"1Q84 Book 3" 村上春樹

一週間ほど前に読み終えた。
1と2を読んでいるときみたいに夢中になって読んだわけではなく、
3冊目はだいたい最後はこうなるのでは?というのを予想しやすい内容だった。

前は天吾と青豆の2人のお話だったけど、今回は牛河さんが加わった。
3人でよくわからないパラレルワールドに引き込まれる。

「猫の町」と「1Q84」 それぞれネーミングがあるけど、月が二つ見える場所に迷い込んでいるわけ。

相変わらず、リトルピープルが何なのか?
レシバとパシパの存在
ふかえりの持つパワー 
謎なことは何も解明されていない。

ただ、Book3でのお話はわかりやすく完結していて気持ちいい。
これは難解さを求める村上ファンにとって気持ち悪いだろうけど、これがBook4に続くとしても
一旦こういう形で終わったことは、単細胞な私にはありがたかった。

でも気になる伏線もあるのでBook4ではそこんところもうちょっとはっきりして欲しい。

次に読み始めた何気なく本棚にあった読んだことのない「宮部みゆき」
これはもうめちゃくちゃおもしろいです。
「やめられない止らない」でゆうべは無理やり本を閉じて寝ましたよ。
続きを読もう!

ところで皆さん青豆はどんなイメージですか?
私の中では、アニメのコナンに出てくる敏腕女性刑事のイメージなんですよ。
最初からそういうイメージでなぜかはわかんないけど、青豆を読んでいるときはアニメか、もしくはあの刑事をそのまま人間にしたイメージです。

そして天吾はそれに反して、ちょっとおたくっぽい外見で、おとなしそうな雰囲気のヒトかな?
匹敵するキャラや俳優はいません。

牛河といいますと、じゃりんこチエに出てくるやくざの親分です。

ふかえりも少女アニメのキャラかな?

というわけで、私はアニメの見すぎかしら?


ランキングはなぜかどんどん下がっていますが、そんなに万人ウケしないこと書いていると思う?
応援お願い。
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
今日もよろしくお願いします。


人気ブログランキングもよろしく


free counters
[PR]
by Junpei642 | 2010-06-21 09:40 | Book Review | Comments(12)
Commented by 遊びの達人 at 2010-06-21 10:07 x
次回の香港遊びに間に合うようにBook4が出ると良いですね!
Commented by izutamaaru at 2010-06-21 12:56
宮部は一時期はまりすぎて止まらないので強引に止めました。
あの作家の本を読んでると他の作家の本が読めなくなります。
万人受けとか気にしないでいいんじゃない?
ジュンペイさんらしい話題で。
1Q84で驚いたのは「青豆」。
あれは、今までの村上ワールドに出てなかったと思う。
もっとも、ふかえりで原点に戻ってしまいましたが。

おっと、ネタばれ注意ですね。
Commented by marto at 2010-06-21 13:05 x
今、読み始めて、半分弱のところ、天吾と看護婦たちのカラオケにおけるやりとり・・・・・!
青豆の左右いびつなかたちの乳房がいい!(見れないけど)
どこかにパーフェクトでないところが・・・?
多少必殺仕置き人とかぶるところも・・・?(鋭いピックも)
てなわけで、まだまだこれから、深く浸透して行く途中段階です。
Commented by Junpei642 at 2010-06-21 15:31 x
達人さん
今回は本 ありがとうね。
Book4 いったいどうおさめるか?となると
やはり村上作品の原点にもどっちゃいそうな感じです。
Commented by Junpei642 at 2010-06-21 15:33 x
Izuやん
ほんと、宮部作品ははまるよね。
止らないです。
あと少しね。

