英語教育批判とその他もろもろのこと

まさんたさんが、「英語教育」批判についてまとめられたものを読んで、それに対するコメントを自分のブログに書きたいと思いました。

*賢い学者たちが出版した英語学習者向けの本に、文法を勉強するな。
辞書を引くなみたいな極端なメソッドが堂々と書かれていること。

*賢い学者たちは自分がすごく勉強してきたことを忘れて、自分はまるで勉強していなかったのように書くこと。

*そしてその昔、英語の勉強をめちゃくちゃした達人が、実際は英語をうまくあやつれなかった。→受験英語、学校英語への批判

*最後に教える側の質の問題=つまり先生が本当に英語をきちんと操れるかどうかということ

先進国、経済大国と呼ばれて久しい日本の一番大きな欠点、国を代表する首脳陣が英語が下手ということ。
外交上これって打撃なのかどうか、そんな上の方の話は私にはわかりません。
しかし、英語話者たちが英語を話せない外国人のことを馬鹿にしているわけでもないと思う。
実際、アメリカ人も英国人もその多くがモノリンガルじゃないですか。

首脳陣はちょっとは考えるべきだけど、
一般市民レベルで英語ができないコンプレックスをかかえて日々生きている。
英語なんて話せなくてもぜんぜん困らない国に住んでいるのに...

香港では幼稚園から英語を教えているし、小学校からは英文校、中文校に分かれていて、
英文校に入ると教科書も英語だし、学校で使われる言語は8割ぐらい英語と聞いている。
そして大学教育はほぼ英語だ。

公用語も英語と広東語なので、公文書の多くは広東語と英語が裏表になっていたりする。
結構公用語に使われている英語のレベルは高く、ちょっとややこしい英語も使われていたりする。
こんな香港でさえ、英語がめっちゃ上手な人の割合は低いと言っても間違いじゃない。
香港大学を卒業していてもボキャブラリーの量が多いとはいえないし、日常的に洋書を読むという人も少ない。
ただ、どこへ行っても困らない程度の英語は話せる。自分の専門については極めているし、きちんとした英文も書ける。
実際はそれが大切なのかもしれない。
少々発音が下手でも、使うボキャブラリーが単一で幼稚でも、堂々と言葉として操れる香港人は日本人より立派だと思う。しかしこのレベルが今の香港の教育のマキシマムであることも事実で、もっとできる人は留学経験があって、そういう人の人口が多いのも香港の特徴。
それに外国人も多いからね。

でも香港と日本は比べることができないね。状況がぜんぜん違うからね。

私の場合は、中2までは英語ぜんぜんわかりませんでした。
ぜんぜん何の注意もせず勉強していた感じで進行形が出てきた時点でギブアップ!
でも中2の夏休みにものすごくいい家庭教師にあたって、
彼女から徹底的にそれまでの文法のやり直しをさせられ、それ以降は霞が晴れたみたいに英語が簡単になったのだ。もう中2の教科書がめっちゃ簡単で、発音記号も徹底的にやったためスペルを覚える行為も朝飯前という状態になった。
その後は特に英語の勉強に苦労することもなく、英語がおもしろかったし、洋楽も聞いてたし、海外にペンフレンドも数人持つようになって、英語で遊ぶという行為も覚えた。でも話し相手はいないよ。

で、初めて海外に出たのが17歳でアメリカ
「あれ?何言ってるかわからん。」
「なんで通じないの?」
そう思うことはいっぱいあった。でも知っている限りの英語をしゃべりまくった。
聞くことは大変だったけど、そんなの当たり前
だって、奈良の田舎で優れたListening教材があるはずもなく、英語が聞けるのは映画とレコードだけだったからね。
恥ずかしいなんて思わないこと。
とにかくひたすら英語を話した。相手は日本の田舎娘、下手だからって誰も笑わなかった。

これまでの経験を考えると、当時の英語教育は間違っていなかったし、
基本的なことはきちんと教えてくれていた。
ただ、一人の先生が35人ほどの生徒相手に教えても、生徒すべてが吸収できるはずもなく、学ぶ側の力の有無と努力に左右されると思う。

