ダーピンロウ(hotpot)と香港人の英語

ゆうべはDの英語のクラスの学生たちと鍋を食べに行ってきた。
香港人の多くは鍋のことを「だーぴんろう」と呼ぶ、連れて行かれた店はこえださんやブラボーさんといっしょに出かけた譚魚頭だった。

女の子3人、男の子3人 うち一人は女の子のボーイフレンド
こうして関係のない席にボーイフレンドやガールフレンドを連れてきたりするのは香港人特有の付き合い方だ。

オーダーは既に香港人がしていたみたいで、いろんな具財が運ばれてきた。
中には鍋に入れて欲しくないものもちょっとある。
野菜が少ないと感じた私は野菜だけ追加してもらった。

昨日はじめて食べた食材が一つある。
名前は香港人に聞いても要領を得なかったんだけど、どうも四川地方の麺だそうで、
色はふきを茹でたときみたいなうす緑っぽくて、形は1.5cmX25cmのテープみたい。
最初は気持ち悪いなあと思ってみていたけど、食べてみたらもちもち感最高で、麺だから味はないけどすごくおいしかった。

香港人との鍋は危険で、何を入れられるかわからない。
内臓系を入れられると一気にスープの味が変わる。だから要注意!
私がおもに食べていたトマトスープの方に変なものを入れられないようにチェックしまくってしまった。

ボーイフレンドはあまりフレンドリーではないようで、グループにはなじまず、せっせと鍋の具財をいれたり、
彼女のために小龍包をおたまにのせて火を通したりして、香港人男性特有の彼女のお皿に食べ物を運ぶことに徹していた。日本ではその反対のシーンは時々見かけても、男性が女性のお茶碗に食べ物をかいがいしく運ぶという行為はめずらしいでしょう。
これを初めて見たときはちょっとカルチャーショックでした。昔ね。


Dの働く語学学校は政府と提携していて、政府が香港人の英語力アップのためにやっているスキームを売り物にしている。
1年間のコースで授業料は18000ドル 最後のテストにパスしたらそのうち16000ドルは手元に戻ってくるという素晴らしいスキームだ。
たったの2000ドルで1年間英語を学べるなんてなんて素敵。

学生たちはみな社会人でメンドーザという変な名前の香港人と、その友人のラムくんの2人以外は英語がほとんど話せない。
メンドーザくんの名前が印象的だったので、「誰がそのけったいな名前をつけたの?」と聞いたら、
Dがつけたという。納得。それ以上質問することはない。
これだけ英語名が一般的になっている香港で、今でも中国語名だけで生きている人も結構いる。
私の隣に座っていたサムという女性はサムは中国名だと言っていた。
ラムくんも名前の一文字が呼び名になっている。

女の子3人はあまり英語ができない。
香港では2歳半ぐらいから通う幼稚園ですでに英語の勉強がある。
ほぼ100%の幼稚園で英語教育をやっているし、小学校も当然英語を学ぶ、街でも英語が普通に通じる状況だけど、自分が育っている家庭に英語がまったく無い場合はやはり身につかないようだ。

今でこそ英語を上手にあやつるStevenでさえ、英文中学に通いはじめたとき、クラスメートの数人は家庭でも英語を話していて、英語はほぼNative,それに比べてStevenの家ではみんな広東語を話していて、その環境の違いは学校での英語力の差にそのまま反映されたと言っていた。
彼が本当に英語を磨いたのはHKUに入ってからみたい。大学の授業は英語だからね。
英語を流暢に話す香港人の多くが、子供のころオーストラリアやカナダなどで育ったとか、大学は海外だったというから、そういうのが当たり前な香港だからこそ英語ができる人が多いのだと思う。

だから、広東語環境の家に育ち、その後も高い教育を受けることなくすごした香港人というのはなかなか英語が身につくことなく大人になってしまうみたい。
まあそれでも、日本人に比べたら簡単な英語を理解できる層は比べ物にならないぐらい多いけどね。

年配の人で英語がうまい人は、昔の学校教育は今よりもずっと良かったと口をそろえておっしゃる。
特に英語はイギリス人による厳しい授業だったみたいで、そういう状況で学んだ人は発音もきれいで上手に聞こえるものだ。

