英語教育に王道は無いってことか

ゆうべTwitterで日本で英語を教えているアメリカ人と話していた。

Phonicsの授業で "ck" & "st"の音を教えるさいに、
"st"の音をわからせるためにFistの絵を見せた。
すると子供たちは一斉に"rock"と叫んだそうだ。

そしてその次に"ck"の音を教えるために今度はこけの生えた岩の絵を見せた。
そしたらオムライスと言われたそうだ。

年齢は8~9歳の子供たち、なんでこぶしをみてRockというのかがわかんなかったようだけど、
「それはね、子供たちは「ぐー、ちょき、ぱー」の「グー」だと思っているのよ。だからRockと答えたんだよ。」と教えてあげてやっとわかったみたい。

こぶしの絵を見せられたらほとんどの日本人が「グー」って答えると思うよ。という事も一緒に。
だって、こぶしなんていわないでしょ。普通。

でもどんな岩のイラストがオムライスに見えたのかは不明。

彼女の教室では先生は英語しか使ってはいけないので教室の中では英語のみだそうだ。
しかし、年齢が年齢だけに、少しの媒介語を使うことで理解がすすむこともあるのだから、
英語のみにこだわる必要は無いと思うけど、
「クラスでは100%英語です。だから自然にNativeのような英語が身につきます。」というのが学校の売りなのでクラスで日本語を使うことはご法度なのだ。

なるほどね。私はこういった学校のルールみたいなことを強いられるのは嫌いだ。
だって、子供だっていろんな子がいる。
そういうやり方があてはまる子もおれば、そうでない子もいる。
教える側は、そういう違いをきちんと把握して、子供にあったやり方をすべきだよ。
これ、学校だったら無理だけど、少人数制の習い事なら充分可能だから。

それにたった一人の先生の英語を聞いたぐらいで英語を話せるなんてありえない。

社会では、いろんな企業が社内英語公用語化とまではいかないけど、社員にTOEICを受験させる傾向が強まっているらしい。
だから大人になってから困ることのないように親は子供が幼児のうちから英語を教えておかないといけないよね。
あせる気持ちもわかるわ。

しかし、やり方を間違えれば、幼児のころから英会話教室に通っているのに、中学で英語が教科としてはじまったらさっぱりわからないという子供も結構いるみたい。
そりゃなんで?と思うだろうけど、まっ、子供の習い事なんて所詮そんなもの。
中学に入って、言葉を習うとき、文法が理解できない、言葉の意味を覚えられない、スペルが覚えられない。
そんな子供は致命的だ。
かわいそうだけどね。
教え方一つで花開く場合もあるけど、それをするには良い先生が必要。

そしてTOEICだけど、TOEICの英語はTOEFLなどに比べてめちゃくちゃ易しい。
少し勉強して、コツさえ覚えれば大学受験を生き抜いてきた人たちにとってすごい簡単だと思う。
答えは一つしかない。
悩むような問題は陥れるためのポイントがちゃんとあるので、そこに気づけばモウマンタイ な問題が多い。
リスニングなんて簡単すぎる。

そしてちょっと要領のいい人はコツをつかんで高得点を取れるようになるまで早い。
でも点数と英語力とは何の関係もない。

企業は、TOEICに挑戦させて、社員の英語力をみたいのではなくて、いかに効率よく何かに取り組めるかを測っているのかもしれない。
要領の悪い人間は、英語は苦手意識が立ちはだかって高得点は無理。あせって鬱になる人もいるんだって。
それは考えすぎ。
そこまで考えるんだったら、さっさとTOEICのコツを身に着けてください。

今や大人も子供も大変なのだ。
日本全国英語英語英語 英語のためにニュージーランドに留学していて、現地で地震にあい、一瞬にして尊い命がなくなった。かわいそうすぎる。ご冥福をお祈りします。

でも本当に語学に王道はない。
コツコツ地道に勉強を重ねて、インプットを充分にやって、その後はアウトプットに徹するようにするといい。
ただ日本だとアウトプットの場が無いというのはきついね。

でもね、私だって見つけられたんだから、いろんな場所があるはず。
日本の英語学習者たち頑張って~~~

b0080418_156929.jpg

ゆうべセントラルを歩いていたら、IFC1?のビルがすっぽり見える場所を発見。
手前の看板が明るすぎ手よく見えない。

b0080418_156149.jpg

看板を通り過ぎるともっときれいに見えました。



ポチリとよろしく
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ



人気ブログランキングもよろしく


free counters


JunpeiのオリジナルWebshop たるたらんどう のご案内です。

b0080418_12363881.jpg
ハワイでおなじみのスパム(ランチョンミート)をカットするための
スパムカッターを販売しています。
お店はこちら






b0080418_1239664.jpg
花茶を楽しむための手作り透明マグカップ&透明マグカップ+花茶セット
お店はこちら





香港島中環Centralに新しい救急クリニックオープン!
緊急時、夜間の急病にドクターがご自宅、ホテルのお部屋までかけつけてくれる、
House Call=往診サービス開始!!


日本語ホットライン:香港(852)61474427
[PR]
by Junpei642 | 2011-03-10 15:08 | 英語の話 | Comments(1)
Commented by hongkongpeu at 2011-03-10 22:13
関東地方だったと思いますが、英語圏の村を作ろうとしている人がいます
その方は現在幼稚園の園長でその幼稚園は英語のみ
教えなくても子供はどんどん吸収するそうです
ちょっと羨ましいなと思います


香港...出会いと別れが頻繁におとずれるtransitoryな街で、日本語を教えながら暮らしています。現在Kissing Fishというインディーバンドでベースを弾いております。ベースだけじゃなくてギター弾いて歌ったり、ドラムもたまにたたいたり、音楽とミュージシャンにかこまれ心豊かな日々を生きるパワフルおばちゃん!


by Junpei64

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
日々のつぶやき(日記)
食べる 呑む
Movie Review
Book Review
Viva! Music
Education
My sweet Tetsu
Medical topic
My Precious
香港おいしい一人飯
香港、中国
Girls Band Project
Hong Kong Indies
Japan!
英語の話
お化粧

気になるブログ/サイト

フォロー中のブログ

音楽、空間、好鐘意(大好き)!
Rock and Mov...
だるにーの脳ミソ
別館・我要的幸福
La Dolcé vita
Hachiの香港家計簿
アメリカナース日記
音楽の杜
sakuraのわがままエッセイ
エミリアからの便り
熊猫漫遊記
じゅんじゅんの香港日記
六福1☆
いつの間にか20年
こんな一日
ま、どうでもいんだけど
別冊・Hachiの香港ニ...
ミヤモーの戯言
中国茶徒然日記
フォンの野菜メニュー
おはな 山の中日記 ~北...
香港日々探検日記
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
lei's nihong...
憧れの地は香港
koedagaffe分店...
Made in Hong...
アジア暮らし
Lady Satin's...
Welcome to m...

外部リンク

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

ブログパーツ

動画配信用ASPサービス

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

タグ

(65)
(28)
(17)
(17)
(17)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)

その他のジャンル

ファン