理想的な夫婦像

Izuやんのブログを読んでいて ハッとさせられた。

共働きのご夫婦、毎朝出勤は一緒、どこかの駅で奥様が先に降りられるようで、
その時にちょっとせつなくなって、奥様を好きだと再認識されるというわけ。

これを読んで、私も遠い昔、別の場所でアルバイトをしていたり、
今とはぜんぜん違う暮らしをしていた。
同じオフィスで働くようになってからも、今ほど一緒の時間を過ごしていなかったため、
それなりに離れるときは寂しいと感じたりしたものだ。

しかし、今はどうだろう。
今はオフィスと家が同じ場所なので、四六時中一緒にいるという生活だ。
私は一日のうち数時間 日本語を教えに出かけるけれど、一日出かけていることはほとんどなく、
お昼はたいてい一緒に食べている。

四六時中一緒にいるというのも苦しいもので、
そのうえ昼も夜も食事のしたくをしなければならないという重圧感はかなりきつい。

会えないときは会いたいと思い。
ずっと一緒にいるとうっとおしいと思う。
人間とは勝手なものよね。

結局 新婚時代は別にして、一人の人間として仕事を持ち、子育ても終わり、主婦としての生活以外の世界を持っている今、夫婦は適度な距離が必要なのだと思う。
そうすることで、相手をもっと思いやることができるし、優しくなれるのではと思ってしまうのである。
だって、私はもともと、だんなが数年間単身赴任をするといって香港に行ってしまったあと、
寂しくて気が狂いそうで、メニエール病みたいになってしまったのだ!
当時30歳になる前だったかな?今だったら信じられないけど、それだけだんなが恋しかったのね。
(しかし、結構学校では友達と群れないタイプの人間だったのに、なんでだんなにだけはあんなにべったりだったのか、本当に理解に苦しむ。今はちょっとだけ一人になりたいと思うこともあるもんね。)

だんなさんとの距離感で悩んでいる人は実際に周りにもいるものね。
ちょっとでも自分の時間を外部に持つことで、そういう悩みはふきとんでしまうこともあるので、
やはり熟年にさしかかった夫婦は距離が必要なのでしょう。

上記Izuやんのブログへのブラボーさんのコメントに書かれていたことも気になりました。
適度な距離は必要だけど、スキンシップ(形は問わないけど肌と肌のふれあいです)が大切なんだって。
そうだろうね。
スキンシップがなくなってしまった夫婦は、なんだか不毛なイメージがあるもんね。
とどのつまりはセックスレスなんだけどね。
熟年じゃないのにセックスレスになってしまう夫婦も多いみたいで、それはご愁傷様って感じですね。

私も昔はブログに、夫婦は一緒に寝なくなったらおしまい!などと書いていたこともあったけど、
今じゃうちもベッドは別々だもんね。

夫婦間のスキンシップは手をつなぐなどシンプルな形態でもいいんだって。
香港では夫婦が手をつないで歩いている姿をよく見かけるけど、
日本ではあまり見ないよね。

みなさんパートナーと手をつないでいますか?
うちは酔っ払ったときは手をつないで歩くけど、シラフではだんながいやがります。
かっこ悪いって言うんです。

スキンシップが欠如していると感じたら、まずは手をつなぐことからはじめましょう。
Hugも簡単でいいですね。


お宅の夫婦像はどうですか?理想にはまってる?それとも理想とは違う?
どっちでもポチリと応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ



人気ブログランキングもよろしく


free counters
[PR]
by Junpei642 | 2010-03-30 13:10 | 日々のつぶやき(日記) | Comments(4)
Commented by こえだ at 2010-03-30 18:00 x
午前中に、このテキストを読んでたら、軽く考えてしまってコメント出来ずにいました。
考えてしまうっていうことは、
自分の理想と、今の現実との間に、ちょっとした谷間を自覚するからなのでしょうね。
あまりに日常の話題であり、
なのに、
あまりに思いを普段めぐらせないことだけに。
結婚する前は、「こうでありたい」「ああでありたい」と願いをあたためるのにね。
いや、でも、
結婚してからでも、「こうありたいからああしよう」は、あるか。
太太の表情を見ていて、ふとはにかむことがあるのは、昔から変わりませんが、
どうしてかは、分からない事実です。
Commented by bravo1212 at 2010-03-30 20:15
夫婦いろんな形があるんだな~って先日友達と話してても
思いました。

