Identity Crisis!! ついに目覚めたか!

娘が日本に帰ってそろそろ1年になる。

無事大学にも合格、4月から再び大学生になったのだが、
ついについに、いつ気づくのだろうかと思っていたのだが、
アイデンティティークライシス Identity Crisisに見舞われているらしい。

母の日の夜に久しぶりにSkypeでチャットをしたのだった。

私はそうなることは彼女が日本に帰る前からある程度予想していたのだが、
当時の娘、というかそれまでの娘もずっとそうだったのだけれど、
6歳からずっと海外生活というのに、なぜか妙に日本人臭く、日本が大好きで、それはまあ日本人なのだから仕方ないとして、いつも望郷の念が強く、日本のものに惹かれ、日本の大衆文化につかりたい一心で、アニメオタク、ゲームオタク、Jpop好きみたいな、そんな子供だったのだ。

だから結局日本に帰って、日本人としてのアイデンティティー確立のため日本の大学に入って、
今 日本人になるためのトレーニング中らしい。大学にも留学生はいるけどあえて彼らに近づかないことで日本人になれると思っている。

ところが、ついにその殻が破られたというか、日本の社会に身を置いてみていかに自分は「異質」かというところに気づいたのだろう。

なぜその話になったのかと言うと、
東日本大震災以後の日本人のメンタリティーがまったく理解できないというところからはじまった。
不合理な自粛の意味がわからない。
不謹慎の意味がわからない。
不合理なことに疑問を抱かない周りの学生の本心がわからない。
まっ、そういうのは一つのきっかけにしかすぎないのだけど、
それについておかしいと唱えたところで、誰もわからない。

そして、いつでも自分の異質さ、例えば6歳から海外育ちで英語がNativeに近い状況にあること、
香港に住んでいたこと、カナダに住んでいたこと、何をするにしてもそのバックグラウンドを説明しなくちゃいけないこと、
しかし、日本人には彼女のバックグラウンドが「キャパシティーオーバーロード」(まま)でその状況そのものを受け入れてもらえないことも発生するということに気づいたのだ。
さっき香港と言ったのに3分後には韓国や台湾に変わってしまうことにいらだちを覚えているみたい。

そんなとき、前にも書いたけれど英語の時間はやることがないので、アシスタントとして他の学生を手伝っているのだが、先生がイギリス留学の経験があり、帰国子女やThird Culture Childrenの研究をしている人で、娘の状況をきちんと理解してくれて、それなりにサポートしてくださっているそう。
ある日、その研究内容の論文(英語)を読むように言われたらしい。

娘は日本人でありながら香港という中華圏で育ち、教育はBritishという「サードカルチャーキッズ」のど真ん中にいる人間なので、その論文を読んでみぐるみはがされたような気持ちになったみたい。
そこに出てくる人たちにシンパシーを感じ、悲しくなってきたと言っていた。

結局、島から出たことのないmono-cultural peopleには自分のことはわかってもらえない(論文にそう書いてあったらしい)という一文を見て、彼女もモノカルチャーな人という言葉を頻繁に使う。
そして論文に登場している人たちはmono-cultural peopleをいずれ見下すようになる。
娘もそれに共感できるそうだ。なんて悲しい。


あれだけ好きだったJpopもまったく聞かなくなり、今は英語の曲しか聞いていない。彼女はそう言った。
なぜなら、英語の曲を聞くことで自分は英語がわかる。英語の曲を理解できる。という自分を確認するために一番簡単な手段らしい。それを聞いてさらに悲しくなった私。

英語の時間も普通の英語なんて使わなくなった。と彼女は言う。
だって普通に話しても誰にも通じない。だから無理に日本語英語で説明する。

最後に、「結局いつか香港に戻ることになると思う。マルチカルチャーな場所で育った友達といるのが一番楽ということに気づいた。」と言ってた。いつもそういう人たちと一緒にいたから。

実はこの話をDaniにしてみた。Daniは私をナンパした坊や。アメリカに行ってしまったけどメールとチャットで今も仲良くしている。彼もやっかいな人間で、娘と同じIdentity Crisisに見舞われているので、娘の話をしてみた。話していると、「君の娘は僕とまったく同じだね。僕も自国(イギリス)に馴染めなくて苦しんでいるから。今度娘さんと話がしたいからメールくれるように言ってくれる?」だと
彼はイギリス人だけど東洋大好きっ子で特に日本にものすごくあこがれていて、日本の歴史なんかに妙に詳しい。そしてイギリスやその他欧米諸国がアジアにしてきたことに対して嫌悪感を持っているという変な人なのだ。
二人が話したらどんな話になるのか興味深いなあ。
まあ日本が大好き、日本を理解しているといいながら、私が話す日本のおかしさにまったくついてこれなかったから、いつか日本に行って自分の目で見て見ろ!と言っておいた。

どっちがいいとは言えない。と彼女は言ってた。
モノカルチャーな環境で育っていたらそれなりに幸せな人生があっただろうしね。
まっ、やっと気づいたかというのが私の今の感想。そのうち普通の日本人になれるかもしれないしね。



にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
今日もよろしくお願いします。


人気ブログランキングもよろしく


free counters


JunpeiのオリジナルWebshop たるたらんどう のご案内です。

b0080418_12363881.jpg
ハワイでおなじみのスパム(ランチョンミート)をカットするための
スパムカッターを販売しています。
お店はこちら






b0080418_1239664.jpg
花茶を楽しむための手作り透明マグカップ&透明マグカップ+花茶セット
お店はこちら





香港島中環Centralに新しい救急クリニックオープン!
緊急時、夜間の急病にドクターがご自宅、ホテルのお部屋までかけつけてくれる、
House Call=往診サービス開始!!


