お相撲に夢中

夕べ遅くやってきた台風はあっという間に香港を駆け抜け、朝起きたらもうシグナルは3になっていました。
夜中はすごい雨風だったようなので、ゆうべ飲みに行かなくて良かった。

シグナルが8になるとお昼に聞いていたので、十分食料品を買い込んでおいたおかげで、
昨日は夕方からだんなと一緒に飲んでいたし、
今日も、私がせっせと掃除していたらだんながビールをあけたので、途中で掃除を中断してだんなにつきあうことにした。
二人でいろいろ作ってお相撲を見ながらチビチビと飲んでいた。

最近すごく夢中になっているお相撲。
実は毎日午前1時のニュースの後、相撲ダイジェストがあるので眠いんだけど頑張ってみているのだ。
だから最初から最後まで見られる日曜日は嬉しい。

相撲はおじいちゃんが生きていた頃はよく一緒に見たもので、
当時は北の富士、輪島、貴乃花、高見山が活躍していた時代です。
その後、千代の富士の時代までは結構見ていたような気がする。

そして、今になってNHKで相撲を見て、そのおもしろさに取り付かれてしまったと言うわけ。
前場所では日馬富士がすごく頑張っていて、彼が優勝したのですごく嬉しかった。
b0080418_21543590.jpg

白鳳の相撲もすごく武道という感じですごく美しいので応援している。
朝青龍はちょっとにくたらしい雰囲気があるのであまり好きじゃないのです。
だから、今日稀勢の里が朝青龍を倒したのですごく嬉しかった。
b0080418_2204485.jpg

最後の取り組みだったし座布団が飛びまくっていた。


もちろん今場所も日馬富士を応援していたんだけど、2敗してしまったのでちょっと残念。
それで、もう一人いいなあと思っていた琴欧州を応援しているのだ。
b0080418_21552182.jpg

彼は今全勝を続けているので、優勝してもらうためには同じく全勝している白鳳、朝青龍に黒星がつかないとだめなのだ。
今日は朝青龍が負けたのであとは白鳳との戦いだな。

相撲ってただのデブの戦いと思っていたけれど決してそうではなくて、
戦い方もすごく美しいものもあれば、ちょっと油断させてまったく違う技で相手を負かしたり、
どちらも同じぐらいの力で戦う場合は、なかなか動かず、仮に動いても、どっちも絶対に負けないぞ!という気迫たっぷりな戦い振りをすることが多いことがわかって、ぐっと興味が深まったのだ。

今 すごい人気なのは一番のおでぶさんの山本山かな?
b0080418_2156728.jpg

なにせ260キロぐらいあるのだ。たいていのお相撲さんは小さく見えるぐらいでかい!
しかし大きい分、ちょっと動きがのろいので相手がすばしっこく動けばそのうちバテテ負けちゃうというタイプ。
裸だと少々見苦しいので着物を着ている写真です。

それから高見盛が出てくると場内が沸く!
b0080418_22563971.jpg

なぜなら、この人は相撲をする前に思いっきりパフォーマンスを見せてくれるからだ。
彼に合わせて観客も声を出すし、私も毎回「気合だ!気合だ!気合だ!」とちょっと違うけど叫んでしまうぐらいだ。
ブラボーさんのコメントを読んで誤字に気づきました。ありがとう
誤字ではなく、名前がわからんかったんです。
だから写真もありました。


ただね、いろいろ賛否両論あるかもしれないけど、
外人力士の数がすごく多い。
なかなか日本人力士どうしの取り組みが見られないぐらい外国人が多いのだ。
一番多いのがやはりモンゴルで、今の両横綱もモンゴル人だ。
日馬富士もモンゴル人

あとはロシア、グルジア、ブルガリアなどヨーロッパ系の力士もすごく多い。
背が高くて体の形がきれいなので、欧州系の取り組みはおもしろい。
外国人に頼らなければ角界はやっていけないのかな?
そうだとしたら寂しいですね。
まあもともと、小錦や曙、もっと遡れば、先日引退された東関親方もハワイから来られたんだよね。

日本人がだんだん減ってきても相撲自体がおもしろければいいのか?
私は気にしないけれど、ただ日本の国技なのでなくならないで欲しいなと思うわけです。





にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
今日はちょっと私らしくないお話だと思う。
でも本当におもしろいので見たことのない人は見てみてください。
今日もクリック宜しくお願いします。


