やっぱり中国って幼稚というか単細胞というか...

この前の尖閣をめぐるいろいろで日本と中国の文化交流が中止に追い込まれたり、レアアース(どうしてもレイアースと書きたくなる)の輸出制限したり、事件と直接関係ないいやがらせをしてきたけど、
今回のノーベル賞のことでもさっそくノルウェー政府やノルウェーに対していやがらせをしているみたいね。
予定されていた会談を中止したり、ノルウェー人歌手によるミュージカルを中止したりね。
ソースはここ

こういうやり方が共産党独特でいやんなっちゃうわ。
ノルウェー政府は国とノーベル賞委員会とは何の関係もないと言っているらしいけど、
そんなこと通じるぐらいなら各国といろんな問題起こさないよ。
まともじゃないんだからね。

その反面 引退した元共産党幹部が憲法が認める言論や出版の自由が厳格な統制を受けている国内の状況を痛烈に非難しているというニュースもあったりして???ですね。
でも実にその通りなんですが、報道に関しては規制しまくりで、都合の悪いニュースが海外放送からながれると、いきなり画面が真っ暗になってしまうらしいし、インターネットでは見られないサイトがいっぱいあるし、例えば天安門事件、そしてノーベル賞受賞した劉さんの名前も検索エンジンにひっかからないように最初から細工されているというわけ。
だからみんな知らないのですよね。

この話になると、この前の日本の報道規制を思い出して胸糞悪くなっちゃうんですけどね。
反中デモのことどうして報道しなかったんでしょうね。


もちろんyoutubeも見られないので天安門事件の動画なんてものすごい数あるのにも関わらず誰も知らないのです。そりゃその時北京にいた人は知っているよ。「忘母六四」なんて言葉があるんだからね。
でも中国はそんなテレビをプロパガンダに思いっきり利用しているわけで、
日本を絶えず悪者にしたてるために、毎晩毎晩飽きることなく日本兵が中国で暴れて、女性をレイプしまくる戦争映画をながしています。


ノーベル平和賞の劉さんは健康状態が良くないみたいで、それが理由で国外脱出できるかもしれませんね。
今までも国外脱出のチャンスがあったけど自分の意思で残られたので、これからも残るのかな?
どうするのか劉さん!と思ったら風さんが劉さんの最新ニュースをそれは素敵にアップされていたので皆さん是非見てください。
劉さんの奥さんへの愛とかいろいろあります。
風さんのブログ

実は、中国って前からノーベル賞がすごく欲しかったみたいで、今年こそは!と思ってノーベル賞授与状況を伝えるホームページまであったみたいです。ところが念願かなって平和賞を受賞することになった人がPrisonerだったわけで、こんなこと喜んで国民に伝えるわけにはいかないってことで、このホームページは即座に消されたみたいです。wwwww
実はですね、中国人として平和賞を受賞するのは劉さんが初めてではなかったのです。
その前にダライ・ラマがもらっていたのです。(ダライ・ラマはチベット人であって中国人とは書きたくないけどね)
この受賞は中国にとってはめっちゃむかついただろうけど、あの天安門事件が起きた1989年のことだったんですよ。
欲しい欲しいと思っているノーベル賞 もらったと思ってもいつも喜べない中国政府
ほんとイッシシシシ~~

そうそう、劉さんの奥さんは今軟禁状態らしいのですが、その取材に訪れた外国人記者に中指をおったてた中国人の若者がニュースになっていました。
ソースはここ

バカだね。まったく
こんな写真はあっという間に世界を駆け巡るのが今の時代ですね。
それはある意味怖いといえば怖いのですが...

今回嬉しいニュースも忘れてはいけませんね。
落盤事故で2ヶ月も地底に閉じ込められていたチリの人たち、今日少しずつ救助されています。
本当に良かったですね。


にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
今日もよろしくお願いします。


人気ブログランキングもよろしく


free counters


JunpeiのオリジナルWebshop たるたらんどう のご案内です。



b0080418_1239664.jpg
花茶を楽しむための手作り透明マグカップ&透明マグカップ+花茶セット
お店はこちら

よろしくお願いします。
[PR]
by Junpei642 | 2010-10-13 21:32 | 日々のつぶやき(日記) | Comments(16)
Commented by 遊びの達人 at 2010-10-13 22:10 x
中国だって、ノーベルが発明した、ダイナマイトを使っているのに、それは忘れて居るんでしょうね~~~~!!!
Commented by hoisam at 2010-10-13 23:28 x
Junpei さん、こんばんは。
つける薬はなさそうですね・・・中国。
Youtube のアドレスが書かれたメールすら相手に届かないですからね、今どき。
国単位ってところが怖いです。
テレビのニュース CNNとかが突然真っ黒になったら怖いですよ~
受賞者がゼロとは知りませんでした。