日本語ホットライン:香港(852)61474427
[PR]
by Junpei642 | 2011-05-10 19:00 | 英語の話 | Comments(6)
Commented by hongkongpeu at 2011-05-10 21:03
きっと今は色んな重いが交錯するときなのでしょうね
その思いは娘さんにしかわからないだろうと思います
でもいつかきっと時間は掛かるかもしれないけど、自分との折り合いというか・・・うまくいえませんが自分の中で受け止める、受け入れることができるようになった時に、また世界が変わるのではないでしょうか
Commented by bravo1212 at 2011-05-11 07:50
へぇ~もうすぐ一年になるんですね。早いな~。

私は日本でしか暮らしたことないからわからないけど、やっぱり
日本って島国だから独特なんだろうか?

無理に日本人としてのアイデンティティーを確立する必要も
ないと思うけどな。
娘さんは6才から20過ぎまで香港で育ってたんだし 考え方が違って受け入れられないのも急には無理と思うけど、ぺうさんのコメントにあるように きっと受け入れられるようになる時が
来ると思うし、彼女もわかってると思うよ。
だって、反対にうちの娘が香港で暮らしたら 同じように
受け入れられないこといっぱいだろうと思う。

この4年間 大学でいろんなこと勉強して日本でいろんな経験して「やっぱり日本が好き!」って思ってくれたらうれしいな。
Commented by Junpei642 at 2011-05-11 22:28 x
peuさん
本当のところ娘にしかわかりませんからね。
なんちゅうか、彼女も結構深く考えるタイプなので、よけいいろいろ思うんだと思う。たぶん時間が解決してくれるとは思うのですが。
Commented by Junpei642 at 2011-05-11 22:31 x
もう1年って感じですよね。早いです。
日本って日本人にしかわからない、言わなくてもわかりあえることってあるでしょう。そういうのが彼女は感じないのかもしれない。
ことなかれ主義なところも含めてね。
だからゆうちゃんはゆうちゃんだし、KellyはKelly それでいいやん。
と言っています。
娘さんもこれからいろいろ学ばれるかと思います。
結局、一度は外に出てみることは必要かもしれません。
出たいと思わない人を、実のところ私はあまりわからなかったりするんですよね。
Commented by ayam7281 at 2011-05-12 19:02
娘さん今一番学んでいるのですね
私は、8つだったけど似たように感じてました、幼稚園はイギリスの先生で友達
は人種の坩堝で、母も幼稚園のお母さんと交流するタイプで友達同士うちに来た
り遊びにいったりしていたので、日本人学校もなんか馴染めず
帰国したら、田舎の理解不能な日本人感覚に登校拒否になりかけ、英語は封印し
喋る事は忘れました
自分が解放される場所理解してくれる人を求めて大学は東京へ
私は子供でしたから疑問があっても慣れてしまいましたけど常に感覚の違和感は
ありました
娘さんは大人なのでもっと違和感はありますね
学校もインターならなおさら。でもきっと、気付きますよねいい部分も
沢山違う経験をして、色々な人に出会って素敵な人間になるんだろうなあと頼も
しくなります
Commented by Junpei642 at 2011-05-13 11:01
ayamさん
こういう感覚は年齢関係なく絶対に残るものだと思います。
小さかったから日本になれる時間もたっぷりあったとは思いますが、
しんどさは同じ。
娘はたぶんこれからゆっくりと馴染んでいくかな?
たぶん大丈夫とは思っていますが...


香港...出会いと別れが頻繁におとずれるtransitoryな街で、日本語を教えながら暮らしています。現在Kissing Fishというインディーバンドでベースを弾いております。ベースだけじゃなくてギター弾いて歌ったり、ドラムもたまにたたいたり、音楽とミュージシャンにかこまれ心豊かな日々を生きるパワフルおばちゃん!


by Junpei64

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
日々のつぶやき(日記)
食べる 呑む
Movie Review
Book Review
Viva! Music
Education
My sweet Tetsu
Medical topic
My Precious
香港おいしい一人飯
香港、中国
Girls Band Project
Hong Kong Indies
Japan!
英語の話
お化粧

気になるブログ/サイト

フォロー中のブログ

音楽、空間、好鐘意(大好き)!
Rock and Mov...
だるにーの脳ミソ
別館・我要的幸福
La Dolcé vita
Hachiの香港家計簿
アメリカナース日記
音楽の杜
sakuraのわがままエッセイ
エミリアからの便り
熊猫漫遊記
じゅんじゅんの香港日記
六福1☆
いつの間にか20年
こんな一日
ま、どうでもいんだけど
別冊・Hachiの香港ニ...
ミヤモーの戯言
中国茶徒然日記
フォンの野菜メニュー
おはな 山の中日記 ~北...
香港日々探検日記
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
lei's nihong...
憧れの地は香港
koedagaffe分店...
Made in Hong...
アジア暮らし
Lady Satin's...
Welcome to m...

外部リンク

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

ブログパーツ

動画配信用ASPサービス

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

タグ

(65)
(28)
(17)
(17)
(17)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)

その他のジャンル

ファン