こちらもよろしく~

アジア在住の日本人によるブログ

アジアから発信しているブロガーのためのランキングサイトということで登録してみました。
もし良かったらこちらもよろしくお願いします。
[PR]
by Junpei642 | 2009-07-19 22:09 | 日々のつぶやき(日記) | Comments(4)
Commented by bravo1212 at 2009-07-19 22:43
お~ジュンペイさん 私も相撲大好きです!
以前は全然興味なかったんだけど、だんなさんの母が入院して
それから夜ご飯は下の台所で作っておじいちゃんと一緒に食べてた時(だんなさんの父のこと) おじいちゃんが相撲大好きで見るようになって 段々私も相撲ファンになりました。

前回の日馬富士の優勝はほんとにすごかった!
気迫を感じたね。
もう、朝青龍の時代は終わったみたいだね。
今はやっぱり白鳳だね。
横綱としての風格も朝青龍よりずっとあるしね。
でも、朝青龍のキャラもにくたらしいけどおもしろい存在だと思う。

琴欧州もこの間婚約したし、精神面でも充実してるんだろうな~。
日馬富士は今回は綱とりは無理なかんじだけど、そんなに簡単には 横綱にはなれないよね。
白鳳も綱とりがかかった場所 何度か大変だったもんね。

ほんとに日本人で早く横綱出てきてほしいよ。
今回朝青龍と対戦してがんばった「稀勢の里」あたりに期待が
かかるね。

「高見盛」のパフォーマンスも好きです。
Commented by Junpei642 at 2009-07-19 23:00
ブラボーさん
ブラボーさんもお相撲好きなんですね。なんだか嬉しいです。
私はまだ何も知らなくて琴欧州が婚約したことも知りませんでした。
白鳳の綱とりのことも知りませんでした。

でも本当に日本人の横綱が欲しいですよね。
稀勢の里は根性ありそうですからいけるかな?

高見盛の名前がわからなかったんです。
ありがとうございます。
間違えていたから写真が出てこなかったんですね。
あのパフォーマンスすごいですよね。
Commented by izutamaaru at 2009-07-20 07:30
相撲。 私も大好きです。時間をかけて見れないのが残念ですが。
最近チェックしてるのは、両肘の使い方や肩の入れ方です。
単純に見える競技だけに一瞬のスピードや技に興奮します。

外国人力士は特徴があって面白いと思います。
国技という観点から疑問は残りますが、興行的なことや全体的な底上げを考えれば致し方ないと思ってます。

相撲! 面白いですね。  今日も見ようかな。
Commented by Junpei642 at 2009-07-20 22:47 x
イズタマアルさん
やっぱり相撲お好きなんですね。
嬉しいです。
>単純に見える競技だけに一瞬のスピードや技に興奮します。
ほんまにそうですよね。私も同じように感じています。

今日もお相撲見たいけど明日も早いのでメインの取り組みだけ見るつもりです。
今日も日馬富士が負けちゃってショックです。


香港...出会いと別れが頻繁におとずれるtransitoryな街で、Rock'n'Rollをこやしに生きています。若返りのマジックワードを心に今日も頑張る~~


by Junpei64

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
日々のつぶやき(日記)
食べる 呑む
Movie Review
Book Review
Viva! Music
Education
My sweet Tetsu
Medical topic
My Precious
香港おいしい一人飯
香港、中国
Girls Band Project
Hong Kong Indies
Japan!
英語の話

気になるブログ/サイト

フォロー中のブログ

音楽、空間、好鐘意(大好き)!
Rock and Mov...
だるにーの脳ミソ
別館・我要的幸福
La Dolcé vita
Hachiの香港家計簿
アメリカナース日記
音楽の杜
sakuraのわがままエッセイ
エミリアからの便り
熊猫漫遊記
じゅんじゅんの香港日記
六福1☆
いつの間にか20年
こんな一日
ま、どうでもいんだけど
別冊・Hachiの香港ニ...
ミヤモーの戯言
中国茶徒然日記
フォンの野菜メニュー
香港*テクテク
おはな 山の中日記 ~北...
香港日々探検日記
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
lei's nihong...
憧れの地は香港
koedagaffe分店...
Made in Hong...
アジア暮らし

外部リンク

以前の記事

2017年 03月
2016年 09月
2016年 08月
more...

ブログパーツ

動画配信用ASPサービス

ブログジャンル

海外生活
50代

検索

タグ

(63)
(28)
(17)
(17)
(16)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)

その他のジャンル

ファン