香港で物を運ぶって大変だよな

b0080418_11532216.jpg


これ唐楼などで使われているプロパンガスのボンベです。
ほとんどが都市ガスになっていますが、うちみたいな古いアパート、唐楼などでは今でもプロパンガスが使われています。

写真はShellのトラックで運ばれてきたボンベが荷卸され、台車に積み込まれたところです。
実は、引っ越ししてきてすぐ、初めてプロパンガスユーザーになった私は、プロパンガスがどのようにして運ばれてくるか不思議でなりませんでした。
その時は歩いてすぐのところにShellの店があったので、そこからボンベが配達されてくるのだと漠然と考えていたんですが、よく考えたら1スクエアフィートが恐ろしく高い香港で、プロパンガスのボンベを山積みしているオフィスなど有り得ないなと思い始めたのです。(実は1本の値段が恐ろしく安いです)
それは、プロパンガス屋がハリウッドロードに引越ししてからますます強くなってきました。
だって、ガス配達のおじさんが、細い体でハリウッドロードからガスをかついでやってくるとは思えないからです。

そんなある日、おじさんが階下にボンベを置いて待機していることに気づきました。
b0080418_11532860.jpg


だから電話をしたらあっという間にボンベをかついだおじさんがやってくるのです。
そのスピードはすごいので!

おじさんは適当な場所にボンベを置いて、店から配達の要請があるのを待っているのです。
電話があったらヒョイとボンベをかついでビルを上がっていくのです。
ボンベがなくなったら、上の写真のようにトラックでボンベが運ばれてくるというわけです。

ワトソン水などの大きなボトルは、エリアごとに配達の日が決まっています。配達日の前日に街角にすごい数のボトルが並んでいて、よく盗まれないよなあと心配になります。
これは簡単に大きなトラックが止められない街中の話で、前もって夜中にボトルを決められた場所におろしておくのです。住宅地など場所が制限されない場所では当日トラックが来て配達されます。
どちらにしても、荷物が降ろされた場所にデリバリーボーイたちが専用の台車とともにやってきて、そこにボトルを積み込んで、各配達先に持って行きます。
空ボトルはトラックの荷台に無造作に放り投げられるため、時々見えない割れ目が入っていたりして危ないですよ。もう少しきちんと扱えば長持ちするだろうに残念だなと思います。

日本では当たり前に車で配達されてくるものの多くが、こちらでは人の足で運ばれています。
台車だったり、トラムだったり、はたまたMTRだったり、ペンキの缶とはしごを持ってトラムに乗ってきたり、
ギョッとするような光景を何度も見かけます。
車を持つのが大変な国香港では、こうして人間が運ぶしかないものがたくさんあるんでしょうね。

今日もきっと、ガス屋のおじさんはうちの近所でガスボンベのオーダーが入るのを待っているんだと思います。
電話があったら、さっとそのビルに移動してボンベをかついでエレベーターをあがる。
そして笑顔でボンベを届けるんだろうな。
「ハロー パンヤ~ウ」 彼の決まり文句です。

久しぶりの連続投稿です。
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ



人気ブログランキングもよろしく


free counters


JunpeiのオリジナルWebshop たるたらんどう のご案内です。

b0080418_12363881.jpg
ハワイでおなじみのスパム(ランチョンミート)をカットするための
スパムカッターを販売しています。
お店はこちら




b0080418_1239664.jpg
花茶を楽しむための手作り透明マグカップ&透明マグカップ+花茶セット
お店はこちら

よろしくお願いします。
[PR]
by Junpei642 | 2011-01-04 12:41 | 香港、中国 | Comments(6)
Commented by koedagaffe at 2011-01-04 16:50
なんだか、ジュンペイさんの記事としては、めずらしい「日常の暮らしのひとコマ」ではありませんか?(笑)
いち観光客の自分は、むか~~~~~~~しから、このガスボンベを運ぶおじさん・お兄さんのファンです。
観光客らしく、トラムレールのはるか向こうからライン上をのんびり走ってくる自転車を発見するや否や、
いつでもどこでも何度でも、カメラのスイッチを入れて準備万端にしますし、
その自転車の積み荷がガスボンベだと、「当たり!」と、もっとも嬉々とします。…どーしようもないミーハーでしょう?(笑)
なにせ、日本では見られない光景ですからね。その在りようも運び方も。