基本さえできていれば、後で本格的に英語に触れたときに、自分なりに理解をしなおし間違えて覚えていたことは修正しながら勉強できるからだ。
私の今の英語はそんな感じかな?
なんだ、本当はこういうことだったのかというのは多々あるし、今でもああなるほどと思うことはいっぱいある。
わかっていてもまだ間違えることもあるし、そのたびに舌を出して、また言い直しして、言い直ししているのに間違えたといわれると思いっきりむかつきながら覚えている。(これ実際先週あったこと)

もし英語教師の質についてこれからどうにかなるのであれば、
きちんと英語のもつ意味、ニュアンスを理解できている、せめて海外で生活したことのあるバイリンガルな人がなるのが好ましいかな?あとは教え上手かどうか適正も試されるべき。

結論としては、どんな学問も努力なしに身につくことはない。
英語をスラスラ操れるほど身についたとしたら、それは基本的なことプラスそれに肉付けしていく必要がある。
それは努力することでしか得られないと思うので、なんちゃって英語学習本なんかに頼らず基礎からやり直すことをおすすめする。
ただ、海外旅行とかで使う付け焼刃な英語だったらそういう本やCD教材に頼るのも一案だと思う。
覚えればいいだけだからね。

ちょっと長くなったので今日はこの辺で一旦終わります。

今日もポチリとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ



人気ブログランキングもよろしく


free counters
[PR]
by Junpei642 | 2010-08-17 18:11 | 英語の話 | Comments(6)
Commented by まさんた at 2010-08-17 22:41 x
僕が書いた記事、まとまりがなかったですね(いつものことですけど)。

バイリンガルで、英文法の説明も日本語できちんと出来る先生。
理想の教師でしょうけど、今の日本は高校進学率が100%に近いですからね。
進学校にはそういう先生を集めて、なら効果大だと思いますが、日本は「平等絶対主義」の国ですから。

僕は二十代中頃に、いきなり英語を使わざるを得ない状況になりました。
それまでは英語といえば読書、しかも古典ばかり読んでいたので、実用度、ゼロに近い。
ビジネス面では数ヶ月で多少慣れましたが、雑談となると、まるでダメ。
いわゆる「文法上間違う」恐怖病でして。
今でもその病気は治っていません。一生、持病でしょう。

Junpei さんは中ニの時の家庭教師さんとの出会いが大きかったようですね。
高校時代、僕にも家庭教師が何人か付きましたが、皆、1ヶ月も持たず。
部屋は散らかっていても気にしませんが、細かい文法議論になると、細かすぎる性格は三つ子の魂。
今では、猛省しています。
Commented by Junpei642 at 2010-08-17 23:27
まさんたさん
やっぱり日本の教育の現場では「平等絶対主義」がまかりとおっているんですね。
そうなると、やはり理想的な英語教育には限界があるかもしれない。Nativeの先生に頼ることもできるけど、それだとニュアンスが伝えにくいものね。

まさんたさん「文法上間違う」恐怖病なんですね。
私も多少あるけど、もうここまで来ると気にしていないし、
わからないときはわからんけど、こういうこと言いたいと言います。
そしたらたいていのNativeは例文をくれます。
話を折ることになるんだけどね。

私の場合、あまり疑問に思うことを質問したりしないいい子でした(笑)。今は聞かなくても間違えたらうるさいNativeがまわりに多すぎるんですよね。それも困りますが...
Commented by 遊びの達人 at 2010-08-18 06:58 x
数年前に香港エージェントが仙台に来た時に、たまたま出会った、中学の英語の先生との、やり取りをブログに書きました。

英語の先生が、まったく英会話が出来ないんですよ!


これは問題有りですよね!


いくら中学の英語の先生でも、ある程度の英会話が出来ないとね~!


