"Scarpetta" Patricia Cornwell

ふ~~っ、やっと読み終えました。
図書館で予約して借りたこの本500ページほどあるのですが、
まった~りなRobert Parkerのミステリーとは違い、とにかく文字数も多いし、わかんない単語も続出で2週間以上かかってしまいました。

b0080418_210771.jpg


前作 異邦人ではちょっとおもしろさが戻ってきた気がしたけれど、
この作品も最初から終わりまで引き込まれて読んだものの、やはりもっとKayの目から書いて欲しいよなあって思うのでした。

まだ日本では発売されていないのでお話の内容にはあまりふれないでおきますが、

今回の設定では、KayはRoseの死後 チャールストンでの仕事をやめてマサチューセッツに移っていることと、な~んとBentonと結婚しているのでした。
そのBentonに呼び出され大晦日にニューヨークに行くはめに。

ニューヨークでは背が伸びない病気(アメリカ人ってこういう人たちのことDwarfって呼びます。なんか違和感感じる)の女性が絞殺され、その容疑者として捕まった、同じくDwarfのオスカーが、Scarpettaにしか話はできないとBentonに言い張って、そのためにKayが呼び出されるのです。


そこからいろいろはじまりまして、マリーノはケイの前から失踪していたのですが、いつのまにかNYPDの刑事として働いていて、この事件の捜査をしているのでした。
マリーノはただいま変身、更生中!

事件の内容はあまり書かないようにします。

事件の裏に隠されたいろいろなことが、それにかかわる人それぞれの目線で書かれているので、
つなぎ合わせていくのに苦労しました。
あと、MarinoとBentonのKayに対する心理状態がこれまた事細かに書かれていて、
Bentonってこんな人だったの?とMarinoはともかく、彼の人間らしい点を発見して驚いたり、タイトルはScarpettaというものの、Kayのお話でありながらKay以外の人から見たScarpettaという感じで、それはそれなりにおもしろい構成となっていました。

でもやっぱり、最近のScarpetterシリーズにはまれなくなってしまった最大の原因は、
昔みたいに、検死を行いながら、小さいけれど事件解決につながるクルーが次から次へとあらわれて、
それがつながっていくところがおもしろかったのと、それにからんでLucyのことで悩んだり、Bentonのことで悩んだり、なんやかや言っても、MarinoのサポートがKayを間接的に支えていたりと、人間関係がKayを支点に広がっていたところがおもしろかったですよね。
時にはストレス発散するかのようにおいしそうなお料理を作ったり、Kay自身の生活もかなり詳しく書かれていて、生活の余裕も感じられたものでした。

そういうものが最近の作品は欠落しているところが、読み手にとっても余裕を持って入り込めない原因になっているように感じますね。

でもお話はおもしろかったかな?読み続けたいがために、ハードカバーの重い本を毎日持ち歩いたぐらいですからね。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

本は図書館でhK$2.50の手数料で予約できますが、
2週間だけしか借りられませんでした。次の予約が入っているからです。
通常、2週間の貸し出し期間が終わる前に更新すれば2週間ずつ延長できます。
今回は水曜日に返さないとだめで、4日間も返却がおくれているので、HK$6.-の延滞料金を払わなければなりません。
それでも本屋で240ドル出して買うよりかは断然安いんですけどね。
今日も応援お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ


人気blogランキングへ
こちらもよろしくお願いします。
[PR]
by Junpei642 | 2009-04-05 02:10 | Book Review | Comments(2)
Commented by こーたん at 2009-04-12 23:40 x
ご無沙汰しております。
いつも楽しくブログ、読ませていただいています。
もう、新作読まれたんですね。私は、日本語版が出てからにします・・・。やっぱり、あの後、ケイとベントンは結婚したんですねぇ~。
ちょっと、ショックです。マリーノが健在だったのは嬉しいですけど。
mixiのほうでもこのコミュでjunpeiさんを見かけました。私もコミュに入ったんですよー。
と、こことは関係ない話でした。すいません。
早く、日本語版、出ないかなぁ!!
Commented by Junpei642 at 2009-04-13 16:36 x
こーたんさん
めっちゃお久しぶりですね。
新作我慢できなくて読みました。一気に読みましたが大変でした。
ケイとベントンの結婚は意外でしたよ。
でもなんというか、二人の緊張感はそのままで、作者がどうしてここまでケイを固い雰囲気で書き続けるのかが理解できません。
マリーノはかわいそうですが、純粋にケイが好きだったんですよ。
でも新作では一応ガールフレンドがいますが…
あのコミュ入られたんですね。私もずいぶん前から入っています。
日本語版が出たら私も再読したいです。


香港...出会いと別れが頻繁におとずれるtransitoryな街で、日本語を教えながら暮らしています。現在Kissing Fishというインディーバンドでベースを弾いております。ベースだけじゃなくてギター弾いて歌ったり、ドラムもたまにたたいたり、音楽とミュージシャンにかこまれ心豊かな日々を生きるパワフルおばちゃん!


by Junpei64

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
日々のつぶやき(日記)
食べる 呑む
Movie Review
Book Review
Viva! Music
Education
My sweet Tetsu
Medical topic
My Precious
香港おいしい一人飯
香港、中国
Girls Band Project
Hong Kong Indies
Japan!
英語の話
お化粧

気になるブログ/サイト

フォロー中のブログ

音楽、空間、好鐘意(大好き)!
Rock and Mov...
だるにーの脳ミソ
別館・我要的幸福
La Dolcé vita
Hachiの香港家計簿
アメリカナース日記
音楽の杜
sakuraのわがままエッセイ
エミリアからの便り
熊猫漫遊記
じゅんじゅんの香港日記
六福1☆
いつの間にか20年
こんな一日
ま、どうでもいんだけど
別冊・Hachiの香港ニ...
ミヤモーの戯言
中国茶徒然日記
フォンの野菜メニュー
おはな 山の中日記 ~北...
香港日々探検日記
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
lei's nihong...
憧れの地は香港
koedagaffe分店...
Made in Hong...
アジア暮らし
Lady Satin's...
Welcome to m...

外部リンク

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

ブログパーツ

動画配信用ASPサービス

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

タグ

(65)
(28)
(17)
(17)
(17)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)

その他のジャンル

ファン