どうですか?ユニクロと楽天のせいで英語熱高まってますか?

ユニクロと楽天の社内公用語英語化の話し、最近はあまり話題にならなくなってしまったようですが、
つられて「うちの会社も英語化しよか。」と思っているところ無いんですかね?

よくお邪魔するまさんたさんのブログでも英語熱は高いですよ。
けど、本当に好きだからこそ身につくわけで、英語が生活に必要でなくても、
勉強、研究を続けることで知識はどんどん増えていき、英語力も伸びると思うのですが、
知識ばかりが伸びて、実用性のある英語が身につかないということも少なからずあるのではと感じます。

それはやっぱりinputの量とoutputの量がアンバランスだからそうなってしまうわけで、
いくら良い本で勉強して、CDで英語を聞いて、映画を観て英語を聞いても、学んだ言葉を道具として使わなければうまくはならないのでしょうね。
言葉だからね。

でもそのバランスがうまくいったときは、私みたいに適当に遊んで覚えた英語より、しっかり学んで脳みそに刻み付けられた知識というのが思いっきり花咲くと思うので、できるやつに見られるためにも日常的に学び続けることは大切なのです。

そうして身につけた英語も、慣れない訛りがある相手と話したときはさっぱりわからず、「英語ができるって言ったのに、何この人英語できないの?」と思われることもあるかもしれない。
私だったらイギリスの田舎出身の人、アイリッシュ、オーストラリアのどこかの訛りなどなど、何べん聞いても言葉の意味が頭に入ってこなくてあせることがある。
相手は気にしないで話はすすむ。
「ごめんなさい、私あなたの英語ちっともわからない。」ビール片手だったらそう正直に言えるけど、
これが仕事で出会った人間なら無茶苦茶あせると思う。
あせるとますますわからなくなり...

まあこういう経験を何度かして、これじゃいけないもっと頑張ろう!となって、
私の場合はBarでいろんな国の外人相手にどうでもいいことを話しているんだけどね。
それでも練習にはなります。

ついこの前、Mちゃんと私+2人のオージー、一人のイギリス人で飲んだとき、テーブルは日本語と英語で分断されていたけど、時々は英語にも耳をすませてどこまで話の内容が聞き取れるかを試してみた。
3人の英語は慣れた英語だったので、だいたいのことはわかったけど、日本語を話しながらだったのでかなり大変だったけど、そういう訓練ができるというのはありがたい。

途中、お店でかかっている70~80年代のヒット曲のイントロを聞きながらB氏がつぶやく一言がとても楽しかった。同じ時代をそれぞれすごく離れた場所で生きてきたけど、そこには音楽と言う共通項が存在していたんだなとしみじみ思う。

今、社内が英語化されるということで英語を猛勉強している人たくさんいると思うけれど、
みなさんの一番の問題は、使う相手がそこらへんにゴロゴロいるわけではないということですね。
それでも洋書をしっかり読み込み、音読を繰り返す。時には覚えるぐらいに...
それを続けることでかなり力はつくと思います。