Commented by hongkongpeu at 2010-10-13 23:35
今日テレビでこの話が話題になっていました
「せっかく受賞したのに国民は誰も知らない」って
中国でチリと同じような事故が起きた時、みんなひとつになれるのか?
そう考えると恐ろしいですね
Commented by メタルとダンスミュージック好き at 2010-10-13 23:41 x
中指おったてている人、マカオに逃げた金正男(キムジョンナム)にそっくり。馬鹿丸出しの中国人の映像が世界に配信されてざまあ味噌漬けです。
Commented by at 2010-10-13 23:51 x
Junpeiさんの記事も、興味深く読ませていただきました。同じ出来事に対してお互いの感想を読める、ブログってほんと便利ですよね。

ただもっといろんな人の意見や感想を知りたいのですが、なんか、あんまし誰も、書いてないのですよね。。。
Junpeiさんと私ぐらいですね、しつこく2回も書いてるのは(笑)

天安門にしても、劉さんの名前にしても、隠しとおせていることが、ある意味、中国すごいと思います。その技術とか、統率力を他で使えよ、とも思いますが。。。

今回の私の記事は、前回のJunpeiさんのコメントで「彼女あっての劉さんですね」という言葉に、なんだかすごく「そうそうそう!」と思ったので、ご夫婦のことを書いてみたいと思い、書いたものなのですよ。

ダライラマの受賞、そうなのですよ!
ダライラマは中国人ではないけれども、でも、中国にとっては中国人なわけで、自国民が二人もノーベル賞を受けており、その二人ともがよりにもよって、中国の体制批判している人物だってのは、本当にこれまた大変皮肉なことですね。

いつか、この二人の平和賞受賞の意味が、中国国民に真の意味で伝わる日が来ることを願っています。
Commented by Junpei642 at 2010-10-14 01:00
達人さん
???? あのね。中国人のほとんどがダイナマイトどころか、
ノーベルを知らないのではないでしょうか?
Commented by Junpei642 at 2010-10-14 01:01
hoisamさん
いろんな情報を本当に欲しいと思っている人は、あの手この手を使って見ることはできるようです。
でもそうでない場合は見られませんよね。
そっか、youtubeのURLのついたメールは届かないのですね。
Commented by Junpei642 at 2010-10-14 01:03
peuさん
そうなんですよ。誰も知らないのです。
天安門のことも含めて都合の悪いニュースは葬り去られます。
チリみたいな事故を起こして、かえって世界の同情を集めようとするのでは?と心配しています。
Commented by Junpei642 at 2010-10-14 01:04
メタルとダンスミュージック好きさん
あの写真笑えますよね。結構ぶさいくなにいちゃんなのでよけいにくたらしいです。イケメンでなくて良かった。
Commented by Junpei642 at 2010-10-14 01:14
風さん
私も書き終えて風さんのブログ見たとき嬉しかったです。
あわててもどってリンクしました。
みんなあまり興味ないんでしょう。
私たち香港に長いし、風さんはもともとチベットのこととか興味もたれているから、こういうニュースには敏感でしょう。
劉さんのことは日本にいたら知らなかったかもしれないし、温度差は激しいと思いますよ。
天安門のニュースは結構鮮明に覚えています。戦車が出てきたときはびっくりしたけど、もっとひどいフィルムがいっぱいあって、犠牲者は少しと言いながら本当はたくさんの若い命が消えたことがわかります。
そんなことより、あれだけ多くの若者が政治に関心を持って、民主化を求めて集まったことのほうが夢みたいだと思いませんか?
あの人たちは今どんな思いで暮らしているのか興味あります。
中国人とこんな話したことありますか?
Commented by bravo1212 at 2010-10-14 02:03
中国って都合が悪いことは とにかくシャットアウトな国って
ことが ジュンペイさんのブログを読んでわかりました。

ネット社会も自由じゃないのですね。
反対に 日本人はこんなに悪いことをした。っていう映像を
洗脳するようにずっと放映してるっていうのもむかつきます。

チリの救出のニュースは今日一番の明るいニュースですね。
Commented by Junpei642 at 2010-10-14 09:42 x
ブラボーさん
コミュニズム政権では情報操作、国民をコントロールすることがどうして許されるのかよくわからないんですが、中国の場合、鄧小平が経済を自由にしてしまったためなんとも中途半端なコミュニズム国家に成長してしまったんです。
そのゆがみが今もうどうしようもない時期にさしかかっていて、これから中国がどうなるかは世界に影響を与えるまでになっています。たぶん鄧小平はそんなこと考えもしなかったかもしれないけどね。