最近子供も大きくなってきて これからは夫婦二人きりっていう
ことが多くなってくるから 二人の関係も大事だな~って思います。
やっぱり 仲良くやっていきたいしね。

私にスキンシップの大切さを説教してくれた人は私よりかなり年上で
多分我が家の単身赴任が長いから 心配してくれての助言だったと
思います。
うちは 日本だと歩くとき手をつなぐっていうのは すごく目立つから
してないけど、香港だと 迷子になったらあかんし 手をつないでます。
が、時々、うっとうしい時もあるみたいです。

新婚の時って仕事から帰ってくるだんなさんの事が待ち遠しくて
帰ってきたら めちゃうれしくて って感じでした。
それがいつからか、「あっ、帰ってきたんや」って思うようになりました。
多分ドラマにはまってる時とかかな。
Commented by Junpei642 at 2010-03-31 11:28
こえださん
おはよう。Haradaのラスクかじりながらネットしています。
誰だって理想と現実の狭間には谷間もあるし、山もあるでしょう。
今の関係がベストなのか、それともまだまだ改善の余地はあるのか、
そういうことを、どちらか片方が真剣に思い悩んでいるとだめです。

だんなの立場でも妻の立場でも、相手が幸せなのかってことを、
時々立ち止まって考える必要はありますよね。

ところで手をつなぎますよね。
Commented by Junpei642 at 2010-03-31 11:33
ブラボーさん
夫婦は各家庭でいろんな形があるだろうけど、基本 愛情は必要ですね。

ブラボーさんのところは離れているから、会ったときは愛情を深められていいと思いますよ。
香港では手をつないで歩くこと恥ずかしくないですからね。
ゲイ同士だって手をつないで歩けるのが香港だ!
ずっとつなぐのはうっとおしいけどね。

新婚のときの待ち遠しい気持ちってよくわかります。
いつも一緒なのにパチンコから帰ってこないと泣いて待ってたり、
なんてバカだったんだろうって思う。
なんでもっと自分ひとりの時間を大切にできなかったのかな?
若いってほんとおろかなことがいっぱいです。反省


香港...出会いと別れが頻繁におとずれるtransitoryな街で、日本語を教えながら暮らしています。現在Kissing Fishというインディーバンドでベースを弾いております。ベースだけじゃなくてギター弾いて歌ったり、ドラムもたまにたたいたり、音楽とミュージシャンにかこまれ心豊かな日々を生きるパワフルおばちゃん!


by Junpei64

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
日々のつぶやき(日記)
食べる 呑む
Movie Review
Book Review
Viva! Music
Education
My sweet Tetsu
Medical topic
My Precious
香港おいしい一人飯
香港、中国
Girls Band Project
Hong Kong Indies
Japan!
英語の話
お化粧

気になるブログ/サイト

フォロー中のブログ

音楽、空間、好鐘意(大好き)!
Rock and Mov...
だるにーの脳ミソ
別館・我要的幸福
La Dolcé vita
Hachiの香港家計簿
アメリカナース日記
音楽の杜
sakuraのわがままエッセイ
エミリアからの便り
熊猫漫遊記
じゅんじゅんの香港日記
六福1☆
いつの間にか20年
こんな一日
ま、どうでもいんだけど
別冊・Hachiの香港ニ...
ミヤモーの戯言
中国茶徒然日記
フォンの野菜メニュー
おはな 山の中日記 ~北...
香港日々探検日記
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
lei's nihong...
憧れの地は香港
koedagaffe分店...
Made in Hong...
アジア暮らし
Lady Satin's...
Welcome to m...

外部リンク

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

ブログパーツ

動画配信用ASPサービス

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

タグ

(65)
(28)
(17)
(17)
(17)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)

その他のジャンル

ファン