これを本当なら広東語でやらなければならないのだろうけど、
うまくいかないんですよね。
英語だけでもきちんと攻略したいと思っています。

公用化で切羽詰っているかた
頑張れ~~~


にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
今日もよろしくお願いします。


人気ブログランキングもよろしく


free counters
[PR]
by Junpei642 | 2010-09-25 11:56 | 英語の話 | Comments(14)
Commented by leifu-nihongkong at 2010-09-25 12:00
広東語の授業が英語での説明なのです。
同学も各国の皆さんなのでやはり英語を耳にします。
あー日本人の英語って(爆)
ということで、ちょっぴり英語も頑張らなくちゃと思ってます。
Commented by koedagaffe at 2010-09-25 14:01
テーブルでオージーのかたとイギリスのかた達と語り飲んだ時に、入り交わる言語の中での聞き取りをそっと試してみたり、
曲のイントロごとに呟く、その呟きを拾ってみたり、、、
ジュンペイさんにとっては、書いておられるように、以前からずっと飲み・聴き・楽しむひとときは、ちょとだけ自己レッスンやエキササイズなんかを進められるチャンスだったりして来たんだね。どうでもいいことをたわいも無く話し笑ったり、リラックスして楽しむ時間=素敵なレッスン環境(笑)ですよね。
ピアノ2台やピアノとアコースティックギターなんかで、学生時代によくジャムしたことがあるけれど、そういう時って、コード進行やインプロヴィゼーションの曲の起伏なんかが、ジャムしている間に、どんどん潤い豊かになって行ったもんね。そんなところから、どのメジャーキー同士で転調すると自然かとか、ジャズやロックの姿を借りたかなりの曲が、やはりクラシックのソナタ形式をはじめとする各形式に立ち戻って行くなんていうことを肌身を持って感じたりしていました。言語も音楽も、インプロヴィゼーション同士のジャムは、だから面白いよね。♪
Commented by izutamaaru at 2010-09-25 16:30
実は会社の中でも中国ビジネスの話が少しずつ具体化しつつあるんだけど、
中国語を習おうかとか英語が必要だろうとかの議論の先で、
本格的に社内で語学研修を検討に入るんです。
私は英語だと思うんだけどどう思う?
ま。文化の違いを理解することから始めないとね。
どう転ぼうとも一番乗りは私ですと手を挙げておきました。
Commented by Junpei642 at 2010-09-25 21:13 x
leiちゃん
広東語の授業が英語で、その英語がままならない場合はきつくないですか?でも日本人は漢字がわかるからまだ意味をつかんだりするのは優しいですよね。
広東語を学びながら英語も身につく 一石二鳥でいいですね。
Commented by Junpei642 at 2010-09-25 21:19 x
こえださん
日本語を話していても英語も聞こえてくるから気になる話には耳が広がってしまうんですよね。音をひらうっていう練習ぐらいにしかならないけどね。
ジャムは見ているこっちも楽しくなってきますが、音楽に詳しい人同士がやる場合はいろんなアレンジが言葉にする前に音にするだけで相手に伝わるんでしょうね。それぐらい楽器が馴染んでいたらいいですね。
ロックなんて楽譜も読めない人もいるだろうし、それでもギターをひくことが体に馴染んでいると、音をもらうだけでそれに対応できるんでしょうかね?でも時々音がずれたりして不協和音になってしまうバンドがあって、そこがプロとアマチュアの違いなんでしょうね。
とにかく楽しそうに演奏しているバンドが大好きです。
Commented by Junpei642 at 2010-09-25 21:22 x
izuやん
今から中国ビジネスか~
どうなんだろうか?今からというのが時期的にどうなのかなって思います。
外資もひきあげているし、決して内情良くないです。
直接中国の会社とやるなら中国語だろうけど、だまされること間違いないからお互い母語でない英語でやったほうがいいのかも。
きちんと中国語を話せる通訳をつけるとかね。これは日本人の方がいいかな?中国人はだますからね。
文化の違いをわかろうとする行為は日本人らしい。
あっちはなんとも思っていないからね。
Commented by mangonaoko at 2010-09-26 09:12
私は1年学校で中国語を勉強した後はず~~~っと独学です。
テキストの知識も大事だけど、とりあえず会話が成り立たなくては先に進まないので
実践実践!!で今まで突き進んできました。
日常会話ではさほど困ることはないけれど、最近はテキストというか文法というか
もう1回きちんとした部分を再確認しようと思っています。
テキスト上の知識と日常使用の会話ってたしかに違うもの・・・でもその知識も
やっぱりもってたほうがいいかなぁ。。。。。と。
ちなみに中国語も訛りがひどいと聞き取れません(笑)台湾や香港に慣れてると
東北のr音が強いあの発音がダメだったりします~
Commented by Junpei642 at 2010-09-26 10:40 x
mangonaokoさん
1年学校にいってあとは独学
北京語を話せる相手とボーイフレンド同時にゲットできてよかったですね。
中国語も訛りひどいですよね。私は北京語はぜんぜんわからないので関係ないですが、香港と台湾の中国語は本場中国人に通じにくい音だったりしますよね。
Commented by abbie-hk at 2010-09-26 11:15 x
Good morning ~
楽天の決算を英語でやる、とか爆笑しました。
この香港でさえ、香港人ばかりの集まりでは広東語が普通ですよね。
ただ、10パーでも外国人が居れば、途中英語で説明があったり資料でフォローするわけです。
英語の決算ってー、どんだけ?って。
情報の不平等が出てくるし、日本国は日本語でやっていいんじゃない?恐らく、各部署で外国人社員が居れば、なんも言わなくても日本国内でも状況にそった外国語が使われるはず。私は大阪で働いている時、外国人の社員が居たので私たちの会話は外国語でしたけど。
海外から見れば、これまで日本企業と仕事がしたくても言葉の壁が大きくビジネスとして成立しなかったけど、今後は言葉の壁が低くなれば海外の市場とビジネスが広がると思う。
なんだかんだ言ってかなり多くの人がまぁ、レベルは低くとも香港では3ヶ国語を最低はなしますよね。