チリは2ヶ月と言う長い間よく耐えてきたなと思います。
本当に良かったです。
Commented by koedagaffe at 2010-10-14 18:51
チリの救出劇の方は、朝から夜まで日本のTVでも盛んに取り上げられていました。
当初から「救出には4カ月かかる」と、あくまでも言い張ってきた大統領の声がありますが、コレも、日本のメディアの見方によれば、ある意味政治的な一手法。遅れは許されないけれど、当初からの期間を多めに公表しておき、実際にはもっと短期間で成功すれば、支持も上がるという…。でも、これはこれで微笑ましく歓迎しても良い「手法」ですもんね。チリの皆さんの(日本のチリ関係者も含めて)喜びようったら、ない!(笑)いいもんですね、こういうニュースは。
赤い国では、こういう事故が起こった時にさてどうするか、国際的にもどんな注目や手が差し伸べられるか、政治的利用の匂いがする救出期間の公表の仕方ひとつとっても、つい、比べてしまう自分でした。
Commented by Junpei642 at 2010-10-14 21:03 x
こえださん
チリの救出劇はずっと伝えられていましたね。
地下にいる間に子供が生まれた人、愛人がいるのがバレて奥さんに無視された人、人間ドラマがあっておもしろかったです。
中国でこんなことが起きたら、おそらく見殺しかも。
だいたい何度も大規模な炭鉱事故というのはカノ国で起きていますからね。私もよくわかりません。
Commented by mimi姐姐 at 2010-10-14 22:11 x
天安門事件の後、オーストラリアにいるSTUDENT VISA,あるいは不法滞在している中国人に対して、オーストラリア政府は、たくさんの民主化を求めて犠牲になった若者たちに敬意を払って、永住権を発行しました。微力ではありますが、いろんな力が動いているとおもいます。 香港も返還前に較べてかなり中国色が強くなってしまったようにも感じる時があります。 いろんなプロパガンダを打ち出して洗脳教育に持っていく中国のやり方、どこまで続くんでしょうかねぇ。
Commented by Junpei642 at 2010-10-14 22:23
mimiおねえさま
なるほどオーストラリアではそのような民主化をサポートしているという姿勢を見せたのですね。さすが移民の国、寛容ですよね。
私は当時何もわからないバカ娘でして、天安門事件の様子をテレビで見てもあまり関心を払いませんでした。
香港に来て、日本以外の国 いろんな国について目を向け考えられるようになったので、それはそれで良かったと思っています。
香港は顔色見ながらの状況ですが、民主系の議員たちも頑張っているようですし、何より香港居民が敏感ですからね。きっと中共の大きな渦に飲み込まれることなく行くのではと思います。
それまでに中国分解するんじゃないかな?


香港...出会いと別れが頻繁におとずれるtransitoryな街で、日本語を教えながら暮らしています。現在Kissing Fishというインディーバンドでベースを弾いております。ベースだけじゃなくてギター弾いて歌ったり、ドラムもたまにたたいたり、音楽とミュージシャンにかこまれ心豊かな日々を生きるパワフルおばちゃん!


by Junpei64

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
日々のつぶやき(日記)
食べる 呑む
Movie Review
Book Review
Viva! Music
Education
My sweet Tetsu
Medical topic
My Precious
香港おいしい一人飯
香港、中国
Girls Band Project
Hong Kong Indies
Japan!
英語の話
お化粧

気になるブログ/サイト

フォロー中のブログ

音楽、空間、好鐘意(大好き)!
Rock and Mov...
だるにーの脳ミソ
別館・我要的幸福
La Dolcé vita
Hachiの香港家計簿
アメリカナース日記
音楽の杜
sakuraのわがままエッセイ
エミリアからの便り
熊猫漫遊記
じゅんじゅんの香港日記
六福1☆
いつの間にか20年
こんな一日
ま、どうでもいんだけど
別冊・Hachiの香港ニ...
ミヤモーの戯言
中国茶徒然日記
フォンの野菜メニュー
おはな 山の中日記 ~北...
香港日々探検日記
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
lei's nihong...
憧れの地は香港
koedagaffe分店...
Made in Hong...
アジア暮らし
Lady Satin's...
Welcome to m...

外部リンク

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

ブログパーツ

動画配信用ASPサービス

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

タグ

(65)
(28)
(17)
(17)
(17)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)

その他のジャンル

ファン