青豆キャラは今までにないキャラでしたか?
私、あまり村上作品に詳しくないんです。
ふかえりみたいな、つかみ所の無いキャラは確かに多いけどね。

Commented by Junpei642 at 2010-06-21 15:35 x
あららパパちゃんも読んでおられるんですね。
んで、青豆のおっぱい好きなんですね。(見れないけど)
ハハハ、私も必殺思い出しました。同世代ですね。
頑張って読破してください。
久しぶりのAmazonia楽しかったよ。ビデオ見てくれた?
Commented by こえだ at 2010-06-21 21:15 x
まったくすべての話題についていけない自分なので、
◎自分がいかに本を読んでいないか。
◎皆さんがいかに本を楽しんでおられるか。
という2点が明確に分かりました。
…とほほ。
だから、昼間、この記事何度読んでも、なんとも手も足も出ないわけです。(笑)
。。。というこえだでした。ごめんね、ジュンペイさん。いつものように、ポチだけ。
Commented by hongkongpeu at 2010-06-21 21:32
宮部みゆきは何を読んでいらっしゃるのでしょうか?
私は「火車」と「理由」が好きです
乃南アサは読まれませんか?
Commented by Junpei642 at 2010-06-21 21:40
こえださん
本はそれぞれ好みの問題ですから、読まれなくてもモウマンタイ
音楽の話にコメントくださるので嬉しいです。
ポチもありがとうございます。
Commented by Junpei642 at 2010-06-21 21:42
Peuさん
宮部みゆきは明日書きます。すごいおもしろかった。
火車と理由は長編作でおもしろいですね。
私は蒲生邸事件がおもしろかったです。あとは時代小説が異様に好きです。
Commented by bravo1212 at 2010-06-21 21:48
これBook4もあるの?
まだ 謎もいっぱいで ほんでふかえりは?とか思ったけど
そうか~まだ続くのか~。

青豆のイメージ コナンに出てくるような敏腕女刑事 
うんうん、うまいこと言いあててるな~って思います。
絶対足はきれいだよね。

最後、牛河がなんとも哀れでかわいそうでした。

今 図書館で「告白」を予約待ちしています。
Commented by Junpei642 at 2010-06-22 10:55 x
ブラボーさん
この本ってさ、最初の2冊で終わるのか、そのまま続くのか、著者もどうもわかっていないようです。
けど、雰囲気的にBOOK4できちんと完結してもらわないと多くの読者は気持ち悪いと思う。
でも、村上ワールドに慣れている人たちにとって、あの放り出したような終わりでも満足できる人はいるのかもね。

青豆のイメージわかってもらえて嬉しい。
たぶん一番最初から彼女のイメージでした。

牛河はかわいそだったね。

告白はなんですか?


香港...出会いと別れが頻繁におとずれるtransitoryな街で、日本語を教えながら暮らしています。現在Kissing Fishというインディーバンドでベースを弾いております。ベースだけじゃなくてギター弾いて歌ったり、ドラムもたまにたたいたり、音楽とミュージシャンにかこまれ心豊かな日々を生きるパワフルおばちゃん!


by Junpei64

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
日々のつぶやき(日記)
食べる 呑む
Movie Review
Book Review
Viva! Music
Education
My sweet Tetsu
Medical topic
My Precious
香港おいしい一人飯
香港、中国
Girls Band Project
Hong Kong Indies
Japan!
英語の話
お化粧

気になるブログ/サイト

フォロー中のブログ

音楽、空間、好鐘意(大好き)!
Rock and Mov...
だるにーの脳ミソ
別館・我要的幸福
La Dolcé vita
Hachiの香港家計簿
アメリカナース日記
音楽の杜
sakuraのわがままエッセイ
エミリアからの便り
熊猫漫遊記
じゅんじゅんの香港日記
六福1☆
いつの間にか20年
こんな一日
ま、どうでもいんだけど
別冊・Hachiの香港ニ...
ミヤモーの戯言
中国茶徒然日記
フォンの野菜メニュー
おはな 山の中日記 ~北...
香港日々探検日記
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
lei's nihong...
憧れの地は香港
koedagaffe分店...
Made in Hong...
アジア暮らし
Lady Satin's...
Welcome to m...

外部リンク

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

ブログパーツ

動画配信用ASPサービス

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

タグ

(65)
(28)
(17)
(17)
(17)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)

その他のジャンル

ファン