道を選ぶことができなかったために、今の結果を生み出したのだ。
弁護士の最後のアドバイス
これからホテルに売り込みをかけるには時間がなさすぎる。
プロモビデオを作るためにプロのカメラマンを雇うことはできない。
私で良ければビデオぐらい撮ってあげるのに。と言う言葉を飲み込み。
I'm sorry I cannot help you. と締めくくった。
誰でもいい。話しをしたかったのだろうけど、なぜ私に言うの?

同じように自分の夢を追いかけるもう一人の青年がいる。
彼とて同じ状況だ。
朽ち果てかけた武術の精神を伝えるという行為をひたすら追い求めている。
しかし、McDojoと呼ばれる、完全にスポーツ化したマーシャルアートを、
原点にもどって哲学としてひろめるには時代が成熟しすぎている。
でもそれでも頑張る姿は空回りしすぎで見ていられない。
時には私の励ましでなんとか強気になってくれるけど、弱いときの彼は見ていられない。

私の周りになぜ、似た様な青年が一気に集まってくるのか謎だ。

いくら大人のおばさんとして、言葉を重ねても二人に届くことはないことがよくわかった。
I cannot do anything for you.
なんだか空っぽな気持ちにさせられる。

青年とはいえ、二人とももう30歳に残すところわずかという年齢だ。
そろそろ現実をきちんと見て欲しい。
二人とも自分がArtistだと思っているのでお金は生活していくだけのfuelでしかない。
そういう点もこの二人は共通している。
そうじゃないんだ。ということは決して彼らには届かない。

イギリスに帰っても何かがあるわけではない。
だからこそ香港にやってきたのだから。

私が望むのは、Have your own family one day and make their life happier.

でも太古の昔から夢追い求めたArtistsが同じように生きてきたのだろうと思う。
報われるのは彼らが鬼籍に入ってからかもしれない。
夢破れても追い求めるのが彼らの人生なんだよね。
Artisticじゃない私には一生わからないことなんだろうな。

Hope your future will be brilliant.
頑張れ!



にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
今日もよろしくお願いします。


人気ブログランキングもよろしく


free counters


JunpeiのオリジナルWebshop たるたらんどう のご案内です。

b0080418_12363881.jpg
ハワイでおなじみのスパム(ランチョンミート)をカットするための
スパムカッターを販売しています。
お店はこちら






b0080418_1239664.jpg
花茶を楽しむための手作り透明マグカップ&透明マグカップ+花茶セット
お店はこちら





香港島中環Centralに新しい救急クリニックオープン!
緊急時、夜間の急病にドクターがご自宅、ホテルのお部屋までかけつけてくれる、
House Call=往診サービス開始!!


日本語ホットライン:香港(852)61474427
[PR]
by Junpei642 | 2011-06-10 00:27 | 日々のつぶやき(日記) | Comments(4)
Commented by りすこ at 2011-06-10 19:01 x
なんともセツナイお話ですね。
画家の奈良美智が
「売れてからよりも売れる前の夢に向かって頑張っているときの方が楽しかったし、幸せだった。」
と言っていたた事を思い出しました。

夢破れた彼も彼女も、充実した時を過ごしたのだと
思いたいですね。
Commented by Junpei642 at 2011-06-10 20:28 x
りすこちゃん
お久しぶり。お元気ですか?
奈良美智は今香港でブレークしてますよ。びっくりなぐらい。

夢破れたのは彼です。そして今必死で追い求めているのも彼です。
成功の道を一歩踏み出したのが彼女です。
追い求めてる彼、なんとかうまく行って欲しいけど難しいだろうな。
Commented by いずたまある at 2011-06-11 11:05 x
いつかは現実を突き付けられてしまうんです。
それまでは見えていそうなのを横を向いて見ないことにして
夢を追い続けることに熱中して。

若い頃の夢を追い続けるなんて普通は無理です。
ほんのひとにぎりの「強い運・健康な体・やり抜く情熱」の
三拍子揃った人がつかむんでしょう。
Commented by Junpei642 at 2011-06-12 16:52 x
Izuやん
そうだよね。成功する人なんて一握りなんでしょうね。
今、ちょうど帰国する子とChatしていたんだけど、火曜日に帰ってしまうそうです。今日は朝からずっと英語でチャットしてて頭おかしくなってきた。


香港...出会いと別れが頻繁におとずれるtransitoryな街で、Rock'n'Rollをこやしに生きています。若返りのマジックワードを心に今日も頑張る~~


by Junpei64

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
日々のつぶやき(日記)
食べる 呑む
Movie Review
Book Review
Viva! Music
Education
My sweet Tetsu
Medical topic
My Precious
香港おいしい一人飯
香港、中国
Girls Band Project
Hong Kong Indies
Japan!
英語の話

気になるブログ/サイト

フォロー中のブログ

音楽、空間、好鐘意(大好き)!
Rock and Mov...
だるにーの脳ミソ
別館・我要的幸福
La Dolcé vita
Hachiの香港家計簿
アメリカナース日記
音楽の杜
sakuraのわがままエッセイ
エミリアからの便り
熊猫漫遊記
じゅんじゅんの香港日記
六福1☆
いつの間にか20年
こんな一日
ま、どうでもいんだけど
別冊・Hachiの香港ニ...
ミヤモーの戯言
中国茶徒然日記
フォンの野菜メニュー
おはな 山の中日記 ~北...
香港日々探検日記
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
lei's nihong...
憧れの地は香港
koedagaffe分店...
Made in Hong...
アジア暮らし
Lady Satin's...
Welcome to m...

外部リンク

以前の記事

2017年 08月
2017年 03月
2016年 09月
more...

ブログパーツ

動画配信用ASPサービス

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

タグ

(64)
(28)
(17)
(17)
(16)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)

その他のジャンル

ファン