劉暁波さんのノーベル賞受賞を祝って香港での集まり

ゆうべ夜遅くにレッスンが終わったあと、セントラル界隈をブラブラ歩いていました。
ブラブラしてたらいきなり目の前でスワロフスキーのツリーが音楽をかなでて色がかわり、
この前見た場所より離れていたため、またそれはそれで楽しめました。

そして気づいた!
なんか警察いっぱいおるやん。

で、もう少し歩いていくと、デモ集会で有名な公園にたくさんの人が集まっていました。
ああ!今日はノーベル賞の授賞式や!
つまり、ノルウェイにもらいに行くことができなかった劉暁波さんのために香港で集会をしていることにすぐ気がついたのでした。

ほな、私も見に行こう!

というわけで行ってきました。

めっちゃたくさんというわけでもなかったけど、それなりに人はいました。
広東語と英語の両方でスピーチが行われ、劉さんのためにろうそくに火を灯し粛々と行われていました。

b0080418_13131933.jpg


b0080418_13132457.jpg


b0080418_13131256.jpg



しかし、中国はいやらしいね。
今回の授賞式に出席しないようにいろんな国に圧力をかけていたんですよね。
そのせいで、フィリピン、ベトナム、サウジアラビアなど出席しなかったんです。

政治犯に賞をあげるなんていやがらせ!発言して、ノルウェイにも実際いやがらせをした中国だけど、
劉さんが実際に民主化を真剣にとなえているその裏にある中国共産党体制はすでに崩壊しているとしか思えない。
昔、鄧小平がとった経済開放政策のおかげで、中国人は普通にお金を儲けることができて、近隣諸国に出かけては無茶苦茶としか言いようの無い買い物三昧をしている。
何をもって共産党、社会主義国家なのかわからない状況なのだ。

しかし、共産党内部の人間が自分の地位を確保するためだけに、共産主義を続けているとしか思えない。
これじゃ、北の金ファミリーと五十歩百歩ではないか。

今回のノーベル賞に対抗して「孔子賞」か何かを作って、中国の平和に貢献した人に賞をあげるといい、その初代受賞者に選ばれた台湾人は受賞を断るという情けない結果。
こんなことに利用しないでくれ!と台湾は怒っているらしい。そらそうでしょう。
そもそも孔子様だって怒っているで。
孔子さまと今の共産党と何の関係もないでしょ。

劉さんが出席できなかったので、昔、民主化に加わり今は国外で暮らしている運動家を何人か招いて劉さんの代わりをしてもらったそうだけど、ぽっかり開いている劉さんの席は寂しいですね。

何はともあれ、受賞おめでとうございました。
一日も早く明るいところに出てこられるといいですね。


劉さんのお祝いです。
ポチリとお願いします。って関係ないって!ごめんなさい
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ



人気ブログランキングもよろしく


free counters


JunpeiのオリジナルWebshop たるたらんどう のご案内です。

b0080418_12363881.jpg
ハワイでおなじみのスパム(ランチョンミート)をカットするための
スパムカッターを販売しています。
お店はこちら




b0080418_1239664.jpg
花茶を楽しむための手作り透明マグカップ&透明マグカップ+花茶セット
お店はこちら

よろしくお願いします。
[PR]
by Junpei642 | 2010-12-11 13:16 | 香港、中国 | Comments(6)
Commented by ばってん at 2010-12-11 18:13 x
中国本土に住む中国人に是非ノーベル賞を!という事が中国で言われ続けられたその結果が平和賞ってのがなんとも皮肉で痛快。
平和賞受賞で本人・家族が欠席したのは、75年前にナチスドイツを批判して投獄されたドイツ人以来75年ぶり、ってことだから、ナチス=中共とも言えるかも。それにしても授与式のさりげない演出が実に印象的だったなあ。
Commented by at 2010-12-11 18:48 x
おー、香港でもけっこうな規模で人が集まってたのですよね。翌日の新聞で見ました。じゅんぺいさん、行ったんだ!
インタビューで、香港人たちが「中国は早く劉さんを釈放すべき!」とか、「今回の中国のやり方はまちがっている、本当の民主とは何か考えるべき!」などと堂々と答えていましたが、私たちから見れば、ごくふつうの意見ですけど、これを中国国内でやると、捕まるわけですよね。。
香港がいつまでもこうやって、自由に意見を言えますように。そして、中国も一日も早くそうなりますように。

「孔子和平賞」はほんとお笑いです。うちのオも、ちーしん、ちーしんを、連発してました。自分の国ながら、イヤになるらしいです。

Commented by Junpei642 at 2010-12-11 20:10 x
ばってんさん
そうそう、前にそのことブログに書きましたが、中国人へのノーベル賞は悲願だったんですよね。ところが平和賞受賞、それも民主化運動していて今は囚われの身の人だったなんて、ショックだったでしょうね。
ナチスのケースと同じと言えば同じですね。
授与式良かったですよね。感動しました。
Commented by Junpei642 at 2010-12-11 20:14 x
風さん
あの公園というのは、香港にある場所としてはかなり暗い場所なんですよね。だからなかなか何をしているかがわからなかった。でも見ていると結構な人が集まっていましたし、私がいる間にもどんどん人は増えていました。
どんなことを話しているかわかりにくかったので遠巻きに見ていただけですが、自由や民主主義を知っている香港人としては、民主化を支持している中国人というのは文句なしに応援したくなると思います。
何度も書くけど、ここまで拝金主義のおかしな国民が増えている今、今更社会主義も共産主義も無いだろうと思うのです。それでも守りたい理由は、自分が得た地位と名誉だと思うんですよね。中国もまた幕末の日本と同じ状況ってことですね。

孔子和平賞はほんまチーシンです。前から考えてたと言ってたけど、馬鹿としか思えませんね。
Commented by izutamaaru at 2010-12-11 20:41
うん。そのとおり。
頭がおかしくなりそうな題材なのでそのとおりとさせて下さい。
Commented by Junpei642 at 2010-12-11 20:45
izuやん
まともな意見が通じない相手に向けて書くメッセージは、
こっちばっかり盛り上がってなんかむなしいですね。


香港...出会いと別れが頻繁におとずれるtransitoryな街で、Rock'n'Rollをこやしに生きています。若返りのマジックワードを心に今日も頑張る~~


by Junpei64

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
日々のつぶやき(日記)
食べる 呑む
Movie Review
Book Review
Viva! Music
Education
My sweet Tetsu
Medical topic
My Precious
香港おいしい一人飯
香港、中国
Girls Band Project
Hong Kong Indies
Japan!
英語の話

気になるブログ/サイト

お気に入りブログ

音楽、空間、好鐘意(大好き)!
Rock and Mov...
だるにーの脳ミソ
別館・我要的幸福
La Dolcé vita
Hachiの香港家計簿
アメリカナース日記
音楽の杜
sakuraのわがままエッセイ
エミリアからの便り
熊猫漫遊記
じゅんじゅんの香港日記
六福1☆
いつの間にか20年
こんな一日
ま、どうでもいんだけど
別冊・Hachiの香港ニ...
ミヤモーの戯言
中国茶徒然日記
フォンの野菜メニュー
香港*テクテク
おはな 山の中日記 ~北...
香港日々探検日記
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
lei's nihong...
憧れの地は香港
koedagaffe分店...
Made in Hong...
アジア暮らし

外部リンク

以前の記事

2017年 03月
2016年 09月
2016年 08月
more...

ブログパーツ

動画配信用ASPサービス

ブログジャンル

海外生活
50代

検索

タグ

(63)
(28)
(17)
(17)
(16)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)

人気ジャンル

ファン