生徒も笑ってましたから!
Commented by こえだ at 2010-08-18 06:59 x
決定的なスタート地点(?)となった「家庭教師さんとの出会い」以降の、映画や音楽での耳からの馴染み。加えてペンパルたちとの筆談。
それらの時期で、英語と共にいたり英語と向き合ったりすることの“楽しみ”が持続されたのですね。(自分には、そういうチャンスと面とでの多様な出会いや持続は得られなかった)
ここを読んでいて、「口にすることは?」と思いつつ居たら、すぐ次にその過程と答えとを書いてくださっていました。なるほど、やはり「よき時期」「必然となった時期」にアメリカの中にご自分を放り込まれておられるんですね。
……こんな例えはおこがましいのですが、「英語の解からない自分が、今日のこの記事一つも、どうやったら少しでも身近に感じられそうか」を考えた策として、「音楽の習得の過程」と重ね合わせて理解しようとしてみました。「文法や発音記号の習得=読譜」などと…。。。もうちょっと寝かせておいて、またこの記事読み返します。(笑)
Commented by Junpei642 at 2010-08-18 09:48 x
達人さん
英語教師の話 前にブログで読みました。
日常的に外国人と接していない人は、いくら英語の先生でも一瞬戸惑うんじゃないですか?
それにめっちゃ聞き取りにくいチャングリッシュは初めて聞いた人はわからないかもしれないし...
これも慣れの問題で、香港に住んでいなかったらこれだけ多様な英語を聞き取れなかったと思うもん。
今だったら英語を聴くだけでどこの人かだいたいわかるし、インド、フィリピンなんかの特殊な英語も聞き取れるからね。

日本の英語の先生 英語の先生になるためのテストってどんなんなのかな?
Commented by Junpei642 at 2010-08-18 09:55 x
こえださん
その家庭教師に出会っていなかったら今の私はありません。
きっぱりと言えます。

でも英語が好きと思える前から洋楽は聴いていたんです。
毎日ビートルズの赤盤の歌詞を見ながら一緒に歌っていたことは発音の練習にはなったかな?

高校になってからは、担任の先生が「おまえは英語しかとりえがないな。」とはっきりおっしゃってくださり、その先生のご近所さんだった宣教師を紹介してくれて初めて本物のNative speakerに英語を習うことになりました。
そして、親戚がアメリカに住んでいたのでそこに遊びに行ったんです。決して留学とか贅沢な形ではなかったです。

こえださんには音楽があるじゃないですか。
また違った方面で才能は開花したんでしょう。
そう思ったら、香港には英語もできて音楽も最高にうまいアマチュアバンドマン(日本人)がいっぱいいます。
中には英語じゃなくてマンダリンペラペラというのもいるし、二つも持っている彼らがうらやましいな。


香港...出会いと別れが頻繁におとずれるtransitoryな街で、日本語を教えながら暮らしています。現在Kissing Fishというインディーバンドでベースを弾いております。ベースだけじゃなくてギター弾いて歌ったり、ドラムもたまにたたいたり、音楽とミュージシャンにかこまれ心豊かな日々を生きるパワフルおばちゃん!


by Junpei64

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
日々のつぶやき(日記)
食べる 呑む
Movie Review
Book Review
Viva! Music
Education
My sweet Tetsu
Medical topic
My Precious
香港おいしい一人飯
香港、中国
Girls Band Project
Hong Kong Indies
Japan!
英語の話
お化粧

気になるブログ/サイト

フォロー中のブログ

音楽、空間、好鐘意(大好き)!
Rock and Mov...
だるにーの脳ミソ
別館・我要的幸福
La Dolcé vita
Hachiの香港家計簿
アメリカナース日記
音楽の杜
sakuraのわがままエッセイ
エミリアからの便り
熊猫漫遊記
じゅんじゅんの香港日記
六福1☆
いつの間にか20年
こんな一日
ま、どうでもいんだけど
別冊・Hachiの香港ニ...
ミヤモーの戯言
中国茶徒然日記
フォンの野菜メニュー
おはな 山の中日記 ~北...
香港日々探検日記
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
lei's nihong...
憧れの地は香港
koedagaffe分店...
Made in Hong...
アジア暮らし
Lady Satin's...
Welcome to m...

外部リンク

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

ブログパーツ

動画配信用ASPサービス

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

タグ

(65)
(28)
(17)
(17)
(17)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)

その他のジャンル

ファン