でも、会社がきめんでもええやろー、と。
Commented by hongkongpeu at 2010-09-26 16:30
日本では「自分が英語できないから言いたくても言えない」トップの人が多いのかも?!
英語も広東語も覚えたいなぁと思いつつ、思うだけ(-_-;)
ダメだなーと思いつつ腰が重いままです
きっと旅行に行くと「もっと頑張らなきゃ!」と思うのでしょう^^;
Commented by Junpei642 at 2010-09-26 19:41 x
abbieさん
お久しぶり~ 元気ですか?
楽天は英語で決算するんだねえ。
香港では外資系は英語を話せる人が多いし、外資で働いてから英語がうまくなったと言っている香港人はいますが、でも日本の国で英語って変ですよね。それも日本の会社だし...
外国人がいる部署では臨機応変に言葉をかえて仕事をすればいいわけで、全部ってのはやっぱりおかしいですよね。
Commented by Junpei642 at 2010-09-26 19:42 x
peuさん
そっか、英語できないから言いたくても言えないトップの人多いかもしれませんね。言葉はその必要があったら覚えると思うので、日本で英語が必要ないところで働いていたなら、別に無理して勉強することはないように思います。
Commented by まさんた at 2010-09-27 18:31 x
こんにちは。

ユニクロと楽天の「英語公用語化」、その後どうなったか、聞きませんね。
「英語公用語化」、一時は批判されていましたが、両社とも、大企業とはいえ民間ですからね。
効力のある批判をできるのは株主だけでしょうが、社長の親族や社長が経営する投資会社が6割以上、株を持っていますから。

海外進出のためには英語が出来る社員は必要でしょう。
だからといって、社員全員に英語が必要なのか、分かりかねますが。
大企業による壮大な実験、果たして結果はいかに?

日本にいて英語を勉強すれば、
input >>>>・・・>>> output となるのは仕方ないですね。

日本では output ばかり強調されてますが、input の量が少ないと、output も限られる。
とりあえず、input の量を増やしておくのが無難かと。

そういえば最近、僕は英語の学習法ばかり書いていますね。
そろそろ引きこもって、また「枝葉末節な英文法」でも書こう。
Commented by Junpei642 at 2010-09-27 23:28 x
まさんたさん
結構ニュースになっていたけど、それほど影響力はなかったみたいですね。
海外進出のために社員全員が英語をしゃべる必要はないけど、
そんなに英語が大事なら、最初から英語ができる日本人を採用すればいいんだろうけど、それもなあと思います。

日本ではoutputばかり強調されていますか?
もちろんinputしないでoutputはありませんから、
私も花を咲かせるためにも日々の努力は必要と思っています。

最近 英語の学習法に傾いておられるようですが、読むほうとしては結構興味深く読ませてもらっています。
英文法は深く入りすぎて私はギブアップしてしまうのですけど...


香港...出会いと別れが頻繁におとずれるtransitoryな街で、日本語を教えながら暮らしています。現在Kissing Fishというインディーバンドでベースを弾いております。ベースだけじゃなくてギター弾いて歌ったり、ドラムもたまにたたいたり、音楽とミュージシャンにかこまれ心豊かな日々を生きるパワフルおばちゃん!


by Junpei64

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
日々のつぶやき(日記)
食べる 呑む
Movie Review
Book Review
Viva! Music
Education
My sweet Tetsu
Medical topic
My Precious
香港おいしい一人飯
香港、中国
Girls Band Project
Hong Kong Indies
Japan!
英語の話
お化粧

気になるブログ/サイト

フォロー中のブログ

音楽、空間、好鐘意(大好き)!
Rock and Mov...
だるにーの脳ミソ
別館・我要的幸福
La Dolcé vita
Hachiの香港家計簿
アメリカナース日記
音楽の杜
sakuraのわがままエッセイ
エミリアからの便り
熊猫漫遊記
じゅんじゅんの香港日記
六福1☆
いつの間にか20年
こんな一日
ま、どうでもいんだけど
別冊・Hachiの香港ニ...
ミヤモーの戯言
中国茶徒然日記
フォンの野菜メニュー
おはな 山の中日記 ~北...
香港日々探検日記
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
lei's nihong...
憧れの地は香港
koedagaffe分店...
Made in Hong...
アジア暮らし
Lady Satin's...
Welcome to m...

外部リンク

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

ブログパーツ

動画配信用ASPサービス

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

タグ

(65)
(28)
(17)
(17)
(17)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)

その他のジャンル

ファン