時代は返還の渦に飲み込まれてしまい、母国語教育に傾いてきてから状況は変わった。
今頃政府が英語力の低下に頭をいためても、もう遅いのかもしれない。

そんなことをいろいろ考えながら、まずまずおいしいお鍋をつつき、楽しい夜を過ごしました。

今日もポチリとよろしくね。
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ



人気ブログランキングもよろしく


free counters
[PR]
by Junpei642 | 2010-09-11 12:18 | 食べる 呑む | Comments(7)
Commented by izutamaaru at 2010-09-12 10:39
内臓系を入れようとするとSTOP!とか言って止めるの?
それもすごいですね。
鍋はいろんな食材の味が混ざって美味しいと思うけど
嫌いな物が入るのはちょっとごめんなさいでしょうね。
私は何でもOKなので反対にうらやましいような気がする。

Commented by leifu-nihongkong at 2010-09-12 10:53
数年前に行った時もこの前行っただーびんろうも、誰も臓物系をオーダーしていませんでした。
もしやラッキーだったのかな?
Commented by Junpei642 at 2010-09-12 13:41 x
イズやん
こっちの内臓は処理がいい加減だと臭いんですよ。
最初からモツ鍋ならOKだけど、普通のおいしい鍋に臭いもの入れないで欲しいので、必死で阻止しました。でも鍋の味が2色なので片方には入れてたよ。私はそちらのものを食べなかったのでOK.
みんな若い子で、私はママみたいなものなのですよ。ママのいう事を従順に聞く香港人男は扱いやすいよ。
Commented by Junpei642 at 2010-09-12 13:42 x
leiちゃん
ホルモンを誰も食べない鍋は健全でいいです。
得体の知らないものを入れられると大変ですからね。
けど香港の鍋っておいしいよね。
Commented by gloria-x at 2010-09-12 14:20
うちのダーリンは香港人的なのかも(笑)
焼肉のときはタイミングよく肉を焼いてわたしの皿に入れてくれたり
外食でも小まめに取り分けしてくれます(^-^)

>関係のない席にボーイフレンドやガールフレンドを連れて

これ難しいけど、案外早くオープンにしておくと
後々いいかもしれませんね!
結局、合う合わないで自然淘汰されていくだろうしね。
Commented by Junpei642 at 2010-09-12 14:47 x
gloriaさん
ダーリンは優しいですよね。お皿に食べ物を入れてくれるんだ。
香港の人は彼女だけじゃなく、仲良しになってからは他の人のお皿にも気配りしてくれます。
こういうところを見て「香港の男の子やさし~~い。はぁと」になってしまう日本人女性は多いと思います。

うちの過去にいたスタッフたちも、オフィスの食事の席にガールフレンドを平気で連れてきていました。
結局結婚したのでいいけど、なかなか同じ人で続かない場合はやっかいですね。
けど、この気軽さが一般的なので、私みたいな部外者も鍋の席に参加できるんですけどね。
Commented by bravo1212 at 2010-09-13 14:33
あ~あの美味しかった鍋屋さんですね。
あれ以来行ってません。
他に食べたいお店が多いのと 暑かったから リピしてないのです。香港人と鍋に行ったことがないから そんな危険な目には
あったことがないです。
確かに「えっ、それ何???」っていうのいっぱいあるんでしょうね。そのモチモチ麺 食べてみたいです。

Dの学校のシステムいいですね。一生懸命勉強したら 安く
勉強できて 自分のためにもなる。


香港...出会いと別れが頻繁におとずれるtransitoryな街で、Rock'n'Rollをこやしに生きています。若返りのマジックワードを心に今日も頑張る~~


by Junpei64

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
日々のつぶやき(日記)
食べる 呑む
Movie Review
Book Review
Viva! Music
Education
My sweet Tetsu
Medical topic
My Precious
香港おいしい一人飯
香港、中国
Girls Band Project
Hong Kong Indies
Japan!
英語の話

気になるブログ/サイト

お気に入りブログ

音楽、空間、好鐘意(大好き)!
Rock and Mov...
だるにーの脳ミソ
別館・我要的幸福
La Dolcé vita
Hachiの香港家計簿
アメリカナース日記
音楽の杜
sakuraのわがままエッセイ
エミリアからの便り
熊猫漫遊記
じゅんじゅんの香港日記
六福1☆
いつの間にか20年
こんな一日
ま、どうでもいんだけど
別冊・Hachiの香港ニ...
ミヤモーの戯言
中国茶徒然日記
フォンの野菜メニュー
香港*テクテク
おはな 山の中日記 ~北...
香港日々探検日記
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
lei's nihong...
憧れの地は香港
koedagaffe分店...
Made in Hong...
アジア暮らし

外部リンク

以前の記事

2017年 03月
2016年 09月
2016年 08月
more...

ブログパーツ

動画配信用ASPサービス

ブログジャンル

海外生活
50代

検索

タグ

(63)
(28)
(17)
(17)
(16)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)

人気ジャンル

ファン