ただ、今回は、どうして素早く運び込まれることが可能なのか…という部分まで教えていただけて、嬉しいです。ありがとうございます。(笑)
よく道端や公園脇で、ボンベを降ろして止まっている自転車がけっこう停まっている謎が、解けました。。。
Commented by bravo1212 at 2011-01-04 17:08
私はこの青いプロパンのファンです(笑)
まず 何が好きって大好きな「青」で形がころんと
かわいいし、いっぱい並んでたら こえださんじゃないけど
ついつい写真を撮ってしまいます。

このキーボルダーやストラップがあったら欲しいぐらいです。

Commented by Junpei642 at 2011-01-04 22:13 x
こえださん
だから今年から少し生まれ変わるのですよ。わたくし...
ガスボンベを自転車で運ぶ姿はかなり頻繁に見かけますよ。
私のところには、このシェルの青いのと、どこか別の会社の緑のものと2種類あります。緑のほうは時々自転車で運んでいるのを見かけるんですよね。
今まで小さいボンベを二つ買って、1つはスペアで置いてあったんですが、今は大きいボンベ1本にかえたので、きれるときが恐ろしいです。
Commented by Junpei642 at 2011-01-04 22:15 x
ブラボーさん
こんな青いプロパンボンベまでもが好きなんですね。
まあきれいな青ですよね。
でもこれのキーホルダーやストラップは無いだろうな(笑)
Commented by izutamaaru at 2011-01-05 12:35
たしかに言われて見ればこういう風景は見てて珍しい感じはしてたけど
そこまで感動的には捉えてなかったな~
ただ、自転車の積荷として運ぶのには驚いたけど。
あれって相当重いんじゃないでしょうか。

こういう日常的な住んでいる人しか判らない内容って面白いです。

Commented by Junpei642 at 2011-01-05 18:26 x
izuやん
私も感動的というわけではないけど、日本だったら車で運んで当たり前のものが、トラムに乗っていたりするとびっくりします。
自転車だって、生のチキンなどがかごにいっぱい乗っていてびっくりします。香港ってすごくすすんだ近代都市だと思うけど、その間に昔ながらのやり方が生き残っていておもしろいです。
こういうのをのせていくといっぱいネタはありそうだな。


香港...出会いと別れが頻繁におとずれるtransitoryな街で、日本語を教えながら暮らしています。現在Kissing Fishというインディーバンドでベースを弾いております。ベースだけじゃなくてギター弾いて歌ったり、ドラムもたまにたたいたり、音楽とミュージシャンにかこまれ心豊かな日々を生きるパワフルおばちゃん!


by Junpei64

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
日々のつぶやき(日記)
食べる 呑む
Movie Review
Book Review
Viva! Music
Education
My sweet Tetsu
Medical topic
My Precious
香港おいしい一人飯
香港、中国
Girls Band Project
Hong Kong Indies
Japan!
英語の話
お化粧

気になるブログ/サイト

フォロー中のブログ

音楽、空間、好鐘意(大好き)!
Rock and Mov...
だるにーの脳ミソ
別館・我要的幸福
La Dolcé vita
Hachiの香港家計簿
アメリカナース日記
音楽の杜
sakuraのわがままエッセイ
エミリアからの便り
熊猫漫遊記
じゅんじゅんの香港日記
六福1☆
いつの間にか20年
こんな一日
ま、どうでもいんだけど
別冊・Hachiの香港ニ...
ミヤモーの戯言
中国茶徒然日記
フォンの野菜メニュー
おはな 山の中日記 ~北...
香港日々探検日記
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
lei's nihong...
憧れの地は香港
koedagaffe分店...
Made in Hong...
アジア暮らし
Lady Satin's...
Welcome to m...

外部リンク

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

ブログパーツ

動画配信用ASPサービス

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

タグ

(65)
(28)
(17)
(17)
(17)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)

その他のジャンル

ファン