"Turning Japanese"は果たしてRacial Songか否か?

昨日書いたライブのお話
Don't Panicはいっつも"Turning Japanese"という歌を歌うんですが、
いつの間にか この曲は私たちの歌ということになっていて、私も勝手にコーラスに加わって楽しんでいるのですが、この曲は「日本人蔑視」の歌だよという注意をTeddyくんに言われたことがありまして、
そのことをベースのGeoffに話すと、
「実は僕たちもこの曲をやるのはとってもはずかしいし、心苦しいんだけど、君たちがいるとついやっちゃうんだよ。喜んでくれるし。。。」と言われたのです。

この曲は80年代にヒットしたイギリスのバンド Vaporsの曲なんですが、
どっかのテレビで、この曲を作ったのはマスターベーションしているときに女の子のことを考えていて、
その顔がだんだん日本人っぽくなってくるっていうような内容だということを、
作った人が話したらしいのね。でも結局本当にそうなのかどうなのかというのは、バンドのメンバーがはっきり肯定したわけではないので真相はわかんないけど、とにかくそこに日本人の女の子が介在しているのは確かなのです。

歌詞の内容を簡単にまとめると、

彼女と僕がうつった写真をゲットしたよ。
君が"I love you"って書いてくれたから
僕も書いたよ。
何もすることのないときいつもその写真を眺めているよ。
写真の君は、髪は茶色、ヘーゼルの形をしたその目は雲のようにやわらかい
誰もいないときに時々キスしたりしているよ。

君の写真をゲットしたよ。
僕の細胞のまわりに100万枚の写真が欲しいよ
医者に頼んで君の写真をとってもらいたい、
そしたら君の中身が見えるでしょ…

その後で
なんだか僕が日本人になってきたみたいに思うよ。
ほんとにそう思う。
だんだん日本人になってきてるみたい。
Turning Japanese, I think
Turning Japanese, I really thinko so!
と歌うサビの部分に突入します。
ここのところを私はいっつもマイクにむかっているわけです。

そして最後に

No sex, no drugs, no wine, no women
No fun, no sin, no you, no wonder its dark
Everyone around me is a total stranger
Everyone avoids me like a psyched lone-ranger everyone

って歌詞に続くんだけど、
これは私としては、日本と日本の女の子に妄想をいだきながら
日本にやってきたら実は何も無かったって感じる歌なのかと思っていたけど、
そうではないのかな?

Turning Japaneseの意味は、写真を眺めながらマスターベーションしていたら、
いつの間にか日本人みたいな顔になってきたという、
悪い意味がこめられているそうだけど、本当のところどうなのでしょうか?

この歌を嬉々として歌う日本人は馬鹿なのでしょうか?

Dはこの曲は、80年代いろいろ問題を抱えるイギリスが、
それに反して、すごい発展を遂げ、たくさんのテクノロジーを生み出す日本にあこがれる曲だというのです。
だからDはこの曲からはなんらRacialな要素は感じないと言うのですよ。

「いえいえ、やっぱりこの曲はRacialですよ。」
とおっしゃるGeoff
「そんなことないって、ぜんぜんRacialじゃないよ。」
とおっしゃるDan

私はどうすればいいのかしら?
Racialな曲だったら、日本人として喜んで踊っている場合じゃないですよね。



こちらはこの曲の意味を検証した番組です。


さて、真相はどうなんでしょうか?
曲としては結構楽しくて好きなんですけどね。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

昨日はたっぷり寝たせいでさわやかな月曜日を過ごしています。
レッスンが急にキャンセルになったため、
時間がぽっかりと空いてのんびりしています。
今日もポチッとお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ


人気blogランキングへ
こちらもよろしくお願いします。
[PR]
by Junpei642 | 2009-06-01 14:03 | Viva! Music | Comments(5)
Commented by izutamaaru at 2009-06-01 23:02
oh! 雰囲気替わってびっくり。  

いつもここで真似したいぐらいです。


Commented by Junpei642 at 2009-06-03 01:07 x
izutamaaruさん

本来はブルー系で統一しているんだけど、
このスキンの色とデザインがすごく好きなので使うことにしました。

実はオリジナルにしたいんですが、
いまさら面倒でできません。
昔はHTMLをいじってホームページを作っていたのにな。
Commented by wanco at 2009-06-03 01:16 x
こんばんは、初コメです。ノリの良い曲ですよね。ネイティブでも人によって日本人への差別的な曲だと言う人もいるし、全然違うという人もいますね。
でもどうやらTurning Japaneseは master......の事じゃないし、イギリスのスラングでそれを表す言葉でもないようです。

人によっては(敏感な人?)master......の時の気持ちよい表情が(目が細くなって)日本人みたいになる=racist statementと感じるのでしょうね。

わたし的には日本や日本人の女の子が好きで好きではまってる白人の男の子の歌って感じがします。

Commented by Junpei642 at 2009-06-03 11:14 x
wancoさん
コメントありがとうございました。
やっぱりそんなに深い意味ないですよね。
でも誰かが言い出すとそうなのかな?ってことで、
マスターベーションに結び付けている人が多いようです。
昨日イギリス人とこの話をしていて感じました。

私の解釈もwancoさんの解釈とほぼ同じです。
あこがれていた日本には何もなかった。
でも今なら違うでしょうね。
Commented by 太郎 at 2016-11-29 21:04 x
これが流行った頃にアメリカにいたものです。その頃は明らかな日本人蔑視の歌でした。日本人になっちまった、女もダメ出し、酒もダメ出し、本当につまんねーダメな人間になっちまった、っていう意味で捉えられてました。日本人が楽しく歌っていたと聞いて、正直げんなりしています。かなり日本人をバカにした歌だと思いますよ。その頃はこれを歌うなということで小学校に抗議をして蔑視の歌だとして認められました。こんなクソみたいな歌を歌わないでください。残念しきりです。


香港...出会いと別れが頻繁におとずれるtransitoryな街で、日本語を教えながら暮らしています。現在Kissing Fishというインディーバンドでベースを弾いております。ベースだけじゃなくてギター弾いて歌ったり、ドラムもたまにたたいたり、音楽とミュージシャンにかこまれ心豊かな日々を生きるパワフルおばちゃん!


by Junpei64

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
日々のつぶやき(日記)
食べる 呑む
Movie Review
Book Review
Viva! Music
Education
My sweet Tetsu
Medical topic
My Precious
香港おいしい一人飯
香港、中国
Girls Band Project
Hong Kong Indies
Japan!
英語の話
お化粧

気になるブログ/サイト

フォロー中のブログ

音楽、空間、好鐘意(大好き)!
Rock and Mov...
だるにーの脳ミソ
別館・我要的幸福
La Dolcé vita
Hachiの香港家計簿
アメリカナース日記
音楽の杜
sakuraのわがままエッセイ
エミリアからの便り
熊猫漫遊記
じゅんじゅんの香港日記
六福1☆
いつの間にか20年
こんな一日
ま、どうでもいんだけど
別冊・Hachiの香港ニ...
ミヤモーの戯言
中国茶徒然日記
フォンの野菜メニュー
おはな 山の中日記 ~北...
香港日々探検日記
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
lei's nihong...
憧れの地は香港
koedagaffe分店...
Made in Hong...
アジア暮らし
Lady Satin's...
Welcome to m...

外部リンク

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

ブログパーツ

動画配信用ASPサービス

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

タグ

(65)
(28)
(17)
(17)
(17)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)

その他のジャンル

ファン